唯吾日语

最简单的日语网站,最丰富的日语内容!

日本语能力考试

唯吾分享双头魔犬05日文字幕,台词

亲,跪求分享哦 m(__)m

更多

誰かを助けようとすると 誰か犠牲になる 世の中うまいことができている ママ-っ よろしければ私に息子さんを預からせてください 悪いようにしません 前に 手で触れただけどんな病気や怪我も治せる人間の話 してたよね 何か知ってるんだろう 教えてくれよ 何なの これ その手で こいつらを治すんだよ いつもの通りやればいいんだよ お前が刺したのに 俺が治せないと 俺が殺人犯か 釈放されたのは竜崎臣司さん歳です 自分の手で 世の中を変えることができたら 幸せです 熊切か やめろーっ ただ 手で触れただけだった また 人を殺しました えっ 消えてる 僕は確かにここで 二階級特進です 殉職した警官の扱いですよ あなたがその手で殺したのは木下健吾警部補 現職の警部 優秀の部下を失って非常に残念です しかし彼は職能が納得した あんたが俺にあの男を 人殺しは悪いことだ そう考えですか 何言ってんだよ われわれは安全した社会生活を脅やかす ものを排除することが善だと考えています あなたの力が途絶のなく有益なんです 国家という 唯一 殺人を正当化できる組織にとってね 私にとって不用だと思うのは むしろ竜崎のような神になりかねない存在です 彼のこは知れわかれば 世の中は混乱する 本当に危険です おい 開けろよ おい 熊切 彼は竜崎のこと知り過ぎてしまった そのうえ人間として信頼できない 熊切をどうするつもりですか 想像力を働かせてみることです なぜ私があなたに会いに来たのか まさか 僕に熊切を殺せと あなたのためでもあるんですよ あの男を解放すればまた同じことをしりくす 瞬時に 一切の証拠も残ざるしかも安らかに掘る あなたはまさに夢のような兵器だ 忘れないでください あなたの力を誰よりも評価してるのは私だということ 沢村理事官って千春大学の先輩なんですよね どういう人なんですか あたしもよくは知らないわ でも医者から奉公転換して警察官僚なて かなりの変わりものよね 頭はいいのかもしれないけど 嫌味な男 ママ まだ あら澪ちゃん あ 今夏休みか こっちくれば この部屋恐いから嫌って じゃ千春さんまた うん じゃ千春さんまた うん 木下君彼女に丁重に送ってくれ ちょっと待って 千春さん この男 あぁ 昨夜運ばれて来た 死因は 職部中に突然の心臓発作 原因は不明 これで四件目ね この男まさか碧井さんが 千春さんごめん また 澪 帰ろ もしもし 今 渚が来たの あの子 いろいろ感ずいちゃってるみたいよ お手柔らかにお願いしますね 先輩 あなたのアパートに来た覆面の男なんだけど 今日沢村僕のところに会いに来ました あいつがその男を僕に仕掛けたんです 沢村が熊切を監禁しています 竜崎のことを知りすぎだから 長谷部さん 気をつけたほうがいい あなたも竜崎のことを知りすぎて一人です すみません急いでよね えっ ちょっと碧井さん 澪 熊切さん 息子の件はもう話はついたさ 君たちにもう迷惑をかけることはない 待ってください 息子さんの命が危ないです どういうことだ お前息子に何を 僕じゃありません 警察庁の沢村です 沢村 出たら目な 沢村は息子さんを監禁しています 熊切さん 「この大空に翼を広げ」 「飛んで行きたいよ」 「悲しみのない自由な空へ」 ママこの先 知ってる はは エッ 「翼はためかせ」 「行きたい」 歌っていいよね いい気持になる そうだね 病気も治りじゃない気がした 歌には不思議な魔法があるから まだ 怪我痛い ううん もう平気 「翼はためかせ 行きたい 」 お歌が魔法で治るかな 痂がとれたら治るよ さぁ 入ろうか うん 竜崎 よっ 澪 魔法使いのおじさん ちょっと ちょっ 澪 自分の部屋に行って うん 碧井先生 どこいった アパートに行った留守だった 知ってたとしてもあなたに教えるつもりはないわ どんな手を使って死刑を逃れたが知らないけど あなたは三人を殺した殺人犯よ 出て行って 俺が恐いのか 俺にはあんたが何を考えてるか 手にとりにわかる あんたが後悔している 俺の逮捕を優先して  澪の喘息は治しれなかったことを 頼まないのか 俺に 澪の喘息を治してくれって 出て行ってよ ねぇ 玄関の鍵があけっぱなしだったよ あのう  彼氏か 無実が証明されて本当に嬉しく思っています 