唯吾日语

最简单的日语网站,最丰富的日语内容!

日本语能力考试

唯吾分享推理要在晚餐后05日文字幕,台词

亲,跪求分享哦 m(__)m

更多
(江崎)ぐわっ。 
(菅野)うっ。 
(麗子)あら いたの? 
(影山)お嬢さま ノックなしで
部屋に入ってくるのは 
失礼でございますよ。
(麗子)あなただって いつも 
ノックなしで入ってくるでしょ。 
呼び鈴 鳴らしても 来ないからよ。(影山)はて 
そうでございましたか。
私 これに 
夢中になっておりました故。
(麗子)何それ。 
(影山)ご覧のとおり
漫画『国立ち日記』でございます。 
(麗子)あなた
漫画なんて読んでるの? 
(影山)漫画なんてとは どういう
ことでございますか お嬢さま。 
漫画は日本が世界に誇る
文化でございますよ。 
そんなことより影山。
特に この 漫画『国立ち日記』は 
国立在住のベジとレベッカ
幼なじみの男女がバンドを組み…。 
影山?
世界の頂点を目指す青春物語。 
多くの読者の涙を誘ってきた
名作中の名作。 文学的にも…。 
影山。
はい? 
もういいから。 早朝から
風祭警部に呼び出されたの。 
殺人事件よ。
リムジンを回してちょうだい。 
かしこまりました。 
あっ。
漫画は置いていきなさい。 
<私はグローバルコンツェルン
宝生グループの総帥 
宝生 清太郎の一人娘 宝生 麗子> 
お気を付けて
いってらっしゃいませ。 
<ちなみに職場では 
私が財閥令嬢だということは
誰も知らない> 
(風祭)おはよう 宝生君。 
おはようございます 警部。
元気ないですね。 
(風祭)ああ 恋煩いだよ。 
いい大人が恋煩いって。 
(風祭)この人が
頭から離れないんだ。 
<風祭警部は私が令嬢だとは
知らないのだけれど 
この前 パーティーで
ばったり会ってしまい> 
《あなたのお名前を》 
≪《ホウ・ショウレイ》 
《ホウ・ショウレイ》 
<ごまかすために
香港財閥の謎の令嬢 
ホウ・ショウレイを名乗ることに> 
<警部は私とは知らずに
ホウ・ショウレイに夢中らしい> 
(ため息) 
ショウレイさん。
でも 警部なら 他に いくらでも。 
いや 駄目なんだよ。 
昨日も この近くのイタリアンで 
レイディーと
食事をしたんだがね 
思わずショウレイさんのことを
話してしまって 
怒って荷物を置いたまま
出ていってしまい 
追い掛けることに苦労したよ。 
結局 自慢ですか? 
あっ 宝生君 君も
行きたいのかい? イタリアン。 
結構です。 
(シャッター音) 
ほほう
国立の名所 国立神社で殺人とは 
われわれ国立署への
挑発というわけかね。 
(並木)死亡推定時刻は
昨夜の9時から11時。 
刃物で胸を刺されています。 
ちなみに
指紋は検出されていません。 
(山繁)身元は不明。 財布も携帯も
何一つ所持品は残っていません。 
おそらく 犯人が かばんごと
フィッ 持ってったものかと。 
はい はい はい はい 宝生君
これは明らかに物取りの犯行だよ。 
人けのない境内
犯人は強盗目的で彼女を。 
しかし警部 犯人は被害者との
交友関係を隠すために 
携帯電話を
持ち去ったのかもしれません。 
顔見知りの犯行という線も十分に。 
まだ犯人を決め付けるのは早いよ
宝生君。 
まずは第一発見者に
話を聞こうじゃないか。 
そっちが先に決め付けたから。 
アリバイか。 
どうやら今回の容疑者は 
アリバイがあるようで
ございますね。 
何よ だったら何だっていうの? 
して どのようなアリバイが? 
ちょっと待ちなさい。
誰が今回の事件について 
話してあげるって言ったのよ。 
教えないからね。 絶対 嫌。 
ひょっとして お嬢さまは
私が お嬢さまのお話を聞くなり 
また例のごとく アホだの節穴だの引っ込んでろなどと 
無礼な発言を
連発するのではないかと 
そう案じていらっしゃるんで
ございますか? 
