唯吾日语

最简单的日语网站,最丰富的日语内容!

日本语能力考试

唯吾分享刑警犬子02日文字幕,台词

亲,跪求分享哦 m(__)m

更多
(門馬)
≪「1等 選べる海外旅行」≫
(柳) ボス 当たりませんって。
(門馬) そうか?
(門馬) それじゃあ
「下ふた桁 切手シート」。
「87」「15」 捜査開始。
(柳) それ いります?
必要だ。
私の名前は 花森一子。
警視庁刑事部捜査一課
第八強行犯捜査
殺人捜査13係所属の刑事です。
みんなには…。
(桐島竜太) ワンコ。
…と呼ばれています。
何ですか? キリさん。
お前 年賀ハガキ
持って来てないのか?
いいんですか?
こんなことやってて。
在庁番だからな。
本庁の刑事は 事件がない時は
普通の会社員みたいに出勤して
次のお呼びが かかるのを
待ちます。
本庁で番をするから 在庁番。
う~ん… 退屈。
お前 誰と喋ってんだよ。
(小松原) 重村 お前
いちいち うるせぇんだよ!
(重村) それは
こっちのセリフだよ コマ。
強引な取り調べはな
冤罪を生むんだよ。
(小松原) 冤罪だ? 俺が いつ
間違ったことがあるよ?
なぁ? ヤナ。
ないです。
(小松原) だろ?
危なっかしいんだよ お前は。
次に間違わない保障なんて…!
それは お前も同じだろう。
避難だ。
(重村) 一生を狂わせることも
あるんだよ! なぁ? ヤナ。
はい。
(小松原) そういうのをな
机上の空論っていうんだよ。
お行儀の いいことばっかり
いいやがって なぁ? ヤナ。
何をいってんだ! ヤナ ちょっと
お前 はっきり いってやれ!
(重村)
はっきりと いってやれよ!
コマさんとシゲさんは
何かと ぶつかり合います。
私には 難し過ぎて
何を言い争ってんのか
全然 分かりません。
(琴美) 御利益 御利益。
ってわけで 出て来ちゃったわけ。
(琴美) ふ~ん
ここ 私のパワースポット。
ふ~ん。
あっ ねぇ 琴美
お団子 食べようよ!
私 最近そういうの食べないの。
う~ん!
おいしいですよ。
飴じゃない。
えっ? だって さっき
「団子 控える」って…。
さっき 「団子 食べたい」って
いってなかったっけ?
お巡りさ~ん!
ん?
捜してください。
「さくら さがしてます!」。
あぁ ごめんね この おねえちゃん
本物の刑事さんだから
私より 力になれると思うわ。
ホントは 捜したいんだけどね
仕事中だから ごめんね。
この おねえちゃんが
捜してくれるからね。
あっ ちょっと 琴美!
(においを嗅ぐ音)
あっち。
(においを嗅ぐ音)
こっち。
さくら~!
さくら~!
(においを嗅ぐ音)
近い 近い。
近い 近い 近い!
この辺だよ?
ホントかよ?
ホントだよ! 名前呼んであげて。
さくら~!
さくら~!
(犬の鳴き声)
さくら!
(犬の鳴き声)
さくら!
(鳴き声)
(鳴き声)
さくら!
おねえちゃん すごい!
ヘッヘ~。
早く お家に連れて帰って
ご飯食べさせてあげてね? はい。
うん!
うん!
はいはい 行こう行こう。(においを嗅ぐ音)(刑事) ご苦労さまです!
どうも。
被害者は 近所の小学校教諭
杉田一郎。
鋭利な刃物で
胸を刺されています。
凶器は まだ発見できてません。
ワンコ! お前 何やってんだ?
第一発見者です~!
お前 何で座り込んでんの?
死体 見ちゃったんです!
心の準備が
できてなかったから…。
早引きしても いいですか?
バカ野郎!
刑事の仕事 ナメんなよ。
やっぱり。
≪警察犬 到着!≫
(田村) 来い。
ミハイル=フォン=アルト=オッペンバウアー=ゾーン!
ミハイル ミハイル!
ミハイル! あっ…。
ミハイル…。
犯人の足取りを追ってください。
(田村) ミハイル 捜せ。
(柳) 犯人の足跡は これですか?
はい。
ミハイル 嗅いで。
嗅いで。
すげぇな。
ヤナさん 足跡って におうんすね。
におうんすか?
(和田) におう!
