唯吾日语

最简单的日语网站,最丰富的日语内容!

日本语能力考试

唯吾分享刑警犬子05日文字幕,台词

亲,跪求分享哦 m(__)m

更多
(笑い)
(北風亭太陽の声)
「団子買ってくれよ」「ダメだよ」。
「団子買って!」「ダメだよ」
「団子買って!」「ダメだよ」。
(北風亭太陽)
「ダメだよ!」「団子買って」。
(観客) ハハハ…!
(せき払い)
「ね いいだろう? おとっつぁん」。
「ああ 分かった 買ってやるから
ついて来い ついて来い」。
(サイレン)
(花森一子)
あれ? チャンコさんは?
(小松原)
お前ら 一緒じゃなかったのか?
(桐島竜太)
コマさん達と一緒かと…。
(柳) 待ちます?
いや サクっと終わらすか。
(柳) はい。
はい。
(チャイム)
(インターホン:三浦) は~い。
こんばんは
ちょっと いいですか?
(インターホン:三浦) 誰だ?
お願いしま~す。
(ドアが開く音)
(三浦) ちょっ…!
(小松原) 三浦 晃さんですね?
(小松原) 警察です。
後藤啓子さん殺害容疑で
逮捕状が出ています。
確認してください。
パパ!
(三浦)
子供の前では 勘弁してください。
三浦 てめぇがな…。
分かった。
チッ しょうがねえな
じゃあ 表出ろ。
な? サクっと終わったろ?
・パパ~!・
(デューク) さすが!
逃げようなんて思うなよ。
ペッ。
うお~!!
待て こら!
くそっ 待て! こら!
うっ…。
(小松原) やめろ! うわっ!
ヤナ! 何やってんだ!?
てめぇ この野郎~!!
うわぁ~!
うわっ!
てめぇ
これ どうしてくれんだ あぁ!?
(柳) あぁ!
うわぁ~!
おぉ~!
ムダな抵抗は やめなさい!
おいっ 応援呼べ!
えっ? あっ はい!
応援 お願いします
場所は 港区南青山…。
(門馬) みんな ご苦労だった!
お疲れさまです。
ご苦労さん。
しかし あんなに苦労すると
思わなかったな~。
あの big boy。
おい チャンコは どうした!?
チャンコは!
えっ ヤナさん ちゃんこなら
まだ たくさんありますよ?
その ちゃんこじゃねえよ。
ヤナさん チャンコさんは 先輩ですよ。
関係ねえよ! あいつがいたら
もっと早く逮捕できたのに
ペッて なんなかっただろうが!
う~ん。
あっ チャンコさん
どうしたんですか?
あぁ 電話したら 『木馬亭…』。
落語!?
うん。
えっ 許可したんすか?
いやいや 許可するとか
しないじゃなくて
それだけ いって
電話 切ったからさ…。
えっ 落語って 捜査より
そんなに面白いんですか?
チャンコ 許せねえ!
(重村) まぁまぁ
ちょっと飲め お前 な?
私 寄席にも
行ったことありません。
知らねえよ!
(門馬) みんな 聞いてくれ!
明日から 在庁番だ
出社には 及ばん。
やりたいことをやって
存分に英気を養ってくれ!
イェイ! フゥ~!
キリさん 何するんですか?
ん? で… デートだよ デート。
(においを嗅ぐ音)
ウソの においがします!
うるせぇな。
シゲさんは? 何するんですか?
釣りだよ。
へぇ~。
明日はね 大物狙うんだよ
なぁ ヤナ 行くだろう?
はい。
え? お前
俺とマージャンやるっつったろう。
あぁ?
えっ?
いや 僕は ちょっと あの
息子と…。
あぁ~ 久しぶりに面会か。
いや 拒否されてるんですけど
ちょっと行ってみようかなと…。
やめといたほうがいいぞ ますます
会わせてもらえなくなるぞ。
そうだよ 釣り行こう。
(小松原) いや 俺とマージャンだろう。
ボス ボス ボス…!
私 捜査したいです!
いや だから 事件がないだろう。
じゃあ 事件を担当してるチームに
出張させてください!
ダメ。
やっぱり。

手伝わせてください!
(警官) だからね お嬢ちゃんと
遊んでる暇は ないの。
警視庁捜査一課の…。
あっ どうもどうも。
私のは 本物です!
(警官) おっ! じゃあ お手伝い
お願いしていいかな?
はい!
うん! その子達と 遊んでやって。
おねえちゃん かわいい!
でしょ~! フフっ。
チャンコさん…。


ちょっと ちょっと…!

