唯吾日语

最简单的日语网站,最丰富的日语内容!

日本语能力考试

唯吾分享原来是美男07日文字幕,台词

亲,跪求分享哦 m(__)m

更多

(NANA)廉に近づかないで 話もしないで 目も合わせないで! (廉)これからは 俺が おまえを守る PVの試写イベントで言ってくれる? 自分は女だって ≪(柊)美男がいなくなった? 女を捜せ 白いワンピースの女だ 俺のそばに よく見えるところに いろと言っただろ! (柊)俺の 彼女です 秘密にしていましたが 恋人です だけど 公表するつもりはありません (出口)何としても彼女の顔撮るぞ (安藤)オー マイ ガッ! ちょっ ちょっと皆さん… (安藤)ちょっ ちょっと皆さん! ≪(安藤)柊 ちょっと待て! (美子)あッ… (勇気)廉さん どういうこと? なんで こうなるの? そういうことか 何よ もう おまえとの契約も終わりだな 私は絶対 別れないわよ 契約? (勇気)廉さん 待ってよ! 私… 男のふりしてました ずっと だましてて… ほんとに ごめんなさい 驚いたよ 全然 気づかなかった 裏切られた …て 怒るべきなんだろうけど おまえが すごく頑張ってきたの 見てきたからな 美男は 美男だ 柊さん… 美男が女だって 俺は知ってた 隠してて悪かった 社長が来る前に おまえたちの気持ちを聞きたい 俺は受け入れるよ 勇気は? おまえが女だったなんて… ずっと だまされてたなんて 超うれしいよ! 夢みたいだ よかった ほんとよかった 神様 ありがとう! 俺は てっきり あっちの世界の人間かと とにかく 着替えを持ってこさせよう (馬淵)ちょっと すいません つまり NANAにバレちゃったから 自分から 女だって公表して 一人で 責任を取ろうと思ったってわけか はい NANAに言われたんだろ? あの場で言えって そうだったのか? それは… そういや 廉さん さっき NANAちゃんと契約って 言ってたよね? (勇気)もしかして NANAちゃんと つきあってたのって… 美男のこと 黙っててもらうため? 俺たちは今までどおり おまえと 「A.N.JELL」 をやっていく でも 皆さんに迷惑が… おまえを受け入れたときから それは覚悟の上だ だから… 最後まで 男として貫き通せ ≪(柊)そうだ 美男は 今までどおり A.N.JELLの仲間だ 俺たちが ちゃんと守ってやるから ありがとうございます おい おまえらよ 最高だ! 社長… おまえら 最低だぞ! 美男は遅刻 柊は恋人を連れ込む あり得ない A.N.JELLにとって 今 一番大事な時期なんだよ そのことをみんな 肝に銘じとけ! おまえら いい加減にしろよ ヘイ ユー ユー おまえ お魚さん用のミンチに してやろうか ミンチに ヘイ ユー ユー! ユー ミンチ! ≪(馬淵)オウ オウ! (シゲ子)だから 早く著作権の話 進めたいんですよ あら? 水沢さん いないじゃない この写真… ≪(橘)今日は お帰りください アポイントを 取ってきていただかないと わかりましたよ じゃあ ちょっと トイレだけ貸してくれる? 写真… 水沢さん 水沢さん! 水沢さん! あの人 おなかに傷が… 子供産んだあと? まさか… ほんとに美男たちの母親!? どっちにしろ 美男たちのこと 知らないって言っちゃったし 美男とは離れといたほうがいっか 大問題だよ 廉さんと 同じ部屋なんてあり得ない! 廉さんだって一応 男なんだから フン! 何だ 一応って ほら 早く美男も運んで はい これからは 俺も美男を守るから (携帯着信) はい えッ? ちょうどよかったじゃん 続き続き はいはい はいはい 《最後まで男として貫き通せ》 〈院長様〉 〈私は A.N.JELLのために〉 〈廉さんのために〉 〈男として頑張ります〉 〈それだけが 私にできることだから〉 うし! 