唯吾日语

最简单的日语网站,最丰富的日语内容!

日本语能力考试

唯吾分享丧失名字的女神11日文字幕,台词

亲,跪求分享哦 m(__)m

更多

(拓水)《健太。 にぎにぎ》 (健太)《にぎにぎ》 (拓水)《にぎにぎ》 (健太・侑子)《にぎにぎ》 (拓水・健太)《スー ハー》 (侑子)《よし 健太。 ファイト》 (英孝)《爽。 豚カツは 縁起がいいんだ》 (爽)《「勝つ」だから?》 (英孝)《あしたの お受験に 勝てるようにな》 (爽)《うん!》 (彩香)《お母さんが 作ってくれたの?》 (レイナ)《そうよ》 (彩香)《カワイイ!》 《これ お守り?》 (レイナ)《これは ちょっと 変わってて 合格の お守りじゃないの》 (彩香)《えっ?》 (レイナ)《今まで 彩香が 頑張ってきたことが 全部 できる お守りなのよ》 (利華子)海斗! (圭)海斗! (利華子)空斗! (圭)海斗! 空斗! (利華子)海斗! (圭)海斗! (利華子)海斗! (圭)空斗の学校 行ってくる。 (利華子)お願い。 海斗! (健太)受験番号 1130 秋山 健太です。 (面接官)お母さんが うれしい顔をするのは どんなときですか? (健太)お友達に 優しく できたときです。 (利華子)海斗。 海斗。 海斗。 (面接官)一番 うれしいときは どんなときですか? (爽)お母さんが 笑っているときです。 (面接官)大きくなったら 何に なりたいですか? (彩香)えっと。 (彩香)お母さんみたいな お母さんに なりたいです。 (利華子)海斗! 何やってたの!? (海斗)お兄ちゃんと クレープ 食べに行った。 (利華子)空斗。 どうして? どうして? (空斗)海斗。 中 入ってろ。 (海斗)うん。 (利華子)自分が 何をしたか 分かってるの? (空斗)分かってるよ。 何 考えてるの? どうして…。 (空斗)ママが 健太君の願書 破いたりするからだろ! 僕は 知ってるんだ。 健太君のママとも 話した。 ママが…。 ママが ひきょうだってこと。 (圭)海斗のやつ 空斗に 明峰に 行きたいかって 聞かれて 空斗と同じ学校に 行きたいって 言ったんだって。 俺に できることは? (利華子)もう いいから。 いいからじゃ…。 (利華子)もう 離婚するんだし! 私が 解決するから。 フゥー。 あっ。 (ちひろ)爽。 (ちひろ)合格したよ。 (爽)ホント? (ちひろ)うん。 おめでとう。 よく 頑張ったね。 やった。 (ちひろ)合格の ご褒美に どこか お出掛けしようか? どこが いい? 僕 お父さんと お母さんと 一緒なら どこでもいい。 そっか。 (拓水)健太。 おめでとう! (健太)イェイ! (拓水)イェイ! よく 頑張ったな。 健太。 (侑子)健太。 合格 おめでとう! (拓水)おめでとう。 (健太)乾杯。 (侑子)乾杯。 (健太・拓水) ♪♪「一年生になったら」 ♪♪「一年生になったら ともだち 100人 できるかな」 ♪♪「100人で 食べたいな 富士山の上で おにぎりを」 (海斗)《健太君の受験番号 すごいんだよ》 《お兄ちゃんの 誕生日なの》 (利華子)《ふーん》 ≪(拓水)ほら! ≪(健太)ハハハ! (留美)「メールで すいません」 (留美)「バイトの 東野 留美です」 (利華子)《留美ちゃん! 年末にね デパートの催事場に 出店することが 決まったの》 (留美)《デパート!? すごいじゃないですか》 (留美)「すいません デパートの 催事場に出す 商品ですが 私の手違いで 発注できていませんでした」 「合わす顔もないので 辞めます」 ちょっと。 えっ? あなたは 変わってくれた。 いい父親になろうと 努力してくれた。 だから ホントは 忘れてしまいたい。 でも それは できない。 