におう!
(においを嗅ぐ音)
(においを嗅ぐ音)
におう。
(においを嗅ぐ音)
(デューク) ワンコ 何してますか?
デーク こいつに付き合ってやれ。
デュークです。
(小松原) 一般車
こっちに入れないで止めとけ。
(においを嗅ぐ音)
ワンコは ワンワンですか?
(においを嗅ぐ音)
(においを嗅ぐ音)
この におい
血の におい。
血? ブラッド?
ワンコ!
What’s?
ディス イズ ナイフ。
Yes.
(田村の声) ミハイル号が
犯人の においを追跡し
被害者が勤める小学校に
たどり着きました。
小学校は 集まる人数が多く
たくさんの においに
紛れてしまい
それ以上の追跡は
できませんでした
以上です。
捜査会議は
朝と夜の2回 行われます。
その日の捜査方針
捜査の結果を報告し合います。
学校の関係者を中心に調べました
結果 容疑者が浮上しました。
え~ 容疑者は
佐久間正三 43歳。
4年生のクラスを受け持っていて
殺された杉田さんは 学年主任
佐久間は
副主任という関係でした。
杉田さんは 佐久間に
300万円を借りており
その返済方法で
もめていたようです。
なるほど。
アリバイも 曖昧ですし
これ 本ボシと見て
間違いないでしょう。
それは 早急過ぎる。
え?
桐島巡査!
はい。
学校関係者には
怪しい人物が もう一人います。
深津 勉… 息子が杉田さんに
受け持たれていて
その息子は 万引をしました
見つけた杉田さんは
深津が懇願したにも かかわらず
警察を呼んだ。
深津は 「教育する立場として
どうか」と興奮して 突っかかり
「殺してやる」とまで口走った。
それだけじゃ 弱いな。
アリバイも ありませんねぇ。
う~ん 柳警部
聞き込み情報を!
はい。
失礼します。
目撃情報です。
犯行時刻直後 ニット帽を
目深に かぶった不審な男が
駅方面に向かっています。
男は 年齢不詳
ニット帽をかぶっていたために
人相は不明ですが 中肉中背です。
2人とも中肉中背だなぁ。
ボス ボス!
Excuse me… Excuse me.
The weapon….
日本語で!
バカか お前は。
凶器は 刃渡り15cmの
鋭利なナイフ。
これは 現場から500m離れた
ゴミ箱の中から ワンコ…
花森刑事が回収しました。
私がですね この鼻…。
(デューク) ナイフは コールドハウンドフォール
アンダーソン社製のもので
販売ルートを当たっています。
(柳) すいません もう一つ。
うん。
男の「邪魔をするな」という声を
聞いた人間がいます。
「邪魔をするな」?
(重村)
ヤナ これから 確認しに…。
(小松原) おい ヤナ!
はい。
行くぞ。
はい。
すいません。
はぁ…。
(チャイム)
(ドアが開く音)
(佐久間) 刑事さん またですか。
佐久間さん すいませんね 何度も。
(深津) あの先生は ウチの息子を
犯罪者扱いしたんだよ!
万引は 立派な犯罪ですよ!
(深津) 何だ? お前は! 俺はな
捜査に協力してやってんだよ!
しかし
それとこれとは違うでしょう!
キリ!
もう一度
アリバイを確認させてください。
犯人扱いすんな!
(においを嗅ぐ音)
な… 何だ? お前は!
何やってんだよ?
すいませんね
因果な仕事なもんですから。
あと もう一つ
聞かせてもらえます?
何だよ?
うちのほうで…。
チャンコさん
あの人 においません。
あ?
あれ 「モンペ」ですね。
「モンペ」?
ワンコ
お前は ナイフの出所を追え。
「モンペ」?
(琴美) 違う!
モンスターペアレントのことよ!
モンスターペアレント?
怪物みたいなペアレント
親のことよ。
あぁ なるほど!
杉田先生 苦労してるって
いってたもんねぇ。
えっ? 琴美 知ってたの?
うん。
杉田先生の小学校で
自転車教室を開くのね。
で その打ち合わせで
何度か お会いしてるの。
そうなんだ。
杉田先生 誰かに恨まれてるとか
そういう話 なかった?
ううん 何か 佐久間先生とは
うまく行ってない感じは
分かったんだけどね。
あっ これから 自転車教室の
打ち合わせあるけど 行く?
えっ? うん!
