唯吾日语

最简单的日语网站,最丰富的日语内容!

日本语能力考试

唯吾分享原来是美男09日文字幕,台词

亲,跪求分享哦 m(__)m

更多

≪(安藤)柊の彼女は美男だ!とか どういうことだ? ≪(馬淵)美男の双子の妹の 美子であります! ≪(柊)両親が心配しててさ 美男も来てくれないか? (グンソク)エンジェルは しっかり 捕まえないと 飛んでいくぞ (柊)俺が好きなのは 美男だから もし俺の気持を受け入れてくれる なら 一緒に行こう (廉)美男 (美子)宇宙で一番大きな星 すごくすごく嬉しかったです いいか 1回しか言わないから よく聞けよ お前が好きだ どうした? あッ… あの… いい… 今なんて? たく お前はもう (歓声) (亜弓)やった ホントにいた! ≪(七海)このサイト マジ最強! (美咲)会いたかった~! 二人だと目立つな 後で待ち合わせよう はッ はい もう一度だけ言ってやる 俺は お前が 好きだ 〈空耳…〉 〈じゃないよね?〉 〈廉さんの あの言葉を…〉 〈もう一度 聞きたい〉 〈他の音が 全部消えればいいのに〉 《俺は》 《お前が》 《好きだ》 エヘヘヘへ… アイツ なにニヤニヤしてんだ? (シゲ子)はあ~ やっちゃった~ 私のバカッ 《≪(麗子)美男達の母親は》 《私のせいで 死んだんです》 《どういうことですか?》 《私は 美男達の父親の桜庭さんと》 《深く愛し合っていました》 《彼は 双子を身ごもった 母親を捨てて…》 《私を選んだ》 《本当なんですか? それ》 《あきれた アンタ そんなことしといて》 《よく平気で美男に会えましたね》 《だからせめて あの子達に お詫びをしたいんです》 《どんだけ勝手なの!? 美男の気持も知らないで》 《あの子は 母親に会いたい一心で 兄さんの身代わりになって》 《A.N.JELLに入ったの なのに》 《身代わり?》 《なんでもないですよッ》 《とにかく 私は許さないから》 美男に なんて言おう… あの子は… 女? 廉さんが来てくれるなんて… 思ってもみなかった (飛行機が飛ぶ) 《≪(柊)もし俺の気持を 受け入れてくれるなら》 《一緒に行こう 待ってる》 柊さんに なんて言えばいいんだろ わッ どっちがいい? あッ… はい どうした? なんか 感動しちゃいました 廉さんが私のために 飲み物買ってくれるなんて 訳分かんない 早く選べ じゃあ… こっちで おいしいですッ 行くぞ ≪(勇気)やっぱり廉さんには かなわないな~ (RINA)なにやってんのよ (勇気)俺のファンの数 チェックしてんの やっぱり廉さんが1番か もう1回 抜きたいッ はいはい 頑張って 今日はしっかりやってよ トーク番組なんだから 廉も柊もフォローしてくれないからね 分かってるって しっかり爆笑とってくるから なんで廉さんが空港に? しかも美男と二人で 美男は柊さんと 実家に行ったはずじゃ… ごめん RINAさん 俺 事務所行ってくる なんなのよ (NANA)なんなのよ イチャイチャしやがって (トオル)ホント恋する乙女ね しっかりサイトチェックまでしちゃって うるさいわね 暇だからよ ごめん 急いでるんだ もうッ ≪(トオル)ホント 恋する乙女 友達に頼まれたの これも? ほっといてよ は~い ランララララン… 廉 美男!? おい どうしたんだよ 柊の実家は? 俺が連れ戻した ええッ!? おい ちょっと来いよ 廉 お前なにしてくれたんだよ どうして美男と柊の ラブラブ大作戦 邪魔すんだよ 隠すのは性に合わねえ こういうことだ どういうことだよ? えッ? 美男が好きなのって 廉!? そういうことだ 悪かったな 馬淵 ワオ! 分かんねえな~ なんで廉なんだよ? 一番意地悪で めんどくさくて プライドが高くて 廉さんはステキな人ですッ でもな お前… 美男 勇気!? お前 収録どうしたんだよ 美男 お前 廉さんが好きなのか? 好きなのか!? ≪(馬淵)勇気 おいッ 見つかった? ダメだ どこにもいない このアンポンタン 収録どうすんのよ! 分かってるよ! ああ… 俺もついに お魚さんのエサになっちゃう どこか心当たりないの? 