私 見たの。 あなたが バスで 女子高生に…。 何で? 何で あんなこと。 (利華子)何とか なりませんか? この機会は 逃せないんです。 ええ。 そこを 何とか。 お願いします。 どうしても 無理ですか? 何か 方法 あれ…。 (利華子)そうですか。 すいません。失礼いたします。 これ…。 あした 出しておくよ。 子供たちには 私から 話しておくから。 (圭)結局 利華子が 何を考えているのか 何を思ってるのか 全然 分からなかった。 (圭)ここに いても 俺は ずっと 情けないまんまで。 いつの間にか 現実逃避して。 (圭)自分自身の問題なんだ。 (圭)何か 上っ面だけの 会話っていうか。 本音を言い合えない 夫婦だったね。 (圭)よそを うらやましがっても しょうがないけど 理想の夫婦には なれなかった。 明峰幼稚舎のことなんだけど。 残念な結果に なってしまったの。 ごめんなさい。 彩香。 「ごめんなさい」は 悪いことをしたときに 言う言葉でしょ? 何にも 悪いこと してないのに 謝る必要なんて ないのよ。 おいで。 彩香は 縄跳びが 跳べるようになった。 絵も うまくなった。 折り紙も 上手に 折れるようになった。 お花の名前も たくさん 覚えたね? 大切なのはね 彩香が 頑張ったっていうこと。 頑張ったことは 絶対に なくならない。 お母さん ずっと 見てたんだからね。 (彩香)うん。 大丈夫。 大丈夫。 ねっ? (健太・爽)最初は グー。 じゃんけん ぽい。 入学手続きの案内? (侑子)うん。 (ちひろ)もう 届いて 返送したよ。(侑子)そう。 (侑子)何でだろう。 うち まだなんだよね。 手違いがあったら 大変だから 早く 確認した方がいいよ。 (侑子)うん。 (ちひろ)うん。 大丈夫? 何か あった? ううん。 (健太)ただいま! [TEL](アナウンス)「留守 1件です」 [TEL](小田切のメッセージ) 「明峰学園幼稚舎 事務室の 小田切です」 「先日 ご辞退の お電話を いただきましたが…」 [TEL](小田切のメッセージ)《「その確認で ご連絡 差し上げています」》 《「このメッセージを お聞きになりましたら…」》 ≪利華子さん! 利華子さんなの? 健太の 入学の取り消しの電話 利華子さんなの? (利華子)《実は 第1希望は 他校だったんです》 《そちらが 合格してしまいまして》 《大変 申し訳ないんですが 辞退を させていただきたいんです》 《受験番号は…》 健太が 受験番号 教えたの 海斗君だけだって。 そう。 じゃ そのとき 誰かが 聞いてたのかもね。 どうして? どうして そこまで? 悪いけど 忙しいの。 利華子さんが いてくれて ずっと よかったって 思ってた。 友達だって 思ってた。 ねえ。 私 何かした? 怒らせるようなこと…。 してないんじゃない? (空斗の泣き声) どうしてだよ? (利華子)空斗。 大好きなママで いてくれよ! 空斗。 ≪(ドアの開く音) (英孝)名古屋支店に 転勤になった。 えっ? (英孝)いい機会だと思う。 お前が 気持ちを整理して これからのことを考えていくのに。 あの日 銀行で 身に覚えのない セクハラの疑惑を 掛けられて 世界が ひっくり返ったような 気がしていた。 (生徒)《私も 大っ嫌い。 何で あいつが 担任なんだよ》 《えっ? マジ?》 《ねえ。 みんなで あいつを はめない?》 《化学室で 胸 触られたって 言えば いいんだよ》 《たぶん 首だよ。 アハハ!》 (生徒の笑い声) (英孝)自分が 陥れられた状況と 重なって 憎しみが 抑えられなかった。 ただ どんな理由があろうと 許されることじゃない。 爽にも お前にも できる限りのことはする。 (真央)ヤバい ヤバい! 