唯吾日语

最简单的日语网站,最丰富的日语内容!

日本语能力考试

唯吾分享神南署安积班 10日文字幕,台词

亲,跪求分享哦 m(__)m

更多
(村雨)おはよう
(桜井)おはようございます
(黒木)どうしたんすか? 須田さん
(水野)元気ないじゃない
この間の健康診断の結果ですよ
(須田)中性脂肪 コレストロール値
共に通常の2倍
このままだと
寿命 あと10年だって
10年?
(安積)医者の脅し文句だ それだけ
健康に注意しろってことだ
ハンチョウ 俺 死ぬなら
現場で死にたいです!
2階級昇格できるからですか?
バカにするな!
刑事として死にたいんだ
病気で死にたくない!
だったら 今日からダイエットだ
飲みに行っても
須田には食わせるな
さて 今日は どこ行く?
えーッ そんなあ…
(澄川)どこ?
刺殺か?
ええ 澄川秀雄 28歳
澄川って もしかして…
何ですか?
確か 10年ほど前
幼女殺害で逮捕された男だ
(水野)犯人が未成年だったことで
当時 マスコミなんかで
結構 騒がれてましたよね
そいつが 出所してた
ってことですか?
死亡推定時刻は?
(石倉)おそらく 昨夜の0時から
1時までの間だろうな
現金で15万以上です
えッ そんなに?
金回りがよかったんですね
物取りのせいじゃないな
2回 刺されてる
1ヵ所は浅く 2ヵ所目は深く
この2ヵ所目が
致命傷になってる
怨恨でしょうか?
村雨と桜井は目撃者を捜してくれ
黒木は須田と一緒に
被害者の周辺捜査だ
ハンチョウ 凶器の包丁から出た
指紋の照合が終わりました
前科者に該当する者はいません
そうか
ハンチョウ 澄川なんですが
2週間前に刑務所を出てます
その後は ホテルを転々と
出所時の所持金は?
数千円だったそうです
この2週間の間に
どうやって金を入手したかだな
(携帯着信)
俺だ
今のところ 現場周辺に
目撃証言はありません
このあたりは 普段から
人通りも少なくて
でも 1つ気になることが
何だ?
現場から通りに
出たところにあるコンビニで
昨夜0時半過ぎに 少年が倒れて
救急車で搬送されてるんです
その少年の名前が 園田忍
園田?
10年前 澄川が殺害した少女が…
園田百合…
その少年は?
園田百合ちゃんの兄なんです
引き続き 周辺捜査を頼む
水野 行くぞ
はい
(ノック)
園田忍さんですか?
(忍)ようこそ
警察の方ですよね
神南署の安積といいます
水野です
お待ちしていました
結構 早かったですね
どういう意味ですか?
殺しました
僕が 澄川秀雄を 殺しました
どうして 澄川を?
愚問だな
調べたから ここに
来たんでしょ
(パトカーのサイレン)
(忍)10年前 妹は
あの男に殺されたんです
(里江)百合… 百合ちゃん
百合ちゃん
百合! 百合! 百合ちゃん…
(忍)妹は暴行されて
無残に殺されたんです
まだ7歳だったのに
(警官)下がって!
18歳の少年を乗せた
ワンボックスカーが
西調布署にやってきました
(忍)犯人は
18歳だったってだけで
人権とやらを やたらに
守られながら逮捕された
そして たった10年で出てきた
その事件のことなら覚えてる
悲しい事件だった
どうせ 他人事のくせに
(忍)人ひとりの命は
人ひとりの命しか釣り合わない
死ぬ以外に 償いはできない
僕は そう思ってます
だから 僕が殺したんです
だからって 殺すなんて…
僕 ガンなんです
あと3ヵ月も生きられない
だから 最後に
やり残したことをしたまでです
もう自分の人生に
何も悔いはありません
昨日の夜のこと
話してくれないか?
0時過ぎに 僕は
澄川を呼び出しました
澄川さんですか?
ああ どこ?
