唯吾日语

最简单的日语网站,最丰富的日语内容!

日本语能力考试

唯吾分享双头魔犬02日文字幕,台词

亲,跪求分享哦 m(__)m

更多
僕は人を殺しました
あ
もしも手で触れただけで人を殺せる力があったら
どうする
僕の手は悪魔の手なんです
お前の手は悪魔の手だ
二宮ってな龍谷という村で駐在やっていたらしい
十年前港町という倉庫で
三人の少年がナイフで刺し殺された
この犯人は
死刑判決置けた
死刑囚
こいつの手は触れただけで
どんな傷も病気も治すことができる
その男を ここへつれて来い
触れるだけで人を殺せる男
俺 ここを出してくれよ
お前の力を貸すさえくれれば
俺はここを出て
たくさんの命は救うことができる
お前には治したい人間の一人、二人がいるだろう
早く生からしてやれよ
早くしろうよ
死んだ人間を生からせるなら
無理だ
騙してこい
利用しなきゃ利用されるだけっていうことだ
たまりなさい
撃ってるのか 俺の手は神の手だ
あいつの手は神の手なんかじゃない
悪魔の手だ
その一発の銃弾がこれから
救われる無限の命を奪うことになるんだぞ
楽しみにしてるか
これからもっと楽しいことが起きる
竜崎
この前と同じ
いくら自分が殺したと言っても証明はできない
でも あれはただの心臓発作じゃない
あなたが殺したの
先生龍谷村って知ってるか
行ったことある
聞いたことも 行ったこともありません
その村は竜崎と何か関係あるんですか
緊急会議
指示済みだ
マスコミは
まあ 一週間ぐらいなら 何とか抑えられます
拘置所の安全管理に問題があると嚙み付かれた
面倒ですからね
おまけに 逃走したのはもっと少年の死刑主ですから
ネタに公開捜査したら人権団体から文句言う
厄介だな
ですね
いいか
何があってもこの逃走犯を見つけだす
ただし これは極秘任務だ
マスコミは絶対に嗅ぎ付けれるな
勝手な行動はせず 慌てず 騒がず
しかし 全力挙げ速やかに 一刻も早く
どっちなんだよ どっちもだ
とにかく こいつを捕まえよ
はい
長谷部
まったく
何っていうことして返してくれたんだ
すみませんでした
謹慎だ
でも 竜崎の捜索は
お前は娘と夏休みにしてろ
さて
尾行もまともにできないだ 情けねいっていう子だ
ずっとつけて気になって
ばれてました
ばればれだよ
何の用だよ
十年前あなたが見た殺人事件の犯人 竜崎が脱獄したわ
臣司が さわりた
臣司
あなた竜崎と知り合いなの
違う
悪魔の手
酔っ払いでそう騒いだそうね
あなた竜崎の力のこと 知ってるの
おい
二宮
お前じゃ 俺だと同じ警官だったんだろう
だったら 少しは捜査に協力してくれよ
そもそも 何で警官辞めたんだ
お前さん確か龍谷村で
やめろう
あなた事件の前から竜崎のこと知ってたんじゃないの
単なる目撃者じゃ
知らん 俺何も知らん
久しぶりだな
臣司
心配するなぁ
誰にも話してないから
いろいろ調べてほしいことある
元警官のあんたには簡単なことだ
いいもの持ってんじゃないか
臣司 お前どうやって娑婆に
あなたの力には もっと有効な使い道があるはずだよ
神様が現れた
ママ 早く 早く
分かった  早く  分かった
わあ
ここが
龍谷ダム
この下に龍谷村っていう村が沈んでる
お水の中に
そう
何も残っていないですね 龍谷村
竜崎のこと 探ってるの
知りたくなりませんか
自分のあせ鏡みたいな人間前だろう
それで 竜崎を脱獄させたの
所長を殺してもね
竜崎は、何かとんでもないことが企んでる
それを止めないと
僕には あいつを止める責任がある
ああ 澪 ほら 危ない 走らないの
分かってる
大丈夫
よし ほら
触らないで
ママ
ほら 立って
大丈夫
バイバイ
絶対に人を憎んだら駄目よ
人を憎んだら恐ろしいことが起きるの
分かったわね
お兄ちゃん
ただいま
忙しいから帰ってくれないって言ってなかったって
外傷は一つなし 君の言う通り
どうあっかいでも心臓発作以外の鑑定結果出さそういないなあ
事件性ゼロ
あら 疑ってたの 私の鑑定
そういうわけじゃないけど
君も知ってんの通り
なんでも自分の目で確かめないと気が済まない性格なもんで
仕事 それとも個人的な興味
まあ どちにしても達が悪い職業病ね
死体にしか興味のない君より健康的だと思うけど
君も たまには生きてる人間の腹を覗いてみてもいい
まずは 先輩の脳の中ね
何を企んでるのか
解剖したら分かるかしら
さぁ……
澪 大丈夫
疲れた 早く休もうね
お帰り
あなた どうしてここに
お姉さんにまた会いたくてさ
南品川署の長谷部渚さん
何しに来たの
仲間の復讐
