唯吾日语

最简单的日语网站,最丰富的日语内容!

日本语能力考试

唯吾分享花样少年少女08日文字幕,台词

亲,跪求分享哦 m(__)m

更多

(中津)お前は もう二度と 会えなくなっても いいのかよ!? (佐野)あいつのためなんだよ! (瑞稀)俺は みんなに 迷惑ばっかり掛けてるから。 (佐野)俺は お前が アメリカに帰れるようにって! それなのに お前は戻ってくるから 俺の気持ちは 宙に浮いたまんまで どうすりゃいいんだよ。 (佐野)中津と踊んのか? (瑞稀)えっ? (佐野)別に どっちでもいいけど。 (瑞稀)佐野は 樹理って子と 踊るんだしな。 (中津)もうちょい素直になれよ。 (佐野)悪かったよ。 お前が戻ってきて 嫌じゃなかった。 (瑞稀)佐野 これ。 シェフに 材料 分けてもらってさ。 (佐野)お前 これ 甘さは…。 (瑞稀)大丈夫。 佐野に合わせて 控えめにしてる。 それぐらい分かってるって。 (中央)ん~ 見てるだけで甘~い。 (桂)新婚かっつうの。 (一同の笑い声) (関目)まあ それで 力 付けて あしたから合同練習なんだし。 (瑞稀)合同練習? ああ。 こないだ 予選通過した選手の 特別練習 桃郷学院でやんだよ。 そっか。 (放出)おい 中津 朝練 間に合わねえぞ。 (中津)おっ おう。 おう。 ハハッ。 いや~ サッカーって楽しいよな! 俺は サッカーがあれば それだけで十分! (放出)お前 テンション 高えな おい。 頑張れよ 中津。 (中津)おう。 (佐野)じゃあ ありがとな。 佐野も頑張れよ 練習。 (佐野)おう。 (生徒)いいねえ! (一同)ヒュー ヒュー! 《今度こそ 最後まで見届けるからな》 《学園のことも 佐野のことも》 (佐野)《おう》 よし! ≪頼もう! (天王寺)何だ? ちびっ子。 空手部に入部させてください! (一同)えっ? 俺 自分に気合を入れたいんです。 心の迷いなんか 寄せ付けねえくらい 強い男になりたいんです! (天王寺)ほほう 面白い。 北花田。 (北花田)はい! (天王寺)相手してやれ。 (北花田)おす! おす! (天王寺)始め。 (北花田)はっ! はっ! (北花田)はっ! (一同の笑い声) おりゃっ。 (うめき声) (天王寺)北花田 一本。 (北花田)100年 早いわ こわっぱが! (一同の笑い声) (放出)中津! おう。 (かの子)痛い痛い 痛い痛い痛い…。 痛いって ホンマ…。 ≪(生徒たちの話し声) (野江)先輩 何なんすか? あのおばさん。 勢いが半端ねえ。 (淡路)怖いです。 何か すげえ怖いです。 (難波)ああ 騒ぐな騒ぐな。 まあ 任せろ。 マダム。 (難波の せきばらい) 何か ご用ですか? 秀一。 南ですけど。 中津 秀一 どこにおる? (かの子)ここか? 中津の…。 (桂)母ちゃん? (かの子)どうも 恐れ入ります。 (シェフ)あなた 阪神 好きですか? はあ 好きですけど。 私 阪神 大好きです。 ハハッ そうですか。 あらっ あんさんが裕次郎さん? いや~ どうも。 お話は いつも息子から聞いております。 中津の母ちゃんだって。 (関目)うわっ 強烈。 何や? (関目)いやいやいやいやいや…。 どういうつもりだよ? いきなり こんなとこまで乗り込んできて! (かの子)いや いきなりって何でやねんな。 いつも電話で言うてますよ 帰ってくる気がないんやったら 連れ戻しに行ったろかいって ちゃんとね。 (中津)ちゃんとって だって 普通に考えて おかしいでしょ いっつも そうやって言ってんだからさ。 (萱島)中津 大阪 戻って 仕事 継げって ずっと言われてたからな。 (中央)怖いよ 僕。 (かの子)冗談なんか言うてる暇 あるか どアホ。 この学校なくなるん すぐやで すぐ。 あんたらにも言うてんねん。 意地張って こんなとこ いつまでも おったかて 何にもならへん。 親御さんも心配してはるわ! (野江)おい ちょっと おい。 あんたも ちゃんと 話 してへんのやろ? 親御さんと おい。 (野江)あ~ はっ はい してません 確かに。 まあまあまあまあまあ お母さん すぐすぐって言っても あと1カ月はあるわけですし。 なあ? 俺たちも その間に…。 (かの子)いいや! とにかく すぐ なくなんねん! どこ行ったんかいな。 通知の紙が…。 (中津)大げさなんだよ。 すぐすぐ すぐすぐ。 そんなの 俺らだって 分かって頑張ってるっつうの! いいや すぐ 言うたら すぐや! あった! (桂)「解体工事…」 「開始のお知らせ」? 「工事開始日 12日」って。 (一同)1週間後じゃん! そうやで。 1週間後に この学校 取り壊されてしまうねんで! (一同)え~! (放出)うわっ。 (オルガンの音) (河内森)これ 何の曲? (泉ヶ丘)今度のオーディション用のやつ。 (平城山)こういうときのオスカー 一番 デリケートだから。 (姫島)騒がしいよ 君たち。 (一同)すいません オスカー! (オルガンの音) ≪(淡路)姫島先輩! (姫島)あっ。 難波先輩が呼んでます! (姫島)あっ どいつも こいつも。 ≪(神楽坂)おい 芦屋。 神楽坂。 (神楽坂)佐野 いるか? 佐野? 佐野なら 今 ランニングで遠くまで行ってるよ。 (神楽坂)じゃあ これ あいつに渡しといて。 あしたの合同練習 開始時間が変わったから。 おう。 (神楽坂)ああ こいつ 佐野 森。 佐野の弟だ。 佐野の? (神楽坂)こいつ 来年から うちの陸上部に入ることに なったんだよ。 まあ 特例っつうことで あしたからの練習にも 参加することになった。 こいつの親父も 特別コーチとして来ることになったんだぜ。 親父? 《泉の親父って ハイジャンの世界では すっげえ有名な選手だった らしいよ》 (神楽坂)ああ こいつ お前の兄貴のルームメートだ。 (森)ふ~ん そうなんだ。 兄貴に伝えてくれ 親父と どんな面して向き合うか 楽しみにしてるって。 (桃雄)あの廃墟みたいな学園の 跡地に こんな素晴らしいホールが 建つんだよ。 (さくら)私の銅像も建てて。 (桃雄)もちろんさ さくら。 素晴らしいと思わないかい? 桜彦兄さん。 (桜彦)うん 悪くないと思うけどね。 (桃雄)フフフッ。 ≪(ドアの開く音) 理事長。 いったい これは どういうことでしょうか? (桃雄)何だね 君たち。 いきなり。 (難波)1週間後に 解体工事を始めるとのこと。 われわれには 確か 30日間の猶予があると おっしゃってたはずですが。 (桃雄)それが どうした? 実際問題として 残す価値なんか 何もないじゃないか。 だから工事を始めるんだよ。 土地の権利書は…。 ここにあるしね。 (さくら)それが嫌なら 私たちが卒倒しちゃうくらいの 結果を 何か 出すことね。 (さくら)話をするのは それからだわ。 (淡路)よし これで大丈夫 OK。 うわっ あっ ヤベッ。 (桂)確かに がた きてるよな この学園も。 (野江)俺の部屋も雨漏りするし。 だけど あと1週間しかないなんていくら何でも急過ぎるよな。 (関目)まあな。 だけど 実際 その日が来るんだもんな。 この先 どうしよう。 諦めんのは まだ早えだろ。 俺 絶対 おかんと一緒に 帰んなんか やだし。 (野江)うお~ あっ 危ねえ。 (佐野)取りあえず これで仮留めしとこう。 (野江)おう サンキュー。 そうだ 佐野 これ 神楽坂から預かったんだ。 あしたの練習 開始時間が変更になったって。 弟君も一緒に来てたよ。 森君っていうんだね。 (野江)へえ 佐野って弟いたんだ。 (放出)俺 佐野の家族の話 聞いたの 初めてかも。 練習にも特例で参加する…。 何 話した!! えっ? 別に。 (中央)ねえ 芦屋 アイス 買いに行こう? もう こんなん やってらんないよ。 おっ おう。 (淡路)おい サボるな。 ≪(ドアの開く音) あの これ 佐野の分。 ありがとう。 悪かったな さっきは。 いや。 (難波)っつうわけで 俺たちに残された時間は ホントに あとわずかだ。 