唯吾日语

最简单的日语网站,最丰富的日语内容!

日本语能力考试

唯吾分享华和家四姐妹03日文字幕,台词

亲,跪求分享哦 m(__)m

更多

(竹美)パパが刺されて 病院に運ばれたって やっぱり ママと何かあったんだ? [TV]…観光バスが横転し 懸命の 救出作業が行われています [TV]乗客名簿に名前のあった 日本人と見られるのは ハナワサチコさん (大悟)お宅のツアーに参加したんだ 分からないじゃ済まないでしょ! (うめ)ママ… (桜子)大丈夫 絶対大丈夫だから (藤子)お願い 大使館筋の方は 敦美ちゃんに頼んでおいたから 通信社の知り合いに 直接連絡 もらえるように頼んでおいたから 落ち着きましょう あッ いさみ寿司さんですか? 握りの上5人前 ちらし3人前 あッ ちらしはサビ抜きで はい 華和です 7丁目の そう竹美 出戻ったの こんなときに のんきに出前? 何考えてんのよ ママが心配じゃないの!? この薄情者 親不孝! 人間おなかがすくと ろくなこと考えないからね しまった! 納豆巻き忘れた もしもし 竹美です 納豆巻き追加してください (バイブレーター着信) (山根)「…いつでも連絡してほしい 山根」 (携帯着信) ちょっと まだ食べてないの? よ~し あッ このウニ変な臭いする 夏場はダメだな 何なのよ あの態度! こんなときに どうかしてるよ (電話のベル) もしもし 華和です! はい えッ… パパ!? そうですか 分かりました 無事だった ママ かすり傷程度で元気だって よかった                 (呼び出し中) (幸子)もしもし 藤子ちゃん? ママ 今どこ? 今ね ホテルに戻ってきたとこ ごめんね 心配かけて ねッ ケガの具合は? おでこ擦りむいたぐらいで あとはピンピンしてるわ よかった ママ 桜子 大丈夫? もうホントに ビックリしたんだから ごめんね 元気にしてるから 心配しないで あなた達はどう 変わりない? うん こっちは大丈夫 そう 竹美ちゃんは? ハ~イ ボンジュール ボンジュール サヴァ サヴァビアン メルシーエトワ いつの間に!? フランス男まで 手玉に取ってたのか [TEL]何それ? ママはどうって聞いたの 元気そうでよかった うん 竹美ちゃんも ママ いつこっちに戻るの? 成田着 14時15分 空港まで迎えに行くから パパに代わるね ああ いいわ 代わらなくて えッ? 電話代もったいないし じゃ あさってね うん じゃあね パパは? 代わらなくていいって 何それ… ≪(うめ) 話したくなかったのかな? ママと何かあったの? おかしいと思ってたのよ 結婚記念日を控えてるのに 誰にも言わずに旅行に行くなんて パパ? 離婚することになった えッ!? 離婚!? どういうこと!? パパ ちゃんと答えて! パパを刺した犯人 女だって はあ!? 何なのよ!? パパは取引先の人に 逆恨みされて タッチーからの情報だから 間違いないよ タッチーって あの病院にいた刑事? 警察がそんなこと ベラベラしゃべるわけないでしょ 被害者の家族に 犯人の身元を 明かすのは普通じゃん あッ… その女の人 パパと どういう関係なの? まさか 浮気相手!? それが原因で離婚とか? 桜子 何言ってんの 桜子の… 言うとおりだ あの日 ママに言われたんだ 《俺 ホントは浮気した ごめん》 《だけど もう二度としない》 《これから残された人生 俺 精一杯 さっちゃん 大切にするから》 《大悟さん 覚えてる?》 《結婚するとき 絶対に浮気はしないって》 《誓ってくれたこと》 《ああ けど もうこれからは…》 《あなた 約束破った》 《離婚してください》 《えッ?》 《離婚してくれなかったら 死にます》 《何言ってんだよ?》 《本気よ》 《どうして》 《嘘をつくなら どうして つき通してくれなかったの?》 