唯吾日语

最简单的日语网站,最丰富的日语内容!

日本语能力考试

唯吾分享神南署安积班 03日文字幕,台词

亲,跪求分享哦 m(__)m

更多

(男)強盗だ 動くんじゃねえぞ! (男)金だ! (黒木)今 警報ボタン押されました (水野)発生から18秒 まあまあのタイムね (男)このバッグに金を詰めろ! (桜井)ずい分 張り切ってますね 強盗役… (須田)暑ッ 須田さん 今回で 強盗役3回目ですよね 本物並みの迫力ですね (安積)それくらい 真に迫ってないと 防犯訓練やる意味がないからな モタモタすんな 早くしろ! はい 行員さん ちょっと急ぎすぎですね (村雨)うん お札はゆっくり出して もっと時間を稼がないとな さっさとよこせ! あちゃあ 全然当たってないな 犯人狙っちゃダメなんだ 地面にたたきつけて 塗料が飛び散るようにしないとな 女子行員には 特に指導が必要ね (友紀子)女性には結構 厳しいんですね よし 訓練終了だ (パトカーのサイレン) あれ? 何だ このサイレン? (サイレン) あれ 交通課のミニパトです うん う うわあッ! えッ 何 何!? ちょっと イタタタッ ちょっ ちょっと… (立花)村雨刑事 強盗の 現行犯を逮捕しました 君は? 交通課の立花美咲です 逮捕しちゃった!? 申し訳 ありませんでした 本物の強盗に手錠かけるの 初めてだったんで… だから俺は本物じゃないって… (金子)立花巡査! はい! 防犯訓練で交通課に要請したのは 路上の交通整理だけだ 犯人を逮捕してくれなんて 頼んだ覚えはないぞ! (速水)はい ごもっともで… お言葉ですが 課長 うん? 防犯訓練は本番と同じように やらないと意味がないのでは? 何言ってんだ バカ もし目の前に強盗がいた場合 交通整理だけ やってればいいんですか? ヘリクツを言うんじゃないよ! 訓練と本番の違いぐらい 常識で判断するもんだろッ まあまあ課長 確かに今回の件は やりすぎだとは思いますが 彼女の言うことも一理あるかと… 何!? 訓練でも できるだけ本番と 同じ意識で臨むのも 大切なんじゃないですか そうですよ 先日も銀座で 宝石強盗が起きたばかりだし これが実際に起きた事件だったら 彼女は大手柄ってわけですから はい はい じゃないだろ みんな甘すぎますよ 訓練は あくまでも訓練なんですから 桜井君… えッ… 今日のところは大目に見てやるが 今後 十分注意するように! 速水ッ はい 教育しとけ! はい 速水 分かりました あなた確か臨海署から 転属になったばかりよね? はい 立花美咲です 水野刑事のことは同じ 女性として尊敬しております そう ありがとう 今度 相談に乗ってもらっても… 立花… もう帰っていいよ はあ… 失礼します ご苦労さま お前も大変だな まいったよ マジでまいったよ まいったよ まいったよね あの調子だからさ 臨海署でも持て余しちゃってさ それで速水さんが神南署に? 断れるわけないだろ 元上司の頼みだよ でも元気があっていいじゃない 元気ありすぎなんだよ 刑事になるのが目標か何かでさ 必要以上に張り切ってんだよ アイツが刑事に!? (速水)ああ (寺田)へえ 水野刑事と話したんだ ちょっとだけ だけどね これで村雨刑事も 私の名前 覚えてくれたと思う 刑事になるにはさ 成績がいいだけじゃダメなの 刑事課の人達に 推薦してもらわないと だったら一番若い桜井刑事と 仲良くなるの いいんじゃない? 桜井太一郎か… うん ダメよ アイツまだ若すぎて 推薦する資格なんかないよ そうなんだ… それにさ 太一郎のヤツ 何か私のことライバルだと 思ってるみたいで ライバル? 