その間 それぞれが 何らかの成果を挙げる以外 理事会の決定を覆す方法は ないんだが 天王寺 お前のとこ どうする? (天王寺)われわれは 明日 空手の予選会を控えている。 (北花田)そのために 稽古も積んできましたからね。 (熊取)あとは力を出しきるのみだ。 (天王寺)よし お前たち 心していくぞ。 (一同)おす! (京終)オスカー 私たち第三寮は アカペラコンテストの 1次予選突破 目指しましょう。 (第三寮生たち)おす! そうだな。 まずは 目の前にあることから 華麗にクリアしていこうか。 (第三寮生たち)おす! (姫島)君たち 何か 一寮っぽいよ。 耳が き~んってすんの き~んって。(難波)部活やってる お前らは 試合で結果を残してこいよ。 (4人)はい。 (難波)おい いいか? 絶対 負けらんねえからな! 全員 死ぬ気でいけ。 (一同)おう! (難波)ほんじゃ 解散! (中央)先輩 僕らは どうすればいいでしょう? そうだな。 (生徒たち)桜咲学園の廃校撤廃に 向けて 署名活動を行っていま~す! (大手町)何やってんだ? あいつら。 (桃郷学院生たちの笑い声) (生徒たち)桜咲学園の 廃校撤廃に向けて 署名活動を行っていま~す! 暑いのに頑張ってるわね。 (中央)ありがとうございます。 (難波)中央。 ねえねえねえねえねえねえ ちょっとでいいんだけど 時間ある? (中央)ちょっと 何やってるんですか。 特技 生かすのは こういうときだろ? あっ ねえねえ…。 (中央)先輩! もう! 暑い。 (樹理)頑張るわよ。 カンナさんは天王寺さまのために。 私は…。 (カンナ)佐野さまのために。 (生徒たち)桜咲学園の廃校撤廃に 向けて 署名活動を行っています! (野江)ご協力お願いします! 助かったよ エリカちゃん。 (エリカ)これしきのことでしたら いくらでも。 (野江)ありがとう。 (淡路)署名活動を行っています! ご協力お願いします! あれ 萱島? お前 何やってんの? お百度参り。 (淡路)お百度参り? 桜咲学園廃校撤廃 桜咲学園廃校撤廃。 それにしても さくら いいのかい? あんな たきつけるようなことを 言って。 (桜彦)ホントに何かが あ~ 起こるかも。 そうね~。 でも あの子たちの辞書には きっと 「不可能」って言葉が載ってると 思うわ。 あの子たち まだ 本当のことが 見えていないみたいだから。 (スタッフ)おはようございます 佐野コーチ。 (岳彦)よろしく。 バーの高さ 2m5に上げて。 (男性)はい。 見せてもらおうか お前のジャンプとやらを。 珍しいな あいつが あんな失敗 するなんて。 《何 話した!!》 ≪(熊取)おい 気合のにおいだよ。 (清荒神)それも頼んだぞ。 (門真)芦屋先輩 僕も手伝います。 門真。 いいんだ 門真。 これも稽古の一環だ。 ほらっ 行くぞ おい! おす! (天王寺)強くなりたいと お前は言ったな。 はっ はい。 怖いものなど何もないと 思えるようになりたくて。 (天王寺)今 俺が なぜ こうしているか 分かるか? (天王寺)大事な試合を控え 恐怖を感じているからだ。 先輩も恐怖を…。 空手の目指すところは 心を鍛えることだ。 どんなに稽古を積んでも 体を鍛えても それが強さの源にはならんのだ。 真の強さとは 恐怖や不安といった自分の弱さと 向き合う中で 初めて得られるもの。 弱さと向き合う。 嵐に屈することもなく 大木のように しなやかに それを受け止めること。 真の強さとは そういうものだ。 (字幕入りCM) 「おかえりなさい」 この言葉で 大切な人を あたたかく迎えたい。 それは あたりまえのようで かけがえのない喜び。 花王の願いは 1890年に発売した ひとつの化粧石けんから 始まりました。 毎日を 清潔でいてほしい。 健康でいてほしい。 美しくいてほしい。 その願いは 120年たった今も 変わることはありません。 「ただいま!」 「ただいま!」 大切な人が笑ってる。 それだけで しあわせになれる。 だから今日も とびっきりの…。 