唯吾日语

最简单的日语网站,最丰富的日语内容!

日本语能力考试

唯吾分享双头魔犬03日文字幕,台词

亲,跪求分享哦 m(__)m

更多

碧井先生から連絡があった 竜崎が現れた 竜崎は何かとんでもないことを手繰らんでる それを止めないと 僕には あいつを止める責任がある 一人は神の手を持つ男 もう一人は悪魔の手を持つ男 表と裏 光と影 二人の間には何か因縁がある 瀕死って重傷で倒れてる所を発見された女子高生 彼女が意識を取り戻して証言すれば あなたたちの罪は暴かれる だったらあの女の口を利かないにしないと 助け呼んだら 竜崎 煩い あの患者が酒を飲んで車を運転して 徒歩者を突っ込んたそうです お願い 目を開けて あの男をお前の力で殺せ えっ そうしたら 俺があの子を救ってやるよ 智樹 なに 何だよ 使うか使わないか お前の自由だ ママ 智樹 治った もう痛くないよ 神様 竜崎は まだ見つからない 病院は全部捜した 周辺道路の検問にも引っ掛かってもない そうですか ねぇ 竜崎と何があったの あら 渚さん 千春さん えっ どうしてここに 仏さんをテークアウトに 原因不明の突然死 ざっと見た限りでは 原因は心臓発作ぐらいしか考えられない それって どこかで聞いている話ね でも それだけじゃないの 同時にERに運ばれて来た子供たち三人は 一人はひどく状態 後の二人も大怪我だったのが 一瞬にして回復 まるで 命を引き換えにしたみたい すみません 彼は 例の触れるだけで人が殺せるって出頭してきた男 えっ 白川 もしもし よ 碧井先生 こっそり警察に通告するとわね そういう卑怯なことするのは 教育者としてどうかと思うよ お前 どうして白川の携帯から あ さっき借りた 借りた やっばり娑婆は携帯がないと不便だからな ちゃんとお礼はしといたよ どういう意味だよ 碧井さん 白川 碧井さん どうしたの いいえ 碧井先生 白川 先生 私どうしてここに よかった 白川 よかった 先生 どうしたの なんでもない なんで泣いているの ううん 嘘 泣いているじゃん 泣いてないよ だって涙出っている こっちに入ってください どうも BEARS製薬の社長をしている熊切です 奥の方は こいつ うちのバカ息子でした 止めろうよ なんだその口のきかたは それが父親に対する態度か 親父づらすんなよ 本当すみません ろくでもないやつで 分かりました けっこうです なかなかだってあなたの演技 息子に手を焼く親父役は 御手のものか できの悪い息子を持つことが役に立つこともあるわけだ 親っていうのはバカなことでかわいいんだろう 二重三重の検問といい パトカーの数といい 大事だな 君は一体何をやるかしたんだよ 怖いのか俺が 見たろう 俺の力 ほしいと思ったんだろう 中華料理の燕の巣 あれは無人島の断崖絶壁にできるんだってな 何の話だ 崖に巣を取るにいくの 熟練のハンター だがやつらの時には足を滑らせ 命を落とす 楽してうまいもんが食えねぇってことだ 腹へったら どこ 降ろしてよ 早引きしちゃった え 大丈夫なの いいのよ いいの 加奈と久しぶりに話ができるんだから なんか気持ち悪い なんで なんで そうですか わかりました ありがとうございました 意識障害だけじゃない 傷も全部治ってるって どうして竜崎は白川を治したんでしょう 彼女危険だわ 白川かながくちを聞けるようになると 困る人間がいる まずくない なにが だって あの女 俺らは 殺したわけじゃないし 山の中においてきただけだろう 彼女が意識取り戻して証言すれば あなたたちの罪は暴かれる 熊切 竜崎と熊切は繋がっている 彼女に身辺介護を手配します お願いします 白川さんの証言があれば 熊切を逮捕できる 早速明日前でも事情聴取をお願いするわ ね、先の電話は 竜崎からです 病室から白川の携帯を盗んでそれからかけてきました 電話番号は 三浦さん メモ はい 電話の使用者白川かな 竜崎はその電話を持っている 位置情報すぐに調べて わかりました 竜崎 誰だ 逃げ切れるとでも思ってるの このまま逃亡を続けて 罪を重ねて どうするつもり 檻から出って 何も悪いことはしていない 今日だって 先生の可愛い教え子を助けてやった なあ 刑事さん あんたも 俺の力がほしいんだろう あなたの娘の病気治してやろうか 