案ずるも何も
もう連発しちゃってるし。 
ご安心ください。 これまで
お嬢さまの逆鱗に触れること4回。 
この影山も
多くのことを学びました。 
もはや お嬢さまが お気を
悪くされるようなことなど 
一切 申し上げません。 
ホントに? 嘘でしょ? 嘘 嘘。 
《でも本当なら 影山の成長ぶりを見てみたい気もする》 
いいわ 今回の事件について
話してあげるから 
よく聞きなさい。 
ありがたき幸せ。 
現場は国立神社の境内。 
菅野 由美という女性が
胸を刺されて殺されていたの。 
第一発見者は 権藤 寛治。
神社の宮司さんよ。 
(権藤)《明け方 境内に出たら
ご遺体が》 
《ちなみにですが
被害者の女性に見覚えは》 
《実は どっかで
見たことがあるなと思って》 
《この方ですよね》 
《そうです この人です》 
《やっぱり菅野先生だったんだ》
《菅野先生?》 
《まさか 『国立ち日記』の原作者
菅野 由美先生?》 
《はい》
《何と》 
≪(絵馬の落ちる音) 
(権藤)《ああ。 あっ 失礼》 
《今日は絵馬奉納の日で
ばたばたしておりまして》 
《あれは駄目だ あれはクビだ》 
《あの 『国立ち日記』って
そんなに有名なんですか?》 
《有名も何も 
連載から12年 トータル発行部数
3,000万部以上を誇る 
大人気コミックだよ》 
《これは
漫画のファーストシーンですね》 
《ベジとレベッカが
国立神社をお参りして 
世界を目指す場面》 
(山繁)《作者は国立在住で 
他にも市内の様々な名所が
作品に登場します》 
《まさに
国立市民のバイブルです》 
(宗森)《でも最終回を前に
なぜか最近 休載しているんです》 
(江尻)《ケンカ別れした
ベジとレベッカが 
もう一度 よりを戻すのか 
うん
楽しみにしていたのですが》 
《なぜ最終回を前に休載に》 
《あの そのことと関係しているかどうか分かりませんが 
最近は よくお参りに来られて 
その額縁を見て 苦悶の表情
浮かべてられました》 
《きっと 何か こう 作品を
成就できない理由があって 
苦しんでらっしゃったん
でしょうね》 
《あの
もう1人 こっちの人は?》 
(権藤)《こちらは
漫画家の 江崎 建夫先生です》 
《2人で描いていたって
ことですか?》 
《違うよ 宝生君》 
《ストーリーを考えるのが
原作者の菅野先生》 
《漫画家の江崎は
ただ 絵を描いていただけ》 
《江崎は菅野先生のアイデアを
絵にしてるだけのくせに 
えらく威張ってるって
有名ですよ》 
《そういう見た目重視の
二枚目風の優男ってのは 
一番 信用できないんだよ。
そう思わないか 宝生君》 
(権藤)《そういえば そういえば》 
《どうされました?》 
《どうされましたも何も
昨日の夜 あの表の通りで 
女物のバッグを持って走っていく
男性を見掛けました》 
《女物のバッグ》 
《菅野 由美のバッグを持って
逃げた 犯人かもしれません》 
《ああ どんな男でしたか》
(権藤)《あ 
後ろ姿しか見なかったので 
うん 確か こう カッコつけた
二枚目風の優男って感じな》 
《まさか》 
《漫画家と原作者》 
《作品をめぐる対立が
殺人事件に発展した》 
《大いに 大いに
大いに あり得る》 
びっくりした?
あなたもファンだったものね 
『国立ち日記』の。 
びっくりしたも何も。 
(絵馬の落ちる音) 
菅野先生の訃報を知り 
もはや
立っていることすら ままならず。 
絵馬 落としたの
あなただったの? 
しかも絵馬の中に
レベッカへのメッセージがあり 
そこに描かれた味のある絵が
また涙を誘い。 
最終回を悲しむ
ファンのメッセージね。 
そこまで人気とは。 
で 次に訪ねたのが 
被害者の 菅野 由美が住んでいた
アパート。 
《まさか あの菅野先生が 
こんな地味な
アパートメントに?》 
《売れっ子の割に
ずいぶん殺風景な部屋ですね》 
(大家)《あっ 由美ちゃんはさ 
デビュー前から12年間
ここに住んでてね 
で 売れてからも 
まったく ぜいたくとか
しなかったんだよね》 
《12年間 ずっと ここに》
(大家)《うん》 
《アーチストっていうの?