「おかえりなさい」 「おかえりなさい」 「おかえりなさい」 「おかえりなさい」 (犬の鳴き声) 「おかえりなさい」 「おかえりなさい」 しあわせは、 暮らしの中に。 花王です。 (字幕入りCM) (羽田) あのころは 紫外線が敵だなんて 誰も教えてくれなかった。 (松本) あのころは 焼いた肌じゃないと キマらない! って時代でした。 <「ソフィーナ」の科学を結集。 美白有効成分 カモミラET> <シミができやすい年代に。 大人の美白。 「ソフィーナ」> (中津)はい 集合! (一同)はい! よ~し あしたも この調子でいくぞ! (一同)おう! (中津)はい 解散! (放出)お疲れした! (部員)中津。 (中津)んっ どうした? はっ? 辞める? (部員)編入先の学校で 練習に 参加しないかって言われてて。 (部員)こんな状況じゃ 試合に 出ても しょうがないでしょ。 そっか。 分かった OK。 まあ 練習なんてさ ボール1個ありゃ できんだから 頑張れよ! (かの子)秀一。 帰らねえよ。 おかんが何と言おうと 俺は帰らねえ。 (中津)俺は決めてんだよ ここに来た日から。 学園生活はサッカーに捧げる って。 何があっても諦めねえ。 途中で やめたりなんか 絶対しねえって。 (かの子)私かてね あんたを嫌がらせようと思うて 言うてるわけやないで。 そら 息子に そばにおってほしい 家の商売の役に立つ勉強を してほしいっちゅうのは おかんの わがままかもしれん。 でも 心の中では いつも思っとったで。 秀一にとっては 自分の選んだ道を行くのが 一番 幸せなんやろなって。 せやけど見てみ。 選んだ道を行くいうたかて 途中で それが切れかけてしもうとる。 愛着はあるかもしれん。 諦めるっちゅう言葉 使うと これまた 反発してしまうかもしれへん。 せやけどな おかんは あんたのためを思うて 言うてるんやで。 そうやって 大人にならないかんときもな あんねんで。 元気ねえじゃん。 (中津)おっ そっ そうか? 全然 そんなこと ありませんけど。 俺さ さっき 天王寺先輩と しゃべってたら ちょっと 気分が楽になったんだ。 不安になったり 自信を失いそうになったりすることもあるけどさ 俺 そんな自分も受け入れようって。 そうやって強くなろうと思ってさ。 嵐にも負けねえ大木みたいな 気持ちでいようと思って。 ちっちぇえ大木。 何だって? (中津)フフッ 何でもねえよ。 ご無理はなさらないでくださいね。 (佐野)ありがとう。 (樹理)私 これからも 佐野さまのことを 応援させていただきます。 正々堂々 諦めませんので。 余裕だな。 森 親父の下で まだやってんのか? 関係ねえだろ。 (佐野)待てよ あんなやつのやり方まともに聞いてたら…。 (森)1人で さっさと逃げ出しといて いまさら兄貴面かよ。 兄貴が心配することねえよ。 俺 超優秀な教え子だから。 しかも超素直だし。 俺はさ 親父の理想の選手になるよ。 で こっからが一番いいとき っつうときに すぱっと やめる。 まあ 裏切るにしても そんくらい 頭 使わないとな。 兄貴のおかげだよ。 (字幕入りCM) (高島)美容液にも 化粧水にも できない スキンケアがあるんです。 それは 「洗うスキンケア」 「ビオレ」から 「スキンケア洗顔料」 誕生。 新技術 SPTが なめらか素肌をひきだします。 大人の肌のために。 誕生 「ビオレ スキンケア洗顔料」 大人の肌に。 「洗うスキンケア」 ♪♪「ビオレ」 (字幕入りCM) 「エッセンシャル」を使った 女の子たちが どんどん自分の髪に キュンとしてる。 毎日のケアで パサパサ毛先が ぷるんツヤ。 からまり毛先が 風でもサラふわ。 ゴワゴワ毛先が やわらかカール。 傷みがちな毛先15cmを ギュギュッと補修。 「エッセンシャル ダメージケア」 毛先15cmのダメージケアが カワイイの近道。 (字幕入りCM) 白髪染めに 選べる9色。 「ブローネ泡カラー カラーセレクション」 エレガントな ジュエリーブラウン。 