病気なら 入院したほうが いいんじゃないですか (麗子)それはできないわ まだ やり残してることがあるから あの歌のことですか? そう あなたのアレンジで歌えないなら 死んだほうがマシよ わかったよ そう言ってくれると思った ありがとう すべて終わったら… あなたにも話すわ あの曲を作った人が 私にとって どれほど 大切な人だったのか 命懸けですね 本気で人を好きになるって そういうことよ ウソでしょ!? どうしよう… 今度は何やらかしたんだ 廉さん! 出かけてたんですか? もう寝てるのかと… その… 部屋の置物が壊れて 修理してたら… 指が くっついちゃいました そろそろかな 手出してみろ 廉さん くすぐったいです その口に接着剤つけてやろうか すみません また迷惑かけちゃいましたね そうでもないよ えッ? めんどくせえことあって ムカついてたから 気が紛れた 何があったんですか? やりたくもないアレンジの仕事を させられることになった まッ 嫌なことがあると 不思議なことに おまえが現れて バカやってくださるから 心が和むよ じゃあ 事故宅配便も少しは 役に立ってるってことですね バーカ 調子に乗んなよ あッ 離れた ありがとうございます! またそれか ブタウサギ 何の意味があんだ? 何もないですよ 健康にいいんです じゃあ その鼻と手も くっつけてやろうか 男として頑張るんだから ドキドキしない 《あッ…》 あのピン なくなっちまったな キャーッ! 何だ!? どうした 大丈夫か!? おい 美男 あの… あれ (柊)あッ… どうしたの? あッ セミだ 目が覚めたら 顔にとまってたんです そりゃ驚くよね おい 不法侵入だ 逮捕する! よかった 泥棒でも入ったのかと思ったよ まったく 人騒がせなやつだ すみませんでした もし 美男に何かあったら俺は… いつでも助けにくるからな ありがとうございます おやすみ 羊が121匹 羊が122匹 羊が123匹 《もし 美男に何かあったら俺は…》 羊が124匹 羊が125匹… 《これからは 俺も美男を守るから》 あいつ… じゃあ 今夜頼んだよ はい (美咲)柊にも彼女なんて (七海)ふざけんなよ A.N.JELL (亜弓)だけど やっぱり大好き~! (沢木)取材の要請が 山のようにきてます シット! おまえも まったく気づかなかったのか すいません もう… 霹靂の青天で あいつら ボスの俺に 隠し事ばっかりしやがって 何だよ まったくです けしくりからん! 考えてみたら 美男が来てからだよな 美男 はい さっき 柊に 何か頼まれてなかったか? 今夜 柊さんの好きな人に会うんです 好きな人? 私のせいで彼女 誤解してるんです 柊さんにも恋人がいるって だから 説明するために 私も来てくれって言われて ≪(柊)あッ 美男 ちょっとメロ弾くから 伴奏やってみて せ~の 《≪(馬淵)美男は 柊のことが好きだったのかな》 柊のことが好きなくせに なんで平気なんだよ (携帯着信) 廉のやつ なんでメールも電話も 無視すんのよ (トオル)よかった 勇気君に乗り換えといて しかし 廉様って手ごわいわね 他に好きな人でも いるんじゃないの? 超怖~い (柊)美男 違うよ そこは ミ ドだ あッ そうでした すみません もう一回 頭からやってごらん いくよ せ~の 《今夜 柊さんの好きな人に会うんです》 柊の好きな女って… どう考えても あいつだろ てことは 今夜… 《柊さんの 好きな人は?》 《もう来てるよ》 《どこに?》 《俺が好きな女性は…》 《君だ》 《柊さん…》 《美男》 美男 歌の練習するぞ でも もうちょっと… 逆らうとは偉くなったもんだな そんなつもりは… チッ なんか 廉さん 機嫌悪いね 柊さんみたいな優しいタイプが 好きな女の子って きっと多いんだろうね でしょうね 例えばさ 恋人 友達 お兄さんでいうと やっぱ 恋人にしたいタイプかな 美男は どう? う~ん でも お兄さんでもいいかも マジ? よし そっか 柊さんは お兄さんか じゃあ ちなみに廉さんは? 