変わった子でさ》 
《『国立ち日記』のことで 
いつも 頭が いっぱい
みたいな感じだったからね》 
《こっちの江崎さんは》 
(大家)《あっ 江崎君もね
前は ここに住んでたのよ》 
《でも
売れたら すぐに女遊び》 
《で 由美ちゃんは
芯の強い子だったから 
結局 大ゲンカして
江崎君 出ていっちゃった》 
《じゃ もともと2人は恋人同士》 
(大家)《もう12年も昔の話よ》 
《でも それからもさ 
作品のことで しょっちゅう
もめてたみたいだけどね》 
《最近 何か変わったことは》 
《それがさ 最終回を前にして
また大ゲンカして》 
≪(江崎)《もう お前とは 
やってらんねえよ!》
≪(菅野)《何で いまさら 
レベッカのタッチを
変える必要があるの?》 
《あなたが変わると
レベッカも変わるの?》 
《コンビは解消だ
俺は他のやつと組む》 
《何 言ってんのよ
最終回どうすんのよ》 
《知るか。
こんなのは もう終わりだよ》 
《そんなこと駄目よ。
『国立ち日記』を描ききるまで 
他の原作者と組むなんて
認めない》 
(大家)《どうして こんなことに》 
《警部》 
《あっ? あっ 
コンビを解消したい江崎にとって
菅野 由美の存在は邪魔だった》 
《十分な動機になるね》 
一応 隣の部屋に住む
松原 久子って人にも 
話を聞いたんだけど
そこで有力な情報が出てきたの。 
《お隣の 菅野 由美さんについて
お聞きしたいんですが》 
(久子)《たまに擦れ違う程度で
ろくに 口 利いたことないよ》 
《あの女が どうしたのさ》 
《けさ 遺体で発見されました》 
《われわれは
殺人事件とみて捜査を》 
《殺された?》
《はい》 
《ああ そういや
昨日の夜 ここで見掛けたよ》 
《それは何時ごろですか?》 
《9時半だね。 夜番のパートは 
いつも同じ時間に出掛けるから
間違いないよ》 
《9時半ですね?
ホントに間違いありませんね?》 
《ああ》 
《もうそろそろ出掛けるから
いいかい?》 
《夜の11時まで仕事なんだよ》 
もちろん私も お嬢さまのおそばにいたのでございますが 
何と菅野先生が残された
最終回の原稿を発見し 
ベジとレベッカの感動のラストに
思わず。 
勝手に入っちゃ駄目。 
《痛っ もう 死亡推定時刻は
昨夜の9時から11時の間》 
《松原 久子が
菅野 由美を見たのは9時半》 
《ということは》
《おそらく 菅野 由美は 
9時半にアパートメントを出て
神社へと向かったのだろう》 
《このアパートから神社までは
15分程度》 
《つまり犯行時刻は
9時45分から11時の間に 
絞られます》
《はい》 
犯行時刻が絞られたところで
ついに 江崎 建夫を訪ねたの。 
同席したのは
編集担当の 友岡 弘樹。 
原作者を失って 今後どうするのか対応を協議していたらしいわ。 
《江崎さん ゆうべは
どこで何をしていましたか》 
(江崎)《昨日は
仕事の話で あいつの家にいたよ》 
(友岡)《打ち合わせが多いので
私も先生と同じように国立に》 
(江崎)《仕事の話を
一とおりした後 
友岡が つまみを作ってくれて
焼酎を軽く1杯》 
《こいつ
料理が すごく うまいんですよ》 
《昨日はタコのカルパッチョと 
豆腐に 刻んだザーサイを載せて
ごま油を掛けたやつ》 
《あれは うまかったな》 
《それは何時ごろ》 
《夜の9時前後かな》 
《ナイター中継が
ちょうど大詰めで 
最後に高柳の逆転3ラン。
いい試合だったよな》 
(友岡)《あっ そうでしたね》 
《その後は》 
《9時半くらいに
こいつの家を出て 
大通りまで一緒に行って
別れたんだよな》 
《はい
僕は そのまま 家に戻りました》 
《俺は すぐに
ルパンっていう喫茶店に入って 
閉店の11時までいたけど》 
《11時まで?》 
《で 由美は
いつごろ殺されたんですか?》 
《9時45分から11時ごろかと》 
(江崎)《んっ?
