唯吾日语

最简单的日语网站,最丰富的日语内容!

日本语能力考试

唯吾分享我的天空 刑警篇08日文字幕,台词

亲,跪求分享哦 m(__)m

更多

(安田一平) 俺は必ず本部さんの仇を取る! 捕まえなければならない奴は 捕まえるんだ! (大川真弓)一平くん! うおーっ! 〈女性ジャーナリストが 殺害され 安田一平たちは 捜査に乗り出した!〉 〈しかし その矢先に悲劇が起きた〉 〈ベテラン刑事 本部正行が 病死に見せかけて 殺害されたのだ!〉 本部さん…! 〈本部は死ぬ前に ある男の事を気にかけていた〉 〈その男の名は 草加竜太郎〉 〈暴力団 龍星会の新しい組長だ〉 〈一平たちは 捜査を進め 手がかりになる証人を 見つけ出した〉 〈しかし その女性まで 殺害されてしまった!〉 なんだ? てめえは。 おい! ここを どこだと思ってんだ! 何者だよ お前! 何さらしとんじゃ コラァ! 捜しもんだ。 終わるまで おとなしくしておいてもらおう。 あんたらの頭はどこだ? 草加竜太郎だ。 あんまり いきがらねえ方がいいぜ。 昔の龍星会とは違うんだ。 (犬飼) あんたみたいなチンピラ刑事 すぐに首が吹っ飛ぶぞ。 あ~。 うおっ! うわっ! うわっ! ぐわあっ! 俺を怒らせるな! このガキ…。 死にてえのか? 撃つぞ。 撃てるもんなら…。 撃ってみろ。 俺が本気で怒れば 小さな国の1つや2つ 吹き飛ぶんだ! そしてな…。 貴様ら 本気で怒らせちまったんだ。 この俺を! 草加に そう伝えておけ。 殺せ…。 あの野郎をぶっ殺せ! 待て コラァ! なんだ てめえは! コラァ! (小宮誠一)俺を知らねえって事は 新顔か。 やくざ殺しのシャチ…! そんな物騒なもん持って どこ行くんだよ? 小宮! てめえ 山奥の交番に 飛ばされたんじゃなかったのか!? 戻ってきちまったんだよ。 てめえらの血が恋しくてな。 ぬかせーっ! なめんじゃねえぞ この野郎。 (蹴る音) 何 勝手な事してるの! 草加竜太郎を押さえるんだ。 闇雲に突っ走って どうにかなる相手じゃないでしょ。 俺は本部さんの仇を取りたいんだ。 取らなきゃならないんだ! 本部さんを 父親のように思っていたのは あなただけじゃない。 本部さんを殺した奴ら 絶対に許さない! 真弓さん…。 でも こんな無茶をして 何かあったら どうするの? 心配してんのよ。 先輩刑事としてね。 本部さんを殺した実行犯は 大男の2人組。 1人はスキンヘッド。 もう1人の腕には サソリの入れ墨。 龍星会の人間に間違いない。 まずは そいつらを見つけ出す事よ。 はい。 事件性がないって どういう事ですか!? (川島文彦)覚醒剤を常用していた 高野あずさは 病状が急変し 死亡した。 (石黒和明)つまり 病死…。 (神田 勝) それが本庁が出した結論だ。 バカな…。 そんな状況じゃなかった。 医者に変装していた男です。 その男の犯行に 間違いないんです! (神田)わかってるよ。 わかっているんだが…。 (淡路和美)失礼します! ジャーナリストの宮下麻衣子さんを 殺害したという男が 出頭してきました。 触んなよ。 おい! (三原理佐)まだ子供じゃないの。 (杉山瑠依)17歳だって。 あ~あ 腹減った。 明らかな身代わり出頭じゃないか。 おまけに 身柄をすぐに引き渡せって 本庁が言ってきた。 一体 どうなってるんだ…? これじゃ 捜査ストップと同じじゃないか! (田村政春) 龍星会は 警察まで動かす どえらい力を 持ち始めてるって事だよ。 いくら マフィアが バックにいるとはいえ なぜ そんな力が…? (御前一十三) 警察上層部は 不可解なほど 捜査に対して及び腰だそうですね。 ≫(ノック) (一十三)お入りください。 (辰巳大悟)どうも。 うわっ! すごい景色ですね これ。 (武尊善行) 一匹狼のあんたらしくないな。 いやいや このままにしてたんじゃ 俺も いつ消されちゃうか わかりませんからね。 武尊さん。 一平様のために あなたの力も貸してください。 お断りだ。 高みの見物といこうか。 武尊さん。 なんだ? 安田一平私設警察を作ります。 そうか。 奴も 力の使い方を やっとわかってきたようだな。 それでも 太刀打ち出来る相手かどうか わからんがな。 なんすか? これ。 龍星会の跡目 草加竜太郎の 襲名披露の案内状だ。 (神田) ものすごい数が出回っている。 やくざはもちろん 政財界までもだ。 今までで一番でかい 襲名披露になりそうだ。 いい気になりやがって! ところで 安田くんはどうした? それが 連絡がつかないんです。 (携帯電話) ああ…。 (田村)うん? なんだ? こりゃ…。 安田一平私設警察です。 私設警察!? ここにいるのは 私設警察の頭脳集団。 俺は さしずめ情報部長と いったところでしょうか。 一平! てめえ 人に なんにも言わずに 何やらかしてんだ! コラ! 皆さん ご紹介します。 京橋警察署の 田村刑事と大川刑事です。 田村さん 真弓さん 俺は 本部さんの仇を 取るためなら 手段を選びません。 力を貸してください。 俺が何言おうと 聞く耳 持ちはしねえんだろ てめえは。 やるしかねえじゃねえかよ! ありがとうございます! わたくしからも お願い致します。 あなたに言われなくたって こっちは最初から やる気よ。 (辰巳)日本からの観光客も多い マリアナ諸島のサルバン島が カジノアイランドとして 生まれ変わる事は 皆さん ご存じだと思いますが 裏で糸を引いてるのが マフィア。 そこで マフィアとつながりのある 草加のお出ましってわけだ。 そのとおり! (辰巳)カジノの日本側の仕切りは 草加竜太郎に 一任されたというわけです。 おそらく本部さんは この線で なんかつかんだんだ。 そして 消された。 ≪そういう事だ! 小宮さん! 安田一平私設警察か。 甘いぞ お前。 こんな重要会議に たやすく入り込まれるようじゃ。 (小宮)情報の収集 それを分析する頭脳。 いくら それらが優れていても 実力を行使する あるいは 防衛する戦闘力 それがなくちゃ 警察とはいえねえぞ。 いつ戻されたんですか? 小宮さん。 自分で 勝手に帰ってきちまったんだよ。 (小宮)ここまでは よく調べたようだが もっと でっかいバックがいるぞ。 (辰巳)もっとでかい…? (小宮)ああ。 サルバン島のカジノの開設は やくざ マフィアの仕事じゃねえ。 奴らを手足に使っている 巨大なバケモンが そのうしろにいるはずだ。 巨大なバケモノ…。 (草加 竜太郎)駄目なの? (車田 茂)はい…。 どこのホテルも 襲名披露という事に気づいて 断ってきました。 ホテルグランドクイーンは? あそこは… 初めから 無理という判断で 連絡しておりません。 (携帯電話の操作音) 草加でございます。 お忙しいところ 申し訳ございません。 あの… 先生に お願いがございまして。 まあ つまらぬ事で 恐縮ですが ホテルを 取って頂きたいんですが…。 (本部敏子)ほんとに… 何から何まで お世話になっちゃって…。 ありがとうございました。 皆さんの温かいお気持ち 一生忘れません。 とんでもねえよ おっかさん。 こちらこそ  本部さんには お世話になりっぱなしで…。 一平くん ありがとね。 