《さっちゃん…》 《知ってしまった以上 もう元には戻れない》 《離婚してください》 ママが そんなこと… ママは パパがどんなに遅くても 寝ないでパパの帰り待ってた 作り置きのおかずじゃ おいしくないからって 夜中でもパパの分だけ 新しく作り直してた どうしてママのこと 裏切ったりしたのよ!? 最低! ママが帰ってきたら 私が話をするから 今後のことは ママの希望を 聞いてから相談しましょう ああ わあ 若! ウケる~ その女の人とは ちゃんと別れたの? 刃物で刺すなんて 相当なことよ 納得してくれたと思ってた 女をナメたツケが回ってきたのよ その人のことも ママのことも! 桜子? 私 出てくから パパと同じ屋根の下にいると 思うだけでゾッとする 待ちなさい どこ行くの 桜子! やっちゃったよな~! いい大人がさ バカだね~ 結局 ママのこと 何も 分かってなかったってことじゃん 33年も一緒にいたくせに どこ見てたの? ごめんね 突然 (益子)いいよ 全然 でも これ明日までに上げるから 相手できなくて悪いんだけど ううん コーヒーいれるね 何かあった? えッ? こんな時間に来ること珍しいから ううん お仕事頑張って ≪(益子)うん (一平)ご飯ないね (あやめ)いつもは おばあちゃんが 炊いてくれてたからね ていうか お米ないや (克平)はい 僕ケーキがいい ああ ケーキか おはよ おはよ おはよ おはよ 天使 イン 完成! おばあちゃん いつ帰ってくるの? 明日 帰ってくるって お土産楽しみだね うん 何してんの? 見て分かんない? ケーキ 朝っぱらから こんなもん 食べられるわけないでしょ マリー・アントワネットの気分になれるよ ここ日本だけど 早く食べないと とけちゃう いらないし 行ってきます パパ 食べる? 俺いいや ≪(一平)おじいちゃん 早く早く おじいちゃん おいしいよ そっか じゃ食べよっか ありがとう デカ ≪(千絵)うめちゃん 朝から ずっとやってたの? あッ うん (万希)すごい もうこれ ほとんど完成じゃないの? (坂田)ちょちょちょちょ 何これ めっちゃええやん 坂田君 坂田君 また研究会に 復帰することにしたんだって どうもで~す てかビックリするわ ホンマええな 天才 そうかな? (千絵)うん 吉安先輩も きっと褒めてくれると思う ホントに? (千絵)いた 吉安先輩! じゃ 俺行くわ じゃ また明日 (吉安)何? あの この前 作品を見てくださるって えッ? ≪(ゆかり)コージ 早く! 急がないと映画遅れちゃう 行こう ごめん また今度 あッ 大丈夫です 全然大丈夫です すいません …フレンチがいいんだけど コージは? あれ 畑野ゆかりやん ミスキャンパスの ≪(万希)えッ ミスキャン? 道理で目立つと思ったわ ≪(千絵)あの2人 つきあってんのかな? 腕組んどったし そうなんちゃうん? 吉安先輩って 意外とミーハーやねんな ≪(万希)何か幻滅 あ~もう 男なんて最低! キャー! 化のう止め出しておきますね はい あと しばらくは 激しい運動は控えてください 傷口 開いちゃいますからね はい 《出店のさ リンゴあめ食べたいね》 《さっちゃんは 綿あめ?》 《綿あめ》 《あともう1個あんだろ?》 《たこ焼き?》 《それ交互に食べんだもんな》 《1回だけじゃない パパ》 (ドアが開く) 正ちゃん お帰り 誰? まあいいや 正三郎は? ふ~ん 肉じゃがね 失礼します わッ 酒クサ! お前に言われたとおりだよ お~ うわッ デカ 俺はママのこと 何も分かっちゃいなかった 33年連れ添って 癖も しゃべり方も 好みも 何でも手に取るように 分かってるつもりで いつの間にか 自分の体の一部 みたいな感覚になってたんだ コラ 観念しろよ! でも そうじゃなかったんだよな あいつは俺の一部なんかじゃない 一人の女だったんだ よいしょっと 何やってんの こんな夜中に? すごいよ こいつ 包丁入れても まだ生きてる ほら やめて! すっごいな~ 節電 とっとと寝れば なかなかやるな おぬし よっよっよっよっ                 はあ (呼び出し中) もしもし 正ちゃん? [TEL]ああ 何? 