その45分という半端な数字は?》 
《これは 菅野 由美さんの
隣の部屋に住む女性の証言で 
菅野さんは
9時半にアパートを出たことが 
分かっているんですよ》 
《そこから
現場までの時間を逆算すると 
犯行時刻は
9時45分以降になるかと》 
《なら 俺のアリバイは完璧だよ》 
《9時45分以降なら 間違いなく
喫茶店にいたんだから》 
《そうですか》 
《ちなみに
連載は どうされるんですか》 
《菅野先生から すでに私が
原稿のコピーを頂いてますので》 
《ということは》 
《こうなったら
描くしかないでしょ 
あいつのためにも》 
で 裏をとるために
喫茶店で話を聞いたわけ。 
(マスター)《ああ 覚えてますよ》 
《江崎先生は うちの常連でしてね間違いありません》 
《え 昨日の9時45分に
カレーを注文してますね》 
《9時45分》
《ええ》 
《じゃ やっぱり 
犯行時刻に 江崎は ここにいた
ということになります》 
《くそ》 
《うちのは
野菜が たっぷり入った 
特製カレーでしてね》
《うまいね》 
《これは
新鮮な野菜が たっぷりだね》 
《えっ
冷凍のミックスベジタブルです》 
他の常連客にも聞いたんだけど
みんな覚えていて 
江崎のアリバイは
あっさり立証されてしまったの。 
私も本日のティータイムに。 
ちょっと 警部に見つかったら
どうするのよ。 
大丈夫でございます。 
喫茶店で
英字新聞を読んでる人間には 
誰も話し掛けたがらない。 
よく知られる法則を
利用いたしました。 
そんな法則 初耳だけど
何か気持ちは分かる。 
《痛っ 警部 やはり江崎は
シロということなのでしょうか》 
《いいや 宝生君 まだ
江崎の線が消えたわけではない》 
《えっ?》 
《菅野 由美は 9時30分に
うちを出たのを目撃されている》 
《もしも
10分で神社に着いたとすれば 
まだ9時40分》 
《神社と喫茶店は目と鼻の先だ》 
《40分に殺害できれば 
9時45分には
カレーを注文することができる》 
《つまり 
菅野 由美が 9時40分までに
現場に来ていれば 
江崎のアリバイは崩せるんだよ》 
《まあ そうでしょうけど》 
《みんなを集めてくれ 宝生君》 
《菅野 由美の
アパートメントから 
神社まで
10分で到着できるかどうか 
検証だ》
《はい》 
《10分で現場に着けば
江崎 建夫のアリバイは崩せる》 
《国立署のプライドに懸けて
何としてでも たどりつけ》 
(4人)《はい》
《あらゆる可能性を鑑みて 
それぞれ
違う方法で向かってもらう》 
《並木君はバイク
山繁君は自転車 
宗森君はタクシー 江尻君はバス
宝生君はママチャリ 
で 僕は 僕は そう
地上最速のマシン ジャガーだ》 
(4人)《はい》
《いや はいじゃなくて》 
《何だね 宝生君
僕の捜査方針に》 
《警部 バスまでは
まだ何とか納得がいきます》 
《しかし 山繁さんの
速そうな自転車があるのに 
ママチャリは
必要あるのでしょうか》 
《あらゆる可能性を
考慮したまでだ》 
《どんな可能性だよ》
《目標は10分だ》 
《10分で 神社まで たどりつけば
アリバイは崩せる》 
《レディー キャノンボール》 
《ていうか私
自転車 乗れないし》 
≪《お嬢さま》 
《わっ》 
《これ お使いください》 
《はっ?》 
《お嬢さま
目標は10分でございます》 
《グッドラック》 
それで何とか到着したんだけど。 
《ハァ 25分か》 
《すみません 私が最後でしたね》 
≪(自動車の走行音) 
《まさか ジャガーが びり?》
《狭くて混雑した道路では 
ジャガーの性能は じゅうぶんに
発揮できないようだね》 
《1番はバイクの私でしたが
15分30秒かかりました》 
《ということは やっぱり 
犯行時刻は
9時45分以降になります》 
《その時間に喫茶店にいた
江崎のアリバイは崩せません》 
《むむむむ もう一回だ》
(一同)《はっ?》 
《夜の9時半に
アパートメントを出て 
もう一度 検証する》 
《その時間なら 道が すいていて
もっと早く着けるはずだ》 
で 同じ時間に
もう一度やったんだけど 
結局 全員15分以上かかって。 
《はい はい はい はい はい》 
《昼夜関係ナッシング》 
《今日は おしまい
お疲れちゃん》 
で その後も一応 現場周辺で
聞き込みをしたんだけど 
他にも江崎のアリバイにつながる
証言が出てきたのよ。 
夜10時ごろ
近くの大学の柔道部員たちが 
現場を通ったらしいんだけど 
そのとき境内には
遺体は なかったって言うの。 
ということは 菅野 由美が
殺されたのは10時以降。 
しかも 宮司さんが
女性物のバッグを持って 
逃げる男を見たって
言ってたでしょ。 
それが10時半ごろだったって
言いだして。 
つまり 犯行時刻は
10時から10時30分の間に 
絞られちゃったのよ。 
でも その時間 江崎は
ずっと喫茶店にいたでしょ。 
だから彼のアリバイは完璧。 
で 困っちゃったってわけ。 
要するに 容疑者の 江崎 建夫には完璧なアリバイがある。 
それこそが 今回の事件の
ポイントなのでございますね? 