私は相手にしないけどね やっぱり村雨刑事に 認めてもらわないと… えッ この写真載せんの? これが一番インパクトがあるんですよ 訓練の真剣さが伝わってくるし… せっかく課長の怒りが 鎮まったんだからさ こんなの見られたら… じゃあ 別の写真に差し替えますね その代わり今度は 密着取材させてくださいね えッ? 約束ですよ ハンチョウ 失礼します えッ… おッ 安積 何隠したんだ? いえ 何も それよりどうしました? ああ そうそう 今度 新宿西署に強行犯係が 新設されるのを知ってるか? そうなんですか? 今メンバーを選考中らしいんだが 第三方面本部の本部長が 村雨を抜てきしたいと 署長に言ってきたらしいんだ 村雨を強行犯係の係長に? ああ そのためにも 今度行われる警部補の 昇進試験を必ず受けるようにと 分かってる分かってる 心配するな 村雨のような優秀な刑事を 簡単に手放したりはしない 万一アイツが抜けたら 後に来る ヤツなど役に立たんに決まってる いや課長 これは村雨にとっても 大きなチャンスです 俺からも昇進試験を 受けるように勧めてみます えッ? 去年アイツが昇進試験を 受けなかったのは俺のせいです 俺がアイツを頼ってるもんで 遠慮したんです そろそろ村雨の将来にとっても アイツのこと考えてやらないと… う うん お前がそう言うんなら… 俺に異存はない みんなで温かく送り出してやるか はい よろしくお願いします おう 任せとけ うん? 止めて (寺田)美咲 どうしたのよ 急に? やっぱ そうだ えッ? 先週 神南通りの前に 止まってた車 ほら 千夏が駐禁ステッカー 貼ろうとしたら… あッ… (島谷)おい 何やってんだよ そいつは俺の車だぞ 触んじゃねえ! ここ 駐車禁止ですよ うるせえな 今どかします! お願いします 離れろよ! ああ あのときの車か 何か怪しいわね こんなとこに止めとくなんて ちょっと何やってんのよ!? マリファナとか覚せい剤とか 何か ヤバイもの隠してんのかも? (寺田)そんなの交通課の 仕事じゃありません 何言ってんの 不審車両を 調べるのは警察官の職務でしょ そりゃ そうだけど… 誰かいるのかな? あのサングラスのヤバそうなヤツが 何かやってるんじゃないの? ちょっと見てくる 美咲… やめようよ アイツ ホントにヤバイ ヤツかもしれないじゃん 何ビビってんの 私達は警察官なのよ だって… そんなんじゃ刑事になれないって なれなくて いいんだって 私は交通課で満足なんだって 誰かいるんですか? 美咲… (足音) 警察です 出てきてください! (銃声) (誰かが走り去る) (寺田)うッ ううッ! 千夏… 千夏! 千夏! (電話のベル) はい 強行犯係 交通課の巡査が撃たれた!? 千夏 千夏 千夏ッ! しっかり 千夏 しっかりして しっかりして! いきなり警官に発砲するなんて 犯人は覚せい剤でも やってたんでしょうかね? あるいは すでに犯罪に係わってて 警官の姿に過剰反応したのかもな 犯人は裏から逃げたようですが 周囲は倉庫ばかりで 目撃者を捜すのは 難しいかもしれません ハンチョウ 寺田巡査のケガですが 幸い弾は骨をそれていたようで 大事には至らないそうです よかったですね ただ寺田巡査も立花巡査も 犯人の姿は全く 見ていないようです いきなり発砲されたから 気が動転したんだろう アイツ 防犯訓練のときは 偉そうなこと言ってたくせに… 桜井 まずは自分の 身を守ることが第一だ 彼女達は拳銃を 持っていなかったんだから はあ… ハンチョウ 車の持ち主は 島谷亮二という男なんですが 1年前に新宿で傷害事件を起こし 執行猶予の判決が出てます よし 俺と水野は島谷を当たろう 須田と黒木は この付近の聞き込み 村雨と桜井は病院に行って 撃たれたときの状況を 詳しく聞き出してきてくれ 分かりました どうして そんな危ない所に 踏み込んだんだよ!? 