待ってましたよ ずっと
(忍)澄川は 助けを
求めていましたよ
ぶざまにね
これが すべてです
どうせ 僕は死ぬ
法律で裁かれる前に
これって 完全なる
復讐ですよね
完全犯罪っていってもいい
ウソじゃないですよ
これが 証拠です
あの男の血です
調べてください
澄川の出所は
どうやって知ったんだ?
弁護士の野崎さんから聞きました
野崎…
気が済むまで調べてください
僕は 逃げも隠れもしませんから
俺だ 至急
野崎弁護士事務所に向かってくれ
10年前 澄川を弁護した弁護士だ
水野 先行っててくれ
はい
(野崎)では 明日13時に
失礼します
弱小弁護士事務所で
人手もなくてすみません
事務員もいないんですよ
今 お茶入れますから
いえ おかまいなく 澄川秀雄が
殺されたのをご存じですか?
ええ ニュースで
10年前 澄川の弁護をしたのは
あなたですよね?
はい 国選で私に番が回ってきて
悲しい事件でした
被害者家族の
園田忍くんは ご存じですか?
(野崎)はい よく知ってます
どうして 加害者の弁護士が
被害者家族を?
私 犯罪被害者の会の
顧問をしているんですが
澄川の裁判が結審した後
園田さんが 偶然
入会してきたんです
(泣き声)
(里江)あの 犯罪被害者の会は
こちらですか?
そうです
私 園田里江と申します
園田さん 待ってください!
裁かれる側にも
弁護を受ける権利がある
だから 尽力しました
でも 今度は
あなたの力にならせてください
(野崎)それから 園田さんは
定期的に通われるようになって…
あの日 私が
もっと早く帰ってたら
百合は死なずにすんだのに…
母さんのせいじゃない
母さんは悪くない
(野崎)園田さん親子の
様子は悲痛で
見ていられないほどでした
どうぞ
園田忍くんに
澄川の出所を教えましたか?
はい 被害者家族にも
知る権利があると思ったのです
その結果 忍くんは 澄川を
殺害したと言ってるんです
えッ 忍くんが!?
本当なんですか?
今の時点では そう言っています
それがホントなら…
私が殺したようなもんです
私が教えたりしなければ…
(医師)園田忍くんは
すい臓ガンで
発見されたときには すでに
肺に転移している状態でした
若いので進行が早いんです
体力は低下してますが
痛み止めと点滴による栄養で
何とか まだ寝たきりに
ならない状態です
外出はできますか?
まあ 数時間程度なら
そうですか
野崎弁護士が出所を 園田忍に
教えたことは間違いありません
園田忍の弁護をすると
言っています
ハンチョウ 園田忍の服から出た血痕
被害者の澄川のものと
一致しました
ハンチョウ 昨夜の神南病院の
防犯カメラの映像を入手しました
(黒木)これは 0時5分の映像です
引っ張りますか?
(金子)おう 安積!
今回は楽な事件だったな
犯人の早期発見 早期解決
逮捕状は請求したか?
いえ
どうして?
指紋 被害者の血液 自白
証拠は完璧だろ
何モタモタしてるんだッ
そのことですが 課長…
失礼します ゆうべの事件のことで
お話ししたいという方が
すみません
澄川の事件の担当は
こちらですか?
そうですが
私 園田忍の母親です
園田里江と申します
息子さんが自供しているのは
ご存じですか?
はい
あの子は 逮捕…
されるんでしょうか?
状況証拠はそろってます
あの子は もう長くないんです
あの病院で 余命を
まっとうさせてあげたいんです
お願いします
容疑者を特別扱いすることは
できません
あの病院には 忍が
百合の代わりのようにして
かわいがっている
女の子がいるんです
葵ちゃんといって
その子が3日後に
心臓の手術をするんです
ですから どうか それまでは…
お願いします
お願いします!
(葵)きれい
葵ちゃん 次は何描いてほしい?
ひまわりの花
ひまわり?