(高橋) すいません 杉田先生が
あんなことになってしまって…。
ご愁傷さまです。
(高橋) 私1人では 荷が重いので
手伝っていただくことにしました。
佐久間です。
青木です。
花森です。
(においを嗅ぐ音)
ちょっと 一子!
あの この人も婦警さん?
交通課じゃないんですけど…。
(ノック)
佐久間先生 ちょっと。
ちょっと失礼します。
佐久間先生
署まで ご同行 願います。
逮捕ですか?
いや 任意です。
任意なら
拒否しても いいんですよね?
構いませんが 先生が主張していた
アリバイが崩れました。
(柳) 行きましょうか。
あっ コマさん ヤナさん!
あぁ! お前 何やってんだ!
行くぞ。
その人は 違います!
一子 どうしたの?
違う。
においが違う。
杉田さんが殺された夜 友人宅に
いたといっていましたよね?
はい 確認したんでしょ?
ええ あんたに…
いや 佐久間先生に頼まれて
ウソをついたと いっていました。
ウソだ。
「金を渡したから そんなことを
いうはずはない」ですか?
確かに頼んだ
だけど 俺は やってない。
やってないんだったら どうして
アリバイ工作をする必要が
あるんですか?
それは…。
コマ ちょっと。
(ドアが開く音)
コマ 俺が取り調べる。
冗談じゃ ないよ。
コマ ここは シゲに任せろ。
どうして 俺じゃダメなんですか?
あの…。
ボス 深津のアリバイは
確認されました。
え!?
ということは コマのにらんだ通り
佐久間が 本ボシか。
だから いっただろう。
違います 佐久間さんは…。
うるせぇ。
え~。
え~ ちょっ…。
シゲさん ここは コマに任せよう。
(門馬) ね?
どうしたら
信じてくれるんだろう?
このままじゃ
佐久間さんが犯人にされちゃうよ。
え? 何?
そうだよね 私が真犯人
見つけりゃいいんだよね。
さっ ご飯の時間ですよ。
あっ しまった。
なかったんだ。
違うなぁ。
すいません。
(大林) はい。
『ご飯だワン ドッグフード』
あります?
棚にないですか?
(においを嗅ぐ音)
(鼻が鳴る音)
(大林) すいません。
大林さん
杉田先生 殺したでしょ?
何いってるんですか?
変なこと いわないでください。
通報しますよ。
どこに?
警察。しまった 普段着だ。
出てってください。
いや 私は…。
ありがとうございました。
(カメラのシャッター音)(刑事の声) 報告は以上です。
(門馬) それでは
他に報告がなければ 本日は…。
ボス。
花森 どうした?
この事件の犯人は
東町4丁目のスーパーの店員
大林 孝 29歳です!
花森 何をいっているんだ?
犯行現場に残っていた
犯人の においと
大林 孝の においが
一致しました!
鑑識から報告があったのか?
ありません 私の
ここです。
ハハハ…!
恥ずかしいから 座っとけって。
杉田さんが殺された時刻
大林は 勤務シフトから
外れていました。
自宅に戻っていないことも
確認しました。
彼の勤めるスーパーでは
配達サービスを行っていて
杉田さんの勤める小学校にも
出入りしていました。
だから 犯人の においを追った
ミハイルが
小学校に たどり着いたんです!
ボス どうでしょう?
何か つじつまは合ってますね。
大前提が間違ってんだろ。
大前提?
あいつの鼻は 警察犬並みなのか?
そうです
私 ミハイルと競争したんです。
五十嵐さんは知ってます。
五十嵐は拘置所にいる人間だ
解散!
皆さん 私を信じてください!
(門馬) デューク
凶器のナイフの出どころは
分かったのか?
まだです。
コマさん 所轄の人間 何人か
連れて そっちに回ってくれ。
え? 俺が?
佐久間は いつまでも
任意で引っ張っておけないだろ。
分かりました
おい デーク 行くぞ。
だから デュークです!
(小松原) うるせぇ この野郎。
(重村) ヤナ。
(柳) はい。
あぁ なるほど。
そろそろ帰してくださいよ。
まぁまぁ 僕はね
息抜き担当なんで。
あ?
あっ!
なるほど。
いや… 何が?
