唯吾日语

最简单的日语网站,最丰富的日语内容!

日本语能力考试

唯吾分享深夜食堂2 03日文字幕,台词

亲,跪求分享哦 m(__)m

更多

一日が終わりに 人々が家路へと急ぐ頃 俺の一日は始まる 営業時間は夜十二時から朝七時頃まで 人は深夜食堂で言ってるよ 客が来るかって? それが結構来るんだよ 久しぶりに ゾクゾクしたよ ライトを浴びたキラリちゃんの肌に汗がつっと きらきらしてましたよね そう きらきらキラリ 今の 駄洒落? 超受けるんだけど 本当? い 今の顔をして うん 今の顔?うん いいよ はい ちょっと おじさん 近い! 邪魔 邪魔 よし 誰です?あの子 偉く盛り上がってる キラリちゃんって ニュー ワールドの新人の踊り子さん 二人で熱を上げててさ 周りに単脳かける二人が それじゃまずいじゃないですか? 真顔にジンギを握ってて 当分戻ってこないってさ キラリ 少女時代歌いたい! 行こう 行こう 俺 ここ持つから お前はカラーオーケな えっ?今日のチケット代払ったのは俺ですよ おじさんね キラリちゃんに富士菊歌ってもらいたいな 何それ 荷物持って来い ちょっと 忠さん ちょっと待ってくださいよ! マスター また 何だよ うるさいのよ この辺 こんばんは また酔っ払ってんな 駄目だよ 息子さんに心配掛けちゃ 説教いらないよ 浅蜊の酒蒸しと酒 はいよ 何かここの酒 水っぽいね いい酒ってな 酔うと水みたいに感じるものなんだよ よく言うよ この安酒で あんた ちょっと飲んでご覧よ いえ 僕もこれで三杯目なんで 何言ってんだ 大の男が いいんだよ 好きなだけ飲みゃ 近頃の若いもん あんな決まりのをきっちり守ってさ そっか わかった わかった 要するに私の酒は飲めない そういうことだよね いえ そういうわけじゃないけど いえいえ わかってるよ 一人飲むから いいよ おかわり うちは三本までなんでね いいんだよ 私の体なんだから ほっといてよ おかわり ほら ババ いい加減にしろよ おお 酒も飲めないやつが 一丁前に説教するか? だから お前駄目なんだよ わたし 育て方も間違えちゃったね 何言ってるんだよ 世話してんのは俺なんだからな 何だよ 違うだろう いつも迷惑で すみません 迷惑なんかかけてないよ 今日も水で割っといだから ほら 下ろせって なんだよ もう一軒行くよ 何言ってんだよ 帰って寝るんだよ そっちじゃなく こっちだよ あの親子 仲がいいんだか悪いんだか シミだらけで 皺苦茶で 本当に婆になっちまったな お前だって すっかりおっさんになっちまってさ 起きてたのかい 私だってね 孫でもいてくれりゃ 酒なんかすぐやめちまうさ 話があべこべだろ こんなに飲んでくれる母親を抱えたおっさんに 嫁の期待なんかあるもんか いい年超えて 料理ばっかうまくなって どうすんのさ 構えて 両拳を前に出して 右手を引いて 正拳中段突き けり拳 一 二 三 五 六 七 八 しっかり引いて 右手な 次 受け返し始めます おす サポーター準備 大丈夫か はい 順番 順番に よーしゃ お前たち 好きなもの頼んでいいぞ 本当に? 悪いな マスター せっかくの休みなのに 無理言っちゃって 構わないよ こんなお客さんも大歓迎さ たまにならね 俺はバーガー 俺ステーキ 俺ラーメン はい わかった わかった 丈さんは? 俺いいや 少し痩せないと 動きが鈍くなっちまうから そうかい おいしいね ご馳走様でした おす おす 待て待て待て よし 先給なれました これ頼まれた 新しいさんのバクさ 道場運んどいたから サンキュー それでさ 支払いのことなんだけど いいよ 余裕あるときで 悪いね 何だよ 丈やん その辛気臭い顔して もういいから 行って 稽古でしょ それじゃあ おす はい 行くぞ じゃ 俺はこれをこれしていいかな 車だろ?永井君 女房迎えに来るから あっちは母親を迎えに来て こっちは女房が迎えに来るのか なんだよ いじめないでよ 俺だってさ 嫁姑問題で それなりに苦労してんだから はいよ まあね 道場の経営はうまく行ってるようだけど いくら丈やんが注意しても お袋さんあの調子だからさ 体のこともあるしね 先のこと考えると不安だって 俺には打ち上げてくれたんだ 少しでも切り詰めらなきゃって 言わないでよ 丈やんには もちろん マスター マスター これ 信じられる? 丈やん 子供のごろ いじめられっ子だったって あの体で? 図体は出るんだけど トロくて泣き虫でさ いつも仲間はずれされてたさ で ある日 まあ一人ぼっちで公園のジャングルジム登ってて ボーとしてたんだろうね 足滑れちゃって 丈! 丈! 母ちゃん 誰にやられたか言ってみ! 母ちゃん今から殺しに行くから それから 丈やんが空手始めたの 毎日必死で稽古したよ お袋さん 人殺しにあえてできないもんな 丈やんが全国大会に優勝したとき 俺たち謝るに行ったんだ 俺たち? 