唯吾日语

最简单的日语网站,最丰富的日语内容!

日本语能力考试

唯吾分享贫穷贵公子04日文字幕,台词

亲,跪求分享哦 m(__)m

更多

(正美)ついに登場! 特進クラス ダントツのナンバーワン候補 山田太郎君と御村託也君 〈(隆子)見つけた 私の王子様! (綾子)こんなバーベキューパーティー うちでできたら すてきじゃない? (弟妹達)バーベキュー バーベキュー! (太郎)僕を弟子にしてください (まりあ)絶対に 松阪牛 ゲットするよ! やったー! 師匠… 御村君 ありがとうございます 約束する 必ず戻る ほんとに 戻ってきてくれた… ここ 俺んち えッ? ウソ… こんなの… イヤーッ! (和夫)なんか いいにおいがする どっかで バーベキューやってるな 入れても~らお~っと (まりあ)どんどん食べてよ 私の 玉の輿が… 隆子… あれ 池上さんは? てれちゃったのかねえ わかんないね あの年頃は いいよ ほっといて はい みんな お肉焼けたよ 並べ並べ みんな (三郎)俺 そっちのお肉がいい! あッ… あッ! 父ちゃん… (綾子)和夫さん! うん うまい! わ~い! (次郎)父ちゃん? (弟妹達)父ちゃん! ただいま 元気だったか? おう太郎 ただいま おかえり 俺の皿は? おお 今持ってくる (龍之介)ああ ママがまだ帰ってこなくてさ どうした? うわあ~! 私の… 私の王子様が! ああッ! 王子様じゃなかった! 何の話だ? いい人なのに! 大好きなのに! 隆子 落ち着きなさい… なのに なのに! あんな… ド ド… ド貧乏だなんて! (龍之介)イテッ! (龍之介)どうした パパに言ってごらん 隆子! 早く ここ開けなさい パパに言ってごらん! 玉の輿じゃなきゃ… ダメなの 太郎の父です こりゃ… どういたしまして 父ちゃん 俺の師匠の池上まりあさん どうも お隣が 友達の御村託也君 (託也)こんばんは 託ちゃん 俺 そっちのお肉がいい ああ… どうぞ ありがとう よ~し みんなバーベキューだ 一緒に食うぞ ちょっと待って お父さんの隣 お母さん ごめんね 今日は ごめんね (和夫)やっぱり 家族でバーベキューは最高だな バーベキュー 最高! (弟妹達)最高! 御村さん おはようございます! あッ ぐったりしてる ああ おはよう 結構キテんじゃん どうした? 父ちゃん帰ってきて ここんとこ毎日のように 友達連れてくるんだけどさ… もう 人数が半端じゃなくて にぎやかだけなら いいんだけど これが 基本的に すげえ食うやつばっかりで… まったく… 父ちゃん帰ってきて 食いぶち一つ 増えただけでも きついってのに じゃ 帰ってきてほしくなかったのか? そんなことはないんだけど だから… また新しいバイトを 増やさなきゃいけないっていう ああ もう大変! 毎日楽しそうだな あッ ひと事だからって ひと事だろ? ああ もうなんかないかな (京子)池上隆子さん 少し成績が落ちたようなんだけど すいません 〈(隆子)実際 もっと落ちてるのは 気持ちの方だけど… 最近 何かあったんじゃない? えッ? 〈やばい ばれてる! いや 特に何もないですけど そう? 授業中も うわの空だし (永原)うわの空は 君の方じゃないのか? えッ? 〈なんで… どうして いつも出てくるの? 先生も 何かあったんじゃないですか? うん? 〈やばい~ ばれてる! 私? 私は何もないけど あッ 進路の方は もう決まった? ああ 進路は… 《ママ このカボチャ食べて》 《パパ 食べて》 《ダメダメ カボチャはカロチンが入ってるから 栄養あるから食べて》 《わかった》 《カロチン カロチンって食べるんだよ》 《(隆子の声)こんなふうには なりたくない!》 《私の進むべき道は…》 《愛よりも玉の輿!》 はい 決めました えッ どこに決めたの? 