勇気が行きそうな場所 勇気さんが 行きそうな場所… 《これが俺の秘密のバス》 《一人になりたいときに乗るんだ》 止めてください! 止めてくださいッ 勇気さん! すいません 勇気さん… 邪魔するな 降りてくれ どうして 廉さんなんだよ えッ? 俺は お前が好きだ お前がA.N.JELLに入って 《勇気です 一緒に頑張ろうぜ》 ≪(勇気) すぐに最高の仲間になった けど… いつからだろう? 俺の中で美男は ただのメンバー以上の 存在になってたんだ だから… お前が女だって知ったときは 《超嬉しいよ! 夢みたいだ》 本当に嬉しかった 俺は ずっとお前を思ってた 俺じゃダメなのか? 勇気さんは いつも明るくて 私を元気にしてくれた 勇気さんがいなかったら 私は くじけてしまっていたかも しれません だけど… ごめんなさい ごめんなさい… 謝るな 謝られると… 余計みじめになる もうすぐバスが一周する そしたらリセットするから… それまで この気持でいたい… よ~し リセット終わり じゃあ 収録行ってくる 最高のトークしてくるぜ 勇気さん… いいか 美男 俺のこと気にしてくれるなら 気にしないでくれ あれ? 日本語おかしい? まあ そうじゃないと 俺は いつもの俺に戻れない じゃあな美男 気をつけて帰れよ 美男! はいッ 廉さんとうまくいかなかったら 承知しねえかんな! 勇気さん… ありがとうございます ≪(安藤)どうしたんですか? 水沢さん こんな遅くに 「Miss You」のアレンジがどんな具合か 伺えればと思いまして ご心配なく 廉がスタジオにこもって 作業してますから 楽しみにしてます そういえば 桜庭美男君ていうのは どういう方かしら? 美男ですか? 最高ですよ~ 天使のような歌声 キュートなルックス まさしくマーベラス 桂木廉君とは親しく? (安藤) もちろん 仲良くやってますよ やっぱり 一つ屋根の下で 一緒に暮らしてるからこそ お互いに理解し合えるんでしょう 一緒に… あの二人には 確かな絆がある なあ馬淵? えッ… ええ あの… 友情 そう あの二人は 強い友情で結ばれてますから なあ沢ちゃん (沢木)もちろんです 私の廉と 一緒に暮らしてる 昨日も事務所に泊まったのかな? お弁当とか作っちゃおうかな? (誰かが帰ってくる) 廉さん お帰りなさい 柊さん… これ 地元の有名なお菓子 あの… 柊さん 私… そんな顔すんな 美男 お前はなにも気にしなくていい 気持を伝えたのは 俺がそうしたかったからだ もうやめることにした えッ? 今まで俺は 目立たないように 美男を応援してきたつもりだ けど これからはもっと積極的に お前を支えていく 美男でも気づくように 分かりやすくね 今のお前が 誰を見てようと かまわない 俺は どんな美男でも 受け入れる覚悟があるから (携帯着信) ブラボー さすが廉 パーフェクトなアレンジだ では水沢麗子さんに届けてきます 頼む しかし この曲には いろんな因縁があるみたいだな 水沢麗子は このMiss Youを作った 作曲家の男と つきあってたらしい 昔から彼女は 恋多き女って 有名だったけど この曲にこだわったのは そういう裏があったんだよな どう思う? まったく興味ないね 《すべて終わったら あなたにも話すわ》 《私にとって どれほど 大切な人だったのか》 その男のせいで 俺は… 《お母さんッ どうして行っちゃうの!》 《僕のことが嫌いなの!?》 ≪(麗子)よく来てくれたわね 嬉しいわ どうぞ プレゼントを渡したくて 気に入ってくれるといいけど これッ あなた女なんでしょ いえ あの… お兄さんに代わって A.N.JELLに入った 違う? お願いします 誰にも言わないでくださいッ 廉は知ってるの? あなたが女だっていうこと 詳しいことは言えないけど 私と廉は ちょっと特別な関係なの 廉には迷惑かけないで! もちろんです 廉さんを 傷つけたくありませんから なにがあっても ずいぶん真剣なのね あなた お母さんのこと 知りたがってたわよねえ あれから思い出したのよ ホントですか! 名前は確か… 「桐嶋」っていったわ 「桐嶋… 沙織」 キリシマ… サオリ あなたのお父さんに捨てられた って聞いたけど? 父が… 捨てた なにかの間違いじゃないですか? 