復讐 何言っちゃてんの
まぁ迷惑はしてるけどね
御巡りがうろちょろしてて
夜遊びし難くてさ
それよりさ 俺 あいつに会いてぇんだよね
えっ
修を殺したあいつだよ
修の親父は心臓発作って言いたけどなわけでねぇだろう
あんなピンピンしてたのに
俺あの仕掛けが知りたいんだよ
教えろよ
そんなことを知ってどうするんの
今度それで女の子を殺すつもり
あなたと内村は薬付けにした女子大生を山の中に落ちした
はっ、なんでよそれ
証拠でもあんのかい
証人だっているわ
必死の重傷で倒れてる所を発見された女子高生
彼女が意識を取り戻して証言すれば
あなたたちの罪を暴かれる
だったらあの女の口を利かないにしないとな
お前もだ
エレベーターまで走って
ママ
速く
ママ
助けを呼んだら
あんたのヒーローさ
誰だ お前
澪
せっかく刑事さんに合いに来たのに
こんなガキといちゃついてるとはなぁ
竜崎
お前も妙な技持ってるのか
妙な技
惚けんなよ 殺せんだろ
どうかなぁ 殺せるかなぁ
ああ 逃走中の死刑主が少年を刺しました
でも 正当防衛だろなぁ これ
竜崎
澪
喘息か 辛そうだなぁ
助けてやったのに 冷たいなぁ
すぐに警察が来るわ
不公平だ 碧井先生だって二人も殺してる
それなのに平気な顔をし娑婆で暮らしてる
だから俺も捕まらない じゃなぁ
待ちなさいよ
今度は二人っきりで会いたいなぁ
澪 大丈夫 よし 立って
ええ
俺をどうする気だよ
殺すつもりかよ 頼む 医者を呼んでくれよ
あんたのこと言わない
俺 俺の親父に電話すればいいし 呼んでくれるから
医者 そんなもん必要ない
やめろ 殺さないでくれ
俺をお前の親父に合わせろ
どういうことだ ええ
お前の通報で救急車が駆けつけてみたら
刺されたガキは影も形も無くなっていたわ
もちろん 竜崎もいない
ったく 夢でも見てたんじゃないか
課長
捜査本部解散だ
どういうことですか
どうもこともない
オオタケさんは山の中で道に迷って遭難して死んだ事故死だ
納得できません
あの女子大生に薬を売ったのも恐らく内村達です
私は昨日襲われたのも内村の仲間なの
いい加減にしろ
お前がうろちょろするためにこっちの仕事は増えるんだよ
禁止しろって言ってるのに急に呼び出したお説教 もうやってらんない
気の毒にな
本当ですよ
後藤課長だ お前みたいな部下がいて
しかし 警察に追われているのに
わざわざお前さんに会いに来るとはなぁ
竜崎のやつお前に惚れているんじゃねえのか
あたしに惚れない男はいません
調べても碧井と竜崎何の接点も出て来ない
二人は共謀する可能性がないなあ
でも二人には繋がりがあります
一人は神の手を持つ男
もう一人は悪魔の手を持つ男
表と裏 光と影
二人の間には何か因縁がある
そんなことまとめにに信じられじゃねえよ それより
この男
昨日お前の所に来たのはこいつか
はい 内村が死んだ時一緒にいたのはこいつです
熊切勝 大学一年生
父親 熊切善三 ベアーズ製薬の社長だ
ベアーズ製薬
それに ほら 榊社会厚生大臣 次期総理も目前
熊切善三はこいつの最大の後援者だ
追いすると手が出せるガキじゃねえってことよ
速く
先生 はい
先生 無理はいけません
熊切社長に連絡してまた診察は
ダメ
今日はそんな暇ないよ
でも
神の手ですか
やはりこの目で確かめてみないと
どうにも信じられない
だからマジだって 信じろよ
この馬鹿息子の話なんかなおされた
ああ てめ
試しみればいい
そうですね
もしこの力が本物だったら
あんたは俺に何をしくれる
申し訳ございません お待たせして
ああ 突然お伺いして お忙しいところすみません
とんでもない
逃走中の死刑氏については 署内総動員して
全力でその行方を行ってます
あのう 何かその件で
いいえ 今日は個人的な興味でお邪魔しました
碧井先生 今朝目を覚ましたんです
白川 良かったな 白川
白川
まだ呼びかけても返事がしないんです
脳に創傷があるからなのか
それとも強いショックを受けたせいなのか
先生も検査の結果が出ないと分からないって
でも 目を覚ましてくれただけでも
それだけでも 私は
大丈夫
加奈は強い子だもんね
ねえ 加奈
澪ちゃん どう
今日一日ゆっくり休んだし
もう大丈夫だと思う
最近は全然発作なんて起こさなっかたのにわ
私も油断してた
熊切勝 大学一年生
父親 熊切善三
ベアーズ製薬の社長だ
どうしたの
ああ ちょっとね
そういう仕事とはいえ
気をつけろよ 本当に
もし 手で触れただけで
どんな怪我や病気も治せたら
この前の続き
うん
もしそんな力がその方ったら
どうする
触れただでか