〈決めたんだ 〈山田君のことは もう忘れるって もう 忘れました はッ? えッ? まったく頼りないな 君がそんなんじゃ 生徒が かわいそうだぞ すみません すみません すみませんって 君は いつもそれだな すみませ… ああッ ごめんなさい… 謝罪表明… 今日は 何もありませんように (弟妹達の にぎやかな声) (和夫)こら こら こら えッ 何? (和夫)ほらアーロン 戻っておいで (和夫)おッ 太郎 誰!? (和夫)あいつさ マイケルに頼まれて しばらく うちで ホームステイさせることにしたから 誰 マイケルって? えッ? ほら この間うちに来てたじゃん 貿易商のさ もう父ちゃん これ以上 食いぶち増やさないでよ まあ そう言うなって 彼ね 日本になじめなくて お友達もいないんだって かわいそうじゃない? いつも太郎に頼りきりで 悪いんだけど しばらく預かってあげよう ねッ? う~ん… 母ちゃんに そう言われちゃうとな ということで よろしく ちょ… ああ… よろしく (女子生徒達)御村さん おはようございます! あッ またグッタリしてる ああ おはよう… さらにキテんじゃん どうした? 昨日から うちにホームステイしてる 子どもがいるんだけどさ ちょっと待って おまえの家は おもしろ事件 起き放題だな それが全然 おもしろくないんだよ! ボンボン育ちだから 全然 常識が通用しなくて 《(水が出ている音)》 《アーロン?》 《アーロン!》 《(弟妹達)うわあ…》 うちだって めったに出ない おやつのプリンを 一人一個食べちゃうしさ ちょっと待って プリンは普通 一人一個だろ? プリンは普通 一個回し食いでしょ 常識だよ おまえんちではな 一番 腹立つのがさ… 《いつも心に》 《(一同)家族の笑顔 いただきま~す!》 《ほらアーロン 食べてみな》 《どうかな?》 《ちくわの天ぷらは アーロン君の お口には合わないかな》 《これは みんなで食べるんだ》 《だから これで みんなの分なの》 《アーロン ここから取って…》 《(よし子)あんちゃん いいよ 今日は お客さんにあげようよ》 《(弟妹達)あげようよ》 《わかった わかった わかったよ》 《じゃ 今日は特別な》 《(次郎)アーロン ちくわの天ぷらおいしいよ》 《食べてみな ほんとおいしいから》 《おまえ!》 《アーロンが食べないなら パパが食べちゃおうっと》 《うん うまい!》 《じゃあ ほら みんなも食べ始めよう》 《太郎》 ねえ どう思う? なんで そんなむきになってんの? 俺は おいしいごはん 食べたいだけなの そりゃ うちは 豪華で おいしいおかずが 並ぶわけじゃないよ だから家族の笑顔が 最大の調味料なわけ それを あんなふうにされたんじゃ… 食いぶちが増えたうえに ごはんがまずくなったんじゃな でしょ? バイトも探さなきゃだし 子どもなら 子どもらしく 素直に笑えばいいんだよ ねえ? 〈いけない いけない! (大崎)鳥居先生は… Mですよね? はッ どういうことですか? 失礼しました Sですか? ちょっと 突然 何の話ですか! いやあの… 今度 新作のジャージが出るので もし よかったら 僕とおそろいを なんて思って その サイズを… あッ… サイズの話ですか ええ Sじゃ ちっちゃいかなと思って はい… Mです やっぱり Mですよね 僕も Mです はあ… (一ノ宮)いやあ 君は 制服さえ着たら まだまだ わが校の生徒で通るね もう息子が高校生ですよ いやあ… 太郎君は 君に劣らず おもしろい子だ ほんとに先生は もの好きですね 彼は 進学を希望してないそうだね そうですか 大きく伸びる芽があるのに 少し もったいないな もったいないかどうかは あいつが決めることです 彼が どんな道を選ぶのか 楽しみだね それより先生 うん? あれ 俺が描いた絵ですよね? ああ そうだよ バルセロナからだったかな 送ってくれたのは いやあ いい絵だね あれ 逆様です えッ? 逆様? こっちが こっちが上で こっちが 下です (正美)何 どうした? イタタ… 何 どうしたの? 正美 お願いがあるんだけど 何? ぶっちゃけ 菜園当番 代わってほしいんだよね 何 山田君と何かあったの!? シーッ! (杉浦)何だ何だ おもしろそうな話 してんじゃねえか また… あんたには関係ないから どっか行ってよ どうしたの? あんなに楽しそうだったのに 何か 気まずくなっちゃったの? 気まずいっていうか… わかった! あいつの欠点を知って 嫌いになった そうだろ? 〈ドキッ! あれあれ 図星系? そうなの? 