唯吾日语

最简单的日语网站,最丰富的日语内容!

日本语能力考试

唯吾分享花样少年少女11日文字幕,台词

亲,跪求分享哦 m(__)m

更多

(観客たちの歓声) (難波)佐野 お前 すげえな! (桃雄)君だね? 男子と偽って 学園に入ってきた生徒は。 (瑞稀)はい。 (裕次郎の鳴き声) おう 待たせたな! 佐野 今日のジャンプ 良かったよな! あんな すげえジャンプが 見られたから 俺 もう思い残すことはない っていうかさ! (佐野)芦屋。 心配かけて ごめんなさい! 俺は 今日かぎりで ここの生徒ではなくなりました。 ここを出ていきます。 そっか。 2人には 目いっぱい お世話になっちゃったな。 (中津)瑞稀。 (中津)ごめんな 守ってやれなくて。 そんな。 守ってもらったよ じゅうぶん過ぎるくらいに。 俺のこと…。 好きになってくれて ありがとな。 わしゃわしゃ しゃしゃしゃしゃしゃ! 何だよ? 俺は お前のことを好きになって 一段と いい男になれた! えっ そうかな? おう これからの俺は モテてモテて大変だぞ。 俺は 佐野がいたから ここに来ることができて…。 仲間たちに会うことができた。 感謝してる。 それは こっちこそ。 (佐野)お前 後悔はないんだな? おう! そっか。 俺 荷造りしなくちゃ。 (中津)あ~ もう! もやもやすんな ここに座ってるだけの自分にさ。 だよな。 (ため息) あっ。 (梅田)そんなに名残惜しいか? この おんぼろ教室が。 せっ 先生 何で? (梅田)階段の下に 荷物 置きっ放しだったろ。 (梅田)付き合ってやるよ 好きなだけ見てけ。 ありがとうございます。 (梅田)3カ月か。 俺も お前という でかい秘密を よく持ちこたえたもんだ。 (梅田)まあ それも お前が 信じられないほど頑固な バカだから できたことだ。 バカって。 (梅田)今のご時世 大人も子供も 後先のこと ちまちま考えて 無難な選択するやつばかりだ。 でも お前は 佐野のために無茶を貫き通した。 見上げたもんだ。 (梅田)俺は 言い残すことは何もない。 今度は お前の番だ。 えっ? どうせ みんなに何も言わずに 出てきたんだろ? 今のうちに 全部 吐いちゃえよ。 禁煙ですって。 で どうなんだよ? そんな 急に言われても。 んっ? 色々あり過ぎて。 (聖ブロッサム女学院生)あっ じゃあ 樹理さん お先に失礼します。 (2人)ごきげんよう。 (樹理)はい。 (樹理)出ていかれるのですね。 そうなんだ。 私 芦屋さまには 感服いたしました。 えっ? (樹理)ほれた方のため たった1人で ここまでいらした。 そして 見事に 目的を果たされたのですから。 俺は おせっかいなだけだよ。 (樹理)そのおせっかいは 見返りを期待しない おせっかい。 だから 私は かなわなかったのです。 でも みんなの最後を汚しちゃったんだ。 台無しだよ。 そうでしょうか? むしろ 何ものにも代え難いものを残されたのではないかと。 会えてよかったよ。 ありがと。 (字幕入りCM) 「おかえりなさい」 この言葉で 大切な人を あたたかく迎えたい。 それは あたりまえのようで かけがえのない喜び。 花王の願いは 1890年に発売した ひとつの化粧石けんから 始まりました。 毎日を 清潔でいてほしい。 健康でいてほしい。 美しくいてほしい。 その願いは 120年たった今も 変わることはありません。 「ただいま!」 「ただいま!」 大切な人が笑ってる。 それだけで しあわせになれる。 だから今日も とびっきりの…。 「おかえりなさい」 「おかえりなさい」 「おかえりなさい」 「おかえりなさい」 (犬の鳴き声) 「おかえりなさい」 「おかえりなさい」 しあわせは、 暮らしの中に。 花王です。 (字幕入りCM) (常盤)「アタックNeo」は すすぎ1回! だから ペットボトル約30本分も 節水できる。 1カ月なら 約1,350本分。 (2人)お~! 1年なら なんと 約16,200本分の 節水に! しかも すすぎ1回で 驚きの白さに! (一同)真っ白~! はじめるなら 「アタックNeo」 すすぎ1回にすると 約20%の節電に。 