華やかな ピンキッシュブラウン。 クールな アッシュベージュ。 白髪染めなのに おしゃれな色 いろいろ。 ♪♪「ブローネ」 「泡カラー カラーセレクション」 (中央)もう やだ~! 先輩 女の子の名前ばっか。 (一同の笑い声) (淡路)「ねえ 彼女 今週の花火大会 一緒に行かない?」 って似てねえ? (3人)似てる 似てる! (中央)やめて! 全然 似てないんだけど! (淡路)ってか こんなんで どうにかなんのかな? (野江)なるよ。 信じるしかねえだろ。 佐野は? (関目)また 走りに行った。 (森)《1人で さっさと逃げ出しといて いまさら兄貴面かよ》 (ため息) ≪(ドアの開く音) 佐野 大丈夫か? 無理し過ぎてんじゃないのか? もし 悩んでることが あるんだったら 俺…。 親父のせいなんだ。 俺の家族が壊れたのは 親父のせいなんだ。 許せねえんだよ。 (天王寺)えいっ! 今日は勝つ! 絶対に勝つ! えいっ! えいっ! えいっ! しゃあ! あっ! 痛っ あっ…。 (一同)寮長! (天王寺)痛っ 痛っ。 痛い。 試合に出られない ってことですか? (梅田)二度と やれなくなっても いいなら 行けばいい。 (天王寺)俺の分も頑張れ。 (熊取)しかし 寮長なしでは戦えません! (天王寺)すまん。 (第一寮生)腰… 腰 気を付けろよ 腰。 (第一寮生)寮長 大丈夫ですか? しっ しっかりしてください 寮長! ありがとうございます。 (ため息) (梅田)そのため息 あいつらのためだけってわけじゃ なさそうだな。 (梅田)家族の問題っつうのは 当人にしか 分かんねえことだからな。 (梅田)でも だからって 腫れ物に触れるようにしてちゃ ますます 事は厄介になるだけだぞ。 ここにいるって 腹くくったんだろ? お前。 あっ。 あっ すいません! ≪(スタッフ)佐野さん 大丈夫ですか? 佐野? (岳彦)大丈夫だ 先 始めててくれ。 (スタッフ)はい。 (岳彦)そこまでしなくていいのに。 いえ させてください! 染みになっちゃったりしたら 大変なんで! (岳彦)そうか 悪いね。 いえ いえいえいえ 全然! (岳彦)せっかくの差し入れ 台無しにして すまなかったな。 えっ? (岳彦)参加者の誰かに 持ってきたんだろ? あっ 全然 平気です また作ればいいですし。 はっ 蜂蜜とレモンって 何で合うんですかね? 甘いのが酸っぱいのを打ち消して ちょうどいいのか何なのか…。 あっ すいません また 俺ばっかり しゃべってますね。 (岳彦)フフッ いや いいんだ。 私にも 君と同じ年ごろの息子が 2人いるんだがね もう 長いこと話してないな。 恥ずかしい話 正直に腹を割って話したことなど 一度もないかもしれないな。 正面から向き合おうとしない私が 悪いのは分かってるんだ。 あっ すまない。 見ず知らずの君に聞かせる話じゃなかったね。 いえ。 取れた~! あとは 普通に洗濯しちゃって 大丈夫だと思います。 ホントに すいませんでした。 (岳彦)ありがとう。 いえ。 また 差し入れしてあげるといいよレモンの蜂蜜漬け。 私も 昔 亡くなった妻に よく差し入れしてもらったもんだ。 はい。 (字幕入りCM) (小出)新しくなった 「サクセス」 <全ての男たちの 頭皮の中に潜む 抜け毛の原因を 原因をおさえろ> だから新しくなった 育毛トニック。 「サクセス」 <有効成分が 抜け毛の原因をおさえる> <さらに 血行を促進 まだ育つ髪を守る> <若々しさ、 つづけ> いいじゃん。 「サクセス 薬用育毛トニック」 新発売。 「サクセス」 (字幕入りCM) 去年より いいですね。 去年と変わりませんね。 (男性)あ…。 (香川)カラダは変えられる。 脂肪を 消費しやすくする 「ヘルシア」 人間ドック健診協会推薦。 9月1日 スタート! 続けるぞ! このおなか 変えてみせます! (女性)応援してね! 僕の記録をフォローして! (一同)「12週間 健康チャレンジ!」 カラダは変えられる。 