もう見られないかもしれないから
そんなことないよ
葵ちゃんの手術は
絶対に成功するから
神様は 葵ちゃんみたいな
いい子を死なせたりはしないよ
絶対だよ
本当?
うん 本当
(涼子)お父さん?
おお 涼子
今日 日勤か?
うん
ねえ 忍くんのことってホント?
忍くんが人を殺すなんて
信じられない
人はね 自分の死を受け入れた
ときに優しくなれるの
許そうって思えるの
それなのに 復讐なんて…
(ノック)
具合は どうだい?
逮捕しにきたんですか?
もう一度 話を聞きにきた
僕は認めてるんですよ
それなのに まだ逮捕しないなんて
警察は愚鈍なんですね
だから なめられて
犯罪者が増えるんだ
君が犯罪を恨むのは分かる
だからといって 殺人が
肯定されていいはずがない
殺人じゃない 制裁
敵討ちです
刑事さんは 家族を
殺されたことがありますか?
いや…
だったら 僕の気持ちなんて
一生分からない
僕は 死ぬまで反省もしないし
謝罪もしない
僕は 正しいことをしたんだ
確かに 澄川は罪を犯した
だが 裁きを受け
刑をまっとうした
だから 終わったと?
あの日 僕が何て言って
澄川を呼び出したと思いますか?
「7歳の女の子を買わないか?」
そして 澄川は やってきた
これでも あいつは
更生したっていえるんですか?
10年の罰なんて
何の意味もなかった
この国の法律は あますぎる!
矛盾だらけだ!
それでも 君までが法律を破って
いいという理屈にはならない
だから 理屈じゃないんですよ
感情なんですよ!
どうしようもなく
のし上がってくる
どうしようもなく抑えようと
しても のし上がってくる憎しみ
苦しさ 悔しさ 寂しさ!
百合が殺されてから
僕と母は 生き地獄だった
それでも
君のしたことは許されない
別に 許してほしいなんて
思ってない
澄川にだって家族はいたんだ
だったら 僕を殺しに来ればいい
いつでも お待ちしていますよ
(速水)エコについてさ ディスカッション
しながら朝まで飲まない?
聞きたいでしょ?
ホントは聞きたい…
聞きたいはずなんだよ もう~
おう ハンチョウ!
どうしたんだよ そんな
暗い雰囲気でさ 安積ちゃん
聞いたよ 余命3ヵ月の犯罪者の話
なあ 警察の仕事って
何だろうな?
うん それはね
犯罪者を逮捕することかな
ちょっと聞いてくれる?
俺なんて 今日ね 5人も
捕まえちゃったんだ スピード違反で
ホント それだけでいいのかな?
俺は してしまったことと
向き合ってほしい
ちゃんと
う~ん それはね
送検した後の仕事じゃないかな?
俺は そう思わない
もう… そう思ってよ
園田忍への逮捕状の請求は
あと2日待つ
どういうことですか?
情けをかけるつもりですか?
警察病院に移せばいいだけの
話じゃないですか
逮捕するのは簡単だ
だが それだけが
俺達の仕事じゃないと思う
待たしたな
おやっさん 俺も冷や酒ね
あいよ
どうした? 安積
石倉さん
俺は あまいんでしょうか?
犯人逮捕が最優先のはずなのに
先延ばしにしました
でも 分かってほしいんです
自分が犯した罪の重さを
まるで その子の父親みたいだな
お前は 刑事としてだけじゃない
人間として その子と
向き合おうとしている
刑事失格ですか?
いや 俺は お前の
そういうところが好きだ
警官である前に
俺達は人間なんだからな
お前は 昔から 心ある刑事だった
お前は 間違ってない
信じたまま やればいいさ
俺は いつだって お前の味方だ
ありがとうございます
僕は 殺人者は 全員
死刑になるべきだと思っています
(友紀子)恨みを晴らした
今の気分は?
(友紀子)ハンチョウ!
そこまでだ
逮捕状も出てないんでしょう
止める権利はありません
忍くんと話がしたいんだ
出て行ってくれないか?
