唯吾日语

最简单的日语网站,最丰富的日语内容!

日本语能力考试

唯吾分享原来是美男08日文字幕,台词

亲,跪求分享哦 m(__)m

更多

(柊)俺の彼女です 俺も美男を守るから (美子)ほっといて (廉)ほっとけない もしかして 廉さん 私のこと!? (麗子)会いたい 愛しい双子達 (シゲ子)ホントに 美男達の母親!? お前 廉のことが好きなんだろ 私は遠くから星を見てただけ でも もうやめます ダメだ! 俺を見ろ 今までどおり 俺だけをずっと見てろ 廉さん… 美男 俺を好きになってもいい 許可してやる 本当に… いいんですか? 好きでいても ああ 迷惑じゃ… ありませんか? 俺は A.N.JELLの桂木廉だぞ 俺のファンは 何人いると思ってんだ 嬉しいです ありがとうございます ≪(勇気)美男と廉さん どこ行ったんだろ (RINA)記者に見られたのは まずかったな (馬淵)まったく お前が余計なことするからだ すいません 反省してます! (勇気)まあまあ 分かればいいです 戻ってきた 美男…超カワイイ! (携帯着信) はい 社長 何でござんしょう? (安藤)今 記者さん達が来てるんだがね 「柊の彼女は美男だ」とか 意味不明のこと言ってるんだよ ハハハ… どういうことだ? ハハハ… 柊の彼女が美男!? そんな バナナ 社長 それは あの… 美男の双子の妹の美子です はい (出口)美男の双子の妹ですか? 柊が連れてきますから 会って確かめてください (橋本)A.N.JELLさんは ネタの宝庫だ ありがたいです~ ハハハ… いいか 美男は美子ってことで 柊と事務所 行って 記者達と会え 大丈夫でしょうか? 私 大丈夫だ 質問には 柊が全部 答えればいい はい 行こう ここからは俺の彼女だ 柊 頼むぞ 行こう 「俺の… 彼女」? ワ~オ! ホントにそっくりだ こりゃ 大スクープだ! でかしたぞ 橋本っちゃん 彼女は一般人です 写真はやめてください (沢木)プライバシーに関する質問も 答えられません 分かりました その分 2人の なれ初めなど 詳しく 聞かせてもらいます (沢木)あちらで ヘイヘイ なあ お前は知ってたってことだな 俺は何も聞いてない いや その 知ってたっていうか 他にも隠し事があるなら 今のうち言えよ お魚さんのエサになる前に ユー アンダースタンド? そんな… 何もありませんよ ≪早速ですけど… すいません ≪(出口)2人の なれ初めは? (シゲ子)隠さないでください 実は こないだ 水沢さんのおなかに 傷があるのを見ちゃったんです まさか ご出産されてたとは しかも… 双子? 私は あの子達に対して 責任があるんです 責任って? 全財産の半分 はあ? あの子達に会えたら 財産の半分を 渡してもいいと思っています だから 何とか 捜し出してもらえませんか? ついにやったぞ メガトン級のスクープだ わ~ッ! 柊さん また迷惑かけちゃって ホントにすみませんでした 何とか 無事に終わって よかったよ 私は緊張しすぎて よく覚えてません そうか でも 柊さんが 好きな人のことを思いながら 話してるのは分かりましたよ デートの話とかも 彼女との 理想のデートなんだろうなって けど 私との記事が出たら 彼女がまた 誤解しちゃいますよね いいよ 俺の心配は それより 美男はどうなんだ? 廉と仲直りしたんだろ? 実は… 廉さんに 気持ち気づかれちゃいました そう… そうなんだ でも 怒られませんでした そっか… よかったな はい ≪(馬淵)美男が女だと バレなくてよかった とはいえ これで マスコミは大騒ぎすんだろうな 柊さんのファン メチャクチャ減るよ きっと そうか? 廉さんだって NANAとの記事のあと ファン メッチャ減ったよ えッ… 知らなかった その分 俺と 美男のファンが増えたけどね 油断大敵だぞ ファンの気持ちは変わりやすい さてと 明日はスーパースター グン様と夢の共演だ 張り切ってくぞ ≪(馬淵・勇気)決まりだね ホントだ 俺のファンが激減してる 「ブタウサギ」? ファンって言ったの 真に受けたのか? 待てよ ファンってことは アイツも簡単に 心変わりするってことか 会員になっちゃった えッ テストがあるの? まずは 関心度テストだ 「廉について どれぐらい知ってますか?」 「10点満点の 点数で答えてください」 どうだろう 「5点」!? 