チャレンジャー募集! 「ヘルシア」で検索。 (字幕入りCM) ♪♪「ピュオーラ」 (真矢)大人のお口のネバつき 歯肉炎・口臭。 主な原因は 細菌でした。 歯みがきで 原因となる細菌を 洗浄! 殺菌! 歯みがき後は 洗口液で殺菌コート。 お口まるごと サラサラ続く。 ピュアオーラル ♪♪「ピュオーラ」 大人の歯のくすみには 「ナノブライト」 中津! おう 瑞稀! どうした? 他のやつらは? (中津)ああ 知~らね。 よその学校で 練習でもしてんじゃねえの? (中津)ったく 根性ねえよな。 今まで チームで頑張ってきたのに どいつもこいつも 自分のことばっか大事になってさ。 何があっても 最後まで頑張ろうぜって ついこの間まで言ってたのに。 (中津)あ~ くそ~!! って 言ってる俺も 分かんなくなってきてるし。 中津。 (中津)っつか 瑞稀。 んっ? それ 何? ああ 蜂蜜レモン。 佐野に持ってったんだけど 渡せなくて。 そっか。 じゃあ それ 俺が食っていい? でも ぐちゃぐちゃだし…。 大丈夫 大丈夫 瑞稀が作った物だったら 俺は何でも食えんだよ。 (中津)うん おっ うまい これ! 1回 食ってみたかったんだよ これ。 そっか よかった。 俺さ ここで諦めたくねえんだよ。 誰に何と言われようと やっぱり ここで逃げ出したくねえ。 こんなふうに終わんの…。 俺 やなんだよ。 そうだな。 俺も そうだよ。 (中津)俺の方が 絶対 うめえし。 貸してみ。 (野江)よかったなあ。 (難波)いや~ こんな集まるとは思わんかったな。 (淡路)そうっすね。 (野江)おう 萱島。 (難波)おう。 (萱島)お参りも これで587回目だよ。 (野江)587回目!? (中央)萱島 貫禄ついてきたね。 (萱島)ありがとう。 ≪(九段下)君たち まだやってるんだ そんなこと。 そんなことって 何だよ! (落合)この程度のことで 決定を覆せるとでも思ってるの? (葛西)平和だな。 (桃郷学院生たちの笑い声) (淡路)お前ら 黙って聞いてりゃ…。 からかいたいだけなら 別のときにしてくんないかな。 (大手町)女の子のこと 追い掛けてる時間が あるくらいなら うちに移ることも考えてみたら どうだい? 可能性は いつまでも 残ってるわけじゃないからね。 (姫島)♪♪「私の美しさ それが…」 (百舌鳥)1次審査落選! (八戸ノ里)何が いけなかったんだろう!? ♪♪「受け止めよう」 あ~ 何かないか。 私を癒やすことができるもの ♪♪「それは 食べ物 飲み物 食べ物」 (南方)いけません オスカー! フェースラインが崩れます! ♪♪「いいんだ もう いいんだ」 (南方)いけません! いけません オスカー! (第三寮生)やめてください! 負けた~! (武庫之荘)おい 桂 女の子の知り合い いない? (帯解)合コン やりたいんだよ! (桂)合コンって お前らが? (熊取)気晴らしでもしないとさ やってらんないんだよね。 (関目)一寮も三寮もバスケも みんな 駄目。 (中央)どうすんの? こんなんで。 (放出)もう 気力もなくなったっつうか。 そんなこと言うなよ お前らまで。 そうだよ。 そんなこと言ってたらな ホントに終わっちまうぞ。 でも 実際そうだろ。 (関目)時間もないもんな。 (難波)お前も お前も お前も お前も。 (野江)痛いっすよ。 (難波)おい。 (姫島)んっ? お前もだよ。 (天王寺)痛っ! お前らさ 忘れてねえか? 今日が何の日か。 (字幕入りCM) (常盤)お洗たくものの ニオイと戦うあなたへ。 「菌を洗う」という発想…。 できました! <「アタックNeo抗菌EXパワー」 ついに誕生!> <ニオイ菌に ジュワッと発泡> <汚れもろとも しっかり洗浄 しっかり抗菌> 使った人の90%が 消臭効果を実感してます。 ニオわない! <さぁ あなたも!> <「アタックNeo抗菌EXパワー」 新発売!