どこ行くの~! おいで~。

よいしょ~! よいしょ。

ここが 『木馬亭』か…。
♪~
(拍手)
え~ マヤの暦では 2012年
まぁ つまり来年ですね
どうも人類がね
滅んじゃうらしいんですよ。
ところがね その原因が
意外なところにあるという話でね。
そ…。
(せき払い)
実はね それは この私なんですよ。
・何で?・
(太陽) そう 何でと思うでしょ?
それはね こんな私を
真打ちにしよう
っていうんですから
マヤの神様が
怒っちゃったんでしょうね。
(笑い)
(太陽) どうも すいません。
あの いや… どうも今日は
スベりがちのようなんで
こういう日は すぐに話に
入ったほうが いいみたいですね。
「おとっつぁん 開けてください。
ハンシです
遅くなって すいません」…。
アッハッハッハ…!
(観客) ハッハッハ…。
ハッハッハッハ…!
何か よく笑う…
こんなに よく笑う人
初めてですよ この話で。
(太陽)
話も止まっちゃうんですから
まったく まぁ。
あ~ 落語って面白いですね。
チャンコさん
何で笑わないんですか?
我慢大会?
(和田)
ワンコ 俺をつけてたのか?
あっ 見かけたんです
家 すぐ近くなんです。
・キャ~! ひったくりよ!・
こら!
(和田) 待て!
大丈夫ですか?
(男) どけ こら~!
(男) あぁ!
チャンコさん。
うわっ!
(和田) おら~!
あぁ~!!
チャンコさん!
(ナイフが落ちる音)
あぁ…。
(和田) おら!
わぁ チャンコさ~ん!
「とりゃあ!」って感じで
チャンコさんが
事件解決したんだよ!
申し訳ありません。
(山田彦左衛門) とんでもない。
ところで 今場所の成績は
いかがですか?
は?
おじいちゃん
チャンコさんは あだ名で
ホントは 和田さんって いうの。
あ~ それはそれは… どうも。
いえ。
で しこ名は?
「和田の山」です。
(山田小梅) できたら
もんじゃ 食べてってください。
今 鉄板の用意しますから。
ごっつあんです。
じゃあ 色紙だ。
いや ホントは 小食なんだけどな。
(アリサ) ・ただいま~・
あっ アリサちゃん。
パトラッシュ
散歩 連れてってくれてたんだ。
ありがとう よかったねぇ~!
(パトラッシュの鳴き声)
シロ。
あっ ウチのパトラッシュです
男のコ。
実は 犬 苦手なんだ。
あぁ すいません。
あっ 用事 思い出した。
失礼します。
えっ あれ… チャンコさん?
あの すいません 手形を…。
お世話になりました。
お帰りですか?
(アリサ) どうしたの?
分かんない。
今の人 犬 嫌いなんてウソだよね。
パトラッシュ 犬嫌いの人に
しっぽ 振ったりしないもんね?
(吠え声)
落語 落語 落…。
えぇ~!?
どうしてですか?
太陽さん 病気ですか?
夜の部に来てね。
(和田) ・おやっさん
どういうことですか?・
あっ!
あっ!
いつもどうも 詳しいことは
分からないんですが
おかあさんの入ってる
老人ホームから連絡があったんで。
場所 分かりますか?
さぁ。
(においを嗅ぐ音)
事件の においがします。
どうして 北風亭太陽さんを
追いかけてるんですか?
一緒に連れてってください。
降りろ。
(においを嗅ぐ音)
(ドアが開く音)
あれ?
(においを嗅ぐ音)
(ドアが閉まる音)
(ドアが開く音)
(においを嗅ぐ音)
おぉ~。
うわぁ~!
・上がれ 上がれ!・
(着信音)
(デューク) ヘイ キリ!
(着信音)
Emergency!
誰だよ。
ごめん 悪ぃ。
(着信音)
サンキュー。
(デューク) You wait!
(デューク) Change!
もしもし。
 キリさん ワンコです。
お前かよ! 何だよ。
デュークさんと
デートなんですか?
あぁ うるせぇな 切るぞ。
 チャンコさんが
暴走してるんです。
あ?
 北風亭太陽さんのお母さんが
入ってる 老人ホームに向かってます。
全然 話が見えません じゃあな。
ワンコだったら
もう出なくていいから。
俺は 電話番かよ!
もう…。
(操作音)
どうぞ。
ありがとう。
お待たせいたしました。
(松田洋雄) すまないね。
(柳) とんでもありません。
ありゃ?