そういうことね。
では まず確認いたしますが 
お嬢さまは 江崎 建夫が犯人だと
お考えなのですか? 
それとも他の誰かの可能性も。 
正直 私は 江崎 建夫が犯人だと
思っているわ。 
強い動機があるし
何かを隠している感じだったし。 
分かりました。
お嬢さま 私に期待なさるのは 
犯人捜しではなく
アリバイ崩しであると。 
そう理解して
よろしいのでございますね? 
ええ それでいいけど あなたに
江崎のアリバイは崩せるの? 
簡単でございます。 
ほう
なら崩してもらおうじゃないの。 
かしこまりました。 
一番の問題となるのは
江崎 建夫の語った 
アリバイ証言でございます。 
あっ ところで お嬢さまは
彼の証言をお聞きになって 
何か奇妙に思われる点など
ございませんでしたか? 
さあ 特になかったわ。 
内容は具体的で矛盾点もない。 
完璧なアリバイだったわ。 
だから困ってるんじゃない。 
失礼ながら お嬢さま。 
相変わらず お嬢さまは
アホでいらっしゃいますね。 
いい意味で。 
なるほど なるほど。 
確かに
あなたは成長したみたいね。 
前は私をアホ呼ばわり
しただけだったけど 
今は「いい意味で」という
フォローの言葉を入れるだけ 
分別がついたんですもの。
ありがたきお言葉。 
この進歩は称賛に値するかも。 
って ふざけんじゃないわよ
この暴言執事が。 
おや 「いい意味で」は フォローに
なっておりませんでしたか? 
アホに
いい意味なんかあるかっつうの。 
どうも日本語は難しい。
難しくない。 
無礼の段は 平にお許しを。 
しかしながら お嬢さま。 
やはり
お嬢さまの注意不足は否めません。 
なぜなら
江崎 建夫のアリバイ証言には 
不自然な点が
歴然と存在するのですから。 
また そうやって
私の興味を引こうとして。 
もう金輪際 あなたの推理は
一切 聞かないからね ぷん。 
では 私の謎解きは
ここまでにいたしましょう。 
しかし
嘆かわしいことでございますね。 
お嬢さまが こうして
ぷんすかしているうちに 
助言を聞く機会を逸し
捜査は長引き 
市民の貴重な税金は
湯水のように使われ 
迷宮入り事件が増え 
ああ ああ
これを悲劇と言わずに何と。 
もう 分かったわよ。 
影山 あなたの推理を
聞かせてちょうだい。 
かしこまりました。 
ただし 謎解きは
ディナーの後にいたしましょう。 
今回
お嬢さまは犯人捜しではなく 
アリバイ崩しをご所望
ということでございますので 
犯人は 江崎 建夫である。 
このことを前提に謎解きを
進めさせていただきますが 
よろしいでしょうか。 
そうね 今回は
その線で考えてちょうだい。 
江崎 建夫のアリバイは 
幾つかの証言によって
成り立っております。 
今回 分かりやすいように 
それらを
一つ一つ崩してゆこうと思います。 
第一話
「犯人は 江崎 建夫である!!」 
まず10時半に 
女性物のバッグを持って
走り去る犯人を見たという 
神社の宮司 権藤 寛治の証言。 
その時間 江崎は喫茶店にいたからアリバイは成立しちゃうのよね。 
はい しかしながら
宮司が目撃したのは 
犯人ではない別人だったかと
思われます。 
はっ? 別人? 
女性物のバッグを持って
走る男なんか 
都合よく いるはずないでしょ。 
いいえ 昨日の夜なら
いたのでございます。 
お忘れですか お嬢さま。 
現場近くのイタリアンで
食事をしていた 
あのお方の証言。 
まさか 警部? 
《怒って荷物を置いたまま
出ていってしまい 
追い掛けることに
苦労してしまった》 
女性のかばんを持って
追い掛けた可能性は 
じゅうぶん考えられます。
宮司の証言でも。 
《何か こう カッコつけた
二枚目風の優男って感じな》 
確かに
警部に ぴったりの表現だった。 
そうでございます。
《かばん忘れてるよ》 
つまり 犯人でなく
風祭警部だった可能性も。 
(不正解音) 
じゃ 10時に
遺体は なかったっていう 
柔道部員たちの証言は? 
これも怪しいものでございますね。 
どうしてよ。 
見なさい 影山。 
菅野 由美が倒れていたのは 
ちょうど
ライトが当たる場所なのよ。 
大勢の部員たちが通って
気付かないはずがないわ。 
やっぱり
10時に 遺体は なかったのよ。 
確かに 今夜なら 遺体に
気付いたことでございましょう。 
しかし 昨日は
状況が違ったのでございます。 
何が違ったのよ。 
絵馬でございます。
絵馬? 