遅くなっちゃった! (真央)よいしょ。 えっ? (真央)羅羅? (真央)パパ? (真央)羅羅…。 羅羅。 (真央)羅羅。 ごめん…。 (真央)ごめんね 羅羅。 ごめんね。 ごめんね。 ごめんね。 羅羅。 (陸)どういうことだよ! しょうがないじゃん。 (陸)何が しょうがねえんだよ! (真央)ここのローンも あるし 羅羅の オーディションも お金 掛かったし。 ちょっと ぜいたく させたいと 思ったら いくら あったって 足りないんだよ。 (陸)んなことのためによ 羅羅に さみしい思い させたんが! だって! お受験できないんだよ。 その分 特別な子に してあげたいじゃん! せっかく 東京に出てきたのに バカにされて…。 痛っ!? 現実 見ろよ! そこまでして。 そこまでして 何 守りてえんだよ! 何で 間違ってることに 気付かねえんだよ? あのう。 どうして 何も 聞かないの? (功治)えっ? 何だよ? 結城先生とのこと。 (功治)ああ。 お前が そんなこと できるわけないだろ。 くそ真面目で 真っすぐ過ぎるぐらい 真っすぐで。 空回りするぐらい 一生懸命な 女房を 疑うも何もな。 私。 私 ホントに ごめ…。 仮に 少しだけ 心が動いたことが あったとしたら それは 俺のせいだ。 きっと お互い いつの間にか なくしてしまったものを 家の外に 求めてたんだろうな。 でも 気が付いたんだ。 何とかなるだろ。 私ね。 私…。 あなたの そういうところが 好きだったの。 えっ!? フフフ。 思い出しちゃった。 フフッ。 ≪(ドアの開く音) ≪(爽)お父さん! 待ってるから。 (ちひろ)ここで 爽と待ってる。 (爽)お父さん いってらっしゃい。 いってらっしゃい。 いってきます。 (真央)ジャーン! (羅羅)わあー! (真央)おいしい? (羅羅)うん。 羅羅 入院して よかった。 (真央)えっ? (羅羅)だって ママが 一緒にいてくれるもん。 [TEL](メールの着信音) 受かった。 えっ? おめでとう 拓ちゃん! よかったね。 まあ 希望の食品業界ってわけに いかなかったけどね。 チャレンジしないと 前に 進めないもんな。 うん。 うん。 ≪(健太)羅羅ちゃん! (羅羅)あっ。 健太君。 ≪(彩香)羅羅ちゃん! (羅羅)彩香ちゃん。 (爽)羅羅ちゃん。 (羅羅)爽君。 ≪(海斗)羅羅ちゃん! (羅羅)海斗君。 みんな 来てくれたの? (子供たち)うん。 (羅羅)じゃあ あっち 行こっか。 栃木に帰るんですってね? はい。 本当に すいませんでした。 (真央)私 学歴もないし 家も 貧乏だったんで 羅羅には 憧れの東京で いい人生を 送らせてあげたかったんです。 でも 頑張っても 頑張っても やっぱり 無理なんだって 思い知らされて。 それで…。 だけど 羅羅を つらい目に 遭わせてしまって…。 目が覚めました。 まあ 色々 あったけど 子供が いなかったら 友達になってなかったかも しれないわね。 私たち。 でも 一緒に 子育て してきたのよね。 (海斗)はい。 (羅羅)ありがとう。 (彩香)はい 羅羅ちゃん。 (羅羅)ありがとう。 (健太)はい 羅羅ちゃん。 (羅羅)ありがとう。 これからは 大切な家族を 幸せにする方法を 考えます。 元気でね。 (陸)よし。 皆さん ホントに ありがとうございました。 お気を付けて。 (ちひろ)気を付けてね。 またね。 トラック カッコイイねぇ。 (羅羅)うん。 パパのトラックだよ。 羅羅ちゃん。 お手紙 出すね。 (羅羅)うん。 私も出すね。 さよなら。 (羅羅)さようなら。 羅羅ちゃん。 じゃあね。 はい。 健太君。 羅羅のこと 忘れないでね。 忘れないよ。 (子供たち)バイバイ。 (羅羅)バイバイ。 (彩香)羅羅ちゃん。 