さあ あなたも すすぎ1回! (関目)そっか 出ていったんだ。 (中央)黙って出てくなんて ひどいよね。 (梅田)あいつ自身 全うして 出てったんだ。 お前らは きっちり廃校式に臨め。 いいな? (桂)しょうがないよな。 (淡路)うん 出ていくしかなかったんだしな。 (野江)あ~あ じたばたしたけど 結局 予定どおり廃校か。 (守口)よし 掃除だ 掃除やろうぜ! (百舌鳥)モップは どこだっけね モップ モップ。 (伊緒)どうしても 今日 帰っちゃうの? 飛行機が取れちゃったので。 (伊緒)そっか。 佐野君には ちゃんと 気持ち 伝えたの? いえ。 でも いいんです あのジャンプが見れたから。 (伊緒)違うんじゃないかな ジャンプと2人のことは。 女の子は 自分が身を引くことで 相手のためになるって 思いがちだけど ホントに そうかなあ。 与えることも大事だけど 受け取ることも大事よ。 あっ じゃあ もう ここら辺で大丈夫です。 (伊緒)えっ? そう? 伊緒さん ありがとうございました。 (伊緒)こちらこそ。 (伊緒)元気でね。 はい。 (伊緒の ため息) (熊取)この椅子とも 明日で お別れか。 (武庫之荘)っつうか キッチンの掃除ぐらい シェフがすりゃいいのに。 (清荒神)どこ行ったんだよ シェフ。 (門真)就職活動だそうです。 (帯解)まだ 次の行き先 決まってなかったんだ。 (高槻)あれ? 何か すっげえいい匂いがすんだけど。 (ひばり)ごきげんよう 皆さま。 (聖ブロッサム女学院生たち) ごきげんよう 皆さま。 ≪(姫島)何の用だ? 花屋敷ひばり。 パリに帰る前に 様子を見に来て さしあげましたのよ 正夫さん。 (姫島)正夫って言うな! 廃校決定で 落ち込んでるんじゃなくって? (姫島)あっ 余計な お世話だ。 んっ? (ひばり)図星ね。 言い当てられると 右の眉が ぴくぴくする。 (姫島)そっちこそ 自慢げに話すときに 鼻が ぴくぴくするのは 幼稚園のころから変わらんな。 んっ? フフフッ…。 (ひばり)ぎゅう! ぎゅうってした。 (ひばり)何ですって? 純和風の顔して 「オスカー」だなんて 名乗る 恥知らずに 言われたくありませんわ。 (姫島)そっちこそ スズメのような顔をして 「ひばり」なんて… アハハハッ。 (京終)要するに痴話ゲンカだよな。 (南方)お互い好きってことだろ。 (八戸ノ里)もう言っちゃえよ 好きって。 (平城山)いや あの2人は あれがいいんだよ。 はいはい 分かりました~。 はいはいはい。 (難波)おう どうした どうした。 ≪(裕次郎の鳴き声) (神楽坂)おい ちょちょちょちょ 待て待て。 待て待て。 おい おい おい おい! あの犬 どうにかしろよ! ブロッサムには吠えねえくせによ。 どうしたんだよ? (難波)今日は いろんなやつが来るなあ。 (神楽坂)聞いたこと なんだけどよ 今回の騒動の責任を取らすために 寮長3人を退学にするって話が 出たって。 (中央)そんな。 まあ 予想はしていたことだが。 (天王寺)われら花桜会は 責任を免れまい。 それを 芦屋が ひっくり返したらしい。 えっ? 《寮長たちが退学?》 (桃雄)《うん これは決定です》 《俺のしたことです!》 《俺に責任を取らせてください! お願いします!》 (桃雄)《どう取ると いうのかね?》 《お願いします!》 (さくら)《いいじゃない? その子が そう言うんなら》 《そもそも この問題 責任を追及し始めたら 寮長どころか 入学許可のはんこを押した 私たちだって》 《ねっ》 《あなた1人で罪をかぶるって いうんなら そうなさいな》 《ありがとうございます!》 (桃雄)《それでは 私は廃校式の準備があるのでね》 (難波)そんなこと 誰が頼んだ。 (天王寺)捨て置けん。 芦屋 瑞稀の おとこ気だな。 (ひばり)こうなったら 桜咲学園の生徒として 恥ずかしくない終わり方を するのが 芦屋さまのお気持ちに応える ただ1つの道。 お前にしては いいことを言うじゃないか。 「お前にしては」は余計ですわ。 