唯吾日语

最简单的日语网站,最丰富的日语内容!

日本语能力考试

唯吾分享无法坦诚相对08日文字幕,台词

亲,跪求分享哦 m(__)m

更多

(ドクター)大人の関係になりました。 男と女の関係。 (ピーち)そんなに ショックだった? ハルが ドクターと寝たこと。 (ナカジ)ハルも… そんなことすんのかあ。 (リンダ)何で あんな嘘ついたの? 男と女の関係とか 嘘でしょ? ハルを信じて。 ドクターと付き合うって 決めたわけだからさ。 (ドクター)心は自由だから。 縛れないから…。 (ピーち)わたし 独りになった。 さみしい。 怖い。 (ハル)もしかして ピーちのピアス?(ナカジ)ピーち! はい。 あの ハルが思うようなことは 何もなかったので。 えっ? えっと そう。 昨日 ちょっと 俺 酔いつぶれて 送ってもらって そいで… 泊まられました。 嫌だな 何か まじめな話? いや こういうことは きちっとね。はあ…。 わたし 自分で言うけど だらしないとこ あるじゃない? 男の人に。 でも 昨日は 我慢しました。 はい…。 なぜでしょう? ハルが好きだから。 …ていうか わたしと ナカジ 何でもないし。 でも 好きだったじゃない? まあ…。 でも 今は ドクター? かな…。 だったら ハル。 わたし 好きになってもいい? えっ? (ため息)(ピーち)ナカジのこと 本気で 好きになってもいい? うん。(ドクター)「ハル お昼ご飯 何 食べました?」 「僕は これから 外回りです」 「僕のランチは ホットドックに しました」ハァ…。 返信が来ない。 「ソーセーシ… ソーセージを落としました」(ドアノブを回す音) あっ いや 出ないんで。 (女性)いないわよ。 あっ 待って。 この間の…。 あの… いつか 親父が お世話になった。 きっと その…。 偶然じゃないんですよね? 親父 助けてくれたのは。 (祥子)前からの知り合いで…。 昔ね その昔 付き合ってたの。 若いころ。 あっ 結婚する前。 街で 偶然 再会して それから ちょくちょく会って…。 妙な関係じゃないのよ。 そう… ですか。 それで… わたし ホント言うと あなたに会いに行こうと 思っていたの。 えっ? お父さんの 体のことなんだけど…。 (シャッター音) じゃあ 次 目線を もうちょい この辺で。 (祥子)《この前 倒れたの ただの疲れじゃないような 気がするの》 《一度 ちゃんと お父さんと 話してみたら どうかしら?》 (奥田)いいわね。 上がりが 楽しみね。 (リンダ)ああ よかった。 編集長にも 気に入ってもらえて。 (奥田)薫君 いい話があるの。 (リンダ)えっ? いや…。 返信 来ないです。 でも メール 1日に 10回も20回も…。 だって 若い男女って それ 普通ですよ。 普通ですか。 うん…。 わたし おばさんくさいのかな。 いや… 多過ぎましたね。 いや わたしが 慣れてないんだと思う。 その… 付き合うっていう状況に。 (ドクター)いや…。 ごめんなさい。 あ… 謝んないで。 あっ そうだ 何 見ようか。 あっ わたし 見たい韓国映画あったんだ。 『初恋』っていう…。 (ドクター)見に行きますか。 わざわざ送ってもらって 悪いね。 いえいえ。 ちゃんと 家まで送ります。 映画 すごく よかったね。 うん ああ…。 あ… よくなかった? いやいや… よかったですよ。 でも うまく 日本語にできませんね。 韓国語だと言える? たぶん…。 そっか。 フッ… やっぱ こんな僕じゃ つまらないですね。 そんな…。 言葉も 最後まで分からないし。 そんな…。 そんなことないよ。 僕 考えてみたら ハルのこと 何にも知らない。 ドクター…。 コンビニ 寄ってもいい? うん。 飲み物 買おっかな。 あっ これ 見た? ほら ナカジの撮ったページ。 あっ…。 うーん…。 んっ。 あっ 『カーサの猫村さん』だ。 フッ 何ですか? これ。 (ドクター)あっ…。 もう 着いてしまいましたね。 あっという間。 せっかくだから どうぞ。 い… いいですか? うん。 ああ…。 (ドクター)すいません 突然。 いいえ。 この子 男の子 連れてくるなんて初めて。 フフフ。 あっ… 韓国から 日本に いらっしゃったの? アハッ…。 お母さん。 そんな ゆっくりじゃなくて 大丈夫。 彼 日本語 ペラペラだから。 カレ…。 