(重村) いやいや…。
あら あらら…。
なるほど~。
(佐久間) 何だよ。
シゲさん 今日は
タロットカード攻めか。
俺 初めて聞きます。
(五十嵐) 君の嗅覚の鋭さは
みんなが認めたと
思っていたんだが。
私も そう思ってました。
(五十嵐) しかし においが
証拠にならないのも事実だ。
におい以外の証拠をつかまないと。
みんな それにも
協力してくれなくて。
どうしたらいいですか?
犯罪には 必ず動機がある。
今回の事件は 衝動殺人や
通り魔的な無差別殺人じゃ ない。
必ず 動機があるはずだ。
動機…。
目撃証言は?
あっ 声を聞いた人がいました
「邪魔をするな」って。
声の面通しは難しいだろうな。
大林は 杉田さんに
何を邪魔されたんでしょうか?
考えるな。
え?
調べろ 鼻だけじゃ ない。
目 耳 手 足 口
全部 使って
調べて 調べて 調べ尽くせ。
考えるのは その後だ。
はい。
子供達を両サイドに分けると
先生の人数が足りないので
目が行き届きません。
全員 あちら側でもいいですか?
ちょっと見えにくくなりますけど
そっちのほうが安全ですね。
そうですか。
先生 こんな動き できます?
(琴美の声)
あ~ やっぱり見てた?
うん じ~っと見てた
何か 心当たりあんの?
ちょっと子供っぽい感じの
コでしょ?
うん。
小学校に配達に来てるのよ。
自転車教室の打ち合わせの時も
いっつも私のこと
じっと見てんのよね。
ストーカー?
罪な女? 私。
そっか!
何?
「邪魔するな」って犯人の声。
うん。
あいつ 私に
ひと目ぼれして近づこうとした。
それに気づいた杉田先生が
警告した。
「あの美女に手を出すな」って。
だから 「邪魔するな」って
あいつ キレたんだ。
なるほどねぇ!
ごちそうさまでした~。
(山田小梅) はい。
(琴美) ありがとうございました。
(松田洋雄) 五十嵐君に
会いに行ったんだって?
はい… あっ 「総監に よろしく」
って いってました。
そう。
はい。
じゃあ…。
寄って行きますか?
はい。
どうぞ。
総監 コマさんとシゲさんのことが
気になって…。
あぁ 小松原と重村か。
何か 言い争ってばっかりで。
あぁ あの2人は
いつも あんな感じだ。
同期ですよね? シゲさんのほうが
先に出世したから
コマさん すねてるんですかねぇ?
どうだろうね。
いや~ でも コマさん
そんな小さい人には思えないしな。
いや どうだろうねぇ。
ほっといて大丈夫ですかね?
いいんじゃないかい?
何か 総監と話してると
大丈夫な気がして来ました。
うん。
(においを嗅ぐ音)
う~ん!
今日も ユリの花の におい。
捜査 頑張って。
はい。
コマ 寝てんのか?
横になってるだけだよ。
お前と違って
外回りが多いんだよ。
佐久間は 帰したぞ。
アリバイが証明された。
友人ではなくて
人妻とホテルで密会してた。
本当か?
チャンコが 裏 取ってくれた。
どこ行く?
捜査 振り出しだろ。
目配りしてやってくれ。
え?
ワンコが気にかかる。
(呼び出し音)
おい ワンコ
お前 今 何やってんだ?
 尾行です。
誰を?
 すいません 取り込み中なんで。
ちょっと待て お前…。
(通話が切れた音)
ん~ 同じね うんうん。
「肥料」?
(においを嗅ぐ音)ここか… よし 張り込むか。
う~ん…!
これ。
これ はい ありがとうございます。
500円です。
はい。
あっ どうも。
あっ コマさん!
「あっ」じゃねえよ。
ありがとうございます。
お釣り ちょうだいね。
何? それ おやつ?
張り込みです。
はぁ~…。
張り込みといえば
アンパンに牛乳に 豆。
で そいつが 杉田先生を
殺した動機っていうのは
え~と 誰だっけ?
ほら 婦警の…。
交通課の青木琴美です。
そいつとの仲を邪魔されたからか。
はい 琴美 「ストーカーだ」って。
そうか…。
ん? 張り込み
付き合ってくれないんですか?
コマさん 何か今日 渋いな。
交通課 青木琴美。
これ ストーカー ねえなぁ。
(柳) お疲れ~っす。
おう お疲れ。
(柳) お?
あらら~。
え?
いい女じゃないっすか
コマさん どういう関係なんすか?
あったかいのにすれば
よかった~。んっ う~ん…。張り込み1日目 終了。
あ… 証拠だ。
(操作音)
(物音)あれ? あれ?