父は絶対にそんなことしません ごめんなさい 詳しいことは分からないわ ずいぶん前の話だし そう… ですか また なにか思い出したら 連絡するわ お願いします… 失礼しました (ドアが閉まる) やっぱり親子ね 似てるわ あの女に 美男 廉さん 私 映画見るって気分じゃ ないんですけど… 気分? お前の気分なんて関係ない お前は目だ 席まで案内しろ はい… おい えッ? あッ… あッ はい 《あなたのお父さんに捨てられた って聞いたけど?》 なにぼんやりしてんだ? なんでもありません (くしゃみ) 大丈夫です 廉さんが冷えちゃいます いいから カゼひいたら大変だろ キレイな星ですね~ だから俺には見えねえ そうだッ 廉さんにも 星をお見せしますね ジャーン キレイでしょ こういうときも あるかと用意しておいたんです 暇だな お前 私が役目を終えたら 色々な星を見つけますね それを見て 廉さんのことを思い出します 役目? 兄が帰ってきたら 私がA.N.JELLにいる必要は なくなりますから 今日 なにかあったんですか? 急に映画見ようなんて ちょっとヤなことがあってな 前は 暗い気分になっても 自分じゃ どうしようもできなかった けど今は お前がいる 《今日は あなたが生まれた とっても大切な日》 《廉さん お誕生日おめでとう》 《廉さん くすぐったいです》 お前といると 笑って一日を終えられる 別に褒めてるわけじゃないからな お前みたいなヤツでも 一応 役に立つっていうか もッ もちろん分かってます 十分です それで よし 俺も星を見してやる 思いっきりぶん殴る そうすりゃ星が見えるだろ それはちょっと… 遠慮するな いくぞ (ため息) 廉が… あの女の娘の すぐそばにいるなんて… 桐嶋沙織? はい 聞いたことないけど 誰? 水沢麗子さんから聞いたんです その人が 私のお母さんだって 他には なんか言ってた? お母さんは お父さんに捨てられたって… 嘘だって そんなの! そうですよね きっとなにかの間違いですよね? 当たり前じゃない 兄貴が そんなことするわけないでしょ 桐嶋沙織ね 分かった 私が当たってみる アンタ忙しいだろうし ホントですか もし見つかったら 私にも会わせてください お母さんのこと なんでもいいから知りたいんです 任せといて かわいい姪っ子のためだからさ ありがとうございます 美男は 廉のことが好きなんだろ 俺は今まで 廉にいろんなものを譲ってきた A.N.JELLのリーダーも グループとしての方向性も そっちの方がいいと思ったから けど 美男だけは譲れない 絶対に 美男だけは譲れない 絶対に それは俺も一緒… おはようございま~す おはよう 美男 勇気 おい! ビッグニュースだ ビッグニュース 美男が 本物の美男が帰ってくるんだよッ 兄が? いつですか (馬淵)来週には帰国するみたいだ どんなヤツなの? その兄貴って そうだな~ 本物の美男は 廉のカリスマ性 柊の優しさ 勇気の明るさ そのすべてを兼ねそろえた パーフェクトなヤツだ そう 楽しみだ ああ 俺も今から すげえ楽しみだよ とうとう いよいよ 本物の美男が帰ってくるぞ! (出口)A.N.JELLの美男の妹が 美子で 柊の恋人と 筋は合ってんだけど なんかひっかかんだよな (橋本)ああ~! (馬場)なんだ!? 美子が現れるとき 必ず美男がいない! どけ~ッ この試写イベントんときも このインタビューのときも! 言われてみれば つまり成りすましてるのか! 美男と美子は 同一人物だ~! これが今日の星の写真です 3枚か 今日は少ないな すみません だけど だいぶ たまってきました まッ 引き続き頑張るように 私の一番好きな星は 目の前にありますけど… なんだ? なんでもありませんッ あッ あさってには 兄が帰ってきますね 楽しみです そしたら お前は… そうだ 望遠鏡買ったぞ 俺にも星が見えるように ホントですか! 