不審車両を見つけたんで 運転手を捜してただけなんです 危険を察知したら すぐに連絡すべきだろ そんなの無理ですよ いきなり撃ってきたんですから 係長 私達にも拳銃の 携帯を許可してください 何!? 交通課の女性警官にも 拳銃の携帯は 認められているはずです 分かってる 分かってるけどさ だがな 特別な場合を除いては 拳銃は必要ない 今が その特別な 場合なんじゃないんですか!? 速水さん 早く来いよ お前 立花巡査から 詳しい話を聞きたいんですが… うん きちんと説明しなさい はい 犯人の姿は見てないんだな? 見ています 見てないって聞いてるぞ どうなんだ 立花? 今日は見ていませんが 先週 あの車を駐禁で 取り締まろうとしたんです そのとき車を運転してた 男に会いました ハッキリ覚えてます この男か? 似てますけど サングラスかけてたんで もっとちゃんと見ろよ こんな写真1枚じゃ 断定できないって言ってるんです でも また会えば必ず分かります その車を見た場所は? 神南通りの外れのブティックでした 店の女性と 親しそうに話してました 分かった ありがとうございました ありがとう あの 聞き込みには 私も同行させてください 立花君? その女性を見てるのは私だけです 車の男にも1度会ってるんで 私なら絶対見逃しません お願いします 速水さん… うん 分かった そうしてくれ 村雨さんからですか? うん 立花巡査が先週 島谷を目撃したそうだ 明日から村雨に同行させる 村雨さん 彼女に 振り回されなきゃいいですけど 心配ない アイツは俺より大人だ (奈々)島谷亮二? ええ この男です 知りません 見たこともないわ 先週の水曜日 午後3時半頃 島谷の車 この店の前に 止まってましたよね? 島谷がここから 出て来るのを見たんです その前に あなたが 島谷と話してるのも… だから知らないって 言ってるでしょ 私が嘘ついてるっていうの!? いえ そういうわけでは… 一緒にいた同僚も 目撃してるんです あなたと島谷は確かに… 立花 いや でも… いいから お前は黙ってろ 申し訳ありません 何か思い出されたら神南署の方に ご連絡ください 失礼します あの女 絶対 嘘ついてますよ そんなことは分かってる えッ? しつこく追及したら 警戒されるだけだ すいません しばらく張り込むぞ はい もう立花 帰らせた方が いいんじゃないですかね 私 島谷に1度会ってるんです 私も一緒にいた方が… その格好じゃ目立ちすぎんだろ 大丈夫です すぐ着替えますから えッ おい! 相原奈々ですね 了解 (管理人)島谷さんが引っ越したの 1年ぐらい前だったんじゃ…? 引っ越し先は? 分かりません 何か事件を起こしたとかで 勝手に出てっちゃいましてね まあ後から家賃は女の人が 払いに来たんですがね 女の人? 一緒に暮らしてた女性ですよ 確か 相原さんっていったかな? 相原… 村雨さん達が張ってたブティックの 女性の名前も相原です 相原奈々 相原奈々 思い出した! 間違いないですよ ありがとうございます つながりましたね うん お待たせして すいません あッ すいません 680円? これ上から下までそろえても 2000円しないんですよ そんなに刑事になりたいのか? はい 何か特別な理由でも? 速水係長から あんまり人に話すんじゃないって 言われてるんですけど… 私の父 警視庁の刑事だったんです 10年前に強盗に撃たれて 殉職したんですけど… 10年前… ええ 捜査一課の立花警部か? はい 知ってるんですか? 