どこ?
家庭菜園…。
(においを嗅ぐ音)
ホントに目障りなんだよね 君。
死んでくれる?
杉田先生のように。
それって自白ですか?
そうだよ。
大林 孝 殺人容疑で逮捕する!
フフっ…。
「逮捕する!」 …どうやって?
おたく 刑事なのに
拳銃 持ってないんだね。
私服の私達が持つのは
必要がある時だけです 届けを…。
拳銃があったら
それで殺してやろうと思ったのに。
ほどいてください。
明日が終わるまでは… ダ~メ。
明日?
東東京小学校の自転車教室の日!
僕は あの人を
永遠に自分のものにするんだ。
あの人?
フフっ。
「自分のもの」って
どういう意味ですか?
絶対 逮捕します!
誰か~。
≪誰か 聞こえませんか~?≫
(操作音)
(呼び出し音)
(音声ガイダンス)
留守番電話に接続します。
この事件の犯人は
大林 孝 29歳です
張り込み
付き合ってくれないんですか?
ありがとうございました。
(着信音)
どうだった?
 ワンコは いませんでした
昨夜 帰ってないそうです。
それより ワンコのケータイですが
GPSで位置が分かりました。
どこだ?
あぁ… 分かった!
このケータイの持ち主を捜してほしい。
はい。
ミハイル 嗅いで。
(鳴き声)
どうした ミハイル 嫌なのか?
誰のケータイですか?
うちの花森一子のです。
どうりで…。
「どうりで」って?
何か 意識してるんですよね
ミハイル。
花森をですか?
はい。
あぁ…。
気持は分かる けど
命が危ないかもしれないんだ。
捜してくれ。
(吠え声)
ミハイル 行け!
捜せ。
捜せ。
(吠え声)ワンコ! ワンコ!
わっ おはようございます!
寝てました!
寝てんじゃ ねえ!
お前を閉じ込めたのは
スーパー店員の大林って男か?
そうです それから
杉田さんを殺したのも
大林です 自白しました。
ちくしょう
さっき押さえとくんだったな。
あっ お願いします。
はい。
おっ キリ! ワンコは保護した。
『東小』の『タック』ってスーパーの
大林を逮捕しろ!
緊急逮捕だ!
一人で行くな! 応援 連れてけ!
急げ!(デューク) 大林っていう
店員さんは いますか?
私ですけど。
ちょっと
話 聞かせてもらえるかな。
フリフリの女刑事を
監禁した件ですか?
とぼけても ムダだ!
チャンコさん 認めてます。
あぁ?
フフっ。
何が おかしいんだよ てめぇ…。
Stop! Stop!
うるせぇな! お前は。
何 笑ってんだ! おめぇは。
ふん!
ん? フフっ。
戻れ 戻れ。
コマさん 取り調べないんですか?
うん まぁな。
ご苦労さん。
よろしく頼む。
うん。
コマさん シゲさんに
譲っちゃうんですか?
いろいろあんだよ。
(大林)
≪皆さん 聞いてくださ~い≫
てめぇ こら
ナメんじゃねえぞ こら!!
おい キリ。
私が杉田先生を殺しました。
動機は?
あの人との仲を邪魔されて
ムカついたからです。
あの人?
誰なんだよ おい いえよ こら!
おい キリ!
(においを嗅ぐ音)
あの人は女神。
はい ご苦労さん ご苦労さん
フフフ…。
花森君。
自分を犠牲にして よくやった!
何か変です。
変?
はい。
(重村) 確かに変だ。
どうして
あっさり白状したのか…。
ちょい ちょい ちょい。
スーパーに行った時も
あっさり認めました。
っていうか 普通 逃げますよね?
監禁しといて 見張りもしないで
バイトに行くのも変。
Yeah, you’re right.
大丈夫かなぁ…。
ちょっと 何いってんの
容疑者は逮捕したんですよ?
自転車教室は 安全 安全!
はい 手を上げて 青になったら
手を上げて歩きましょうね。
≪信号ちゃんと確認したら
自転車って書いてある所ね≫
≪はい ゆっくりね≫
あっ ご苦労さまです。
(重村) どうした?
いや…。
(重村)
ワンコが監禁されてた小屋か。
ああ 何か違和感 感じるんだ。
ああ 確かに。
木炭 肥料。
硫黄粉末。
チャンコ!
今すぐ自転車教室 中止しろ!