昔 いじめてた連中 永井君が? でもさ 丈やんあっさり許してくれた もうね 俺たちが足元にも及ばない立派な男になってた それからの付き合いかな いい話聞かせてもらった 一杯おごるよ はい お待ち この匂い たまんないな 丈さんも一緒に行けばよかったのに 冗談じゃないっすよ 普段からおまもりさせられてんのに ババと旅行なんか とんでもねえや おばさんにおっつけちゃったのは申し訳なかったけど 話し合えて返ると 量は飲まないから 丈さん  余計なお節介かもしれないけど 一度 病院に連れてったほうがよかねぇかねぇ わかってます でも 本人が嫌がってるし お袋がそんなに飲みたいんなら 好きなだけ飲ませてやったほうがいいんじゃないかって この頃 思うんっすよね ずっと 苦労しっぱなしだから 昔 親父が工場潰して 女と逃げたんですよ 毎日毎日借金取りが押しかけてきて お袋謝ってばっかりだった そんな時にね 何故だが お袋に連れられて 二人で海行ったんですよ 人のいない砂浜を 二人で延々と歩いて 俺もう歩けねえって ダダこねを出す そうしたら 近くによって 定食屋に入って お袋がこいつを頼んでくれたんですよ 俺結局三杯もおかわりして で もう一回おかわりといったら さすがに怒られましたけどね よっぽどうまかったんだな その時 俺生まれた 初めて 浅蜊の酒蒸し食べたんだよね 大人になってから お袋に言われた 「あんたがあんまりうまそうに酒蒸し食べるんで 死ぬのをやめたって」 おレンさん うちじゃ いつも 浅蜊の酒蒸しだよ ちょっと待っててな こりゃ サービスだ ありがとう マスター 俺 その時もこうやって食ったんだ その後も度々 酔い潰れたおレンさんを 連れ帰る丈さんを見かけたんだけど とうとう 入院させるしかなかったらしい 悪いね まだ準備中なんで よ おかえり ご無沙汰しております 忠さん悪いんですよ あの日途中からずっとマイク握ったんじゃないですか? 速くマリリン帰ってこないかなー 振られたの? キラリちゃん 紙テープ投げても手拍子して盛り上がっても 目も合わせてくれないんですよ やっばり歌謡曲歌えない女って駄目だね 味がねえっていうか 何か人生のこくってもんは分かねえな おもろうて やがて悲しき 踊り子の 股から覗く エーゲ海 男の道はローマに続く 人生 先走るなよ いらっしゃい あのババ 病院でも元気元気 牢名主みたいな振る舞いしてあがるんですよ さすがおレンさんだなぁ しかも素面でですよ 病院にいる間に 酒飲まなくても平気になったみたいなんですよ これで もうマスターにも 迷惑かけることないと思います その一番の要因何か分かる? 何だい? 丈やんが 付き添いの看護師さんといい雰囲気になってんの だから お袋さん喜んじゃって じゃ来週は そのお祝いとおレンさんの退院祝いもやらなくちゃな いや いいですよ マスター いや でももし やってもらえたら お袋喜ぶかもな 丈やんもだろう その時 看護士さんも連れてきなよ やめろよ! すげー マスター すみさせん あ いいよいいよ この技が 付き合うきっかけ 看護士 イチコロ やめろよ 危ねぇ 危ねぇ 芸は身を助けだな おす 先生遅いね あ 帰りに病院の近くの海に寄ってくるって言ってたから 道込でんのかな 砂浜でビーチでもやってんじゃない? 俺 ちょっと電話してきます はい ジュースもっと飲みたい人 はい どうした? 何があったのか? 例の看護士さんが電話に出て 丈やん 交通事後に巻き込まれたって お袋さんは軽傷だったですけど 丈やん お袋さん守ろうとして 内臓破裂 これから 手術するって 先生 あたしの内臓全部やるから あの子助けてください お願いします 大丈夫です 私たちに任せてください ちょっと あの子を死なせたら あんた殺すからね それから三ヵ月後 おレンさんの脅しが効いたのか 丈さんは無事退院して 子供らを悲しませずに済んだ 退院 おめでとう 色々心配かけて すいません ありがとう 元気に戻ってくれて何よりだ これ よしゃ これは お力の回帰祝い やっぱり 浅蜊の酒蒸しには これだね 不思議だな 手術したら 下戸の丈さんが飲めるようになっちまうなんて あたしがやっと酒やめられたっていうのに この馬鹿息子 うるせー ババ とっとと死んじまえ 何言ってんだ この罰当たり おまけにさ 看護士さんに振られちまってね それ言わないって約束したんだろう こっちはさ やっとお前の傍から 開放されて清々してたというのにさ それこっちのセリフだ くそババ 何だよ 浅蜊触れるな うっせーな ほら 汁 親子だね まったく仲がいいんだか悪いんだか お待ち 残り汁も ご飯にかけて いただきます おす 白ご飯もいただけますか? ばか お休みなさい 俺と付き合ってくれませんか? 彼氏いるのね 人生ってタイミングだね タイミングがぴったり合うと 色んなものがあるもんさ いらっしゃい 煮凝り 取ってあるよ