このままじゃ終われねえぞ。 (字幕入りCM) (高島)美容液にも 化粧水にも できない スキンケアがあるんです。 それは 「洗うスキンケア」 「ビオレ」から 「スキンケア洗顔料」 誕生。 新技術 SPTが なめらか素肌をひきだします。 大人の肌のために。 誕生 「ビオレ スキンケア洗顔料」 大人の肌に。 「洗うスキンケア」 ♪♪「ビオレ」 (字幕入りCM) (真矢) 「セグレタ」で 髪を洗ったら 根元から ドライヤーで 乾かしてゆく。 トップが ふんわりとする。 「セグレタ」の効果が いっそう 実感できるはずです。 髪と地肌の美容液成分EX配合。 NEW 「セグレタ」 髪で あなたのキレイが バージョンアップ。 (字幕入りCM) (貫地谷) 肌をもっと いたわるために 「エフ」が! 「エフ」が! 新しく! 新しく! なりました~。 これ 肌にやさしいんです。 新しい 「エフ」は こすれない新構造。 動くたび ひとつひとつが 形を変えて 肌になじむ。 歩いても こすれない。 足を組んでも こすれないんです。 「エフ」で 肌をいたわりましょ。 新しい 「ロリエ エフ」 エフ~。 (さくら)《結局 何にも残らないなんて》 《廃校を前に 何かをつかむことができるかと思ったのに 残念でした~》 《俺の中には残っています たくさんの大事な瞬間が》 《思い出なんて過去の遺物よ》 《違います》 《俺の思い出は生きています》 《この思い出があるから これからの俺は 背筋を伸ばして 前に進んでいけるんです》 《仲間たちだって きっと 何かを手に入れているはずです》 手に入れたって それを生かさなくっちゃ 意味ないんですよ~だ。 (野江)あ~あ ここも 今日で お別れか。 (淡路)おう。 あ~ もう この際 好きな音楽 かけまくろうぜ! (野江)おう。 (淡路)なっ。 ♪♪「ズッズッダンズカズカズッダン」 ♪♪「ズッズッダンズカズカズッダンズッズッダンズカ…」 (門真)あしたからは 先輩たちと稽古できないなんて! (北花田)言うな 門真。 今は ただ磨け。 (門真)はい! (天王寺)ほう たまには黒もいいな。 (平城山)イエス。 (京終)オスカー! (泉ヶ丘)ここで オスカーと発声練習することも。 (河内森)オスカーを オスカーと呼ぶことも もう! 終わった~! ねえ オスカー こんなに 奇麗になった フフフフッ。 (平城山)オスカー! (一同)オスカー! (八戸ノ里)オスカー! ううっ オスカー。 (中津)よっ。 (中津)ほい。 (萱島)はい。 中津。 (中津)はい。 (萱島)シャツのボタン段違いだよ。それとチャック開いてる。 (中津)はっ! サンキュー。 (中津)っつうか ずっと 今まで こうだったよな。 何か 俺が抜けてるところをさ 萱島がフォローしてくれてさ。 (萱島)中津は抜けてんじゃないよ。他人に エネルギー 注ぎ過ぎて 自分が おろそかになっちゃうだけ。 そんな中津を見ていられて 俺は楽しかったよ。 萱島。 (萱島)いいよ 来なくていいから。 いや 掃除。 ちょっ 片付けて。 ちょっと 痛ててて 何 何 何。 掃除 片付けて 片付けて…。 (中津)うるさい ていっ! とうっ。(萱島)危ない。 [マイク][テープ]「禁煙ですって」 [マイク][テープ](梅田)「で どうなんだよ?」 [マイク][テープ]「そんな 急に言われても」 [マイク][テープ](梅田)「んっ?」 [マイク][テープ]「色々あり過ぎて」 (中津)瑞稀。 瑞稀の声だ。 [マイク][テープ]「俺 この学園に来たときは すっごく戸惑って 何てとこに 来ちゃったんだろうって」 「キャラの濃いやつばっかりで ついていけないし いきなり 野球大会とか 騎馬戦とか」 (中津)瑞稀! (中央)芦屋! (淡路)いっ いや 音楽かと思って スイッチ 入れたらさ。 [マイク][テープ]「でも そのうち だんだん なじんできて」 [マイク][テープ]「なじめたのは やっぱり 巻き込んでくれる やつらがいたからで」 [マイク][テープ](梅田)「例えば?」 (梅田)なかなか いいタイミングで かかったもんだ。 [マイク][テープ]「まずは二寮のみんな」 「あいつら ノリと勢いで 乗り切っちゃうパワーがある っていうか」 「難波先輩は 何ていうか この人がいれば何とかなるって 思わせてくれる雰囲気があって」 [マイク][テープ](梅田)「あいつがねえ」 [マイク][テープ]「それに 俺たちを ぎゅっと まとめる握力があるんです」 あんのか? 俺に。 [マイク][テープ]「あっ 知ってますか?」 「空手の型って 全部 受け身から入るんです」 「自分からは攻撃しない」 「相手の攻撃を受けることで 戦いを終わらせるのが 空手なんだって」 「それが真の強さだって 教えてくれたのは 天王寺先輩でした」 「一寮のみんなが 強いけど怖くないのは きっと その教えがあるからだと思う」 「姫島先輩は どこが芝居で どこが素なのか 分からない人だけど 実は そんなこと どうでもよくて 大事なのは 人として美しい行動を取ることなんだって 先輩を見てて思いました」 なかなか鋭いぞ。 [マイク][テープ]「そういえば あれ どこで買ってんだろ?」 「関目が着てる派手なシャツ」 [マイク][テープ](梅田)「妙な柄のアロハな」 [マイク][テープ]「その関目はさ 湿った重い空気を からっとさせる力があって 何ていうか 人間除湿機なんだ」 (関目)そうなの? (野江)俺は? 俺 俺。 [マイク][テープ]「中央にはさ…」 ジーザス。 [マイク][テープ]「と思ったけど その前に野江」 「ミスコンとかダンスパーティーのときに 衣装を縫ってくれたんだけど 野江は 自分の得意なことを ちゃんと見つけて そこからブレない 芯のあるやつだなあって」 芦屋。 [マイク][テープ]「で 中央」 「あんなに あっけらかんと 片想いを続けられる中央って 男らしい」 「一途な恋を教えてくれたのは 中央だった」 それは こっちのせりふだよ。 [マイク][テープ]「俺 萱島には いろんな言葉をもらった」 「俺が女だってこと 最初っから 見抜いてたんだろうな」 「でも 見守って励ましてくれて」 「萱島って 気が付くと そばにいてくれる守護霊みたいで」 俺は生身の人間だよ。 [マイク][テープ]「中津」 「あいつと出会えたことは 俺にとっては奇跡なんだ」 [マイク][テープ]「中津がいなかったら 俺は たちまち ぺしゃんこだったはずで」 「あんなに 気持ちと行動に嘘がないやつが そばにいてくれたなんて 今でも信じられない」 バ~カ 信じろよ。 [マイク][テープ]「あいつから もらったものを 何1つ返さないで出ていく 俺って 何なんだろ」 [マイク][テープ]「あとは 佐野」 [マイク][テープ]「佐野には…」 ≪(ドアの開く音) (難波)さて 俺たちは どうする? (中津)もらいっ放しなのは 俺たちだよ。 そうだよな。 芦屋 今 どこにいるんだよ。 (字幕入りCM) (山口)小・中学生でも 約4割が 歯肉炎という時代! 「クリアクリーン」は 歯ぐき近くの ミクロの溝まで 顆粒でスッキリ! つるつるっ。 ♪♪「歯肉炎まで予防する クリアクリーン」 (字幕入りCM) (山口)おっ 歯みがき後は!? (女の子)仕上げすすぎ! 小・中学生でも 約4割が歯肉炎。 (一同)仕上げすすぎで! すみずみまで 殺菌。 歯肉炎・口臭を予防。 (男の子)からくない! ♪♪「クリアクリーン」 (3人)仕上げすすぎ! (字幕入りCM) (小出)新しくなった 「サクセス」 <全ての男たちの 頭皮の中に潜む 抜け毛の原因を 原因をおさえろ> だから新しくなった 育毛トニック。 「サクセス」 <有効成分が 抜け毛の原因をおさえる> <さらに 血行を促進 まだ育つ髪を守る> <若々しさ、 つづけ> いいじゃん。 「サクセス 薬用育毛トニック」 新発売。 「サクセス」 (字幕入りCM) 「リセッシュ アロマチャージ」 誕生。 新しい 「リセッシュ」は 本格アロマで ちょっと笑顔になれる。 一緒に リラックスする。 私のために 誰かのために ココロに アロマを チャージしよう。 本格アロマの消臭ミストで ぎゅっと ぎゅうっと したくなる。 