低すぎだろ クソ 次は 好感度テストだ 「廉のイケメン度を点数にすると?」 難しいな~ でも… 「4点」!? ありえない ブタウサギめ ふざけやがって よし こうなったら 徹底的にやってやる これは 全然 ダメ ダメだ これじゃ あっという間に心変わりするぞ よし 次の質問で勝負だ 何で こんな緊張してるんだ (メール受信) ヨッシャー! いい子だ! ブタウサギ コノヤロー! いい子だぞ やった~! 合格~ (グンソク)自由時間はないですよ 忙しいので グンソク! A.N.JELL また会えて嬉しいよ 久しぶりだな グンソクさん 相変わらず カッコイイね グンソク 新メンバーの美男だ 君が美男か 韓国でも人気だよ ありがとうございます カワイイね そんな~ (カメラマン)エンジェルスマイル もう1回 OK もう1回 次のポーズいこうか いいね~ ≪(カメラマン)いいですね もう1回 いきま~す ちょっと 顔 怖いかな みんな はい OKOK いいね そういうの いいね グンソクさんは 何が好きですか? ウナギの かば焼きが好きだよ わた… 僕も大好きです 何か 「大好き」とか言ってるけど 美男 やけに嬉しそうだな まったく あの100点は何だったんだよ ≪(カメラマン)では 撮影 再開しま~す チッ! ≪(カメラマン)OK 撮影 以上です お疲れさまでした お疲れさまです お疲れさまでした どんな事情か分からないけど 男のフリも大変だね 美男 大丈夫 秘密にしとくよ 嘘!? 廉 (美咲) 柊の恋人は一般人ってことじゃん (七海)私達も頑張れば チャンスあるよ (亜弓)柊 やめて 勇気にしよ え~ッ!? 何 何? 美子が柊君と!? (ノック) 廉さん 私 ファンクラブの入会テストに 合格しました 一応 ご報告を あっそう 当てにならない ファンだ それ 次の曲ですか? 前に話したろ めんどくさいアレンジの仕事だ (携帯着信) じゃあ お邪魔しました [TEL](シゲ子)柊君の恋人が美子って どういうこと [TEL]美子は 修道院にいるはずでしょ? 叔母さん (記者)NANAさん 廉さんとの交際は順調? (NANA)はい おかげさまで じゃあ 最近のお2人の エピソードは? 最近 お互い 忙しいから会えなくて それは 残念ですね あんなこと聞かれても ネタがないっつ~の (トオル)廉のうちに 押しかければ? 僕だったら 勇気君に ラブラブご飯作ってあげたいわ なるほどね~ アンタも たまにはいいこと言うじゃない フン 美男なんかのために バッカみたい いや~ アンタが美子だったなんて どうしても お兄ちゃんの夢を 叶えたかったんです 歌手になれば お母さんが会いにきてくれる そう信じた お兄ちゃんの夢を なるほどね~ 今はもう お母さんはいないって 分かってるけど A.N.JELLが大好きだから お兄ちゃんが戻るまでは 美男として頑張るって 決めたんです あッ… 実はさ 私の方も 話があったんだよね 何ですか? アンタ達のお父さんを よく知ってるって人 見つけたの ホントですか!? コイツのせいで 俺は… 《お母さん!》 《どうして 行っちゃうの!?》 《僕のことが嫌いなの!?》 《お母さん!》 ≪(シゲ子)このホテルの 501号室にいるから ねッ 行ってらっしゃい まだ 水沢麗子が母親なのか 分かんないけど 財産くれるって言うなら もらっちゃえばいいのよね (橘)いらっしゃいました あッ 《あなたを産んだせいで 私も大切な人を失ったのよ》 あなた A.N.JELLの美男… 驚いたわ あなたが桜庭さんの お子さんだっただなんて 廉君にアレンジして もらうんだけど 彼から何か聞いてる? いえ… そう あなたのお父さんの 曲だってことは 完成するまで 伏せておいてね あの… 父とは 単なる 親しい友人なんですよね? そうよ 母のことは 何か知りませんか? 申し訳ないけど 話せることは 何もないわ そうですか 妹さん どうしてるの? ちょっと 今 遠くにいて そう… 残念ね あなたのお父さんは とても大切な友人だったの だから あなた達には できるだけのことを させてもらうわ 廉さんがアレンジしてるのが お父さんの作った曲だったなんて 水沢さんにも会っちゃったし 廉さんに隠し事ができちゃった ≪(NANA)ご飯作りにきたの ブログに載せるから みんなで楽しく作ろう 帰れ お前と料理なんかできるか いいのかな~ ブログに 美男のこと載せちゃっても ≪(NANA)ねえ もっと楽しそうにできないの? 