廉さんは… 廉さんですね どのタイプって言えないです わかる キャラが濃すぎるんだよね じゃあさ 俺は? 楽しい お友達です 即答かよ まあ でも 友情が愛に変わることもある 希望はあるぞ 俺さ… 実は 好きな子がいるんだ (むせる 廉) へえ 今夜 その子に 気持ち伝えようと思ってる いいんじゃないの 《今夜 柊さんの好きな人に会うんです》 もう行ったのか… 美男… ああッ クソッ 美男! 柊のところに行くのか? はい やめとけ えッ? その… おまえが行く必要ないって 言ってんだよ そういうわけにいきません 柊さんと約束しましたから チッ なんでだよ えッ? おまえ 柊のことが好きなんだろ そんな 違います 誤解です! ごまかしたってバレバレなんだよ なんで平気な顔して行けるんだ? おまえには プライドってもんがないのか! 自分の気持ちは どうでもいいのかよ おまえの そういうところが… 見ててイライラする 腹が立つんだよ! だったら見ないでください! 廉さんには ほんとのことなんて 何も見えてないんだから! 私だって 必死で… 気持ち隠してるのに 私のことなんか 何も… 何もわかってないくせに わかったようなこと言わないで! 行くなって言ってんだろ! 廉さんには関係ないでしょ ほっといてください! ほっとけないから言ってんだよ! なんでですか!? あッ いや… 〈院長様〉 〈何が起こったのでしょう?〉 〈頭の中が お星様でいっぱいです〉 俺 なんでキスなんか… そんなに柊のところに 行かせたくなかったのか? つーか 何なんだ あの態度は バカにしてんのか クソッ… どうして… 私にキスを? もしかして廉さん 私のこと… ≪(NANA)ちょっと 廉 なんで電話に出ないのよ! 今 おまえなんか相手にしてる 気分じゃない 廉 念のため聞くけど まさか 他に好きな女がいるとか じゃないでしょうね 美男のことが好きなの?って 聞いてんのよ どうなのよ? あり得ない そう 美男のことなんて 何とも思ってないんだ ああ そうよね 美男は男なんだし そうだ あいつは男だ 好きになんかなるはずない ≪(NANA)美男 聞いた? バカな勘違い しないようにね フン 〈院長様〉 〈私は なんてバカなんでしょう〉 〈一瞬でも 廉さんが 私を思ってくれてるって〉 〈勘違いするなんて〉 俺は… 忘れられたのか? 柊さん… 俺が… 俺が どんな気持ちで おまえのこと待ってたと思って… ごめんなさい ほんとに ごめんなさい… もう いいよ 謝るな 怒ったりして ごめん どうした? 何があった? 私は大丈夫です それより 柊さんに申し訳なくて いや いいんだ 彼女に気持ち 伝えようと思ったけど もう少し 待つことにした どうしてですか? 今 伝えても… 彼女を困らせるだけな 気がするから でも… 気持ちを ずっと胸にしまっておくのって つらくないですか? つらいよ だけど… 気づいてもらえる愛だけが 愛じゃないと思う その人を好きになった気持ちは 大事にしたい そうですよね 《あいつは男だ》 《好きになんかなるはずない》 キスのことは忘れよう 明日からは今までどおり 《気づいてもらえる愛だけが》 《愛じゃないと思う》 私も… 廉さんへの気持ちだけは 大切にしたい おはようございます ちょっとすいません おい 美男 いいか おまえは男なんだからな 気抜くなよ わかってます 気合い入れて頑張ります ≪(馬淵)おい 柊 勇気 よし キスのことなんか まったく忘れたって顔だな おはようございます 忘れるって決めたんだから おはようございます ≪(馬淵)NANAちゃん 入ります おはようございます またご一緒できて うれしい あの笑顔が偽物だったなんて 女は怖い やめろよ そんな偉そうにしていいの? 