今夜は星を眺めて ファンミーティングだな 楽しみにしてます 兄貴が帰ってきても 変わらねえからな えッ? これからもずっと 二人で星見るぞ それと これ なんでもない じゃあ夜にな はい これから廉さんがアレンジした Miss Youを聴いてきます 社長がすぐに来いって 別にいいよ 廉さんが一生懸命作ったものです 私も聴きたいんです そうか はい じゃあ 夜に どうも苦手だ こういうのは よし 今夜 絶対渡そう なんの用ですか? A.N.JELLのことでね ズバリ 美男と美子は同一人物でしょ? おや? 顔色が変わった 吐いて楽になりましょうよ みんなの妖精さん? 君ッ ちょっと! 死んだ ええッ! フリ? 熊じゃないんだぞ! こうしましょう これから先 あなたに不利な情報は流さない その代わりですね 我々がこのスクープを発表するまで 絶対に誰にも話さないことッ いい子だ~ いや~ さすが廉ですね ああ ブラボーだろ ≪(馬淵)ブラボーですよ 社長 ≪(安藤)あとは水沢麗子の 歌入れだけだな そうだ ちょっと噂に聞いたんだがな なんですか? このMiss Youを作った男は 水沢麗子と 恋人関係にあったっていうんだ ええ!? そうだったんですか ああ 人目もはばからぬほどに 情熱的だったって話だ ≪(馬淵)はあ~ ≪(安藤)ビックリだろ ≪(馬淵)ビックリしました~ 本当なんですか? お父さんが あの人と? うん… いや 水沢麗子が言うにはよ? 兄貴は あの女のために アンタの母親を… 捨てたって けど そんなの嘘に決まってるから あの女が勝手に… 聞いてきます 本人に直接 ちょっと美男! ブタウサギ なかなか似合うぞ (橘)桜庭美男さんがいらして 今すぐ会いたいと言ってます そう 分かったわ 遅いな アイツ なんかあったのか? (携帯着信) なんの用ですか? 忙しいんです 今から 私の一番 大切だった人の子供と会うの あなたにも来てほしい 俺には関係ありません 失礼します 美男よ 美男? ううん 美子っていうべきかしら? 彼女が 私が愛した人の 娘 待ってるから 来て よく来たわね 父さんとは ただの友達ですよね? そう… おっしゃいましたよね? 違うって知ったから ここに来たんでしょ? 正直に話すわ あなたのお父さんとは 拓海さんとは 深く愛し合った仲よ 今 思い出しても 苦しくなるくらい 拓海さんは 私のために あなたのお母さんを捨てたのよ 私はあなたのことを信じません どう思おうと勝手よ でも あなたは自分の息子を 廉さんを愛さなかった 廉が私の息子だってこと 知ってるの? 一番大切な人に 愛情を与えなかった 《あなたを産んだせいで 私も大切な人を失ったのよッ》 《産んだ日も忘れるくらいなら》 《俺なんか 産まなきゃよかったんだ》 この世で一番 大切な人なのに そんな人を お父さんが 好きになるとは思えません あなたの愛は 本当の愛じゃない 母親と同じこと言うのね お母さんと? そうよ あの女も 私と彼の関係に嫉妬して そう言ったわ でもね 私達の愛には ちゃんとした証拠があるの 廉がアレンジした曲よ あなたの父親が 私を取り戻そうとして作った曲 私のために 私に帰ってきてほしくて 嘘です! いい加減にして! (ドアの開閉) 廉さん… よく来たわね 廉 電話で話したとおり この子が 私が愛した人の 娘 本当なのか? 美男 お前が… あの作曲家の娘だって 本当なのか? 黙っていて すいませんでした だけどッ (ドアの開閉) これで よかったのよ すべてを明らかにした方が あなた達にとっては さっき記者から連絡があってな 近々 美男と美子が同席する インタビューをしたいっていうんだ つっぱねてもいいんだが あまり関係を悪くしたくない ユーから美子に 話してもらっていいかな? 分かりました (呼び出し中) マズイな… 廉さん! 廉さん 待ってください! お願いです 話を聞いてください! 廉さん! まさか… お前が娘だったとはな 俺はずっと一人だった 子供の頃からずっと ようやく 信じられるヤツが 心の底から すべてを分かち合える相手が できたって そう思ったのに なのに どうして! どうして お前が… アイツの娘なんだ もう二度と お前の顔は見たくない 廉さん… 〈院長様〉 〈胸が苦しいです〉 〈胸が痛くて 苦しくて〉 〈どうにかなってしまいそうです〉 美男 柊さん… 泣いてていいよ 気持が落ち着くまで 俺はずっと ここにいるから 美男の 隣に