俺らは誰かさんと違って 正直者だからな (勇気)どうぞ まあ 何とか食べれそうね いただきま~す あんこ ぶっこんでやった 俺は青汁 マジで? まさか 廉さんも何か? ただいま~ NANAさん? どうしたんですか みんなで ご飯作ったの でも 私 急に おなか痛くなっちゃって これ 美男さん 代わりに 食べてくれない? いいですよ おなか減ってたし いただきま~す ちょっと待った! えッ? それは 俺が食べる 何でですか? 腹が減って倒れそうなんだ いただきます うッ… 廉ちゃん… 俺 ワサビ 全部 入れちゃった そんなに まずいんですか? 失敗したみたい せっかく作ったのに 残念だったわね じゃあ 口直しに私が お~ッ! 美男 やるじゃん 何だ そのドヤ顔は それぐらい誰でもできる じゃあ 廉さんもやってみて おお 楽勝だよ よし あッ! アハハ… 廉さん 最高! このコテが悪いんだ コテが (勇気)新しいコテ 買う? 廉ちゃん 次だ 次 早く は~い なるほどね 柊さん 見ましたよ 新聞 デートの話とか すっごくリアルで面白かった いっそ ホントに付き合ったら どう? 2人 お似合いだし NANAさん やめてください 柊さんには 好きな人がいるんですから ねッ えッ ホントに!? おいしい お茶を買ってきたんだ 取ってくるよ 《カワイイ》 柊さん 美男って鈍感ですよね あきれちゃう このままだと美男と廉 ホントに くっついちゃうかもよ いい人で終わっちゃうって 一番悲しいパターンですね (携帯着信) はい ちょっと 来てくれる? うん! ちょっと 何なんですか!? 柊さんのトランクに 入ってた靴 美男にピッタリでしたよ ごめんなさい 柊さん 私 知らなくて 柊さん! 帰れ! 二度と来るな! そんな言い方していいの? 美男のことバラして… 好きにしろ! お前の本性もバレるぞ A.N.JELLは 何があっても 俺が守ってみせる 来い! ちょっと! 俺だって 美男を守るためなら 何だってするぞ あの靴 柊さんの好きな人への プレゼントってことだよな NANAのヤツ 最低だ! ごめんなさい 柊さん 私にできることは ないですか? 少しだけ 付き合ってくれる? はい ちょっと… あの2人 ホントに どうかなっちゃうかもね チッ! 何なのよ みんな 「美男 美男」って 何で… 私じゃダメなのよ あの靴 大切なものなのに すみませんでした いや 渡せずに持ってた俺が 情けないだけだ そんなことないですよ 私 すごいことだと思うんです うん? こんなに広い世界で 大切に思える人と出会えて 好きになるって たとえ それが 苦しいことだとしても だから… うまく言えないけど 柊さんの思いが 彼女に届くといいなと思う 勇気 出してください 柊さんなら きっと大丈夫です そうだな 勇気 出さなきゃな 美男 実は 俺の両親が記事見て 心配しててさ はい 馬淵さんと一緒に会って 説明することにしたんだ ちょっと 遠いけど… 美男も一緒に来てくれないか? もちろん行きます そんなことで お役に立てるなら ありがとう いえ 「夜景のキレイなレストランを 貸し切って」 「ディナーをしました」 「ファーストキスは 遊園地の観覧車」だ!? 確かに やけにリアルだな 何なんだ これは! つ~か アイツらは どこに行ったんだ? 気にしてると思われるのも シャクだな クソッ! (呼び出し中) (携帯着信) まったく アイツは ≪(勇気) お帰り どこ行ってたんだよ ごめん 少しドライブしてたんだ ねッ はい そうなんだ… 2人でドライブ!? でも 柊さんには 他に好きな人がいるから大丈夫 つ~か しっかりしろよ 俺 攻めだ 攻め (せき払い) 美男 今度 2人で出かけないか? 俺が大人のデートを… いねえのかよ! せつない 廉さん 遅くなりました ああ あの 私 明日 柊さんの実家に 行くことになりました 柊の実家? 何で 馬淵さんと3人で 記事のことを説明しにいきます お前が そこまでやることない 馬淵に任せろ そうはいきません 私のせいで迷惑かけたから お前は 何も分かってないんだ どういう意味ですか そういう意味だよ 何も分かってねえくせに いい気になんな いい気になんかなってません 私は柊さんが心配で だから それが余計なお世話だ お節介野郎! 