あぁ! 痛って!
大林 『東小学校』のどこに
爆弾 仕掛けた!?
爆弾?
とぼけんな!!
硝酸カリウムは水栽培用の肥料
イチゴの うどんこ病消毒用の
硫黄粉末 それに木炭!
これで黒色火薬が作れる!
やっと気づきましたか。
どこに仕掛けた!?
いいんですか?
こんな乱暴な取り調べして。
落としのシゲさん。
ひとの命が懸かってんだ!
爆発 楽しみにしてるんですよ?
どこに どこに仕掛けた!?
ボ~ン。
貴様…!
(呼び出し音)
避難 終わったか?
 まだです。
急げ!
コマさん さっきからワンコが
持ち場を離れて戻って来ません。
分かった。
(操作音)
(呼び出し音)
ワンコ お前 今 どこだ?
ちょっと 気になることがあって
私が閉じ込められてた
小屋に来てます。
(キャッチホンの音)
ちょっと待ってろ。
シゲ 何だ?
大林が 学校以外にも
爆弾を仕掛けてる。
何か におうんです
どこかで嗅いだことのある…。
ワンコ そこから すぐ逃げろ!
え? どうしたんですか?
コマさん。
いいから出ろ!
はい。
あ 何かあります
ちょっと待ってくださいね。
あっ! 爆弾です!
逃げろ~!!
(爆発音)
ワンコ…。
ワンコ~!!
はい ワンコです。
コマさ~ん ビックリしました。
俺もビックリしたんだよ!
東東京小学校へ急げ!
 はい!
はぁ~…。
出せ。
ああ ああ 分かった。
あぁ~ 目まいがする。
琴美!
一子~!
よかった 無事で。
うん。
≪警察犬 到着!≫
(田村) よし 行こう。
まず あのミニパトから
お願いします。
はい よし 行こう。
ヤナ 青木婦警を保護しろ。
はい!
ふぅ…。
はぁ…。
はぁ…。
黒色火薬を使った爆弾だそうです。
了解 ミハイル。
チャンコさん 私も行きます。
危険だ ミハイルに任せろ。
大丈夫です。
危ねぇから待てって!
大丈夫です。
(田村) 捜せ。
(田村) 捜せ。この車に 爆弾はありませんね。はい ありません。
(和田) 他をくまなく捜してくれ。はい!(田村) ミハイル。ちょ… ちょっと待って。
あの人を
永遠に自分のものにするんだ
あの人は女神
あの時 琴美を見てたんじゃ ない。
あっ!
(パトカーのサイレン)
コマさん!
大丈夫か?
はい!
大林は 高橋先生を狙ってます!
来い!
高橋先生!
チャンコ 先生を保護しろ。
はい こちらどうぞ。
爆弾は どこ?
ミハイル。
ミハイル 捜すわよ。
(においを嗅ぐ音)
ミハイル 行け!あっ ありました。
(田村) 危ない!
おい 危ねぇぞ
爆発物処理班に任せろ!
おい 処理班 こっちだ!
大丈夫です。
習いましたから 青いコードと
赤いコード どちらかを切れば…。
あ? 黄色と緑とオレンジ!
えっ? ど… どれ!?
おい!
(爆発音)
やった~。
ミハイル。
ありがとう。
こっちは片付いた
シゲ 大林の野郎 締め上げてくれ。
うっ…!
いわれなくても やってるよ。
うぅ… あっ…。
(柳) ≪成り 王手!≫
(和田) ≪戻せ≫
戻さない。
戻せ。戻さない。
痛ててて…。痛っ うっ…。
お前 いいかげんにしろよ。
こっちのセリフだよ。
たまには靴底減らしてみろよ。
(重村) 突き進み過ぎなんだよ
イノシシか!?
お前は 安全な場所に い過ぎ…!
そのうち ゴツンって行くからな。
なぁ ヤナ。
いいとこにいた。
(小松原)
お前が いつも思ってること
シゲにズバっと いってやれよ。
(重村) ベストの色が変だって
はっきり…。
お前は
何で そんなにカッコいいんだ。
総監!
どうですか? 13係は。
はい。
(においを嗅ぐ音)
信頼の においがします。
結構。
あぁ 諸君 お疲れ…。『デカワンコ』連載中の『YOU』最新号と
コミックス1巻をセットにして
抽選で50名様に
プレゼントします。
ご覧のあて先まで
ご応募ください 待ってま~す!