羅羅ちゃん。 羅羅ちゃん…。 バイバイ! バイバイ! (子供たち)バイバイ…! 羅羅ちゃん バイバイ! (羅羅)彩香ちゃん! (爽)バイバイ! (海斗)バイバイ! 爽君! 海斗君! (健太)羅羅ちゃん バイバイ! (羅羅)健太君! バイバイ! バイバイ。 バイバイ。 (子供たち)バイバイ。 羅羅ちゃん。 (羅羅)バイバイ! バイバイ! じゃあ また。 また。 行こう。 (ちひろ)またね。 またね。 ごめんなさい。 (利華子)願書を出さなかったのも 辞退の電話も 私。 どうして? 嫉妬してたから。 私が なくすものと 私に ないものを 持ってる あなたに 気が付いたら 嫉妬してた。 仕事。 夫。 つらいときに つらいって 言えること。 他人を ねたんで こんなこと してしまうなんて 自分でも 怖いと思う。 いつの間にか 自分の思いも 不安も…。 誰にも 言えなくなってた。 寂しいね。 そうだね。 さみしい。 でも 利華子さんには 空斗君と 海斗君がいるよ。 (拓水)引っ越ししてきて 1年か。 何か 色々 あったよなぁ。 うん。 私 ここに来て 初めて 健太君ママって 呼ばれたんだ。 何か 自分が なくなっちゃうような気がしてた。 どんなときでも 侑ちゃんは 侑ちゃんだよ。 健太がさ 大人になったら 健太君ママって 呼ばれてたなって 侑ちゃん 懐かしく 思うんじゃない? そうだね。 今は 悩んだり 考えたり 毎日が 精いっぱいだけど 振り返ったら あっという間なのかもね。 大きくなっていく 健太に 色々と 教えられてんだよな。 親も 子供に 育てられてるよね。 そうだな。 ≪(健太)お父さん。 サッカー やろう。 (拓水)よし! やるか。 (健太)うん。 行こう。 よし。 じゃ お母さんもやる。 はい。 行こう。 (彩香)ねえ? お母さん。 何? お母さんも この道 通ったの? そうよ。 お母さんもね この道を こうやって おばあちゃまと 手 つないで 歩いたの。 懐かしいなぁ。 お父さんは 田んぼ道だったな。 えっ!? (彩香)えっ!? ホントに? (功治)桜が ぱっと咲いてね。 (空斗)海斗。 今日 先生に 怒られたでしょ? (海斗)えっ!? 何で 知ってるの? お兄ちゃんが 2年生のころの 担任だったんだ。 いたずらすると すぐ バレちゃうね 海斗。 (空斗)ホントだ! (海斗)お兄ちゃん! (利華子)ちょっと待って! (羅羅)ただいま! (真央)おかえり。 (陸)羅羅 おかえり! (真央)今日の おやつは にんじんケーキだがんなぁ。 (陸)羅羅。 ニンジンさんはな ベータカロテンとか 入ってっから 美人さん なれっど。 (羅羅)美人さん? (陸)ああ。 よかったな。 (羅羅)うん。 ほら パパ。 仕事して。 (陸)はーい。 (百合子)嫌がらせで お受験当日に 消防車を呼ぶ。 合格取り消しの電話を 勝手に入れられる。 誰も知らないはずの 家庭の内情を学校側に リークされる。 そういった事件が 毎年 あるんですね。 (どよめき) (百合子)大切なのは 他人との比較ではなく お子さん ご主人 そして ご自身と どれだけ 真摯に 向き合えるか? (百合子)お子さんを 守るのは お母さん。 あなた方です。 雨 すごいね。 (健太)うん。 (ちひろ)侑子さん。 ああ ちひろさん。 爽君 こんにちは。 (爽)こんにちは。 週末 爽を連れて 名古屋に行くの。 へえー。 お土産 買ってくるね。 ありがとう。 ご主人にも よろしくね。 うん。 来週 初めての保護者会だね。 ああー。 また 新しい出会いが あるんだね。 うん。 うん。 (ちひろ)爽 行くよ。 行くよ。 久しぶりに ミルフィーユとか。 (ちひろ)あっ。 いいね。 (雷鳴) (百合子)ようこそ。 新しい ママ友の世界へ。