何 何 あいつの欠点って何 何? 教えて 教えて 教えて あんたは ほんとにうるさい! ねえ隆子 本当? 山田君に嫌いに なるようなところなんてあるの? ない ないよ あるわけないじゃん (正美)そうだよね よかった (杉浦)何だよ つまんねえな 〈言えない 〈言っちゃいけない 〈一ノ宮高校のスター 山田太郎君が 〈実は… 〈ド貧乏だったなんて! 〈誰にも言えない! 《号外号外 号外号外!》 《号外号外!》 《注目!》 《極貧王子?》 《(結衣)信じられない》 《(生徒A)詐欺だ!》 《ああ~ 極貧王子!》 《(非難する生徒達)》 大丈夫? 俺 持ってくよ ありがとう ああ そういえば さっき 山田君の お父上が見えましたよ ほんとですか? 何しに来たんだ 父ちゃん 父ちゃん… 《(三郎)姉ちゃん おなかすいた…》 《(弟妹達)おなかすいた…》 《(せきこむ父)》 《父ちゃん 大丈夫か?》 ごめん 山田君… 〈やっぱり私 あなたを選べない! これは まだまだ… 実りませんかな 〈もう間違えたりしない 〈あんな運転手つきの車に 乗っちゃうような 〈絵に描いたような お金持ちを見つけなきゃ (和夫)エクスキューズ ミー ディス ワズ ドロップド あッ… あんな人と出会えたらなあ… 1円玉見っけ ラッキー 《子どもなら 子どもらしく 素直に笑えばいいんだよ》 こんにちは 御村のあんちゃん! いらっしゃい あれ どうしたの? みんなにプリン買ってきたよ もしかして… 人数分あったりとか もちろん おお! ねえねえ 今食べていい? でも デザートは ごはんの後にしましょう いや むしろ今 食べよう 甘いものは満腹中枢を刺激して 晩ごはんが少なくて済む そうなの? たぶん アーロン君 一緒に食べましょう (弟妹達)いただきま~す! で アーロン君には… これ プレゼント おお よかったな アーロン 何だろう? 開けてごらん おまえは 本当に… かわいくないなあ ここに決~めた (隆子) もう会えるわけないのに… (磯貝)おかえりなさいませ 磯貝 久しぶりに 俺のおもちゃ箱を開けるぞ かしこまりましたうわあ 何ですか これ? 坊ちゃんが ご幼少の頃 遊ばれた おもちゃでございます へえ 何だか今 リアルに お金持ちを実感してます 坊ちゃんは 小さい頃から どこか大人でいらして 周りのお友達とは 上手に遊べずにいらしてね そこで われわれが よく遊び相手を務めさせて いただいたんでございます おおッ ところが… 坊ちゃんには 何をしても 笑っていただけなくてね へえ そうだったんですか そうなると こっちも意地になって あの手 この手で ひょんなことで 坊ちゃんに笑っていただけると それは もう うれしかったものでございます 坊ちゃん それは私の十八番の… 磯貝 教えてやってくれ えッ? はい ありがとう 御村君! わあ… すてきな絵 (和夫)どうかな まだ途中なんだけど あッ すいません あの… ウソ… 〈絵に描いたような人が 〈絵を描いていたなんて! 〈これは まさに運命の再会! 一ノ宮だったら 俺の後輩だね あッ そうなんですか? 〈間違いない うちのOBなら お金持ちだ あの お仕事は 何をされてるんですか? うん? プータローかな 〈えッ? それじゃダメじゃん 世界中を旅して 絵を描いて回って えッ? そう 絵をね こうして描いて 〈何 どういうこと? 〈仕事もしないで 世界中を旅? 〈肝心なとこが見えてこない! あの すいません 非常に 込み入ったこと伺いますけど その場合 生活は… 基本的に うちの者が面倒見てくれるから 〈うちの者? 〈趣味で絵を描く毎日? 〈ビンゴ! 〈この人 絶対 〈すごいお金持ちの お坊ちゃまだ! 《(執事)だんな様》 《(メイド達)おかえりなさいませ》 《あさってから ドバイの別荘で描く》 《早速ジェットを手配いたします》 《ありがとう》 〈出ました~! 〈これは 理想を超える玉の輿です! はい まいりますよ 楽しくね クマちゃんが 走って走って 走って走って走って はい 巣を見つけて 食べる おいしい~! はい やってください ああ 違うな それじゃ笑えないんですよ ナマケモノじゃなくて かわいいクマちゃんなんだから いきますよ もっと はしゃいで はしゃいで はしゃいで… はい 巣を見つける 食べる おいしい~! はい いきましょう (磯貝)いやあ 何かもっと… はしゃいで こういうふうに 何が違うんだ? 