向こうでの仕事先まで 世話になっちゃって。 すいません そんな事しか出来なくて…。 大丈夫! どんな事したって 生きていけるわ。 私ら 雑草だから。 (敏子)それじゃあ いきますね。 乗って。 タムおじさん バイバイ。 お前ら ちゃんと勉強しろよ。 はい。 一平くん これ あとで読んでくださいね。 え? おぉ ラブレターか? 何 言ってんですか! 私の男は 父ちゃん一人です。 それじゃあ。 ≫バイバーイ! (敏子の声) 「お手紙にて失礼致します」 「父ちゃんは 30年ほど前 グレていた草加竜太郎くんを よく面倒みていました」 「少年院を出たり入ったり していたんですが 根はいい子で 頭のいい奴だと…」 「よく うちにも連れてきて ご飯も一緒に 食べたりしていました」 「草加くんが アメリカへ 行ってみたいと言った時も ボーナスの中から 少しばかりのお金を出してやり 最後に見送ったのも 父ちゃんでした」 「あの日… 父ちゃんが死んだ日 父ちゃんは 草加くんに 会いに行ったのだと思います」 (田村)あの外道…! それだけ お世話になった 本部さんを…。 この手紙 本部さんの奥さんが 仇を取ってくれ… そう言ってるんだ。 一平様。 先ほど ホテルグランドクイーンに 草加竜太郎の襲名披露パーティーの 申し込みがありました。 本当か!? はい。 ホテルグランドクイーンって… 一平くんの? くされ外道め… あのホテルが 誰のものか わかってんのかよ!? 受けてくれ。 万全を期して お待ちしていますと 受けるんだ! (武尊)本気で 龍星会… 草加竜太郎と やり合うつもりのようだな。 はい。 (武尊)草加は しょせん 最前線の兵隊だ。 その背後に 巨大な敵がいる事は明白。 お前が 財閥の御曹司であろうが 総理大臣と知り合いであろうが そんなもんは なんの役にも立たない 相手だろうなあ。 この命を張る覚悟は 出来ています。 敗れた時に お前の命だけで済むと思うな!! 安田財閥も 御前グループも 吹っ飛ぶ事になるんだぞ! それでも やるのか? やります! 宣戦布告だ…! ご苦労さんです! (カメラのシャッター音) (カメラのシャッター音) (カメラのシャッター音) (ため息) 政治家に 財界人の大物に 日本中の暴力団の幹部たちか…。 (辰巳)これだけ揃えるとは 草加って野郎も 想像以上の大物ですねえ。 大男の2人組よ。 (辰巳)1人はスキンヘッド もう1人が腕にサソリでしたね。 本部さん殺しの実行犯が… こんな晴れの席に のこのこ現れますかねえ? ご苦労さんです! (4人)ご苦労さんです! (組員)失礼ですが… どちら様のご身内で? ここだ。 バックアップは約束するよ。 ありがとうございます。 草加くんも これから どんどん頑張ってもらわないと。 どうだ? それらしい大男は いたか? いいえ。 (扉の開く音) お忙しいところ 申し訳ありません。 これはこれは… お美しいお嬢様が なんのご用ですか? このような 素晴らしいパーティーに 当ホテルをご利用頂き 誠に光栄でございます。 つきましては 当ホテルのオーナーが ひと言 ご挨拶したいと 参っているのですが…。 遠慮なさらず 連れていらっしゃい。 ありがとうございます。 (足音) お目通り ありがとうございます。 私が 当ホテルオーナー 安田一平です。 (草加)ほう… 君がオーナーなの。 若いねえ。 これからも 贔屓にしてあげるから。 調子にのんじゃねえぞ… ドブネズミ野郎! (草加)…何? あいつ…! 汚えドブさらって 成り上がったネズミ野郎が あまり いい気になんじゃねえ! …そう言ったんだ! (ざわめき) (車田)おい…! 