結構よ あなたの力なんて 絶対に借りない わたしの娘には 指一本触れさせない そうか じゃあ 俺に用がないなら切るわ ちょっと待って ありがとう 娘さん どうかしたんですか 喘息なの 心配しないで あんな男の力なんて 借りる気はないから すこし横になったら えーっ全然元気なの ほら せっかくよくなったんだから ちょっと休めないよ 竜崎は 熊切に襲わせるために 白川を治した 一体 何を考えてるの でも もし 竜崎が力を使わなかったら 白川の笑顔はもう見られなかったかもしれない 場所 分かりました 最後の通話があったのは港区の赤板です ただ そこで 電源が切られたようです すぐ行きましょう それが 応援の必要ないと 雄雄しいとこは本庁ってこと それでもいいわ 竜崎さえ捕まれば 竜崎 あんたやばいんじゃないか そうか そうかって あんた 逃亡してんだろう 俺を捕まえに来てるんじゃない お前を捕まえに来たんじゃないか 白川加奈 もう話せるようになってるぜ これで三回目完璧な死体 死因につながる何の痕跡も残さずに人を殺す技術 警備企画課 理事官 沢村敬之に質問します はい 日本のCIAで あなたの所では そんな最先端技術の情報つかんでたりしないの アメリカにスパイ組織が開発したとか CIAおよびFBIの最先端技術のトップシークレットは すべてアイズオンリーで俺んとこに入ってくるが そんな技術は存在しない じゃあ 極秘技術を使った可能性はないわけか だったら やっぱり天罰 神様の仕業ね 俺は 神なんて信じない ただ 人間の無限の可能性は信じる つまり超能力ってこと アメリカが軍事目的で超能力の実験を進めているのは 今や公然の秘密だが 成果の上がったものでも 冷戦時代の対ソレン原子力潜水艦の遠隔透視程度だ なんの痕跡も残さず人を殺す能力が存在するなら それこそ 究極の兵器 暴力を阻止する 究極の暴力 ちゃんと平和利用してもらわないと 危なっかしくてしょうがないわ この死体も作者は前の二体と同じかな 多分ね 私 会ったわよ この完璧な死体を作った男に 明日の退院後すぐに 署で白川さんから証言を取るわ でも ごめんなさい 病院の警備はあれ以上には どうしてもダメなんですか 竜崎は 熊切が狙うことを見越して白川を治したんですよ でも上は あくまで推測の域を出ない そっちに人手はさけないって ごめんなさい 私の力不足で いいえ 自分で何とかします 僕は竜崎の脱獄に手を貸してしまった 白川巻き込んでしまったのも僕です 僕あの子を守らないと 竜崎を捕まえたら 僕も自首します 蒼井さん 竜崎のこと詳しく教えてもらえませんか 十年前の事件のこと はい 竜崎臣司は身寄りがなく 児童養護施設で育った 彼が殺した三人も 同じ施設の出身者 お互い顔も知り合いだった 三人を殺害したとはいえ 初犯で未成年 死刑は避けられる可能性があった でも彼は裁判の間も 全く反省の色を見せず 一審で死刑判決が下っても抗争しないで 死刑が確定した わからないのは 龍崎の力があれば 刺した相手を治すなんて簡単なはず なのに彼がその力を使わなかった 龍崎は死刑になることを望んでた ごめんなさい はい 澪ちゃんのママ どういうつもり 龍崎という男は人殺しの死刑囚 拘置所脱獄して現在逃走中 そんな男は私に引き合わせるなんて 熊切社長 あんた何を考えてんの 私はこの目で見たんです あの男は確かに手で触れるだけで 触らん いい加減にしろ ばかばかしい そんな胡散臭い話信じられるわけないでしょう 手で触れただけで そんな薄汚い死刑囚の手で触られるなんて ごめんよ 薄汚い手ね 龍崎 近くないで そんなに興奮しないほうがいい 心臓に悪いよ 死んでしまえば 全部消えてなくなる 今やっと攫みかけた成功も 胸に秘めた野望も あんたのその美貌と一緒にね 帰れさってもらう 先生 あたしはここに来なかった 龍崎なんて男とはあったこともない わかってるわね いま現在を生きてる国民が幸せを感じられる社会に 私がこの手で変えて見せます あんたの演説 務所のテレビで見た ほかの政治家は皆未来のことばかり言ってるけど でもそれよりも 今この時を楽しく暮らしたい それが人間ともんだ あんたの手で変えてもらいたいもんだ 幸せを感じられる社会に で 幸せってなんだ 金か 権力か 