(柳) シゲさん。
・シゲさ~ん!・
ワンコ!
あっ ヤナさんも いたんですか?
(柳) いるさ~。
シゲさん 大物狙うって
いってたから
海かと思ってましたよ。
(重村) ここはね
大物が釣れるんだよね。
やぁ。
あっ お久しぶりです。
総監も釣りが お好きなんですか?
まぁね。
ふ~ん。
シゲさん
電話で話した件なんですけど…。
ヤナに調べてもらったから
一緒に行ってください。
あ ありがとうございます。
(柳) おい 行くぞ。
行ってまいります。
ご苦労さん。
行ってまいります。
うん。
うん うん うん…。
あっ これ 違う!
花森一子は どうですか?
あの鼻は 使えますね。
だろ?
いい刑事になるかもしれませんね。
ところで
五十嵐のことなんだが…。
おっ 食いついた
おっとっとっとっと…!
どうして チャンコさんは
北風亭太陽さんに
こだわってるんでしょう?
(柳) う~ん…。
ファンだから?
ファンが親の老人ホームまで
押しかけるか?
じゃあ あの においと
関係してるのかな?
におい?
チャンコさんの車の中で
におったんです。
ここか?

体操 始めますよ~
集まってくださ~い。
最初は 腕の体操から行きます
イチ ニ…。
あっ あの人です あの人。
昨日 バカ笑いしてた…。
警視庁捜査一課の花森一子です。
やな… 柳… や…。
柳です。
あぁ…。
あの 和田さんには
包み隠さず話してますし
連絡があれば 必ず通報します。
だから 寄席に来るのは
遠慮してほしいんですが。
チャンコさん 見当たりませんね。
ちゃこ?
いや 「チャンコ」 和田です。
あぁ~。
えっ ここにですか?
来てない?
スーパーの強盗殺人事件を?
(太陽) そんな大きな声で!
もう! ちょっと…!
勘弁してくださいよ。
弟さんが容疑者として
手配されてるわけですね?
そうです 和田さんは
弟が会いに来るんじゃないかと
私を監視してるんです。
何年前の事件ですか?
5年前です。
俺もチャンコさんも
もう13係にいたけど
そんな事件 担当してないぞ。
…て?
どこのスーパーですか?
石川町の『ベニー』です。
横浜じゃないですか!
はい。
…で?
母親も長くないですから
弟には自首して
罪を償ってほしいと思ってます。
弟さんが現れましたら
必ず連絡お願いします。
分かりました。
チャンコさん 事件を
追ってたんですね さすがです。
バカか お前は。
え?
どう考えても おかしいだろ。
はい?
何で管轄外の事件 追うんだよ。
管轄外って?
俺達 警視庁が担当するのは
東京都内で起きた事件だけだ。
横浜で起きた事件は
神奈川県警の担当だろうが。
あぁ そっか。