早く出て行って 気が変わったら聯絡をくれ じゃあな 澪 byebye 誰 魔法使いのおじさん えっ そう言ってたの 澪の病気も魔法で治せるって 澪 馬鹿なこと言わないの ママ怪我治ってる おじさんが治してくれたの 「この大空に翼を広げ」 カラオケの練習なら外でやってくれ どこへ行ってたの 俺の彼女につもりか レイよ 知ってるでしょう 彼女喉の癌なの 余命は一ヶ月あるかないか きちんと治療すれば命は助かったかもしれない だけど歌いつづけたいって治療を拒止した 彼女は明後日病院でチャリディーライブをやるの 最後まで歌手として死にたい 泣かせる話じゃない レイは絶大な人気がある 彼女のファンは政治に無関心な若い世代 その層をうまく取り込めれば 私は次の選挙の顔として 総裁選を唯に進められる 人気歌手に恩を売ろうってわけだ 政治家にとっては 人の命も武器になるんだな 彼女だけじゃないわ あなたに治してもらう人間はいっぱいいる これがリストよ あんた 俺に何してくれる もちろんただでなんて言わないわ 何がお望みかしら じゃ、あんたがほしい 人から買うのはいい加減にして こっちは真剣なのよ 竜崎臣司の冤罪事件 最新の開示は遅れるらしい あれだけ大体的記者会までやってといて 今さらどういうことだ ミステリーだよ 大体今頃新しい証拠が出てくるのが怪しすぎるよ もしかすると でっち上げたか その件 澤村理事長がかかわってるんじゃないですか 長谷部 お前夏休みじゃなかったのかよ おちおち休んてなんかいられませんよ そうや あの理事長前にうちの署に来たな 竜崎のことですか いや 違う お前の ほら キャップ場で触っただけで人を死んだことが言う 碧井さんのこと その碧井のほうに興味示した それより 竜崎なぁ あれ偽名だぞ 偽名 あいつが児童養護施設に入ったのは 十歳のに でも 其の前の記録はまったく残ってない 報告された時の調書では 本人が話したのは竜崎臣司って名前だけ それ以外は全部不明 どこで生まれたのか 親の名前はなんって言うのか 普通十歳なら忘れるはずがない わざと忘れたふりをしたってことは 自分の名前だ本名とか怪しいもん わけありの元死刑囚に公安のCIAやろうが絡んで なかなか厄介な件だな もう一度十年前の竜崎の事件から洗い直してみます 帰ってください ちょっと待って 竜崎さん 竜崎さん 僕がベアズ製薬の研究員の吉住と言います 僕にあなたの力を研究させてください おい やめろ あんたの力を解明して 多くの人を救いたいんです 私にあなたの力を見せてください そのためだったら なんだってしますから 竜崎さん お願いします 放してください 竜崎さん お願いします ちょうと よかった なかなかクイーンが取れなくてね 痛い たいたい やめろ やめろ わかった わかったよ 逮捕でもなんでもしろよ ばかやろう だけどな お前ら警察が盗んだもんだ 何か竜崎が無罪な徹底的な証拠だよ 違法に押収したビデオは証拠にならない ビデオってなんのこと そのビデオが竜崎の無罪の証拠なの 竜崎は本当は殺人犯せなかったこと どういうこと じゃ どうして竜崎は 知るかよ あいつが何が考えてるなんか 俺に分かるわけねぇだろかよ 竜崎は児童福施設に入る前のことを調べたわ 竜崎は十歳の時都内のアパートで 一人取り残されてるところを保護された 彼は父親らしく男と一緒に暮らしていた あなた 竜崎の父親なの 俺があいつの父親のわけないだろか じゃ なぜ一緒に暮らしてたんの それは 預かってたんだ 預かってた 龍崎の家族は 両親は あいつの母親は早くして死んだ 父親のほうは 逃げたんだよ 逃げたってどういうこと 怖くなって逃げたんだよ あんな化け物が自分の子供だなんて 逃げ出したくもなるよ それで龍崎とあなたは 二人で竜谷村を出てきた 竜谷村で何があったの なんじゃ おまえは俺達 何をしたんだ 俺の家を返せ この世を目立つのは人の心だ 神が天にあるかぎり 地上の平和だな やめてくれ あの村のことは なくなったんだよ あの村は何もかも 臣司だ えっ 臣司のせいで もしもし えっ 今から いい 絶対に人を憎んだらだめよ 人を憎んだら 恐ろしいことが起きるの わかったわね よかったよ 連絡取れて 忙しい教授でさ 今日しか時間を取れないらしくて ここにその医者さんが うん 喘息治療の世界的な権威だから