唯吾日语

最简单的日语网站,最丰富的日语内容!

日本语能力考试

唯吾分享无法坦诚相对04日文字幕,台词

亲,跪求分享哦 m(__)m

更多

ホントかな? 運命とかっていうんだったら もっと どうにかしようが あったんじゃないかな? わたしたち 約束したの。 この先 心も体も ずっと一緒ねって。 あの子が興奮して グラス 投げ付けたの。 何で あんなことした? 待って。 わたし ケガなんてさせて…。 うるさい! 変なことして 嫌われたくないんだ。 そんなに好きなんだ あの人のこと。 ハルには ピンクの色が 似合うと思いました。 ピーちに 家 聞きました。 でも よかった ハル… チョアヘ。 この前も言ってた。 チョアヘ…。 好きです。 ごめんなさい。 ハル さっき 泣いてたでしょ? 泣いてるとき こんなの いけませんね。 これ。 これも。 でも… いいですよ。 元気 出して。 Fighting ドクター! これ ありがとう。 〈素直になれなくて 第四回〉 ぶっ飛ばされた? そりゃまた すごいね。 いや はね飛ばされた… かな。 男の風上にも置けないね。 暴力。 だいたい ハルが  その… 桐子さん? に  ケガさせたなんて 信じる方が どうかしてる。 ピーち…。 わたしの話どころじゃないでしょ。 どうでもいいよ こんな話。 ううん。 なるべくね。 なるべく 何でもないことみたいな感じで 恋バナとか 聞いてたいの。 びっくりする。 ほら ドクドクいってるでしょ? ほら ドクドクいってるでしょ? ビビってんの。 ビビってんの。 あ…。 いや 出ないんで。 ーいないわよ。 ーえっ? そこ 何日も 帰ってないわよ。 ーあっ 息子さん? -ああ…。 息子が カメラマンなんだって よく 自慢してたから。 いえ…。 いえ…。 ちょっと 最近 連絡なくって どうしたかと思って。 さあ… そればっかりは。 うん 元気に育ってますよ。 あの…。もし… もしもなんですけど 産まないとしたら  いつまでに。 12週目までですね。 12週目までですね。 三カ月までなら 安全に おろせます。 あいつにね もう1回 言ってみたの。 矢野さん? そう。 そしたら これで始末しろって。 わたし お金 脅しに行ったって 思われたんだよ。 ひどいね。 でも わたし一人でも…。 スナナレ会。集まりませんか? ドクターが契約取れたので 奢ってくれます! こんなこと今世紀中は二度とないよね? 行く気分じゃないよね? 行く。 わたし みんなの前で言えば 決心つくかも。 ハルも行くでしょ? わたしの決心の日に ハルがいないなって 嫌だ。 発表します! おっ 発表! 私 ピーちは… 西村光は このたび 妊娠しました。 産もうと思ってます。 父親は いませんが でも この子は もう 生きてるので その おろすとか…。 ピーち もういいよ。 座って。 何? その連携プレー。 ええっ? 2人は もう知ってたの? ああ…  うん。 まあ…。 水くさいよ。 1人で産むんですか? うん。 でも 実際に 1人は無理だから 親にも話して。 親にも話して。 わたしも できる限り 力になるから。 ーもちろん 俺も。  ーうん。 ドクター うまいねえ。  無理だよ これ これ。 あっ そこそこ! よっしゃー。 これ 俺? ナカジと交代。 無理 無理 もう。 えーっ? ちょっと あそこは あのまんまで。 えー 何で? あっ いいの いいの。 やろう やろう。 あの 2対1ね。 やらなくていいの?フーズボール。 そっちこそ やってくれば? あんま 好きじゃないんだ。 あの…。 ごめん。 じゃ やってくる。 俺 あんとき ハルのこと 追っ掛けたんだ。えっ? あー 汗かきました。 うわ― 暑くないですか? もう。 飲みましょう 飲みましょう。 すみません。 あの また ビール下さい。 はい。 フゥ― 超暑っ。 えっ ハル どうしました? おなか痛いですか? 大丈夫。うん 何ともない。 ハル。 ナカジが 何かした? ううん。 