カレですか。 ホント いい人そう。 フフフ…。 (ドクター)フフッ…。 お母さん。 あー ごめん ごめん。 邪魔者は 消えます。 フフフ…。 あっ ちょっと あの。 母さん あの 角のケーキ屋さんで ケーキ買ってくるわ。 何 お母さんが はしゃいでんのよ。 だって 月子。 この子ね 小さいときから しゃれっ気なくて もう 髪の毛 こんな短くて 男の子みたいで もう モテなくて どうしようかって…。 もう…。 (祥子・ハル)いいから。 はいはい。 ありがと。 アハハ…。 フフフ…。 あ~あ…。 いや… ハルの部屋 緊張しますね。 見てもらおうかと思って。 いつも ここで暮らしてます。 今のが お母さん。 まあ 威張るほどじゃないけどね。 結構 自慢。 ハル。 わたしのこと ハルのことを 何にも知らないって言ってたから 少しは 知ってもらおうと思って。 僕のために ここに連れてきましたか? ん…。 っていうか わたしも 恋愛とか 慣れてないとこあって。 いつも ドクターに 気ぃ使ってるっていうか 素直になれない部分があって。 これからは ちゃんと ホントの自分 知ってもらおう… と思って。 ハル…。 ごめん。 いや 僕 色々 不安… 焦ってました。 言葉も分からないし。 ハル 最初 ナカジ 好きでした。 今も… 今も ナカジ 好きですか? ううん 違うよ。 すごく好きだし いいやつだって思うけど ナカジのことは 友達。 親友。 ん… ハルと ナカジのこと 思ってると 僕 どんどん 嫌なやつになります。 あの この前も ナカジの前で 嘘つきました。 僕と… 僕と ハル 深い関係になったとか。 ドクター。 いや 僕は…。 僕は 自分に自信が持てません。 ハルのこと思ってると 何か この辺が すごい苦しくなって…。分かるよ。 言葉 伝わらなくても 気持ちは伝わる。 今まで わたしのこと 一番 大事にしてくれたのは ドクターだから。こんな わたしのために いつも 一生懸命。 ハル…。わたし…。 ドクターの気持ち ちゃんと受け止めたい。渡すとき なかったな…。 (ため息) (ミンハ)「ミンハ お母さんです」 「ミンハとソンスは お母さんのこと まだ怒ってますか…」 (ドクター)ただいま! (ミンハ)おかえりー! (ドクター)お土産 買ってきたよ。 (ミンハ)わっ やったー! お兄ちゃん デート どうだった? ばっちりだった。 ハハハ…。 (ミンハ)うわ~! アハハ…。 ねっ。 (ミンハ)うん? 見えましたよ。 (ミンハ)は? 何 隠したの? (ミンハ)ううん。 ラブレター? (ミンハ)違うよ ホントに。 何? (ミンハ)何でもない! ホント ホント。 ホントに…。 (ドクター)何? 何? ホントに 何…。 これは…。 (ドクター)こんなの 読まなくっていいですよ。 (ドクターのため息) 何ですか? 話って。 春講社出版って 出版社 分かるよね? ええ もちろん。 新聞社系の…。 あそこでね 報道系の新雑誌を 創刊することになってね。 やっぱり 人に焦点を当てた連載 グラビアをやることになって 君に撮ってもらえないかって。 えっ それ 俺で いいんですか? うん。 『IT!』の あのページ 見て あなたがいいって。 はあ…。 いや もちろん わたしも推薦したんだけどね。 あっ これ 食べて。 (リンダ)あっ はい。 (奥田)それから あなたのお父さま 中島 亮介さんなんですって? ええ はい。 (奥田)有名なカメラマンよね。 春講社の編集長も 古くからの知り合いなんですって。 関係ないのかなあ。 (リンダ)何が? 今回の仕事って 親父の口添えとか あったの? いや それは ないと思うよ。 まあ そんな力 今の あの人には もうないか。 ナカジの実力だよ。 編集長も ナカジのこと 推してくれてたし。 そっか。 サンキュー。 うん。 何かさ… こんなこと言うのも 何だけど。 うん? リンダ あの編集長と 何かあんの? 何で? やめてよ。 そんなこと あるわけないじゃん。 ただの 会社の上司だよ。 まさか あり得ないっしょ。 何で そんなこと? いやいや… ごめん。 何となく。 もしもし。 (ピーち)ナカジ? わたし ピーち。ひどいの あいつ。 どうした? ピーち! 手のかかる お姫さまだこと。 (ピーち)まあ この前 ナカジ つぶれたしね。 あっ その節は お世話になりました。 (ピーち)頭きちゃった 矢野。 