珍しい話じゃないなぁ
へえ
治療のことを手当っていうだろう
ほら 咳が出て苦しい時とかに
母親が背中を摩ってくれると楽になったりとか
ううん そういうんじゃないの
まあ、そんな奇跡な力を持ったら
世の中の病気やけがで苦しんでいる人たちが列を成しやってくる
お願いします 治してくださいって
僕の前に平伏して まるで神様だなぁ
金や権力も想いのまま 何だって手に入る
やめてよ
正人のこと嫌いになりそう
何で これて普通な感覚だと思うんだけど
普通じゃない
まあ もしそんな奇跡があるんだったら
この目で見てみたいね、まずは
そうね
確かめてみるべきね
いとおしい者の上に風が吹き
私の上にも風が吹いた
いとおしい者はただ無邪気に笑っており
世間はただ遥か彼方で荒くれていた
どうだ なかなかいい詩だろう
今時 中原中也ね
竜崎
呼びかけても反応なし
植物状態ってやつか
何しに来たか
何しに来たんだよ
別に 偶々とおりかかっただけだ
邪魔したなあ
あのう 警察に通報してください
へえ
南品川署の長谷部刑事に
竜崎
病院内では静かに 患者さんは迷惑だ
黙れよ
俺を警察に突き出すつもりか
当たり前だよ
ながら あの所長を殺したのは俺じゃない お前だ
面白いね 病院って言うのは
一日でも長く生きたい
病気やけがの辛さから解放されたい
ここに来ればその願いを叶う
そう自分に生きかせて
効きもしない薬を飲んで
気休めの手術を受けて
間抜けのばかりだ
間抜けなんかじゃない
皆必死だよ 生きようと必死なんだよ
その必死が間抜けだって言ってんだよ
お前にはこの風態に助ける力があるんだろう
外に出ればその力を世の人にために生かせる
たくさんの人達を救うために外にいただいて
あなたにそう言ってよなあ
ああ
嘘だったのか
お前はただ拘置所から出ていて俺を騙して
お前は何か勘違いしてる
お前なんか利用しなくても俺がいくらでもあんな所
出られたんだ
教えてあるよ
どういう意味か
お前が龍崎か 遅かったなあ
ご不満なら帰ろうか
俺が頼まれて来てやってるんだ
熊切社長は
もう来るはずだ
誰だ
こちらは碧井先生
先生
沓掛さんは糖尿病の末期症状
この先はベッドに縛り尽きられ じわじわ死んで行くの待つだけ
IT界で風雲人と呼ばれている男はこの様だ
余計の事はいい どうやって俺を治す
聞いてないのか 熊切おっさんからは
熊切社長からは
あんたはどんな病気も治す力を持ってると
それだけしか
疑ってるわけだ
熊切社長の紹介だ
疑ってなんかないさ
おい
家 別荘 会社のビル それに土地 登記物コピーだ
それから貸金庫の鍵だ
貴金属 宝石類はその中に入ってる
全部で220億
それがすべてあんたの物になる
泣くな
俺は体一つでここまで仕上がってきたんだ
命さえあれば いつでもやり直せる
大した自信だ
約束通り
俺を治してくれるんだな
奥さんのそのバッグオーダーメード
かなり値段すんじゃない
全財産って約束だからな
里江子 そいつに渡せ
いや これは
こんなもん いくらでも買ってやるよ
これは
これは日本のじゃない
アメリカ
ハワイの別荘か
里江子 お前
全部の不動産の名義を変更するって
そう言ったの おい
だって いくらやり直せるからって
全財産取られたら
この病院の支払いだってあるし 住むの所だって
そんなもの何とでもなんだろう
お前 俺を殺したいのか
そんな殺したいだなんて
それも請け負ってるよ
それはこっちの碧井先生の担当だ
おい 待って
俺を治してくれないのか
金なら全部渡す
病気を治す代わりに あんたは俺に全財産を渡すって約束だった
約束を破ったのはあんただ
おい 待って
治せるってのは嘘か
詐欺師野郎
おい
呼んで来いよ
おい 里江子  ごめんなさい
ちょっ  待ちなさい
碧井先生から連絡があった
すぐ来い
竜崎が現れた
えっ
あの奥さん早いとご旦那に死んでもらって
遺産手に入れて気楽に暮らしたい
まあ、そんなとこだろう
お前の目的は何だよ
金か
それとも、ただ人の命を弄んでるだけか
さぁな
急患通ります
道を空けてください
3番に頭から突っ込んで
8歳の男の子
乗用車にはねられた重傷 ショック状態 意識も低下
これで怪我人が全部ですか
はい
この病院には4名です
後は他の病院に
全部で10名以上になりか
2名現場では死亡が確認されています
智樹、智樹
お父さんお母さんも怪我の手当てを
俺達のことはいいんです 息子を助けてください
痛いんだよ おい
あの患者がお酒を飲んで車を運転して 歩行者に突っ込んだそうです
すぐ終わりますから  煩せ
この野郎
お父さん
誰か!誰か!