人間は楽して暮らしたい 人よりもいい暮らしがしたいと 金をほしがる 金が手に入れば 周りを自由にぼかし支配に策なる それが叶うと 今度は自分の価値を認めてもらえたくなる 立派な人間だと讃えてほしい 神のように崇めてほしい 人間の欲望は全くきりがない あなた何がほしいの 何がほしくて脱獄したの 俺か 金 権力 名誉 そんなもんがどうでもいい そうだな 愛かな 薄汚い人殺しの死刑囚が 愛ですって 笑わせるわ 榊さん あんた俺が必要になる あんたは俺に何をしてくれ 宿題だ 愛か 澪 ママ 大丈夫 まだ苦しいんの もう平気 お医者さんに診てもらった そうか 長谷部さん 先生 すみません ご迷惑をかけして いいえ あのう ちょっと はい 澪 ちょっと座ってね 澪ちゃん喘息なんですね うちの学校堂としてはそういう持病持つお子さんをあずかいするのはお断りしてしましたよね すみません 黙ってって お仕事のご中分かりますけど そういう規則になっていますから あしたから澪ちゃんをうちにこさせないてください そんな 絶対に人を憎んだらだめよ 人を憎んだら恐ろしいことを起きるの でるよ はい 碧井ですが もしもし 俺だけど おお 涼介か どうした あのさ 親父 龍谷村って知ってる 龍谷村 母さん 大丈夫 うん 大丈夫 大丈夫 ごめんね 何で急に 俺が持っていた龍お守り それと同じものを龍谷ダムのところで見たんだ だから 龍谷村 はぁ 昔行ったことがある あれはお前が生まれる前だったかなぁ 母さんと二人で旅行して確かお守りもその時買ったんじゃないかなぁ お守りって何の話 さあ そんなことよりどうした学校の方は うん 夏休みだろう あぁ 忙しいのか なぁ 父さんたちと一緒に宮古島にダイブに行かないか 千穂も行きたい ごめんね 急に呼ぶ出して いいよ そんなの 僕も子供頃喘息ひどかったし まあ 中学ぐらいで自然に治ったけどね だから きっと澪ちゃんも そうだといいんけど 入院させるの うん 今日の病院でも入院治療を勧められたし 明日いつもの小児科に連絡 めがない薬よりお母さんの手の方が効くか どうなけがや病気も治せる力 そんな力があっても 私は絶対に頼らない 碧井涼介さん ですよね はい 何か 警察庁警備企画の佐村と申します 碧井さんの周りで何件かの不審死を起こってますね 内村君がなくなった時 目撃した女性な刑事長谷部って言ってな 彼女は内村君が絶命した時 あなたが彼に触れていたと証言した そしてあなたも自分が殺したと 南品川庁に出頭している あの時は気が動転して それで警察自分がやったと 自分でもよく分からないし どうしてそんなこと言ったのか だって、あり得いですよね、そんなバカって話 ミダス王 というのご存知ですか 手に触れたものすべて金に変えたの希臘の大様です ミダス王は自分の力を呪っていた まあ、たしかに なんでもなんでも金になってしまったじゃ 不便でしょうがない まだ参ります ママを待っているのか 俺のこと覚えてるだろう ママと君を助けてあげた 正義の味方 喘息悪いのか 名前は 澪 かわいそうに 澪も一緒に鬼ごっことかを遊びたいだろう 鬼ごっこなんか、子供っぽい 子供のくせに無理しちゃって 澪早く大人になりたいの 大人になったら喘息治るってママが言ってた 澪の病気治してやろうか おじさんさんお医者さんのに おじさんかよ 医者じゃない、俺は魔法使いだ 嘘 嘘じゃない 澪の一番大事なものを俺にくれたら、病気治してやる 澪の一番大事なものはなんだ ママ ママか ママ 絶対あげないよ 分かったよ はい、プレゼント ありがとう 澪 ママ 澪 よしよしよし 新しいパジャマピンク色にしたからね 入院中女の子おしゃれしなきゃん よし、じゃあ お昼は澪の大好きなハンバーガー買って病院行こうか ね どうした おじさんに会ったの この前 駐車場で会ったおじさん えっ 竜崎 澪 お医者さんや看護師さん の言うことちゃんと聞いてね うん いい子にしてたらすぐ退院できるから うん それどうしたの さっきおじさんにもらった ちょっと貸して お どうした hotel lastatって赤坂ですよね ああ hotel lastatに竜崎がいます 何だって 娘の澪が竜崎に会ったんです 竜崎は澪にそこのホテルのパズルを渡していた