ちょっと この前 傘 借りちゃって あの… 返さなきゃなあって話してたの。 あっ この前。 この前 僕が 家まで行った あの 雨の日? そうだ。あのとき ハル 泣いてましたね。 泣かせたの ナカジですか? なぜですか? なぜ ハルを泣かせたの? 許せなかったんだ。 俺の大事な人 傷つけた。 違う…。 ハルは 違うって 言ってるんあじゃない? なぜ ハルのこと 信じてあげないの? なぜ… なぜ…。 ほら。 おい。 ハルは 嘘つくような人じゃ ないんでしょ! 放せよ 関係ないだろ。  俺たちの話だよ。 俺たちって? 俺と ハルの話ってことだよ! 何? それ。 俺たち 仲間でしょ? 俺たち 仲間なのに このスナナレ会の仲間なのに 何で 信じてあげない!? だって ハルは 人を傷つけるような人じゃない…。 そんなこと 俺だって分かってんだよ! お前に… お前に ハルのこと 教えてもらいたくないよ! やめろよ おい! あのころ 僕たちは 気付かなかったんだ ちょっと遅れて やって来た 青春は ナイフみたいに 鋭く深く… 胸をえぐった よお パク君。 あっ。 俺が?  はい。 仕事 忙しいと思いますが。 うん まあ…。 親父は 何て言ってた? 楽しみだそうです。 でも 俺 雑誌の編集やってるだけで 案内状のデザインとか やったこともないし。 いや せっかく お父さんの病院が 新しく生まれ変わるんです。 いい記念じゃないですか? だから ドクターんとこの会社が 医療機器買ってくれたとこに いつもやってるサービスなんだって。 で… まあ せっかくなんで 俺が デザインして ナカジが 写真 撮る。 で… その写真に ハルが こう キャプシュンを載せる。 うん。 もう いいかげん みんな 仲直りしようよ。 そういうことですか。  ん? こうやって みんな呼んで 一人 大人で お兄さんなリンダが 仲直りの おぜん立てを。 そ… そうなんですか? そうだろ。 なっ… 何すか? 今。 お前 バカかって 顔したですよね 今。 だって そうじゃん。 何? もう やめなって。 遅くなりました! おっ。ジャン! おっ! おおっ。 あれ? おかしい? わりと イケてると思うんだけど。 アハハハ! あっ そうそう… ピーちには モデルをやってもらいます。 ああ。 で… ドクターと話したのは 病院ってさ 行くの ちょっと嫌でしょ? そうじゃなくて リラックスして あったかい感じにしたいって。 サロンみたいな 雰囲気にしたいって。  おう パク君。 どうも。 お邪魔してます。 薫 ちょっと。 ゆくゆくは 兄さんが継ぐ病院だ。 くれぐれも 粗相のないようにな。 はい。 それと お見合いの件 頼んだぞ。 悪いな ブランティアで。 今度 ちゃんとした仕事 回すから。 いやー 楽しかったよ。 あっ 俺のブックって? あっ 預かったままだったよね? うん。  今 編集長んとこ。 これさ 明るいのか 暗いの どっちがいい? いや 俺はね 暗い方がいいと思うんだよね。 これね 結局 その こうなってるから…。 薫君。 あっ お疲れさまです。 あら こちらは? カメラマンの中島 圭介。 あー この間 ブック見せてくれた。 ええ。 初めまして。 うん…。 いいわよ あなた。 えっ? いや あなたの写真が よかったってこと。 わたしが汚しちゃった ナカジのズボン。 近くまで来たから ちょっと。 だったら どうして ほかの人と 結婚なんかしたんですか? 運命とかっていうんだったら もっと どうにかしようが あったんじゃないかな? あっ いた? おかえり。 ああ… 雨 降っちゃって いきなり 外ロケ中止って。 次の打ち合わせの資料…。 あっ あった。 あっ 違うの。 桐子さん。 これから 打ち合わせってか 約束あるんだ。 もう出ないと。  そう…。 いきなり来たの あたしだし。 それ 別に構わないけど。 話 また後で。 何だ わたし 顔 分かんないじゃん。 まあまあ。 今日 ドクターは?ああ…。今日 ドクターは? ああ…。