大体な この浮かれた記事は何だ アホか! ファーストキスのことまで キスって お前… それは 質問されたから 柊さんが適当に答えたんです 「柊さんの好きなところは 優しくて」 「何でも 願いを聞いてくれそうなところ」 そんな言い方してませんけど 柊さんが優しいのは ホントですから 「宇宙で一番 大きな星を見てみたい」 「という 美子さんの願いも」 「きっと 叶えてもらえる ことだろう」 それは… こんなことまで 言ったのか? 前に 「もしも願いが叶うなら」 みたいな話をしたのを 柊さんが覚えていて 俺はチャラチャラするヤツは 大嫌いだ お前は あくまで 美男だってこと忘れんな 言われなくても 忘れたりしません! もう寝る 出てってくれ 《俺を好きになってもいい 許可してやる》 〈院長様 私は廉さんという星に〉 〈少し近づけたと 勘違いしていました〉 〈そんな 簡単なわけないのに〉 《驚いたわ あなたが桜庭さんの お子さんだっただなんて》 廉さんに秘密もできちゃったし 最悪の日だ ≪(馬淵)ごめん どうしても 抜けられない仕事が入って えッ!? 悪いな 2人で行ってくれ これ チケット じゃあ 頼むぞ これで ふたりっきり 楽しい恋の旅 美男 いい夢見ろよ! オイ! 何でいるんだ 柊の実家に 行かなかったのか? チッチッチッ 分かってないね 青二才 はあ? 美男と柊 2人で行かしてやったのよ 大人の はからいってやつよ ハハハ… アイツの勝手だ 俺には関係ない 《≪(NANA)あの2人 どうかなっちゃうかもね》 いや いいのか? ホントに 《廉》 《エンジェルは しっかり捕まえないと》 《飛んでいっちゃうぞ》 ≪(麗子)美男と話したとき 「妹は遠くにいる」って 言われたんだけど 柊君と付き合ってるなら 東京にいるんじゃないの? さあ 私も詳しいことは あなた達 何か隠していませんか? 何も隠してませんよ そっちこそ 何? 本当は 美男達の 母親なんじゃないんですか? だって 財産の半分を渡すなんて 普通じゃないでしょう 分かったわ そこまで言われるなら お話しします 確かに 拓海さんと私は ただの友人じゃない 愛し合っていました やっぱり! でも 双子は産んでいない 美男達は 私の子供ではありません どうした 美男 元気ないな そんなことないですよ 元気です 廉と 何かあったか? いえ いいよ 俺の前では無理しなくても 美男 はい 俺達 ホントに 付き合わないか? だって 柊さんも私も好きな人が… 美男の好きな人は 本当に お前のことを分かってくれるか? 大切にしてくれるか? 《何も分かってねえくせに いい気になんな》 《俺はチャラチャラするヤツは 大嫌いだ》 俺なら 美男を大切にできる 他の誰よりも 俺が好きなのは 美男だから えッ? 他に好きな子なんか いないんだ ホントは レストランで お前に気持ち 伝えようと思ったけど できなかった もちろん すぐにとは言わない 少しずつでいいから 俺のことを 好きになってくれないか もし 俺の気持ちを 受け入れてくれるなら… 一緒に行こう 待ってる 〈院長様 胸が痛いです〉 〈廉さんは手の届かない 遠い星〉 〈でも 柊さんは〉 〈いつも 私の近くにいてくれました〉 柊さん… [スピーカ](アナウンス)12時15分発 金沢行き [スピーカ]17便に ご搭乗のお客様へ [スピーカ]最終搭乗手続きの ご案内です [スピーカ]3番搭乗口へと お急ぎください [スピーカ]お呼び出しいたします ブタウサギ様 ブタウサギ様 ブタウサギ? [スピーカ]お近くの窓から 空をご覧ください あッ… 星! 《「宇宙で一番 大きな星を見てみたいという」》 《「美子さんの願いも きっと叶えてもらえるだろう」》 廉さん! (足音) 行っちまったか 廉さん! 美男 (乗務員) 出発の時刻ですので はい 宇宙で一番大きな星 すごくすごく嬉しかったです すぐ消えちまったけどな でも 私の心の中では 永遠に消えませんから やっぱり 俺は100点だろ? 何で!? それ 美男 俺も お前に100点をやる いいか 1回しか言わないから よく聞けよ お前が好きだ 《美男達の母親は 私のせいで死んだんです》