きっと竜崎からのメッセージです 俺がここにいる 捕まえられるもんなら捕まえみる あいつはあたしたちをからかっている ママ 澪 澪 ほら 大丈夫 大丈夫 澪 全部の部屋を調べるって よくホテルのOK出ましたね むさくるしいでかにロビーをうろつかれるより そのほうが言って話したんだろう で 何部屋あるんだ このホテル はい 1700室です ああ 307個室 バイク便頼む はい かしこまりました 失礼します よく お似合いですね 失礼します 不自由はないようだね ああ ああ 申し訳ありません 大丈夫ですか どうした その傷 治さないのか あぁ 自分の怪我は治せないんだ えっ 意外と不便なんだよ ほかに治せないものはあるのか 美容整形は無理だ 保険の効くものだけかなあ おお 今度ゆっくり聞かせてくれ 新薬の開発もヒントになるかもしれません さあ お洒落もしたし デートに行くか 本当にすみませんでした どうぞ お使えください 失礼します これから署で証言をお願いします 玄関に車を参って置きますので 用意出来ましたら いらしてください はい お願いします あぁ 明日も検査に来いって もう全然大丈夫なのに 面倒臭い 何言ってるの 大怪我だったんだから 本当どれだけ心配したか 心配してくれなんて頼んでないし あれれ 口が悪いのは治らなかったみたいね 煩い あ そんな口の利き方したら 大好きな先生に嫌われているかもしれないかなあ もう 余計なこと言わないてよ はい はい あ お母さんね 退院の手続きをしましてから来るから 自分の荷物片付けといてね はい はい 良かったな 白川 元気になって うん お母さんに言わせると 神様が奇跡を起こしてくれたんだって 私 決めたんだ お父さんいなくなってから お母さんに心配かけてばかりだったけど お母さんに心配かけるようなことはもうしないって せっかく神様が助けてくれたんだからね 会ってきたよ 完璧な死体の作者に 所轄の刑事さんたちは 脱獄首の極秘捜査でおおわらわなのに 先輩の興味はそっちですか 余計な話ながら あんまり近づかないほうがいいと思いますよ あなたの性格上 次は生でその力を見ってみたいってことになるから じゃ あのう 死体との遊びは そろそろ卒業したほうがいいんじゃないか えっ 生きたゲームに参加したらどうだ あや どうも ほんとう お邪魔しました ご苦労様でした さぁって 次の階に行くぞ あ 次のフロアはスイートルームですね 捜査員にする 逃走中の竜崎の所有してる と思われる携帯電話の電源が入った 現在携帯電話は桜田道流南下中 繰り返す 携帯電話は桜田道流南下中 携帯電話は美澄総合病院へ移動 お母さん 遅いな 先帰っちゃうかな 加奈ちゃん バイク件届いたよ 私に 何だろう わ 私の携帯 電源 入ってる 白川 それ やめろ 熊切 こんなことして何があるんだよ? うるせいだよ お前 余計なことをしゃべちゃ困るだよ その女を殺して お前も殺してやるよ それなら全部うまく行く 大丈夫ですか 俺も殺すのかよ 逃げろ 加奈 誰が来て 次 必ず殺してやるよ 加奈 良かった 無事で ママ またあんたか 逃がしてあげる はっ その代わり竜崎に伝えて 娘が会いたがってる 今愛月病院にいるわ あんた 非常口はどっちだよ あっちです 殴って 殴るのよ 私を 速く 速く 長谷部部さん すみません 取り逃がしました 大丈夫か はい いません 追うぞ 三浦 上行け はい 大変だったみたいだな 誰かを助けようとすると 誰かが犠牲になる 世の中うまいことできている 竜崎 お前 俺のせいだっていうのか 違うだろう お前が熊切やらないから 余計な犠牲が出るの 理屈も道徳も善意の言葉も 何も通用しない人間がいる あのがきもその一人だ 思い込んだら 何が何でも自分の思い通りやらなきゃ気がすまない 厄介なおぼちゃんだ 警察なんて当てにしても無駄だ 捕まえたとしても 務所に入るのはせいぜい五年 おぼちゃんのガキでも執念深さだけは一人前だ 復讐心だけ募らせて 出てきてもまた同じことを繰り返す あの子は一生あのガキに怯えて暮らさなきゃ行けない いいのか それで お前だったらあの子を助けられる お前にしかできないやり方でだ 遅かったじゃないか どこ行っちゃった 出てくれ 宿題の答えは分かったか あんたは俺に 何をしてくれる