また自分が来ると ナカジと これ… しちゃうかもって 近くの漫喫で 待機中。 呼んであげれば? 別に こっちが 来るなって言ったわけじゃないし。 ナカジ。 そう とにかく ここ 案内文 よろしく。 うーん でも 書けるかなあ。 ええっ? 国語の先生だもん。 少なくとも スナナレ会の中では 一番 書ける。 あー でも 最近 ツイッターのやり過ぎで 140文字以内でした 文章が浮かばない。 わたしの頭ん中は ツイッター仕様 初期化されたのよ。 いや それは駄目だよ。 あんまり すかすかでも カッコ悪いんで まあ… 10行ぐらいで。 いや お任せします。 ハルさ あの みんないると 書きづらいでしょ? ちょっと 席 外そっか? 俺 ちょっと ドクター 心配だから行ってくるよ。 ちょっと悪ぃ。 うん。 あの…。 何でしょう? この写真 どう思う? なわけないです。  ちょっと 話が。 この前は 言い過ぎた。 あいつ… 桐子さん。 色々 複雑なんだ。 何で 俺たちが 結婚できなかったかっていうと。 桐子さん 小さいころ 両親が 事故で死んじゃってさ。 それから 親戚の家で 育てられたんだ。 それで 育ての両親に頼まれて 家の大事な 取引先の息子さんと 一緒になったんだ。 結婚してくしかなかったんだ。 いくら その… 俺と付き合ってても。 そう。  ああ。 そうだったんだ。 知らなかった。 ごめん。 ひどいこと言ったかも だったら わたし あの人に。 自分だって お金持ちに なりたかったんでしょうか。 誤解してたかも。 ごめん。 あ…  そう。 でも…。 嘘ついたのかな? 俺に。 あの腕のケガのこと。 それは…。 それは 桐子さんに 確かめた方がいいんじゃないかな。 わたしが ナカジだったら 一番 愛してる人らか 信頼している人から  聞きたい。 他人じゃなくて。 ごめん お取り込み中だった? ちょっと 気分悪くなっちゃった。 ハル 付き合って。 外の空気…。 大丈夫? うん。 行ってくるね。 えっ!? 嘘。 さっきの つわりは 嘘。 もう なーんだよ。 なーんだよは こっちのせりふ。 何で? ん? 悪いけど 会話 だいたい聞いてた。 何で はっきり言わないの? あっちか 嘘ついたんだって。 ケガなんかさせてないって。 いいの。 どうして? この前 聞いた? えっ? わtしと ナカジと ドクターが  エモで もめたとき。 ドクターが  ハルは 人を傷つけるような ことはしないって 言ってくれたでしょ? うん 聞いた。 その後の ナカジの言ったこと 覚えてる? 何だっけ? そんなこと 俺だって 分かってるって 言ったんだよ。 ナカジは それでも わたしが嘘ついたことに したいんだよ。 桐子さんのことが好きだから。 信じたいんだよ。 だからって ハル 人が良過ぎるよ。 ホントのこと言う。 今だけ ホントのこと言う。 聞いてくれる? うん。 ピーちにだけ 言うから 聞いてくれる? うん。 ナカジといたいの。 友達でもいいから 一緒にいたいの。 今 事を大きくしたら 一緒にいられなくなる気がする。 これで終わりたくない。 そんなに ナカジが好きなの? 今 ハルの気持ちを抱き締めた。 そんなハルの気持ちは わたしが守る。 危ない関係? わたしたち。 違います。 母性の始まり… かな? まだ早いでしょ。 わあー すてき。 センスいいですね。 あっ そう? うん。 うち 今まで こんなに すてきな案内状 作ったこと なかったんじゃないかな。 加藤さんも 今 小川医院の案内状 作ってるんですよね。 えっ ということは 加藤さんも 契約 取れたんですか? ああ… まあね。 よかったんじゃないですか。 ホント どうも ありがとう。 いや いいよ。 俺の親父んとこの案内状だし。 それに… みんなで やったんだからさ。 写真も 撮ったの ナカジだし。 ドクター? ちゃんと お礼 ナカジに言った? いえ…。 もう 早く 仲直りしろよ。 親父… よう どこ行ってたんだよ? 心配するだろ。 