面識はないが立花警部のことは 刑事なら誰でも知ってる 誰からも慕われた刑事が卑劣な 犯人の凶弾に倒れたんだからな すまなかったな 思い出させて… いえ 父のことは 忘れたことありませんから 私 父のこと大好きだったんです それで同じ道に… そうでもしないと 私と父を結ぶ 絆がなくなってしまいそうで… だから絶対 刑事になりたいんです 笑われるかもしれないけど 私は本気なんです そうか 村雨さんは どうして 刑事になったんですか? 特別な理由はない ただ 警察官の仕事が 自分に向いてると思ったんだ それだけですか? ああ でも 15年も続けられるなんて やっぱり向いてたんですね 続けられたのは 人との出会いだ 尊敬できる上司がいれば 仕事も生きがいになる 安積係長のことですか? ああ 相原奈々 出て来ました 辺り気にしてます 島谷に会うつもり かもしれませんね 分かった すぐに行く 立花警部の娘さんか… ああ なら刑事になりたいっていう 気持ちも分かる気もすんな あの事件から10年 犯人は まだ捕まってない アイツはな安積 自分の手で 犯人を捕まえる気なんだ 自分の手で? もちろん刑事に なったからといって 遺族が捜査に当たることはできん そんぐらいアイツだって 分かってるよ でもさ 刑事になりゃ どこかで 犯人に出くわすチャンスがある そう信じてるんだ 島谷を待ってるんでしょうか? おそらくな し 島谷です 下がってろ はい 島谷! 彼女を頼む! はい! あっちだ はい 島谷! 来るな! よせ もう逃げられないぞ 来るんじゃねえよ! この女 ぶっ殺してもいいのか! 落ち着け 桜井 手錠だ! はい 桜井 彼女を頼む はい 村雨さん… ムチャなマネはするな えッ 命を落す危険があったんだぞ 大丈夫です 私なら心配いりません お前だけじゃない! 人質の命も仲間の命も 危険にさらしたんだ! 命を粗末にするヤツに 刑事が務まると思ってんのか よく考えろ! すいませんでした もういい 硝煙反応が…? 島谷の服からは 検出されませんでした つまり寺田巡査を撃ったのは 島谷じゃないってことか でも倉庫からは島谷の指紋が 検出されてるんですよ あの倉庫に島谷が いたことは間違いない だが銃を撃ったのは 別人ということだ 別人? もう1人いたってことですか? (水野)相原奈々って可能性は? その時間は店にいたんで 完全なアリバイがあります 島谷に呼び出されたのは認めて ますが 事件とは関係ないと… 彼女は島谷と1年間 一緒に暮らしてたのよ 関係ないとは思えないけど この事件 やっぱり裏に何か 隠されてるに違いありませんね (金子)安積 はい こちらは本庁の 捜査一課の北山警部と 銀座中央署の西本刑事だ 安積です うちで逮捕した島谷亮二なんだが どうやら先週 銀座で起きた 宝石強盗事件のホシらしいんだ 宝石強盗事件!? (北山)2人組の強盗に 1億5千万相当の 宝石類が盗まれたんですが 鑑識で確認したところ 現場に残された靴跡が 島谷のものと一致したんです 島谷がホシの1人であることは ほぼ間違いありません もう1人の拳銃を持った男は? そいつは まだ分かりませんが 島谷を調べれば すぐに判明すると思いますが そういうわけで島谷と相原奈々の 身柄は 捜査本部がある 銀座中央署に 送致されることになった 待ってください (金子)本庁の決定だ このもう1人の男が 寺田巡査を撃った可能性も… (西本)女性警官が 撃たれたことは聞いています 同一犯かもしれませんが いずれにしろ 我々の捜査を 優先させていただきます もう決まったことなんだ 神南署としては すみやかに 島谷の身柄を引き渡す いいな 分かりました それでは どうぞこちらへ ハンチョウ 仕方ない 先にホシを追ってたのは向こうだ 凄いじゃん 美咲 犯人逮捕だなんて大活躍じゃない まあね… どうしたの? 村雨さんに怒られちゃった 命を粗末にするヤツは 刑事になんか なれないって えッ!? 