父さん 母さん 私 玉の輿乗っちゃうから じゃ この間言ってた… 見た 驚く~ 見た 驚く~ あッ しまった! どうした? 今日 バイトの面接だった また お金にならないことばっかり バカだな 俺… そういうとこだよな うん? いや 何でもない あの 続き よろしゅうございますか? すいません お願いします はい 楽しくね 召し上がれ (一同)いただきます こんなの違うよ! 笑顔で食べれば たとえ母ちゃんが 作った料理だって おいしいはずだ どういう意味? いや太郎 今日のは強烈だぞ えッ? ひどい せっかく作ったのに… ああ 泣かないで! ほらほら 今日は珍しく母ちゃんが 作ってくれたから おいしいんだよ (弟妹達)そうだよね よし 母ちゃん 食べよう うん ごめんなさい… いいんだ いいんだよ アーロン… おまえ今 笑ったろ? ほら もう一回 よし わかった 明日だ アーロン 明日 みんなで公園に来なさい これは俺からの挑戦状だ おお 何だ何だ 何があるんだろう? 楽しみだな みんな今日さ あいつと対決するから 御村君も見にきてよ 磯貝さんのリターンマッチだし 聞いたよ 御村君も 小さい頃は アーロンみたいにさ あのさ 磯貝に 何言われたか知らないけど あいつ 時々 作り話するから あんま信用すんなよ わかった 正美 これ クッキーあげる おッ 手作りじゃん 珍しい 昨日 調子にのって 作りすぎちゃってさ ああ そういうこと 何? 山田君と仲直りするために作った あまりってことか ごちそうさまです 違う そうじゃないって 本当に? ほんとに じゃあ これは 山田君に渡しておいで えッ? まだ気まずいままなんでしょ? 別に… もういいの 何 もういいって? だから もういいんだって おッ おまえ アレか いまどき趣味 お菓子作りですって 言えば かわいいと思ってるクチか あんた マジでウザイ! 何だ 好きな色はピンクか 好きな食べ物はイチゴか? お菓子のお城に住むのが夢か… あんた ほんとうるさい あっち行ってよ! あれ? アーロン 行くよ (五子)アーロン 早く行くよ (次郎)あんちゃんが 待ってるから行くぞ! オー! 〈やっと見つけたのに… 〈もう会えないなんて 名前も まだ聞いてないのに… 何があるのかな? 1 2 3 4 5 6 7 8 見つける 食べる おいしい~! できないかなあ 喜びを表すんだけどな これ 歓喜というべきかな 至福… (隆子)昨日は あんなに きれいに見えたのに… (和夫)また会ったね もう… 会えないかと思った おっと… どうした? 〈(隆子)二回も再会できるなんて 〈私の… 運命の王子様 泣き虫に見せたいものがある おいで おッ 始まってる へえ あッ! 頭… 頭! 首… 首がないと ちょっと! 恥ずかしい 恥ずかしい ちょっと 返してちょうだい! ちょうだい プリプリプリ~! あッ! 笑った! やった! (子ども達の歓声) えッ 山田君? えッ 知ってんの? えッ まあ… あれ 俺の息子 えッ… 《(和夫)あれ 俺の息子 俺の息子…》 〈ということは… 家族? 〈ということは… 〈みんな まとめて… 〈ド貧乏!? こんな運命… 嫌… 磯貝 ありがとう 出すぎたまねをいたしまして どうぞ お許しくださいませ さすがだったよ いやいや 私は何も すべて 彼のアイデアでございます (「やった!」 コール) いつも心に 家族の笑顔 いただきます! ほら 出たでしょ あのね ゆっくり吹くの ただいま (弟妹達)あんちゃん おかえり! あれ アーロンは? さっき帰ったところ ありがとうって 日本語で上手に お礼言って そうなんだ で 父ちゃんは? 和夫さんもまた どこかへ行くって えッ? いつ帰るかは わからないけどって そう… また いつか ひょっこり帰ってくるよ きっと そうだね ねえ 和夫さん お金に困ったら売っていいぞって 絵 置いてってくれたの 売れるわけないだろ… こんな いい絵