けさ 絵馬奉納のために 
絵馬が回収されたの
覚えてらっしゃいますか? 
そういえば。 
つまり事件当時は まだ絵馬が
あったということでございます。 
だったら何なのよ。 
すると こうなるのでございます。 
あっ。
このように 
菅野 由美さんの遺体は
たくさんの絵馬に遮られ 
暗闇の中では
ほとんど目につきません。 
(柔道部員)《1 2》
(一同)《1 2 3 4》 
(柔道部員)《1 2》
(一同)《1 2 3 4》 
故に 誰も遺体の存在に
気付かなかったとしても 
不思議ではないのでございます。 
じゃ。
犯行時刻は 
10時よりも前だった可能性も 
じゅうぶんに考えられる
ということでございます。 
(不正解音) 
そして 江崎 建夫 本人の
アリバイ証言にも 
奇妙な点が存在します。 
どこが おかしいのよ。 
私が奇妙に思いますのは
9時45分に喫茶店に入る前 
編集担当の 友岡 弘樹と
一緒にいた部分でございます。 
そうかしら。 つまみを食べながら
お酒を飲んで 
野球を見てたって ちゃんと
詳しく言ってたじゃない? 
そこが おかしいのでございます。 
なぜ江崎は カルパッチョだの
ザーサイだの 逆転3ランだの 
9時45分までのアリバイを
やけに詳しく語ったのでしょうか。 
確かに
喫茶店に入ってからのことは 
何も言ってなかったのに。 
そもそも
警察が見立てた犯行時刻は 
9時45分から11時。 
江崎が喫茶店に入った後です。 
なのに それ以前のアリバイを 
必死に語る必要など
あったのでしょうか。 
それは どの時間帯の証言が
重要になってくるのか 
江崎には分かっていなかったから
じゃないかしら。 
駄目でございますよ お嬢さま。 
犯人は 江崎 建夫で間違いない。 
それを前提に私どもは謎解きを
しているのでございますから。 
んっ?
江崎が犯人であるなら 
実際の犯行時刻が いつなのか 
誰よりも よく
知っているはずではありませんか。 
つまり 江崎には
どの時間のアリバイ証言が 
最も重要になるのか 
分かっていたはずでございます。 
そっか。 えと それでいて
9時45分までのアリバイを 
やけに細かく
語っていたってことは。 
あれ?
お気付きになられましたか 
お嬢さま。
つまり本当の犯行時刻は 
9時45分より前だってこと? 
さようでございます。 
さらに
死亡推定時刻を考慮するならば 
9時から9時45分までの間が 
犯行時刻だったものと
考えられます。 
じゃ その時間に
江崎と一緒にいたっていう 
友岡の証言は?
嘘でございましょう。 
友岡は江崎に頼まれ
アリバイ工作のため 
口裏を合わせたのです。
でも ちょっと待って。 
そうだとしても
江崎のアリバイは崩れない。 
どうしてでございますか? 
だって 菅野 由美は
9時半にアパートを出たのよ。 
どんなに急いでも
殺害現場に着くのは9時45分。 
そのとき江崎は喫茶店にいたわ。 
やっぱり
菅野 由美を殺すことはできない。 
おっしゃるとおりでございます。 
つまり
こう考えるしかありません。 
その 9時30分にアパートで
菅野 由美さんを見掛けたという 
松原 久子の目撃証言も
事実ではないと。 
どういうこと? 
松原 久子も 江崎 建夫に頼まれて嘘をついていたってこと? 
確かに
松原 久子は 嘘の証言をしました。 
しかし
依頼人は江崎ではございません。 
えっ? じゃ 誰よ。 
殺された
菅野 由美さんでございます。 
はっ?
彼女が 何で そんなことするのよ。 
もちろん
アリバイ工作のためでございます。 
えっ? じゃ 菅野 由美は
アリバイをつくるために 
松原 久子に 嘘の証言を
依頼していたってこと? 
アリバイを
つくっていたってことは。 
そうか もともと相手を殺そうと
計画していたのは 
菅野 由美だったのね。 
彼女は
コンビを解消すると言われ 
他の原作者に
取られるぐらいならと 
江崎 建夫の殺害を計画した。 
それで アリバイ工作まで
していたんだけど 
計画は失敗して
返り討ちに遭っちゃったんだ。 
この
菅野 由美のアリバイ工作が 
予期せぬ形で江崎のアリバイを
立証することになってしまった。 
でも江崎は
そんな証言があるとは知らずに 
9時45分までの証言を一生懸命
語ってしまったってことか。 
うん
まさに「策士 策に溺れる」ね。 
あなた
さっきから 何 黙ってんのよ。 
どう? 私の推理 完璧でしょ? 