村雨さんの言うとおりよ 私 成績上げることしか 考えてなくて 警察官としての心を 忘れちゃったみたい 美咲… 千夏がケガしたのだって 私のせいだもん もし千夏が 命を落としたらと思うと ゾッとしちゃう… 元気 出してよ ほら 刑事になりたいんだったら もっとタフじゃなきゃ そうね ありがとう まあ そういうわけでな 方面本部長が お前を 抜てきしたいって言ってんだよ そのためにも次の 昇進試験は受けるべきだと… ハンチョウ うん? ハンチョウは どう思ってるんですか? 俺か… 俺は今でも お前に 残ってほしいと思ってる その気持ちは変わらない が それは単なるワガママじゃ ないかと思うようになってきた お前が よその班長になることは お前のためだけじゃなくて 俺にとっても 必要なことなのかもしれない ハンチョウ… 一晩 考えさせてもらえますか? そうだな 今ここで結論 出せっていうのも無理な話だ 明日にでも返事くれ 当直 ご苦労様 ああ 水野さん 私も まだだから 一緒に食べようと思って どうもすいません ありがとうございます 村雨さんのことだけど… えッ もしかすると 栄転するかもしれないわね 警部補の昇進試験もあるし もし そうだったら 村雨さんのためにも 笑顔で送り出してあげないとね 大丈夫ですよ 水野さん えッ? さっき須田さんと黒木さんにも 同じこと言われました そう… 食べましょう いただきます どうぞ 受けてみます 昇進試験 そうか ハンチョウの そばにいたいという 気持ちは 今でも変わりません 昨日のことがなければ 1年前と同じ答えを 出していたと思います 昨日のこと? ええ 自分は立花巡査を叱りました でも刑事になりたい一心で 死にもの狂いで犯人を 捕まえようとする アイツの姿を見ていたら 何か忘れていたものを 思い出したような気がするんです 俺は いつのまにか 居心地のいい場所で ハンチョウに 甘えていたのかもしれません 村雨… ハンチョウ! うん 捜査本部からの連絡で 今朝 相原奈々を釈放したと… 何!? (桜井)釈放って どういうことですか!? 彼女は宝石強盗には関係ないって 判断したんだろ それは考えにくいな そうか 彼女を泳がせて共犯者を おびき寄せるつもりなんすね その辺の情報は捜査本部の方でも かん令がしかれてるみたいね うちの巡査が撃たれたんです 島谷の身柄は引き渡したとしても 寺田巡査の捜査までやめる 必要ないと思いますが… 村雨… 違いますか ハンチョウ? 確かに そうだが あくまでも向こうの捜査が優先だ 俺達が不用意に相原奈々に 近づくことは許されない じゃあ また後で (携帯着信) はい 立花です 相原奈々 釈放されてます 店にいるんです ああ 分かってる 島谷と彼女の捜査は 銀座中央署の方に移ったんだ どうしてですか!? 千夏が撃たれたんですよ 村雨さん達が捜査してくれない なんて おかしいじゃないですか 立花 詳しいことは話せないが とにかく彼女には近づくな 立花? (立花)分かりました (電話が切れる) おう 村雨次期警部補 課長 昇進試験受けるんだって? ええ まあ… うちの署長も方面本部長も 大喜びだ これから… ちょっと急ぎますんで… どうしたんだ アイツ? 立花です 相原奈々 スーツケースを持って どこかに 出かけようとしてます 高飛びするつもりじゃ…? 立花 もう深追いはするな 後は俺に任せろ 分かりました どこ行くんですか? 相原さん 相原奈々が高飛び? すいません ハンチョウ 立花が心配なので 自分も後を追います 分かった… どこに行くんですか? しつこいわね アンタも 私は もう疑いが晴れたのよ どこ行こうと勝手でしょ 何しに来た!? やっぱり彼女を 泳がせていたんですね あの女は島谷の共犯者とも つながりがあるとみている いずれ 接触するはずだ あの女性警官は? 