何だよ。 いや… 心配なんかすんのか。 するだろ 少しは。 連絡もないし。 ちょっとな。 旅してた。 何 言ってんだか。 いい気なもんだな。 これ 返すよ。 何で? 親父のだよ。 親父が持ってろよ。 これ  土産だ。 何だよ これ。 子供じゃあるまいし。 覚えてるか? お前。 屋久島 覚えてるよ。 小さいころ 行ったよ。 親父に 無理やり連れられてさ。 カメラばっか 見てんだよ。 俺 何度 迷子んなったか。 そうか。 何で そんなとこ 行ってきたの? 何か ちょっとな。 確かめたかったのかな。昔の思い出とかさ。 何 言ってんだか。 これ いつもの。 いいんだ。 いいって。 ちょっと バイトしてる。 バイト? ああ 知り合いの紹介でな。 写真? 写真 撮ってんの? いや… まさか。 昔のカメラマン仲間の紹介で 雑用だ。 そう。 俺 これから仕事なんだ。 お前 写真 続ける気か? どうせ 中途半端な写真 撮ってだろ。 行くよ。 これ 置いてくから。 そうか。 要らないって言えよ。 息子から  金なんて もらえるかよって 言ってみろよ。 そうか。 じゃあ いいよ。 おい カメラは。 それは… それは 親父が撮るんだよ。 ハル 僕は 初めて君に会った あの日から… 何?これ。ボヤー! 返せよ。 お兄ちゃん。 お兄ちゃんに ラブレターは 似合わないよ。 当たって 砕けろ! だよ。 当たって砕けろ? うん。 砕けるの 嫌ですね。 何 言ってんの。 お兄ちゃんのいいとこ そこだけでしょ。 一生懸命で 真っすぐ。 バカにしてますか? 応援してます。ファイティン! ファイティン!〈中島圭介〉 薰君! あっ お疲れ様です。 この前の中島 圭介君 いいんじゃない? いいんじゃない? うちのマンションで面接しようかな。 あの マンションの面接はちょっと…。 何よ。 あの…僕でよければ。 あんた駄目だったじゃないの 面接。 いえ…大丈夫です。 何だ。 呼び出されたから てっきり自分のことかと思ったよ。 その…子供のこととか? ハルのこと。 ハルやってないよ。 ナカジも ホントは分かってると思うけど その 桐子さんって人にケガなんかさせてない。 あっさり 引き下がったのは それでも ナカジのそばにいたいから。 そんな。 分かってないな 女心。 ナカジ ハルと付き合えばいいのに。 お似合いだよ。 それにナカジが幸せになれる。 ハルのこと 好きでしょ? そういう 好きじゃないよ。 …と 自分に言い聞かせてる。じゃなくて? そういうふうにいえば ハルだって ハルだって 俺より ドクターの方が幸せになれんじゃないの? それは違うよ。 何で? 何でなら… ハルはあなたが好きだからよ。 切ないなあ スナナレ会。 みんな片思い。 片思いの連鎖。 自分はうまくいくよ きっと。 リンダでしょ? いい感じじゃん。 君は そういうことがバカでカワイイね。 はっ? おい そろそろ行くぞ。 小川医院今日契約完了だな。 はい。案内状も ちゃんと全部刷り上ガってます。 おおっ。じゃれてんな。 おい パクちゃん。 お前も見てみろ。 えっ? それ… こりゃいいな。 小川先生も大喜びだよ。 いや 待って下さい。 えっ これ僕の…。 何言ってんの?パク君。 パク君も頑張って。 じゃ いってきます。 あとよろしくな。 小川先生もさ 峰原さんも顔出してなんて。 アハハ!かなわないよ。 待って 待って…。 な…ない。 ないよ。 ごめんね。 ズボン…。 何か…わたし怖くなっちゃうの。 わたしが もうなくしたものの中にいる圭介が心配なの。 わたしが もうなくしたものの中にいる圭介が心配なの。 青春の中っていうのかな。 まだその中にいられる圭介が すごーく遠く感じるの。 あの子のこと好きなの? どうして。 浮かんじゃうんだ。あの子といて あの子といて すごーく楽しそうな顔して笑う圭介 浮かんじゃうの。 浮かんじゃうの。 若くて かわいくて きらきらしてて 女の子そのものって感じで…。 わたしは もう 女の子じゃないからさ。 