まあ だいたいは合っております。 
何よ だいたいって。 
あっ 先に私に謎を解かれちゃって悔しいんでしょ。 
おいしいところ持ってっちゃって
ごめんあそばせ。 
失礼ながら お嬢さま 
のうのうと くつろぎ
がばがばと紅茶を飲みながら 
これにて一件落着みたいな
ぐだぐだな顔されていますが 
ホントに それで
よろしいのでございますか? 
影山
もう一遍 言ってごらんなさい。 
のうのうと くつろぎ
がばがばと飲み ぐだぐだの顔。 
ホントに 2回 言わなくていい。 
いいや 言わねばなりません。
何よ。 
今 われわれが やっていることは
しょせん理論上の謎解き。 
実際の事件は
今 こうしてる間にも 
動いているのでございます。
どういうこと? 
よくお考えください。
江崎 建夫は 
菅野 由美さんのアパートの
隣に住む方が 
嘘の証言をしたことを
知っているのですよね。 
《菅野 由美さんの隣の部屋に住む女性の証言で 
菅野さんは
9時半にアパートを出たことが 
分かっているんですよ》 
ええ そうね。 
とすれば
江崎 建夫は こう考えるはずです。 
その隣人は 菅野 由美に 
アリバイ工作を
依頼されたに違いない。 
菅野 由美が 誰を狙っていたのか
知っている可能性もある。 
つまり 自分が犯人だと
バレるかもしれない。 
じゃ 江崎は
松原 久子を狙うかもしれない。 
松原 久子は 今夜11時まで
仕事だと言っておりました。 
間もなく
アパートに帰ってくるころかと。 
影山 すぐに車を。
かしこまりました。 
≪(久子の悲鳴) 
何すんだよ 来ないで。 
やめなさい。 
やっぱり あなただったんですね
江崎さん。 
何だ お前ら。 
友岡 弘樹さんが 嘘の証言を
していることは分かっています。 
あなたが 菅野 由美さんを
殺害したんですね。 
ふざけるな 俺のせいじゃない。 
俺は由美に呼び出されたんだ。 
全部 あいつのせいだ! 
(江崎)最終回を描いてほしいって
あいつは必死に頼み込んできた。 
でも俺が断ったら。
《待って》 
《だったら もう
こうするしかない》 
《おい おい おい
やめろ やめろって ぐわっ》 
あれは事故だ。 
むしろ俺は
命を狙われた被害者だ。 
いいえ それは事故でもなければ 
あなたが命を狙われたわけでも
ございません。 
何 言ってんだ お前。 
おそらく 菅野 由美さんは
自ら命を絶ったのでございます。 
えっ?
何だよ それ。 どういうことだよ。 
(江崎)《やめろ》 
おそらく もみ合ってる最中に
ナイフの向きを変え ご自分に。 
そんなバカな。 
死ぬなら勝手に死ねばいいだろ。 
いいえ 自殺では
彼女の思いは遂げられなかった。 
全ては『国立ち日記』のため。 
ベジとレベッカの物語を
あなたの絵で 
完結させるためでございます。
はっ? 
あの場所で不慮の殺人事件に
巻き込まれたとき 
あなたが その後どうするのか 
由美さんは
予想していたのでしょう。 
(マスター)《はい ベジカレー》
神社を飛び出した あなたは 
まず 喫茶店で
今後の身の振り方を考えた。 
そして 近くに住む友岡さんに 
アリバイ工作を依頼しようと
思い立った。 
(江崎)《俺だけど
今から会えないか?》 
しかし 警察に
嘘の証言をするというのは 
立派な犯罪でございます。 
なかなか
友岡さんも承諾しなかったはず。 
そこで こう説得したのでは
ありませんか? 
《協力してくれたら
『国立ち日記』の最終回を描く》 
(友岡)《いや》 
《それならいいだろ なあ》 
《分かりました》 
《ぐわっ》 
(江崎)つまり あそこで返り討ちに遭ったように見せれば 
俺が最終回を描かざるを
得なくなるということが 
由美には分かってたってことかよ。 
はい。 さすがは 菅野 由美先生。
見事な筋書きでございます。 
バカなこと言ってんじゃねえよ。 
あいつは この人に頼んで
アリバイ工作までしてたんだぞ。 
俺を殺す気だったに
決まってんだろ。 
本当に そうでしょうか。 
失礼ながら松原さん
あなたは どのような依頼を 
菅野 由美さんから
受けていたのでございますか? 