前 付き合ってた不倫相手。 子供のこと どうしたか 心配になってって 泣かせるようなこと言って 呼び出して。 結局は ホテルに 連れ込もうとしたのよ あいつ。 うん? その…。 そんなやつの車に 乗るのが いけない。 ハル? バレた? ハルだったら きっと そう言う。 うん。 これからはさ。 うん? これからは いい恋愛しなよ。 うん。 もったいないよ。 ピーち カワイイんだから。 うん。 自分 大事にしないと。 その恋愛に…。 その これからの恋愛に ナカジ 付き合ってくれないかな? は? えっ… 「は?」なの? えっと…。 何も気付いてなかった? いや。 リンダと いい感じなのかなとは思ってたけど…。 俺? ああ… わたし あんまり 顔とか態度に出ないからな。 ハルと違って。 昔から 何 考えてるか 分かんないとか言われるし。 ちょっと待って。 今の… 冗談? 本気? 本気です。 (奥田)箱根の先に すてきな宿 取れたの。 「匠の宿 天の川」 (リンダ)へえ~。 (奥田)なかなか 予約 取れないのよ。 今は アジサイが咲くころだし。 (リンダ)あっ… いいですね。 (奥田)土曜日の5時。 品川駅で待ってるからね。 チケットも買っちゃった。 (リンダ)ハッハハ…。 (奥田)見て。 (リンダ)あっ すいません。 へえ~ 奇麗だなあ。 ナカジ。 よっ。 よっ。 告られたんでしょ? ピーちに。 何で知ってんの? さっき 電話かかってきて。 何? それ。 だから 女子って分かんね。 ってか 宣戦布告? は? いやいや この前 仁義 切られたし。 仁義 切る? いや ちょっと違うか。 ナカジのこと 好きになっていいかって。 でも 知らなかったな。 ピーち ナカジのこと 好きだったなんてさ。 今まで 言わないんだもん。 わたしに 気ぃ使ってたのかなあ。 バカだよね。 ハルに 気を使うっていうか はっきり言ってたよ。 ん? 自分には 俺より ハルが 大事だったんだって。 ピーちが? うん。 高校時代のこと聞いた。 ピーち みんなに いじめられてたこと。 ピーち あんな性格だから みんなの男 独り占めにして クラス中の女子の反感 買って 誰も 弁当 食べてくれなくなったって。 そう。 あの子 更衣室とかで 1人で食べてた。 そしたら ある日 ハルが 「みんな ひきょうだ!」 「自分の彼氏が ピーちに取られるのは ピーちのせいじゃなく 自分の彼氏が 悪いんでしょ!」 って言って 教室の真ん中で 机 2つ くっつけて ピーちと2人で 弁当 食べるようになったって。 そんなことしたの? まあね。 ピーちは ハルが たった一人 味方になってくれたこと 忘れられないって。 それから 一番 ハルが 大事な人になったんだってさ。 そう。 でっ? で… ピーちと 付き合うの? 考えてみてって 言われた。 ピーち わたしと違って 一人じゃいられない人なんだ。 だから? ピーちを よろしくね。ハルは それでいいの? ホントに それでいいの?プッ… ごめん ごめん ごめん。 冗談。 ちょっと やってみたくなったの こういうこと。 何か ほら いい男っぽくない? モテる男 みたいな? アハ。 痛っ。 許せない。 こんなときに ふざけるなんて。 こんなときに 人の気持ち もてあそぶような まねすんの 最低! 痛え…。 ふざけたんじゃなくて 今 とっさに ごまかしたんですけど。 (ため息) あ~。 ってか 俺も素直じゃねえなあ。(女性)お願いしまーす。 (女性)お願いします。 (女性)お願いしまーす。よし…。 (ため息) ハァ…。 だから いるんだったら 出ろよ。 春講社出版って 前 親父が 昔 撮ってたとこだよな。 (亮介)ああ。 親父が 口利いたの? 俺が そんなことするかよ。 俺は…。 俺は 親父の名前で 仕事 取りたくないんだよ。 カッコつけてんじゃねえ。 言い訳 言ってねえで やってみりゃいいんだ。 俺 何度も来たんだ。 うん…。 暇だな。 体 どうなんだよ? どうって どうってこたぁねえさ。 嘘つくなよ。 俺… あの人に聞いたんだ。 あの… 祥子さんって人に。 この前 ここで 鉢合わせして。 そっか。 病院 行こう。 聞いたんだろ。 がんだ。 そういうことだ。 がん… なの? 聞いたんじゃねえのかよ。 だから もういいんだ。 親父は よくても 俺は よくないんだよ。 圭介。 自分一人で 生きてるって 思うなよ。 