(刑事) ありました ありました。
5年前
2006年3月8日に発生した
『ベニースーパー』
強盗殺人事件ですね?
ええ うちの和田は
事件に関係してるんですかね?
あっ お写真もありました
和田 純さんですね?
(柳) はい。
そうです!
(刑事の声) 警備員に成りすました
2人組の犯人が
スーパーの事務室で強盗を働き…。
おい 車! 車!
おいっ 開いたぞ!
こら 待て!
(和田)おい! おい!
何やってんだ お前ら!
おい! こら! おい!
え? 犯人が乗り逃げしたのは
チャンコさんの車?
その責任を感じて
犯人を追ってんだろう。
和田刑事の車は 数km離れた所に
乗り捨ててありました。
残された指紋から
2人組の犯人を特定。
中江耕太郎は 1年後に逮捕。
上木 清は 現在も逃走中です。
上木 清が
北風亭太陽さんの弟ですね。
うん…。
盗まれた金 1000万円は
上木が所持してるものと
思われます。
上木 清の遺留品は ありますか?
ええ。
においを嗅がせてください!
(柳) やめとけよ。
(においを嗅ぐ音)
なるほど。
(小松原) そういや 5年前
チャンコ 様子おかしかったこと
ありましたよね。
めったに笑わなくなったのも
その頃からです。
でも 何か
ふに落ちないんですよね。
確かに 自分の車が犯人の逃走に
使われるのは屈辱ですよ。
チャンコが 執念 燃やすのも
分からなくもないです。
でも チャンコは
今まで13係担当の事件捜査で
手を抜いたことはないんです
この前が初めてですよ。
そうだな。
でも何で 今頃 落語家の所に
現れるなんて思ったんだろう?
これじゃないですか?
「北風亭太陽 真打」…って
何ですか?
真打ち。
簡単にいうと 実力が認められて
高座でトリを取る
権利が与えられるっていうことだ。
「トリ」って何ですか?
自分で調べろ。
あ キリさん知らないんだ。
知ってるわ!
っていうか お前
『紅白歌合戦』見たことねえの?
っていうか お前がいると
話が進まねえんだよ!
そりゃ めでたいことだけど
来るかな?
金の無心が
目的なんじゃないでしょうか。
…って どういうことですか?
いちいち質問すんな! お前は。
事件は5年前です
その時に盗んだ金は
もう すでに使い果たしてるんじゃ
ないでしょうか。
あ そういうことか。
で どうすんの?
俺達 この事件にかかわるの?
乗りかかった船です
犯人 逮捕しちゃいましょう。
だから 神奈川県警マターだから。
在庁番ですしね。
えっ 目の前に事件があるのに!
在庁番や休みっていうのは
次の事件捜査のための
英気を養うのが目的なんですよ。
(小松原)
けど 在庁番だってのに
13係 がん首
そろってんじゃねえかよ。
リア充は いないのか?
「リア充」って何ですか?
あっ うな重 天重の仲間ですか?
(重村) 食べ物ではないですね。
(小松原) 何だ ワンコ
一番若いのに 知らないのか。
初めて聞きました。
「リアルな生活が充実してること」
まぁ ネット用語だけど。
解説 ありがとうございます。
(小松原) いいえ。
ん? コマさん
デュークいませんよ。
な… 何!? デークの野郎
金髪ねえちゃんと
デートでもしてんのか?
発想が貧困です。
うるせぇ!
よし 俺も リア充して来る!
何します?
(小松原) とりあえず
昼飯 食いながら考えるかな。
うぅ…!
リア充だ!
(琴美) えぇ~!? 今から食事!?
何でも ごちそうしてくれるって。
(琴美) パス。
え… いや
表で待ってるのに。
(琴美) 私にも選ぶ権利あるのよ?
いい人だよ? 時々 キレるけど…。
それより
和田さんのほうが気になるな。
やっぱり?
和田さんが追ってる事件。
あっ そっち?
もしかしたら 和田さん
共犯なんじゃないかな?
えっ…?
キャ~! 人殺し~!
あぁ お金も取られてる!
(エンジンの始動音)
こら~!
(和田)警備員さ~ん!
俺の車が… 俺の車が…
俺の車が…
(琴美の声) 和田さんが 逃走用に
自分の車を提供した。
えぇ~?
だって 変じゃない?
和田さん 都内に住んでんのに
何で 横浜のスーパーにいたのよ。
あ…。
奪った1000万円
山分けするつもりだったけど
あいつが 全部奪って逃げた。
それを取り戻すために
落語家を見張ってんのよ!
いや あり得ないよ。
いい人そうに見えて犯人…。
そういうパターン
よくあるじゃない。
チャンコさんに限って…。
じゃあ あれは!?
和田さん 実はさ…。
ねぇ 琴美 面白がってない?
まぁね。
やっぱり…。
(パトラッシュの鳴き声)
あ… パトラッシュ
そろそろ ご飯の時間だね。
(においを嗅ぐ音)
ん? あれ?
(においを嗅ぐ音)
(琴美) どうしたの?
(琴美) どうしたのよ。
(足音)
あぁ ヤナさん
もうちょっと待って!
殺しだ。
琴美 お願い。
先 行きま~す!
靴ベラ!

(柳) デートのはずだったんです。
言い争ってた 近所の…。
こりゃあ
時間が かかりそうな ヤマだな。
コマさん 被疑者は
もう分かっちゃいました。
見つけ次第 確保しても…?
えっ そうなの?
じゃあ すぐに 本部 連絡。
はい。
(柳) すいません 遅くなりました。
おう チャンコは?
知りません。
おい デーク
チャンコに連絡したんだろ?
(デューク) Yes yes….
チャンコさん…。

はぁ~…。
(門馬) いや~ 昨夜は ご苦労さん
スピード逮捕だったな!
いや わざわざ 俺達が行くほどの
事件じゃ なかったっすよ。
ヤナ おはよう。
はいはいはい…。
あっ おはようございます。
(デューク) Good morning チャンコ。
チャンコ 昨日は
どうして出動しなかった?
何のマネだ?