これ いつできんの? 2時間 煮込むって。 じゃあ 仕事から帰ってきたら 一緒に食べよう。 僕、大変なことしてしまいました。 みんなに手伝ってもらったのに。 ゴメンナサイ… メッセージをどうぞ あっもしもし ナカジ? わたし ハル。 今 どこにいる? どこ行っちゃった? ドクターが大変で…。 何? あっいや 今日 携帯忘れちゃって。 ツイーターチェックです。 はまってんじゃないの? 大丈夫? はい。 あっ俺 ナカジ。 おお ナカジ。 よかった。 携帯つながんないって みんな言ってて。 読んだっしょ? ドクターのツイート。 その後 連絡取れないんだよ。 みんなでドクターの会社 のぞいてみるかって。 いや 俺は…。 心配して 電話してきたんじゃなかったの? 俺 呼ばれてる気もしないし。 がきじゃないんだから 仲直りしろよ! アイゴー。 アイゴー。 これ ここまでくると 笑っちゃうね。 表紙さ これピーちの写真のまんまだよ。 みんな…ホントにごめんなさい。 いいよ。 ドクターのせいじゃないんだから。 よし じゃあ もう一回写真から選び直そうか。 ああ デザインの感じも 変えないとね。 そうだね。 ねえ ナカジは? 仕事じゃない。 うーん。ちょっと ぎちぎちっぽい? そうだよね。 うん。 ねえ ハル。 これさ。  あ これ この辺1行削れない? ここかあ… いや きついんだけどさ。 どうしよっかな。 あの 僕… 何か 買って来ます。 ああ。 みんな おなかすいてるでしょ。 やった。 やった。 じゃ いってきます。 ありがとう。 いってらしゃい。 ありがと。 あっ遅くなって…。 ナカジ 来てくれたの。 いや 俺いないとさ 写真とか 分かんないかなあと思って。 リンダとか 分かってるふりするけど。 やっぱね…そりゃあ 餅は餅屋ってことで。 モチモチ…。 はあ?モチモチって何だろう? な… 何すんの。痛え。 ナカジ… ありがとう。 送信! 行った? いや もう これで印刷所に送れました。 あした サンプル リンダのお父さんとこ持ってって で OKもらってってことだよね? はい。 これで大丈夫だよ。 もう助かりました。 ありがとうございます。うわあ では スナナレ会でぱっと飲みに行きますか。 ああ いいね。   おう!あっごめん。  今日 俺ちょっと無理なんだ。 あ…俺 圭介。 ごめん 連絡遅くなって。 携帯忘れちゃって。 ううん 仕事でしょ? 今日はもう遅いし  帰んなきゃ。 牛肉の赤ワイン煮込みできたよ。 食べてね。 鑰いつもんとこ入れとく。 じゃあ今度ね。 うん またね。 お疲れー! おおっ。 あっナカジ。 あ~ うまい! あっ俺も ビール。 大丈夫? うん 終わった。 ねえ! えっ俺? 姉ちゃんいるでしょ? いるけど。 桐成高校の先生…だよね。 臨時講師。 何で? それ うちの高校。 えっ?おい。ちょっとお前待ってくれよな。 何もしねえよ。 よう 健太。 こんちはー。 誰? 仲間でしょ。 仲間。 はい。 もしもし? もしもし! どうした? 今日は皆さん ホントにありがとう。 あの 僕 韓国からこの日本に来て… ちょっと待って。 長い?それ。 絶対長いっしょ。その話 ねえ。  いいじゃない。 僕 みんあのこと仲間だと思うので みんなに隠し事したくない。 で…みんなの前で言いたいです。 僕 いや 俺 チョ。 チョ? か…韓国語で わたし か…韓国語で わたし ああ そういう意味ね。 ハルが好きです! はるが…好きです。 もしもし ナカジ わたし ハル 今 どこにいる? どこ行っちゃった? ドクターが大変で… 嘘つき。 ハル 僕と付き合ってください! 公開告白? ハル 僕じゃ駄目ですか? あっいや 駄目とか  そういうんじゃなくて。 何ていうんだろ わたしにとってドクターっていうのは 友達っていうか 仲間って… ナカジ ナカジはどう思いますか? えっ俺? うん。  俺。 俺…俺はいいと思うよ。 2人お似合いだし。 はいはい。 ハルはさ ドクターみたいな人に守ってもらった方が…。