交通課の立花巡査です 交通課の巡査が一体 何をやってるんだ!? ダメだ 共犯者だと 確認できるまでは動くんじゃない しかし… 違ったら どうする チャンスは1度しかないんだぞ 立花巡査が危険です アイツが きっと共犯者です まだ分からん 分かったときには 手遅れなんですよ! (佐久田)やっぱり あんとき 殺しときゃよかったな 千夏を撃ったのは あなたね… 海に沈めてやる 万が一 危険が及んだとしても アイツは一般市民じゃない 警察官だ 警察官でも命の重さに 変わりはありません! おい! 来るな! 待て! イヤ イヤッ クソッ… 近づくと撃つぞ 村雨さん こいつ撃ってください! 何だと… 私は どうなっても構いません 犯人を逮捕して下さい バカなことを言うな! 警察官の命は そんなに軽くない そんなヤツのために 命を捨てる必要はない 村雨さん… 俺が絶対に助けてやる (佐久田)銃を置け 本当に この女 殺すぞ いいのか!? 待て ダメ 村雨さんダメ! 銃を置いたら 村雨さんが撃たれます 村雨さん… (銃声) 村雨さん… 立花警部が今の お前を見ていたら きっと怒鳴りつけてるぞ 確かに警官は命がけの仕事だ だが 警官だから 命を犠牲にしていいわけじゃない 今日 助かったのは 天国にいる お父さんのおかげだ 感謝しろ はい… 宝石強盗の主犯は 元警備員の… 佐久田は競馬場で知り合った 島谷を言葉巧みに 宝石強盗に誘ったんだが 実は そう仕向けたのは 相原奈々だった 佐久田と彼女が グルだったってことは 島谷は知らなかったんですか? 佐久田と島谷は素性を 明かさず犯行に及んだらしい 島谷も以前つきあってた女が 佐久田と手を組んでるとは 夢にも思わなかったんでしょうね となると… 主犯は相原奈々って ことになるんですか? (水野)そうともいえるわね あのブティックを開くのに 500万 借金してるけど 返済も滞り お金に困ってたみたい 島谷は大金が入れば彼女と ヨリを戻せると思っていたらしく 犯行後 店を訪れたときも 競馬で当てたんで 近々 大金が入ると 彼女に復縁を迫っていたようだ でも島谷と佐久田は どうして あの倉庫にいたんですか? 佐久田は宝石を金に替えて 島谷に分け前を 渡す約束してたんだ だが実は そこで佐久田は 島谷を殺そうとしていた (立花)誰かいるんですか? ちょうど そこに立花巡査と 寺田巡査が来て… 警察です 出て来てください! もうバレてますよ お前の拳銃使用に関しては 適正だったと判断された 問題ない ああ そうですか だが よその捜査本部に 迷惑をかけたことに違いない 村雨と一緒に始末書を書くんだ 村雨も? 当たり前だ 今回の件は 方面本部長の耳にも入ってるんだ ていうことは例の話は? もちろん なくなった 色々ご迷惑をおかけしました 立花美咲 今後も交通課の 警察官として頑張ります よし もう帰っていいよ はい 失礼します よかったな 彼女もちゃんと やる気になって 諦めたのかしら? 刑事になる夢 それが全然なんだよ それどころかさ この安積班に入って村雨のパートナーに なるって張り切ってんだよね 刑事になんか なれませんよ あんなヤツ 桜井君 早くもライバル意識を 燃やしてるようだね だってアイツ 陰で俺のこと太一郎 て呼び捨てにしてるらしくて… なめられたもんだな きっと向こうも お前のこと ライバルだと思ってるに違いないぞ 絶対負けませんよ 俺は! 村雨さんのパートナーは俺なんですから おかわりもらえる? 残念だったな ええ しかし皮肉なもんだな いつも模範的な お前が こういうときに限って… そういう運命なんですかね それとも… 俺のせいか? とにかく しばらく またお世話になります まあ 仕方ないか