今 どこ? スタジオ まだ撮影中 話があるんだけど? あのさ 仕事中って言ったよね 今 ホントに仕事? 何時に終わんの? [TEL]切るよ えッ? (電話が切れる) 男なんて最低 イテ おはようございます よっと よいしょっと 何なのよ 一体!? マジ勘弁 朝から重すぎでしょ ママが大変なときに 寿司 ケーキ ステーキって あんた どんだけお気楽なのよ! お肉食べると大きくなれるよ! なれる なれる! うめ 行こう 成田までは 2時間は見た方がいいから ああ 飲みすぎた ママ 迎えに行ってくるから ああ 行ってら~! はい よいしょ うッ… あちちちち… 一平 早く食べちゃって パパとの約束遅刻しちゃう 山根君に会うのか? そう 今日は月に一度の面会日なの 休みの日に何やってんだ 私? (バイブレーター着信) (バイブレーター着信) はい ごめん 昨日 撮影で手 離せなくて [TEL]今日は 何時頃来んの? えッ? 桜子の作った肉じゃが すげえうまいよ [TEL]いいお嫁さんになれそう はッ? じゃあ 待ってっから (電話が切れる) 誰が行くもんか パパ! (山根)おお 元気だったか? ≪(一平達)元気だった? お母さん 無事でよかった ほっとしたよ うん ちょっと寂しかったよ あんとき えッ? メールの返事 そっけなくてさ あれ以上長いメール打つと 指がつる えッ 腱鞘炎じゃないの それ? 大丈夫!? なわけないっつの あッ そうだよね しんどいときは頼ってくれて… ていうか 頼ってほしい 頼ったら てんぱるくせに そんなこと… どう? 徹夜で作った傑作 (山根)えッ これ伊勢エビ!? そう こいつとの1本勝負 見せたかったな シュッ シュッシュッ… やっぱり お母さんのことで 動揺したのかな? 何で? 竹美ってさ ショックなことあると 豪華な食材で 手の込んだ料理 作ったりすることあるから ほら 前に飼ってたネコが いなくなったとき… 克彦さん うん? 私のこと分析するなんて 生意気 そのぐらいのことは 分かってるつもりだよ 夫婦だったんだから 何十年連れ添っても 分かり合えない夫婦もいるけどね えッ? これ残したら罰金だから ああ ≪(子供達)ママ! あとでね じゃ うい 止まった カード出た? カードもらっちゃダメ                 ママ! あッ アハハ ありがとね ごめんね せっかくのお休みなのに 何言ってんのよ ママ 元気そうでよかった 元気モリモリよ 飛行機でもいっぱい寝たし 離婚の話は ママが言いだすまでは黙ってよう どうしたの? こっちでいいのよね? うん キャベツ300円 高! 葉ものは今 品薄なんだよね この間 クリーニング屋の奥さんと 2人きりで カラオケ行ったんだって? えッ!? 分かった はい 持ってっていいよ これだけ? 安い口止め料 奥さん! ちょっちょっちょッ! 十八番はテレサ・テンだってね どうしてそこまで!? 「愛人」 「つぐない」 「別れの予感」 持ってけ泥棒 毎度 これ重いからさ あとで家に届けといて よろしく はい あんた! (幸子)何しろ パリに 着いたとたんにあの事故でしょ 結局 全然観光できなくて お土産買えなかったのよ ごめんね ラデュレのマカロン 買ってきてあげたかったわ いいよ お土産なんて そうよ ママが元気に 戻ってきてくれただけで十分 ラデュレは 日本でも買えるしね あら そうなの? それよりさ お昼ご飯 食べに行かない? じゃあ 寄り道ついでに 芝公園行ってみない? 芝公園? ちょうど通り道だし 行きましょうよ 待ってたよ 忘れ物取りに来ただけだから うまいから止まんなくてさ また作ってくれる? もう帰らなくちゃ 今日ママが海外から戻ってくるの いいじゃん そんなの 子供じゃねえんだし 向こうで事故に遭ったの! えッ? 