きっと澪ちゃんのこともいいアドバイスをくれると思うよ ありがとう 正人 でも高そうなお店 私こんな格好で大丈夫かな 大丈夫だよ さ 早く行けよ あちらのテラスでお待ちでございます 龍崎 どうしてあなたがここに 渚っていう名前は 出身は海の近くか どういうつもり 製薬会社の安い月給じゃ なかなかこういうところにデートにつれて来てもらう ことはないだろうなぁ 正人 俺の力を研究したいらしい そのためならどんな犠牲でも払う なかなか見上げた研究者魂だ 恐れ入ったね おのれの欲望を満たすためなら 人は平気で誰かを裏切る 人間っていうのはそういう生き物だ 悲しい人ね あなたは 人の気持ちを持って遊ぶことしかできない そうやってしか人にかかわれない ほんとうに誰か愛したことなんてないのよ おめでとう 渚 気を付けろよ 本当に さ 早く行けよ ちょっと なに はやく 碧井さん はい 手 すみません 今のは きっと澤村からの脅すのわ 余計の事掻きまわるなんて 脅しじゃない 澤村たちは龍崎の力を秘密しようとしている そのために手段は選ばない 熊切のことだって 澤村たちだけじゃない 熊切も龍崎に狂わされたんだよ 龍崎に操られて人を傷つけて 正人も 誰もあの力を見せられて自分の物にしたくなる きっと十年前の殺人事件も あの力が誰か狂わせたんだろう 龍崎は三人を殺してなかった 殺したのが他の誰か 本当ですか 彼は死刑判決を受け入れた  何のに今になってなぜ 分からない 龍崎は一体 龍崎はあなたを探して家まで来た 彼はなぜあなたを拘っている 私があなたと龍崎を会わせたから 龍崎をこの檻に放したのは僕です たとえ殺人を犯しなかったとしても  あいつは拘置所から出るべきじゃなかった あいつも僕もこんなに存在しちゃいけなかったんだ 碧井さん あなた どうするつもりなの 今夜自分で始末をつけます お忙しいようですね 報告が受けてますよ 公務員がこんなとこで飲めるのかって顔している 薄汚い仕事押し付けられているんだ たまには息抜きも必要だろう ご理解いただきありがたい スコッキーをください 長谷部くんもそうだが どうやら女性は君のことほっとけないらしい 榊大臣もすっかり君に固守しんだ だが私には君の魅力が分からなくてね あんたが関心を持ってるのは俺とは逆の力か 君の力が多くの人に知られれば 確実に世の中に混乱が起こる 世の中の安定を保つのはあなたの仕事 面倒な人間は消したほうが手っ取り早い だからあなたが碧井の力がほしい 考えすぎです 君にはこれ以上人前で力を使うのは控えてもらいたい それさえ守ってくれれば いい関係でいられる 勝手な言いぐさだ 今日のデートの相手も 知る必要のないことを知ってしまった一人だ 職務に熱心な警官だけに 残念だがね いい眺めだ 人間たち見下ろして 神様にでもなった気分になる まあ お前は死神だけど どうした 死神 俺に用があったんじゃないのか お前こそ俺を探したんだろ 何のようだよ 暇だから  お前と遊んでやろうかと思ってなあ ふざけんなよ 俺も十年ぶりの娑婆で ほかに遊ぶ相手がいないからなあ 優しい両親やかわいい妹なんて家族 俺にはいないしなあ おい 涼介か どうした こんなところどうして 竜崎か 何で俺の家族に 周りを探して 何するつもりだよ 答えろよ 落ち着けよ 先生 いいか 忠告しておく 力を使い始めたからには 家族とはやく縁を切れ どういうことだよ 俺の力が家族を傷つけるとでも言えるのか 何人やった その手で何人殺した 家族もお前の力を知ったら どんな目で見るか 恐怖 嫌悪 大事な家族からそんな目で見られたら お前は耐えられるのか な 先生 傷つくのはお前だ だから家族だけには自分の力を知られたくない やめろよ お前の気持ちが分かるのは世界で俺だけだ お前になんかわかるわけないだろう お前の力が人を狂わせるんだよ 人は狂うのは俺のせいじゃない 臣司 俺を治してくれ  俺を治す 臣司 臣司 治してくれよ  お願いします 弱い人間はみんな欲望抜き出して 俺の力を群がって 勝手に狂っていくんだ 悪いのがそいつらのほうだ 勝手なこと言うなよ お前 俺を殺しに来たんだろ お前が俺に言った 力を持っていても使わなきゃ意味がない やっとわかったよ 俺がこの力を使ってやんなきゃいけないことが それで 俺を殺すのか 面倒なものを排除する まるでどっかな警察犬と同じ考え方だ 先生はまじめすぎる これはゲームなんだ ゲーム 皆は俺たちが強い駒だと思ってとりあってる だがな 俺たちは駒なんかじゃない 俺たちはプレーヤーなんだ 俺は次の手を打つ お前はどうする 俺にとって重要なのは この力を正しく使うことだ 正しく使うか いいだろう 先生の次の一手を見せてもらおうか 勝と連絡が取れない 息子をどこにやった 自分探しの旅 結構じゃないですか 親は遠くで見送りべきです 落ち着いたら絵葉も送ってくるでしょう 今から人と会うので これで おい 澤村 来てくれると思ったよ 澤村理事官 レイさんの歌が生で聴いて  患者さん 特に子供たちが喜びますよ ありがとうございます 院長 しかし 医師としては非常に残念です もう少し早く手術を決めてるは  彼女も知ってるはずだし これは最後のコンサートとなること 先生 それは私たちも でもレイ自身が決めたことですから 自分と同じように病気と戦ってきた人たちの前で最後の歌を 榊先生にこちらの病院を紹介していただいて こうしてコンサートが開けて レイは本当に喜んでいます  いえ いえ ちょっと失礼 急に話に乗ってくるなんてどういう風の吹き回し 別に 何でもいいわ 治してくれるんたら 彼女もう一曲歌うことになってるの 終わったらすぐに控え室に連れて行くから それまで俺にここで待っていろと 何 不服なの 俺は気が向いた時にしか治さない 治すなら今ここでだ 無茶言わないで こんな大勢の前であなたの力を使うなんて絶対だめよ だったら俺は帰る これが彼女を治す最後のチャンスだ どうする あなたにはがっかりだわ 治さないんなら せいぜい彼女の歌を楽しいんで帰ることね 残念だけれどこれが彼女の最後の歌になるんだから レイ すいません お願いします レイ レイ  大丈夫 レイ 今もう無理です 療治室へついてきましょう お願いします すみません ちょっと 道を空けてください 逃げるのか 客を残して あんたは舞台から逃げんのか あなたなんてことを レイはね 本当はここに来るはない あんたどうせ長くないだろう これは最後のステージになるかもしれない それでもいいのか わたし 歌いたい でも もう だったらさっさと消えちまえ こんなことで挫けるような 腑抜けなやつの歌なんか聞いたって ここの病人たちも喜びはしないだろ 歌う気があるなら立ち上がれ こいつをとって 舞台に戻れ あなた いい加減に 待って 竜崎 レイ 竜崎 「いつも こころは」 「ずっと 探し続けていた」 「夢を叶えるまで」 「私を待ってくれる」 「誰かを」 音楽 「強い 私になれたのは」 「あなたが愛をくれたから」 「始まりはいつも 信じる向こうにある」 「あなたがいたから 恐れず歩いてゆける」 竜崎さん 見せてもらいました あなたの力 一体どんな仕組みなんです 自分の体で確かめてみろよ えッ 研究のためなら自分の女も平気で差し出す 自分の体をはるぐらい どうってことないだろ 教えてくれよ お前らどうしてそんなに平気で大事な人間を裏切れるんだ どうしてそんなに身勝手なれんだよ この中に熊切か そう  君の教える子の命を狙う男はここにいる 彼なら君も最初の相手として 気兼ねなくやれるだろ あんた 早く 逃げるわよ どうしたあんたはここに 説明は後 このままにいったら 殺される 速く 早く逃げて 出番のようだな 何てあなたはここに まさか 俺を殺す気じゃ あんた 学校の先生だろ 学校の先生がそんな事しないわ 俺を逃がしてくれるんだよな 俺はもう先生なんかじゃない 人殺しだよ 止めろ 来るな 来るな 止めろ 止めろ そんな 碧井さん さぁ 次は君の番だ 龍崎の秘密を知り、我々の周囲を嗅ぎ回る 面倒な人間は 排除しなければならない しかし運がいい人だ 龍崎が200以上の患者の前で レイという歌者を治したそうだ えッ それだけの人間が龍崎の力を知ってしまた以上 彼の力を公にせず利用するという計画は見直し 君の処分も保留となった は  可哀そうに あの坊やは犬死になってな ハハ 「子供の時 夢見た事」 「いまも同じ」 あなた最初からみんなの前で彼女を治すつもりで 私を試したのね 最初からみんなの前で自分の力見せつけるつもりだったのね なんであの事したの おばさん いま彼女の歌を聞いていないのは あんただけだ 「翼はためかせ 」 「この大空に」 「翼を広げ」 「飛んで行きたいよ」 「悲しみのない 自由な空へ」 「翼はためかせ 行きたい」