誕生 「リセッシュ アロマチャージ」 webで体験。 (列席者たちの拍手) (桃雄)ようやく ここまで こぎ着けましたね。 経営難の学園という お荷物が ようやく…。 (桜彦)不謹慎ですよ。 ≪(佐野)芦屋! (佐野)芦屋! 佐野? (佐野)待て 芦屋! 佐野。 芦屋! 佐野! (来賓)桜咲学園が いかに 素晴らしい学園であったかは 本日 列席しておられる OBの方々を見れば 一目瞭然の…。 芦屋。 (来賓)本日をもって 終わりを告げる。 [マイク](来賓)OBの方々が 継承してきた 桜咲学園の精神まで なくなるわけではありません。 (一同の ざわめき) えっ 佐野? (カンナ)えっ? 何があったのですか? ♪♪(音楽) (桜咲学園生たち)イェ~イ! (難波)芦屋 俺たちの気持ちだ 受け取れ! 見せてもらおうじゃないの 何をつかんだか。 (第一寮生たち)おす! せい! せい! せい! せい! そりゃ! せい せい せい! そりゃ! せい せい せい! (天王寺)や~! (カンナ)これは。 エールを送っておられるのです 芦屋さまに。 (第一寮生たち)フォー! せい せい せい おす! (列席者たちの拍手) (列席者たちの拍手) (桜咲学園生たちの手拍子) (一同の手拍子) (桜咲学園生たち)お~ はい! お~ はい! はい! はい! はい! はい! はい! はい! はい! はい! (列席者たちの歓声・拍手) (♪♪『翼をください』) (桜咲学園生たち)♪♪「いま わたしの願いごとが」 ♪♪「叶うならば 翼が欲しい」 ♪♪「この 背中に鳥のように」 ♪♪「白い翼 つけてください」 (桜咲学園生)よっしゃ~! (一同の手拍子) (桜咲学園生たち)♪♪「この大空に 翼をひろげ」 ♪♪「飛んで行きたいよ」 ♪♪「悲しみのない 自由な空へ」 ♪♪「翼はためかせ」 (中津)行くぞ。 (桜咲学園生たち)♪♪「行きたい」 (桜咲学園生たち)♪♪「この大空に 翼をひろげ」 ♪♪「飛んで行きたいよ」 ♪♪「悲しみのない 自由な空へ」 ♪♪「翼はためかせ」 すげえよ お前ら。 (桜咲学園生たち)♪♪「翼をひろげ 飛んで行きたいよ」 (かの子)出来過ぎや 秀一! (伊緒)南 最高! (桜咲学園生たち)♪♪「翼はためかせ行きたい」 (さくら)こんなお宝 捨てちゃうなんて もったいない。 しかし もう…。 (桜彦)ここから この子たちから 始めればいいんです。 うん。 (列席者たちの歓声・拍手) ブラボー! (桜咲学園生たち)はい はい はい はい はい はい はい はい はい はい はい はい はい はい はい はい はい はい はい はい はい はい はい はい イェ~イ! 芦屋 芦屋 芦屋 芦屋 芦屋 芦屋 芦屋 芦屋 芦屋 芦屋 芦屋 芦屋…。 イェ~イ! (梅田)じゃあ 荷物 車に運んどくわ。 ありがとうございます。 芦屋 お前の強い気持ちに負けぬよう 自分たちも 日々 精進しよう。 (第一寮生たち)おす! おす! 俺も 修行 続けます 先輩に言われた大木に なれるように。 おう。 お互いに 風に雨に磨かれ より大きくなろうな。 礼。 私の美学が恋しくなったら 特別に 爪のあかを送ってやろう。 いつでも連絡するといい。 いりません。 ふん。 私のありがたみが 分からないとは…。 (平城山)お前も。 (第三寮生たち)まだ青いな。 (平城山)いっ。 (姫島)お前たちこそ真っ青だ! 真っさ… まっ 正夫? 正夫って呼ぶな! (第三寮生たち)言ってません。 ああ。 芦屋 俺が人間除湿器なら お前は人間乾燥機だ。 はっ? ぐるんぐるん かき回して いつの間にか みんなのことを熱くさせる。 関目。 芦屋 大好きだ。 今度 アロハ 送るからな。 いらないよ。 (関目)えっ? (桂)っつうか俺も大好きだ! (淡路)いいや 俺のが大好きだ! (放出)俺のこと 忘れんなよ! (関目)アロハ。 (桂)絶対 また会おうな。 (淡路)また一緒にDJやろうな。 (放出)元気でな。 ずっと 言えなかったんだけど お前 制服の着方 変! えっ? っていうか いまさら? でも その 制服に着られてる感じ お前らしいよ。 