あのときは。 
(菅野)《私に
もしものことがあったときには 
アパートで
夜の9時半に私を見たと 
証言してくれませんか?》 
《お願いします》 
もしものことがあったときって。 
菅野 由美さんは
死を覚悟していた。 
まさしく決死の覚悟をもって 
江崎さん
あなたを説得しに行ったのです。 
じゃ 何で アリバイ工作なんて。 
まだ気付かないのですか? 
自分が死んでも 江崎さんが
逮捕されてしまっては 
『国立ち日記』は完成いたしません。 
だから彼女は一計を案じた。 
まさか。 
由美さんは
自分のアリバイではなく 
あなたのアリバイを
証明するために 
嘘の証言を依頼したのです。 
何で そこまで。 
ここからは あくまでも
私の想像でございますが。 
おそらく 
由美さんは余命いくばくも
なかったかと思われます。 
どういうことだよ。 
それは。
『国立ち日記』 
最終回の原稿でございます。 
このレベッカの絵は 菅野先生の
直筆ではありませんか? 
これと まったく同じものが
描かれた絵馬を 
私は神社で発見いたしました。 
絵馬? 
そこには こう書かれていました。 
「レベッカが
一日でも長生きできますように」 
神社の宮司の話では 
最近 菅野 由美さんが
よくお参りに来ていたそうです。 
そのとき彼女は 胸を
苦しそうに押さえていたそうです。 
それは精神的な苦しみではなく 
病気の痛みだったのかも
しれません。 
あいつとは
いつもケンカばかりして。 
もっと早く 俺と別れていれば。 
いいえ
それは見当違いでございましょう。 
最終回
ケンカ別れした2人でしたが 
最後にレベッカはベジに
こう叫んでいます。 
「あたしの歌は 
あんたの演奏がなけりゃ
誰にも届かない」 
「だからベジ もう一度 一緒に
ステージに立ってくれないか」 
失礼ながら 
この言葉は あなたへの
メッセージではありませんか? 
実は ベジとレベッカのモデルは 
あなた方自身だったのでは
ないですか? 
《ねえ》
(江崎)《んっ?》 
(菅野)《主人公2人の名前
どうする?》 
(江崎)《うん》 
《取りあえず俺たち2人みたいな
感じでいいんじゃない?》 
(菅野)《うん じゃ あんたは》 
(江崎)《うん》 
《ベジね》 
《じゃ お前は》 
《レベッカ》
《えっ》 
《ベジとレベッカ 
2人で てっぺん目指すか》
(菅野)《うん》 
(江崎)《よし じゃ 乾杯》
(菅野)《乾杯》 
その最終回は
決して口外いたしません。 
私は 
『国立ち日記』の一ファンとして
心待ちにしております。 
あなたが
最終回を描いてくれる日を。 
(刑事)ご苦労さまです。 
ショウレイさん。 
ホウ・ショウレイさんじゃ
ありませんか。 
なぜ あなたは いつも事件現場に。 
もしや。 
どうして 菅野 由美は 
正直に病気のことを
話さなかったのかしら。 
そうすれば江崎だって。
お嬢さま 
素直な気持ちというものは 
一緒にいる時間が
長ければ長いほど 
正直に言えなくなるもので
ございますよ。 
しかも それが 
掛け替えのない相手であれば
あるほど言いづらくなる。 
人は誰もが 大切な相手に 
面と向かって言えない思いを
持っているのだということを 
お忘れなきよう。 
お嬢さま こういう機会ですので 
大切な お話をさせていただいてもよろしいでしょうか。 
どうしたの?
急に かしこまっちゃって。 
実は。 
私にも
お嬢さまに伝えられずにいた 
思いがあるのでございます。
えっ? 
思い切って申し上げても
よろしいでしょうか。 
分かったわ 教えてちょうだい。 
あれでございます。 
えっ。 
何で自転車なのよ。 
やはり わが あるじが 自転車にも乗れないというのは どうも。 
簡単でございます。
すぐに覚えられます故。 
あ もう 分かったわよ。
ちゃんと持っててよね。 
かしこまりました。 
あ。 
いくわよ それ。 
影山
ちゃんと持っててくれてるわよね。 
ご安心くださいませ お嬢さま。 
ホントに? ねえ 嘘でしょ?
ちょっと ちょっと 影山 影山! 
このドラマの原作
『謎解きはディナーのあとで』の 
最新刊 パート2を
抽選で50名の皆さまに 
プレゼントいたします。
奮って ご応募ください。