大事な秘密 バラしちゃおっかな~ ≪(スタッフ)では 始めます お願いしま~す また 柊の彼女でも現れりゃ 面白いんだけどな (RINA)何言ってんの トップアイドルが 私だって 仕事を離れたら 普通の女の子ですから 廉が誰かに取られちゃったら どうしようとか 不安ですよ まあね 例えば 美男さんとか いっつも一緒にいるし 大丈夫かなって ≪(RINA)美男が? それはないから大丈夫よ どうして言い切れるんです? 実はね 美男は柊のことが好きなの 廉も わかってるはずよ そう思ってるんだ うん? いや… そうなんだ あの… RINAさん よし できた 完璧 ≪(RINA)はい これ 女の人のメイクじゃないですか! いっつも男のふりしてんの 疲れちゃうでしょ たまには めいっぱい女の子して 気分転換しないとね いえ 私は男として頑張るって 決めたんです だから… 大丈夫よ ここなら誰も来ないから でも… 超かわいい 最高! ねッ ちょっと記念に 写真撮っていい? はい チーズ かわいい! じゃあさ ちょっと待ってて すぐ戻るから 待ってて いいよね 少しの間だけ ねえ 柊 知らない? 柊なら 中にいるよ はい? ≪イタッ おかしいな (橋本)柊 ≪(柊)美男? 柊さん!? どうして? RINAさんに呼ばれたんだ 美男が待ってるって すごく似合ってる こんな美男に会えて うれしいよ いえ あの… ≪(NANA)美男さん 廉さん… 美男さん すっごくかわいい そっか 女の子の格好で 柊さんに会いたかったんだ なんか二人 すっごくお似合いよねえ? 廉 何だ その服 何やってんだ おまえは! ≪(NANA)廉! 廉 なんで そんなに怒るのよ! ちょっと! 自分がバカすぎて嫌になります 廉さんが怒るのも 無理ないです おまえ 廉のことが好きなんだろ? 柊さん… 気づいてたんですか? 廉に 気持ち伝えなくていいのか? いいんです A.N.JELLの美男は 男ですから そうか ああ~ 見失っちまった 柊の彼女!? 待て 待ってくれ! ああッ どすこ~い! あら ごめんなさい 大丈夫ですか? あの顔 どこかで… 《(NANA)女の子の格好で 柊さんに会いたかったんだ》 いや いや いや… マスコミ向けに撮影風景を撮った 写真なんだけど どれがいいかな どれでもいいよ なにイライラしてんだよ カルシウムをむさぼり食え ダッハハハハ! あッ 美男 まだ これやってんのか そのブタ鼻は何なんだ? これか? これはな 俺が教えたんだよ 気持ちが高ぶったときは 鼻のツボを押せって もちろん ウソだけどね 柊の前で そんな顔すれば あいつも 美男のことを 好きにならないだろうと思ってさ よし これにしよう 決まりだね 俺だ 《廉さんには ほんとのことなんて 何も見えてないんだから!》 《私には 今も 大切な星があるんです》 《ずっと その星を 見ていたいなって思います》 美男… 〈院長様〉 〈私は とても大切な〉 〈輝く星を見つけました〉 〈その星を〉 〈遠くから見ているだけで よかったのに〉 〈こんなに苦しいのは…〉 〈好きになってしまった 罰でしょうか〉 廉さん… 美男! 廉さん… おまえ そのピン… 試写会のとき 落として 壊れちゃったんですけど 捜しに行って 接着剤で… そうだったのか おまえの言うとおりだ 俺は 今まで 何も見えてなかった おまえが言った 星の意味が やっと わかったよ おまえは ずっと 俺を見てくれてたんだろ? なのに 俺は… 気づきもしなかった 私は 遠くから 星を見ていただけです でも… もう やめます これ以上 迷惑はかけません ダメだ 俺を見ろ! 勝手にやめるな 今までどおり 俺だけをずっと見てろ 廉さん… 美男 俺を好きになってもいい 許可してやる この子たちの居場所 まだ わからないの? (橘)調査は してるんですが 早くして 私には時間がないの ≪(麗子)会いたい… ≪(麗子)いとしい双子たち