結局無事だったんだけど 他にも ちょっと色々あって 心配なの 大変だったね ごめん 何も知らなくて どんな人なの 桜子のお母さんて? 普通の専業主婦だよ 働き者で 世話好きで かわいい人 俺さ ハッキリ覚えてないんだよね 母親の顔 えッ? 6歳んとき 男と逃げた 肉じゃが マジでうまかったよ ああいうのをさ 家庭の味とかいうんだろうな                 暑! 大丈夫 ママ疲れたでしょ? ううん 全然 緑が気持ちいいわね (客)焼き豆腐ください (豆腐屋)いらっしゃい ≪(客)1丁ね ≪(豆腐屋)焼き豆腐ね 焼き豆腐 焼き豆腐 《え~ 焼き豆腐 ないの!?》 《ごめんね 夏場あんまり 売れないから 数置いてなくて》 《夏でも すき焼きするわよね?》 《やめなさい 豆腐屋さん 困ってるぞ》 《だってパパ 焼き豆腐好きでしょ》 《いつもパパの好きなもの 食べさせてあげたいの》 ≪(豆腐屋)はい どうも 毎度 竹美 何しに行ったの 区役所? 離婚届 出してきた 旅行から戻る日までに 提出してほしいって ママに言われてたんだ 最後の約束ぐらい守らないとな ママの言いなりってわけだ う~ん うまい もっとたくさん もらってくればよかった さっちゃんの父親は 俺達の結婚に大反対だった どこの馬の骨とも 分からない若造に 大切な一人娘やれるかってな でも さっちゃんは 実家を捨ててまで 俺を選んでくれた 結婚してからも いっつも笑顔で 俺のことばっか考えて 愚痴一つ言わなかった そこまでしてくれた さっちゃんを裏切ったのは 紛れもない事実だ だから言い訳したくないんだよ パパにとって ママって その程度の存在だったんだ その程度って… 別れるの嫌なら とめるでしょ 離婚したくないなら 死んでも 離婚届 出さなきゃいいじゃん それほど 大切でもなかったってことでしょ お前に何が分かる!? この町の全てに さっちゃんとの 思い出が染み込んでんだ 俺の隣には いつも さっちゃんの笑顔があって 他にも女いたくせに 違う! 俺が本気で愛したのは さっちゃんだけだ! 他の女とは全然違うんだ 特別なんだよ さっちゃんは さっちゃんも それを 分かってくれてると思ってた だから きっと 許してくれるって思い込んで 勝手だね 俺 さっちゃんに してもらうことばっかりだった だから最後はせめて 俺がさっちゃんのために できることしたいんだ 離婚したいっていう さっちゃんの思い かなえてやりたいんだよ だから 家も出るつもりだったんだ 離婚したんだから 俺の顔なんか見たくないだろ 逃げんの? 違うぞ! 俺は さっちゃんのために… 自分が合わせる顔がないから 逃げてるだけじゃん! さっきから聞いてりゃ 自分のことばっか ママのことなんか 何も分かってない! ママのせいにして 自分に言い訳すんな! 別れようが戻ろうが どっちでもいいけど このまま一生 ママに会わないつもり? そんなんでケジメつくの? 2人の33年間って そんなもん? 《≪(幸子)ハハハハ…》 《あなた約束破った》 《離婚してください》 俺はバカだ… 分かったフリして また さっちゃんに 甘えようとしてた 俺 さっちゃんがいたから 今まで頑張れてたんだ さっちゃんの笑顔が見たくて そばにいるとホッとして さっちゃんのいない人生なんて もう答えは出てるんじゃないの? 行かなきゃ!                 ママ! 展望台 行ってみる? ううん ここから見ていたいの じゃあ ジュース買ってきたから座ろう うん (バイブレーター着信) ≪(うめ)ママ どうしちゃったんだろう? 