チャンコ。
チャンコ 事件との かかわりは
分かりました。
気持は分かるけど
辞表を出してまで捜査する
事件じゃ ないでしょう… ね?
すいません。

ハァ ハァ ハァ…。
チャンコさん!
チャンコさん チャンコさん!
チャンコさん!
もしかして…
犬と関係が ありませんか?
(においを嗅ぐ音)
(においを嗅ぐ音)
犬 飼ってましたよね?
においます。
バカな…。
犬を飼っていたのは
もう 5年も前だぞ。
ウチのパトラッシュと同じ
トイプードルですよね?
ホントに におうのか?
やっぱり…。


(和田) 名前は シロ。
ここで よく

遊ばせてたんだ。

あれは 横浜で評判の
ペットショップで
トリミングをした帰りだった。
途中で
スーパーに立ち寄ったんだけど
シロに
寒い思いをさせたくなくて
エンジンをかけたまま
鍵をかけずに
車を降りてしまった。
キャ~! 人殺し~!
あぁ お金も取られてる!
おいっ 開いたぞ!
(和田)おい! おい!
何やってんだ お前ら!
(シロの吠え声)
シロ~!
(和田)おい!
(シロの吠え声)
(シロの吠え声)
(和田)おい!
(シロの吠え声)
ハァ ハァ… シロ…
(シロの吠え声)
(和田の声)
それが シロを見た最後だった。
(和田)ハァ ハァ…!
ちょっと 何…
どけ! 通してくれ!
シロ!?
(和田の声) 車が発見された時
シロの姿はなかった。
(和田の声) すぐに捕まった
上木の共犯者は
途中で車を降りていた。
その時は まだ
シロは乗っていたが だけど
上木が その後
どうしたかは 知らないという。
シロ~!!
「迷い犬」の張り紙をしたり
ペットショップに行ったり
いろいろ 捜し回った。
だけど
見つからなかった。
マルヒの上木が
シロを飼ってるかもしれない…。
それが 最後の望みだった。
だから
マルヒを
どうしても捕まえたかったんだ。
それで
マルヒのお兄さんの
太陽さんを監視してるんですね。
私 捜します!
シロちゃんのこと 捜し出します。
においで?
キャリーバッグのシート
お借りします。


ただいま~。


はぁ~。

あとは
どこをどう捜せばいいんだろ?
(においを嗅ぐ音)
(鳴き声)
あっ… そっか。
「蛇の道は蛇」… じゃ なくて
「犬の道は犬」だね。
(吠え声)


(鶏の鳴き声)

(田村) 君! 何してるの?
ミハイルに お願いしてるんです。
田村さん 協力してください!
(鳴き声)
(拍手)
(ひでき) たかしちゃん。
(たかし) おう どげんした?
(ひでき) 九州と違てね
東京の電車は怖かば~いて。
(たかし) 何が怖かですか…?
(ひでき) この前 満員電車に…。
(振動音)
(着信音)
はい もしもし。
太陽さん。
はい。
え?
はい 分かりました。
マルヒから連絡が入って
今から 東新橋のレストランバーで
会うそうです。
チャンコは?
電話があったことを察知して
北風亭太陽を
問い詰めたそうです。
じゃあ 現場へ 向かったのか?
(柳) そうですね。
(重村) コマ 頼む。
いわれなくても行くよ。
俺も行きます。
(小松原) おい デーク 車!
(デューク) だから デュークです!
(小松原) うるせぇな この野郎。
ワンコ 今どこだ?
これ かわいいかも!


まだ いませんね。
変装してるかもしれない
見逃すな。
嗅いで来ます。
(においを嗅ぐ音)
(においを嗅ぐ音)
(においを嗅ぐ音)
いませんね。
まだ来てないのか。
(客) すいません。
(店員) 何名様ですか?
行って来ます。
(店員) こちらへ どうぞ。
(においを嗅ぐ音)
(においを嗅ぐ音)
チャンコさん この人 犯人です!
上木 清だな!
ワンコ 逆回れ!
はい!

待て~!
(和田) 上木!
待て!
(上木) 痛ってぇ!
(和田) おら!
どこだ!? シロは どこだ!?
チャンコさん 死んじゃいますよ!
どこだ!? シロは どこだ!?
チャンコさん!
シロは どこだ!?
(上木) 知らねえよ!
とぼけるな 俺のシロは どこだ!?
チャンコ!