取材を希望したのは 忍くんです
自分がしたことが
世間にどう評価されるのか
問題提起したいって…
後にしてくれないか
彼と大事な話があるんだ
じゃあ 忍くん また改めて
はい
やっと逮捕ですか?
いや まだだ
大事な日があるだろう
本当に あまいんですね
だから 警察はダメなんだ
俺には 死に直面した人の
気持ちは分からない
だから 君を理解しようというのは
ごう慢なのかもしれない
でも 分かってほしいんだ
君がしてしまったことの
罪の重みを
法を犯した意味を
法律なんて 生きていく人間の
ためのものでしかない
死んでいく僕には関係ない
僕は 悪魔に魂を売った
ガンになったことを
うれしく思っている
復讐する勇気が出たんだから
どうして 澄川が
死刑にならないんだって
恨んだこともあった
でも 今思うと感謝してる
この手で
殺すことができたんだから
逮捕しても 裁判まで
僕は持たないでしょう
僕の罪は 誰にも裁かれないんだ
みんな 僕のマネをすればいい
犯罪は減りますよ
どうでした? 園田忍は
反省の兆しなしですか
悪魔に魂を売ったと言ってた
悪魔?
でも 園田忍は 病院で妹のように
かわいがってた女の子に
神様はいるって言ってたんだ
俺には 園田忍の
本当の顔が見えない
ハンチョウ 来てください!
何だ?
どうした?
見てください
園田 凶器持ってませんよね?
村雨 桜井 園田忍が どこで凶器の
包丁を入手したか至急調べてくれ
ハンチョウ 現場周辺を
すべて当たりましたが
あの時間 包丁を買えるような
店はありませんでした
じゃあ どこで凶器を
手に入れたんすかね
現場近くに隠していたとか?
それは おかしいだろ
園田は 自分から犯人だと
名乗り出たんだ
それなのに なぜ
隠したりするんだ
何かが ちぐはぐだ
葵ちゃん ひまわりだよ
頑張るんだよ
絶対 大丈夫だからな
一緒に待つよ
勝手に どうぞ
凶器の包丁 どこで手に入れた?
今は その話 したくありません
成功した! 葵ちゃんの手術
そうか
うん!
逮捕状 請求しますか?
もう少し待ってくれ
園田忍は
凶器の入手先を答えなかった
今までは何でも
包み隠さず話してきたのに
俺には どうしても
あの少年が人を殺したと
思えないんだ
ほかに犯人がいるとしたら…
ほかにって?
園田忍が 誰か かばうとしたら…
母親だ
忍… ごめんね
ダメです 園田里江は
会社を欠勤してます
ゆうべから 自宅にも戻ってません
見つけ次第 身柄を拘束だ!
やっと逮捕ですか?
お母さんがいなくなった
どこか行き先に心当たりは?
本当は お母さんなんだろ?
何のことです?
(水野)携帯の通話記録を
調べたわ
お母さんは 犯行現場付近から
あなたに電話をかけてる
それは…
お母さんが消えた!
お母さん 死ぬ気なんじゃないか?
百合ちゃん…
お母さんも すぐに 行くからね
(忍)お母さん!
忍…
何してるの?
ごめんね
お母さん お前まで死んでいくの
見る勇気ないの
1人になるのが怖いのよ
だから…
百合が眠る この場所で…
お母さん
来ないで!
刑事さん 本当は
澄川を殺したのは…
お母さん ダメだ
殺したのは僕だ!
僕がやったんだ 僕だ!
まだ分からないのかッ
君のウソが 余計
お母さんを苦しめてるんだ
息子を殺人犯にして
平気で生きていける
母親がいると思うか!?
お母さん 楽にしてあげるんだ
お母さん…
話してくれ 真実を
あの夜…
(携帯着信)
母さん どうしたの?
こんな時間に
お お母さん 澄川…
殺した…
澄川… さん?
ああ どこ? 女の子
百合の敵よ!
(忍)僕は 急いで
お母さんのもとに向かった
(忍)お母さん!