時間潰しかも えッ? ウチに帰ったら パパがいるわけでしょ 気が重いのかもしれない もうちょっと つきあってあげよう (携帯着信) (不通音) クソ~ さっちゃん どこにいんだ!? さっちゃん タクシー すいません すいません! はい お帰り ただいま! お帰り ねえ パパんち すごいんだ プールがあるんだよ! おウチもすっごく大きいの そう よかったね ごちそうさま ふ~ん 罰金はナシね うまかったよ あたりまえじゃん お茶でもしてく? えッ? 冗談よ 今日ママが帰ってくるから 準備で忙しいの そっか じゃあまた うん またね はい みんな行くよ (あやめ・一平)パパまたね! (克平)バイバイ パパ! (一平)今日ね パパ ママの話ばっかりしてた (あやめ)どうして離婚したの? 大好きなら ずっと一緒にいればいいのに 大好きでも 心がすれ違うことってあるからね 失ってみて 初めて分かるものってあるよね 生意気言って でもさ そういうときは また取り戻せばいいんじゃない? 克ちゃん お皿取って はい ありがとう 運転手さん 急いでるんです 動かないですね 裏道行きますか? 何でもいいんだ とにかく急いで 《≪(幸子)大きいわね》 《(大悟)俺 この町で 絶対に成功する》 《君を幸せにするために 死ぬ気で頑張るよ》 《(幸子)大悟さん》 《生涯 俺は さっちゃんだけを 妻として愛しぬく》 《華和大悟が愛する女は さっちゃん ただ一人だ》 《結婚してください》 《はい》 《私 今まで生きてきた中で 一番幸せ》 《この先どんなに つらいことがあったとしても》 《今日のことを思い出せば 笑って生きていける》 《(大悟)ああ つらいときは またこの場所に戻って》 《今日のこと思い出そう》 《(幸子)ええ》 こっちも工事中か まいったな ここでいいです 降ります 暑 疲れた ママ 行こうよ そうね ごめんね つきあわせちゃって 《いっつもパパの好きなもの 食べさせてあげたいの》 《2人っきりのデートなんて 久しぶりよね》 《パパに何かあったら 私 生きていけない》 《私 世界一幸せな女だわ》 さっちゃん どこだ さっちゃん さっちゃん! (大悟)さっちゃん! ≪(大悟)さっちゃん さっちゃん! さっちゃん! さっちゃん! (藤子と うめが話している) さっちゃん! あッ… あ イテッ ねえ 今度みんなで スカイツリー行ってみない? うわ ミーハー 一度はのぼってみたいじゃない ねえ ママ? ママ!? ママ どうした!? 大丈夫… うッ… ママ!? ママ! ママ 大丈夫!? ≪(うめ)ママ! (大悟)アアッ… (携帯着信) ママの具合が急変した えッ!? [TEL]病院に搬送されたって さっちゃん… 挿管準備 オペ室連絡して はい! 華和さん まぶしいですよ 早くして! ママ (クラクション) ママ!? ママ!? (運転手)気をつけろ! さっちゃん! パパ どうして… 事故直後の検査では 分からない場合もあるって もう 手の施しようがなかったって 嘘だろ さっちゃん 目開けてくれよ ねえ さっちゃん 一緒に東京タワー見に行こうよ 俺さ やっと分かったんだ さっちゃんのいない人生なんて 俺の人生なんかじゃない 俺 どんなに嫌われても さっちゃんから離れない だから もう一回 プロポーズさせてくれ さっちゃん 何よ 今更! もう遅いよ! 《≪(幸子)エッフェル塔と 東京タワーって似てない?》 《(大悟)あれはエッフェル塔を模して 造ったって説もあるからな》 《そうだ いつか一緒に見に行こう》 《ホントに?》 《必ず連れていく》 《嬉しい 約束よ》 俺 また約束破った 結局 何もしてやれなかった さっちゃんのために 何も ごめんね ごめんね さっちゃん ごめんね ごめんね… (東堂)幸子 幸子 幸… お義父さん ≪(東堂)お前… お前なんかに お義父さんと 呼ばれる筋合いはないわ! 大事な 大事な一人娘だったんだ お前なんかと 結婚しなければ 幸子は… お前が 幸子を殺したんじゃ! 《≪(東堂)お前が 幸子を 殺したんじゃ!》