社長… 社長! うわっ! こらえてください…! お客様に失礼じゃないか。 皆さん 大変申し訳ございません。 おい。 こいつをつまみ出せ。 おい! (2人)はい! (田村)クソッ…。 おい! 黙れ! てめえ コラァ! うわっ…。 ここは 俺のホテルだ。 貴様らに 出ろの入れの 指図は受けん! 待っていたんだ…。 貴様らに言う事があるために このホテルを開けて 待っていたんだ! 突っ張ってんじゃねえぞ クソガキが…。 えぇ? 構わん… こいつを たたき出せ! このガキが…! おい! (組員たち)はい! こっち来いコラァ…。 (銃声) 脳天ぶち抜かれたくなかったら 一歩も動くんじゃねえぞ。 このドチンピラ野郎どもがよ。 (車田)小宮? 俺の親分の話 じっくり聞いてもらおうか。 安田財閥の御曹司 安田一平の話をよ。 (ざわめき) 安田一平? おい 一平! 上がってこい。 ここへ 上がりゃあ どこの誰それが来てるか 一目瞭然だ。 早く来い! 今のうちです…。 うわっ…! うりゃあ! (組員)なんだ!? てめえは。 検察官を なめんじゃねえ。 俺は宣言する。 大好きだった本部さんの 仇を取ることを。 (犬飼)本部だと? ありゃあ 酒の飲み過ぎで おっ死んだんだろうが。 証拠のひとつでもあるのか? あぁ? サツでも 先刻 かたはついとろうが。 そんなものは関係ない…。 貴様らがやった事が事実であれば それでいいんだ。 そしてなあ! 貴様ら龍星会がやった事は 事実なんだ! 本部さんを殺せと言った人間は 誰なのか とことん突き止める。 本部さんを殺させた 根本の原因も許さん! それは…。 この日本の社会から 貴様らダニを 1匹残らず駆逐する事だ! そのために… 俺は全戦闘能力を出す。 安田財閥の全財力… 全勢力をたたき込む! 来い… 向かって来い! 俺が潰されるか 貴様らをたたき潰すか 二つに一つだ! 一平様…。 宣戦布告しやがった…。 必ず ぶち込んでやる。 一平 とうとう ここまで来たか。 半分は黙っている。 しかし… 日本の あらゆる勢力の半分は 敵に回す事になる。 あなたは… どちらですの? さあな。 やりますか? 安田一平を 始末しろ。 (小宮)一平 身の回りには十分注意しろ。 はい。 (田村)小宮さん 警察 どうするんですか? (小宮)交番勤務をほったらかして その上 さっきの発砲だ。 懲戒免職だろうよ。 すみません! 俺のために…。 初めてじゃねえかな。 でかい悪党に向かって 本気でぶつかろうって奴は。 巨悪に向かうなんていうのはな いつだって 一匹狼のヒロイズムだった。 本気でぶっ倒せるだけの 戦闘力を持った奴が 現実に戦い始めるんだ。 こんな話に乗れるチャンス めったにあるもんじゃねえ。 (カメラのシャッター音) ≪(車の走行音) (辰巳)なんだ? あの車。 あの男…! おいおい! おい! やべえ やべえ! ああっ…! 安田一平…。 (携帯電話) はい。 (田村)「一平 今どこだ?」 大川がやばいぞ! 真弓さんが? 真弓さんが どうしたんですか!? 本部さんを殺した奴らを 単独で追ってる。 連絡もつかねえんだよ! 真弓さん…! (携帯電話) 真弓さん どこにいるんですか? みんな捜してるんですよ!? 釣鐘埠頭の灰島倉庫。 本部さんを殺した男たち 見つけたわ。 すぐに行きます! 待機してください! そんな事 言ってられない。 真弓さん! 真弓さん! (携帯電話の不通音) 間に合ってくれ…。 ≪お嬢さん。 ≪誰かお捜しですか? ≪(足音) 動かないで。 (物音) あ…。 うっ! ほらほら 暴れないで! 離して! ホテルから俺たちをつけてたな。 なんの用? 本部さんを殺したのは あなたたちね? だったら なーに? 許せない…。 許せないって言われてもねぇ… 死んじゃう人間が どうするの? いいねぇ その おびえた顔。 簡単に殺すには もったいねえ。 本部の時みてえに なぶり殺すのか? もっと かわいがってやるよ。 真弓さん…。 どこだ? こんなに広いんじゃ 簡単に見つかんねえよ。 手分けして捜しましょう。 真弓さん…! うっ! 元気いいな お嬢ちゃん! 抵抗すんじゃねえよ! 余計 興奮するだろうが。 真弓さん! うわーっ! うおおーっ! やあっ! うわっ! あ… ああ…! 真弓さん! 怖かった…。 もう 大丈夫です。 大丈夫。 真弓さんが 本部さんの仇を取ったんです。 あいつらから自供を得られれば 草加も挙げられる。 終わるんです これで。 (銃声) (銃声) 逃げろ…。 助かったよ。 (銃声) え? なんでだよ…。 仲間だろ? ちょっと待てよ。 俺たち なんにもしゃべってねえ…。 (銃声) うわーっ! (銃声) (銃声) (咳) 真弓さん… 逃げろ! ≫(田村)一平! どこだ!? 一平くん? 一平くん… 一平くん? ねえ 一平くん! いやーっ! 一平!! (田村)一平! 救急車… 救急車! は… はい! 一平様は? (武尊)どうなんだ? 生きてるのが奇跡的だって…。 生きてるんだな? はい…。 かろうじて急所を外れて 助かるかどうかは 2~3日がヤマだと…。 (嗚咽) 一平が死ぬわけがない。 奴は必要な人間なんだ。 必要な人間は 必要な間 死にはせん。 (嗚咽) 一平 聞こえるか? (武尊)これで助かれば ほんとに お前の仕事は 世の中が必要としている証拠だ。 お前が 今の世の中に 必要とされている証拠だ。 戻ってこい… 一平! (武尊)俺を怒らせるな…。 ≫(ドアの開閉音) (ため息) 安田くんを撃った男が 出頭してきたそうだ。 (神田)大川くんの証言とは まるで違う顔をした男がね。 ふざけるな! また身代わりかよ。 本庁では認めたようだ。 本部さんを殺した実行犯も 死んだ今… どうする事も出来んよ。 こんな事になったのは私のせい…。 ごめんなさい。 一平様の命は わたくしの命。 (一十三)万が一の事があっても わたくしが残される悲しみは ありません。 まさか あなた… 一平くんが死んだら あなたも…。 ここはお願いします。 捜査に戻ります。 うごめいてるぜ 魑魅魍魎が。 うるさいハエどもは きれいに片付きました。 ハハハ…! いやあ 先生のおかげです。 ええ。 小宮さん 一平は? (小宮)待て。 助かると思ってた? ええ。 神様にずっとお祈りしていました。 ≪神様か…。 もし 一平様が助からなかったら…。 わたくしも 一緒に行くって…。 そんなとこまで ついてこられちゃ迷惑だな。 でも… 生きている間は ずっとそばにいてほしい。 (ため息) (ノック) (小宮)警察は 完全に動きを止めるだろう。 もし動くなら 俺たちの単独行動になる。 それでも 一平… お前は この戦いを続けるつもりか? 俺は本部さんの仇を取る。 本部さんが なぜ あんな死に方をしたのか。 それを命じたのは誰なのか。 一体 何にぶち当たるのか。 一番後ろに何があるのか。 やるか。 はい やります。 よし わかった。 とことん付き合おうじゃねえか。 借りは必ず返す。 一平様 ファイト。 捕まえなければならない奴は 捕まえるんだ! (安田清十郎) 安田一族は一致団結。 (小宮) 血を沸騰させろ! 拳 固めろ! (黒田重蔵)手段を選ぶな。