> すすぎは1回! <いっしょにエコ> (字幕入りCM) (矢野顕子)♪♪「ぼくは 優香ちゃんちに住んでます」 ♪♪「動かないけど働きもの」 (チャイム) (優香)は~い。 ♪♪「みんなの風でよくするよ」 ♪♪「お部屋の空気を よくするよ~」 <風の力で スプリンクラーみたいに 消臭して 360度スッキリ!> 優香ちゃんちって イイ~! ♪♪「それは ぼくのおかげです」 イェイ! ♪♪「リセット&リフレッシュ リセッシュ」 <「置き型」 リラクシングソープの香りも> (淡路)こんなときにな。 (野江)去年は 全然 違う気持ちで見てたよな。 (難波)姫島が ナンパに失敗したりして。 (一同の笑い声) (姫島)そんな記憶はない。 (一同の笑い声) 楽しかったよな。 楽しかった。 僕も。 (岳彦)思った以上の粘りを 見せてるな。 (岳彦)今度の大会は どこの生徒として出るんだ? 俺は桜咲学園の生徒です。 (岳彦)次に行く学校のことを 聞いてるんだ。 桜咲学園の生徒として 俺は出ます。 (岳彦)俺に対しては どんなことでも 反発したいみたいだな。 (岳彦)お前のジャンプは 確実に進化してる。 それを あの学校と一緒に 終わらせるっていうのか。 このまま 廃校が阻止できないんだったら それも仕方ないって思ってます。 (岳彦)そんなことで意地を張って 何になる? (岳彦)俺は 今 ここで指導をしてる。 (岳彦)設備も 最新の物を揃えてる。 全国を目指すには 申し分のない環境だ。 (岳彦)先の見えない学校に こだわって どうするんだ。 終わったものは終わったものだ。 見切りを付けて 次に進む覚悟を決めろ。 それ言いたくて来たのかよ。 同じじゃねえか おふくろ 死んだときと。 あんた 言ったよな あのときも。 終わったもんは しょうがない。 そっからだったよな あんたが 俺や森に 記録ばっかり 求めるようになったのは。 (佐野)あんたは 俺や森が何を思ってるかなんて 考えたことがないんだろ。 (佐野)あんたにとって 大事なのは 息子が ハイジャンで いい記録 残すことだけなんだろ! (佐野)それで あんたが 満足したいだけなんだろ! そうだな。 そのとおりだ。 あっ おっ 俺 ジュース 取ってくる。 奇麗だよな。 こんな気分なのに…。 こ~んなに奇麗なんてな。 すげえよな 花火。 先も見えねえ中 真っすぐ飛んでって こんなに大きく みんなを照らしてさ。 (難波)俺たち マジで もう そうはなれねえのかな。 なれますよ。 なれねえなんて…。 俺は思いたくない。 だよな。 (難波)こうやって おんなじもん見て感動してる 仲間だもんな。 今までも そうやってきたんだし。 諦めるなんて まだ早いです。 何だ 佐野か。 びっくりした。 佐野も行こうぜ 花火。 まだやってるから。 あっ 何か 見てたら 涙 出てきちゃって。 これで ホントに このまま終わっちゃうのかな なんて思ったら さみしくなっちゃってさ。 でも 駄目だよな こんなことくらいで諦めてちゃ。 やっぱ 俺 あした みんなに 話してみようと思ってさ もう1回 頑張ってみようって。 本気で ぶつかれば きっと みんなも分かってくれると思うんだ。 佐野もさ お父さんと ちゃんと話してみなよ。 向き合えば きっと誤解も解ける。 ≪(打ち上げ花火の音) (佐野)関係ねえだろ。 (打ち上げ花火の音) もしかしたらさ お父さんだって 佐野と仲直りしたいって 思ってるかもしれないじゃん。 お互いが誤解して 擦れ違ったままでいたって…。 (佐野)うるせえな!! (中津)あいつ 1人で持てっかな。 ≪(佐野)お前に親父の何が 分かんだよ。 親父 親父って 親父が どんなやつか知らないくせに 分かったような口 利いてんじゃねえよ! 人の心の中に 土足で 踏み込んでくんじゃねえよ! (泣き声) バカだ。 バカだ 俺。 (中津)好きなだけ泣けよ。 俺が…。 (中津)そばにいてやっから。 (中津)お前が…。 (中津)他の誰のことを好きでも…。 俺は構わない。 でも こんなに 泣くほど つれえんだったら…。 泉 やめて 俺にしとけよ。 ♪♪~