忍…
大丈夫?
お母さん 敵… とったわ
お前が生きてるうちに
お母さん… 敵とったわ
お母さんが警察に
捕まっちゃうじゃないか!
何もかもなくすんだから
もうどうなってもいいの
ダメだよ!
僕がやったことにする
僕なら もうすぐ死ぬ
裁かれることもない
あんなヤツのために 母さんが
捕まることなんてないんだよ
忍…
最後に親孝行させてよ ねッ
僕には もう それしか
母さんにしてあげられること
ないんだから ねッ
(忍)ナイフに指紋をつけ
そして ヤツの血をつけた
(忍)それから わざと
コンビニの前で倒れて
目立つ行動をした
あとは 刑事さんの前で
ウソをつきとおしたんです
これが すべてです
命がけの ウソだったのね
お母さん
余計に苦しめて ごめんね
先に死んで ごめんね
だけど…
生きてほしい
死なないで
お母さん…
お母さん…
忍…
(忍)お母さん…
忍は…
どうなるんでしょうか?
犯人隠避と証拠隠滅の容疑で
取り調べられます
起訴されるかどうかは
分かりません
忍を どうぞ…
どうぞ よろしくお願いします
お見舞いにも行きます
安心してください
ありがとうございます
では 取り調べを行います
澄川を 電話で呼び出し
この凶器の包丁で刺したのは
里江さん あなたで
間違いありませんね?
はい
腹部を二度刺しているのは
恨みからですか?
私は…
一度しか刺してませんけど
一度?
ホントですか?
今さら ウソなんて言いません
(ノック)
ちょっといいか?
はい
真犯人のことだが
気がかりなことがあってな
そしたら 出てきたんだよ
ガイ者の首から
こう 押さえつける
みたいな形で 指紋がさ
それが 園田里江の
指紋じゃないんだ
えッ?
あれは 大人の男の指紋だ
男?
目撃証言が出ました!
居場所を転々としている
ホームレスがいて
あの夜のことを
見ていたそうです
男が現場から
逃げていくのを見たと
おや 刑事さん
ちょっと
お尋ねしたいことがありまして
出かけるので あまり時間が
取れませんが何でしょう?
失礼ですが
澄川が殺された夜の0時に
どちらにいらっしゃいましたか?
ここで仕事をしてました
指紋を採らせていただいても
よろしいでしょうか?
指紋? かまいませんが
何のために?
ご存じかもしれませんが
人の皮膚からも
指紋は採れるんです
澄川のノドから
人の指紋が検出されました
押さえつけたような跡が
(桜井)お願いします
アサガオか?
ええ
なッ おにいちゃんの
言ったとおり
神様は助けてくれたろ?
うん
ねえ おにいちゃん
うん?
今度は アサガオを描いて
アサガオか よし
野崎弁護士が すべて自供した
(澄川)金貸してくださいよ
野崎は 澄川に
金をゆすられていた
僕 聞いちゃったんですよ
ムショの中で
あなたが 被害者の会の金
横領してるって
そんなことは…
そのバッジ 外すことになっても
いいんですか?
だから お母さんに
わざと澄川の出所を知らせて
機会をうかがっていたんだ
お母さんに刺されても
死ななかった澄川を見て
野崎が…
その後 君が包丁に指紋をつけた
お母さんは…
お母さんは どうなるんですか?
お母さんは 殺人未遂で
起訴されて裁判になる
同罪です
僕だって 殺してやりたいと
思ってたんですから
でも 殺さなかった
ずっと 澄川に 死んで
償ってほしいって思ってました
でも 澄川が死んでも
何も変わらなかった
百合が殺された悲しみも
怒りも苦しみも
何1つ変わらなかった
僕は もう
これから 何のために
生きていいか分からない
分からないんです
忍くん
このアサガオ
描きあがったら見せてくれるか?
ハンチョウ
おう
ちょっと忘れ物を
そうか
ハンチョウ
たまには 2人で
飲みにでも行きませんか?
ありがとう