何だ それ。 (野江)フフッ。 (中央)芦屋が アメリカへ行っちゃったら 佐野は 他の人に 取られちゃうんじゃない? 例えば 僕とか。 えっ? 冗談だよ。 今の芦屋の色はね 同じだよ この空と。 そっか。 (字幕入りCM) ♪♪「キッチン センザイ ジョキン ショーシュー」 ♪♪「キッチン センザイ ジョキン ショーシュー」 ♪♪「ジョキン ショーシュー」 (ヒカルさん)だけじゃ 足りない! 「キュキュット クエン酸効果」なら くすみまでピッカピカ! 除菌 消臭 さらに くすみ落としまで! あっ! 1本で3つの効果!? うんうん! ♪♪「キュキュット」 「クエン酸効果」 「キュキュッ」 (皿をこする音) (字幕入りCM) (藤本)「ニュービーズNeo」には 香りが ぎゅぎゅ~っと つまってるから キラリ★ハッピーフローラルの 香りが つづく。 つづく! 香りつづける! しかも…。 ふわふわ~。 よしっ! ♪♪「ニュービーズNeo」 「Neo」だから すすぎは1回。 (難波)君 カワイイ顔してるね。 お前は 俺に すげえこと 教えてくれたな。 えっ? 災難が降ってきたとき 悲しんだり 誰かのせいに するんじゃなくて そんなことより 自分にできることは何か考えて 行動するのが大事だって。 俺 そんなこと言った覚え ありませんよ。 芦屋 元気で。 はい。 ≪(中津)瑞稀。 (中津)俺は 別れの言葉なんか 言わねえからな。 絶対 また会うし。 中津。 俺だって 信じられないことだらけだった。 俺より走んのが速いやつを 好きになるとは思わなかったし まさか この俺を振るやつがいるとは 思わなかった。 それに 今日 こんなふうに 気持ち良く終われるとも 思わなかったしな。 それに。 こんな気持ちで 誰かを見送る羽目になるなんて 思いもしなかった。 全部 お前のせいだからな 瑞稀。 笑って行きたかったのにさ。 中津のせいで。 俺は 永久に お前のだちだ。 (中津)何かあったら 太平洋ぐらいあっちゅう間に飛び越えて 駆け付けっから 覚悟しとけよ。 中津。 気を付けて。 おう。 俺…。 桜咲学園の生徒になれて ホントに よかった! じゃあ いってきます。 (佐野)芦屋。 お前 俺には何て言おうとしたんだ? えっ? 俺に 何か言い残そうとしたんだろ放送室で。 ああ あれは え~っと 何だったっけ。 (佐野)俺は お前に伝え忘れたことがある。 ここに来てくれて…。 ありがとう。 芦屋。 俺は お前のことが好きだ。 俺も…。 好きです。 (一同)ヒュー ヒュー! ヒュー ヒュー! (天王寺)熱いぞ お前たち! (難波)しっかしなあ この期に及んで 自分のこと 「俺」って言うやついるか? っつうか あいつら いつまで名字で呼んでんだよ。 いいんじゃないの? いつまでも まどろっこしい2人でさ。 (一同の笑い声) ホントか? ああ 約束する。 (生徒)バイバイ 芦屋! (生徒)頑張れよ! (生徒)芦屋! (生徒)芦屋 ファイトだ! ファイトだ 芦屋! (生徒)元気でね! 卒業式だ。 (中津)1年半前 この学園はなくなりかけました。 しかし 今 ここは存在しています。 (中津)それは ある1人の生徒がいたからです。 俺たちは 今日 そいつと一緒に卒業します。 そいつと俺たちは ありとあらゆる出来事を 乗り越え 本物の友達になった。 一緒に泣いたり笑ったりできる 友達は 最高の宝だ。 そして そいつらと過ごした時間はきっと これからの自分を支えてくれる 大きな力になる。 だから 後輩たち 未来を心配する暇があるなら 今という この大事なときを 仲間たちと一緒に 目いっぱい 味わい尽くしてほしい 恐れずに。 (生徒の泣き声) [マイク](中津)その結果 もし 望んだ未来が手に入らなくても いいんだ。 予想外の未来でも それは 新しい可能性に 違いないんだからな。 よう。 あのとき約束したろ 今度は俺が会いに行くって。 (佐野)留学 決まったんだ こっちの大学に。 だから…。 また一緒にいてくれないか? これから先 ずっと俺のそばに。 ♪♪~