俺は… 俺は親父しか 家族 いないんだからさ。 相変わらず 甘ちゃんだな お前は。 お前は 何を撮りたいんだ? 誰にでも撮れる写真 撮ってんじゃねえぞ。 ハァ… 勝手にしろよ。(せき) ひよっこが。 フッ…。(店員)どうしたの? なーんか 携帯ばっかり 気にしてる。 いえ ちょっと。 (店員)彼氏? いや まあ…。 (ピーち)《考えてみて。 わたし 返事 待ってるから》 突撃してみますか。 (ドクター)ハルは どっちが好きですか? どっちって… どっちも高そう。 いや… ただ聞いただけです。 そっか そっか。 うわぁ おいしそうですね。 そう? うん。 ハルの料理 楽しみです。 日本の料理 たくさん知らないから。 あんまり 自信ないんだけどね。 えっ 嘘。 ちょっと食べてみて。 あっ はい。 味見。 あっ 熱いよ。 おいしい。 おいしい? おいしい。≪(店員)こんばんは。 いらっしゃいませ。さあ さあ 食べよっか。 あっ うん。 あれ? ミンハちゃん 遅いね。 あっ 今日 帰ってきません。 えっ? あの 友達のとこ 泊まるって。 あっ そう。 あっ いや… 僕 別に ハル だましたわけじゃないよ。 ていうか ブリ 3つ 煮ちゃったじゃん。 これ どうすんの? いやいや…。 ちっ 違いますよ あの 別に。 じゃあ もう 食べてもらうから。 いただきます。 いただきます。 (バイブレーターの音) あっ ちょっと ちょっと待って。 ちょっと待ってて。 (バイブレーターの音) はい。 よっ ハル。 どうした? 月。 月が奇麗だよ 今日。 今 どこ? いつもの公園。 いつも ハルと くだんないこと言い合う 公園。 そう…。 今 ドクターんちなんだ。 あ… あっ そっか。 ごめん ごめん。 じゃあね お邪魔。 あっ 誰? ん… ピーち。 何か 今日 夕ご飯 一緒に食べないかって。 あっ 悪かったんですね。 いいの いいの。 いっつも一緒に 食べてるから。 アハ…。 いただきます。 いただきます。 リンダ? リンダ?(リンダ)ナカジ…。あっ。 (ピーち)あっ…。 よう! おう。 どうしたのよ リンダ。 ううん。どうしたの? 何かあった? 大丈夫? (リンダ)うん。 あの… 仕事で ちょっとあって。 ハハ… 俺 何か 酔っぱらってるよね。 ハァ…。 あっ そうそう。 これ 届けようと思って。 そう 上着 エモに忘れていったでしょ。 届けよう 届けようと思って 忘れてて。 えっ ずっと持っててくれたの? うん。 (リンダ)あ… そういうことか。 えっ? ううん。 あっ 俺 邪魔だよね。 帰るわ。 ごめん ごめん。 リンダ。 ナカジ 駄目。 何か 一人にしてあげた方が いい気がする。 そうか。 (ドクター)僕が代わります。 えっ 大丈夫だよ。 いやいや デザート切って ハルは。ああ 分かった 分かった。 僕が やります。 ありがと。 フフッ。 あっ 外 見れる? ん? ちょっと 外 見ていい? ああ どうぞ。 ハル どうしたの? ん? 月 奇麗。 ああ ホントね。 奇麗ー。(ピーち)へえ~ すごいね。 こんなの あるんだ。あっ…。 ああ…。 ちょっとね。 親父が がんなんだ。 えっ? 今日 初めて知って。 そのわりに 色々ある日で… 参った。 ナカジ 大丈夫だよ。 がんなんて 今は治る病気だし。 元気にしてる人も たくさん…。 うん 分かってる。 だから いい病院 探そうと思ってさ。 ナカジ。 うん? わたしがいる。 わたしが そばにいるよ。 お父さんのことも 一緒に考えよう。 ハァ… ピーち。 わたし… ナカジの気持ち 分かるもん。 こんなの いけないって思いながら不倫してた気持ちも 今 独りで さみしい気持ちも分かる。 ねえ ハルは もう いないんだよ。 (ピーち)ハルは ドクターのもの。 ≪(ドクター)ハル どうしました? うーん…。 色々 考えたんだけど。 やっぱり わたし こっちが好きかも。 (ドクター)アッハ! えっ… こっちですか? (ピーち)ハルは ナカジより ドクターを取ったの。 ナカジのこと 一番に好きなの わたしだよ。 ピーち。 やっと言えた。 ずっと… 好きだったよ ナカジ。さてと そろそろ帰りますか。 (ドクター)ハル。 ハル…。 ハル この前 言いました。 言葉なくても 気持ち伝わるって。 今も伝わりますか? 今日 ハルのこと 帰したくない。おい! 開けろ! おい!