落ち着いてください 落ち着いて
ショック状態
意識低下
気道透過します
お願い 目をあけて 智樹
智樹
智樹
あの子助かないな
智樹 智樹
智樹
触らないよ お前よ
内田さん 静かにしてください
なあ
あの男 お前の力で殺せ
え
そうしたら俺があの子を救ってやるよ
もうその手には乗らない
俺があの男を殺したって
お前はあの子を救う保証はどこにあるんだよ
保証はない
でもお前は何もしなければ
あの子は絶対に助からない
お前があいつを殺したら
俺はあの子を救ってやるかもしれない
脈も弱っています
挿管できません
血圧は
血圧43です
智樹 智樹  智樹 がんばれ
智樹
座ってください  内田さん
治療できません
すみません
しっかり立って
酒飲んで 酔っ払って 運転して
罪もない人間を轢き殺して
あいつは死んで当然の人間だ
誰だってそう思うだろう
そんなやつ庇って あの子を見殺しにするつもりか
この野郎
やめてください
落ちついてください
ああいう男は刑務所を出ても
また同じことが繰り返す
人の命は屁とも思ってもいないだからな
このまま生かしておいたら
きっとまだ犠牲者が出る
オペ室どうなってる
先ほどの患者でも手一杯です
どっかほかに運べないか
川崎病院に一時間以上かかります
それじゃ間に合わない
輸血準備できるか
智樹
俺はあの子を救える
ただし  お前次第な
お前は
お前はただ面白がってるだけだよ
気まぐれで人の命を弄んで
誰もが必死に生きようとしてんだよ
病気やけがと戦ってんだよ
お前はそんな必死の思いに勝手に優劣をつけて
何が悪い
優劣をつけて 俺だけじゃない
見たろ 先の特別室
あんな部屋にふんずりかいって
最先端の医療を受ける奴もいれば
薬一つ買う金もなく
風をこじらせて
一人で死んでいくものもいる
命の値段は人それぞれ違うんだよ
生かすか殺すか決めるのは俺だ
使うか使わないか俺の自由
お前にも同じ力がある
使うか使わないかは お前の自由だ
俺は
俺はお前の思い通りにならない
心停止
DC
DC急いでよ
はい DC来ました
ボルトでチャージ
チャージしました 離れて
智樹
輸血まだ
智樹
急いで
なんだよ ええ
内田さん
内田さん大丈夫ですか
内田さん
内田さん大丈夫ですか
先生
先生
意識がありません 脈もありません
心停止です 速くしてください
内田さん大丈夫ですか
分かりますか
内田さん大
死ぬ どうして
智樹
智樹
ママ
智樹
良かった 智樹
パパ
どうした
分かりません
急に呼吸も意識も戻って
外傷も消えてる 信じらない
柴田さん
竜崎はこの病院に
碧井先生から通報があったら
竜崎とあの先生やっぱり何か関係でも
余計な事いい
裏道を堅く見て
さぁ 乗り込むぞ
はい
あたしはこっちよ
よし
じゃ
はい
碧井さん
碧井さん 竜崎は
神様
神様ありがとうございました
智樹を助けてくれて
本当に大丈夫ですか
うん
よかった
うん
治った もう痛くないよ
どうして
ほら 痛くないよ
神様
悪魔の手か
熊切ですが
実は
いい医者を見つけました
手術なんかお断りよ
こうも休むなんか行かないでしょう
入院なんかしたら マスコミに嗅ぎ付けられるよ
手術の必要はありません
手術しないで治せるの
神様でも連れてくれるつもり
悪魔かもしれません