どこだ!?
(ドアが開く音)
ワンコ
着替えて来いっていったろ。
着替えてます。
「どこだ?」って 聞いてるんだ。
だから さっきから
「シロ シロ」って 何だよ?
犬だ あの時 車に乗ってただろ。
あぁ あの ちんけな犬か。
えっ 犬?
乗り逃げされた車に
愛犬が乗ってたんです。
だからチャンコさん
この事件を追いかけてるんです。
そういうことだったのか。
犬なら 途中で 放り出したよ
走ってる車からな!
貴様!
場所は どこですか?
どこだったかなぁ?
高速道路 走ってる時だった。
情けなく 鳴きながら
落ちてったよ!
(上木) アッハッハ…!
(和田) 離せ! くそっ!
ハッハッハ…!
(門馬) チャンコ!
退職願 受理するよ。
ボス… 何も こんな時に。
こいつは もう刑事じゃないから
あんたを殴っても 警察不祥事
ってことじゃねえからな。


うっ…!

教えてくれ。
シロを どこで車から…。

(においを嗅ぐ音)
(和田) ・シロ…・
チャンコさん。
もう5年も前の話です
においは残ってません。
あぁ そうか。
見つけられなくて すいません。
いや…。
はぁ…。
落語の演目にね
「元犬」っていうのがあるんだ。
「白い犬は
すっごく人間に近くて
来世は 人間に
生まれ変わることができる」。
そういう言い伝えを聞いた犬が
来世じゃなくて
今すぐ 人間になりたいって
神社に お参りに行くんだ。
すると
姿は人間になれるんだけど
ついつい 犬のクセが出てしまう。
そこの描写が面白いんだ。
ワンコ
お前 におい嗅ぐ時
鼻 ヒクヒクさせるだろ。
お前も 元 犬なんじゃないか?
かもしれません。
シロ 人間に生まれ変わって
くれたらいいんだけどなぁ。
そしたら また会えるからさ。
シロちゃんは
人間に生まれ変わったりなんか
しません。
おい 夢ぐらい見させてくれたって
いいだろ。
シロちゃんは 絶対に生きてます。
ありがとう。
♪~ 『太陽にほえろ!メインテーマ』
はい 花森です。
えっ?
シロちゃん 見つかったんですか?
(田村) いや~ 私には何とも。
別の事件で
出動していたんですが
ミハイルが ここで急に
動かなくなったんです。
もしかしてと思って
連絡したんですが。
(においを嗅ぐ音)
(においを嗅ぐ音)
においます!
シロちゃんの においです!
ホントか!?
うん!
だよね ミハイル!
(吠え声)
この家か。
(チャイム)
(インターホン:女性) はい。
あの 夜分遅くに すいません。
犬を飼ってらっしゃいますか?
(インターホン:女性) ええ。
白のトイプードルですか?
(インターホン:女性)
そうですけど 何か?
確かに 5年前に拾いました。

シロ…。
シロ。
おいで シロ。
シロだ。
こうすると 舐めるんですよ。
(和田) シロ シロ。
シロ シロ。
ごめんな シロ。


ミハイル 行こう。

飼い主さんは シロちゃんを
本当に大切に
育ててくれていました。
それで?
シロちゃんは
チャンコのとこに戻って
めでたし めでたしか。
いえ チャンコさんは…。
シロ
(一子の声) 一日だけシロを預かり
さっき…。
(一子の声) 「5年間
愛情を注いでくれた人と
引き離せない」って。
タロウ!
シロの鳴き声
シロの吠え声


何や めっちゃええ話やないか
なぁ!
ボス Why 関西弁?
いや 何でやろ?
ヤナ お前の話を聞いているような
気がしたよ。
ヒィ~…。
コマさん ひどい! それ。
すまん すまん。
ボス チャンコさん
戻って来ても いいんですよね?
あ?
(重村) 退職願 受理してましたが。
あぁ~ 受理しない!
取り消し 取り消し!
誰か連絡してくれ。
はい。
今は つながらないと思います。
(においを嗅ぐ音)
たくさんの
涙の においがします。
(太陽の声) 「あ~ お前さん
ついてっちゃダメだよ。
戻って来た 戻って来た」「はい」。
「で 名前は 何ていうのかな?」
「はい シロです」。
「うん それは そうだろうけど
あだ名か何かだろ?
本当は シロキチとか
シロタロウとか いうんだろ?」。
「ただ シロです」
「ただ シロって…
タダシロウか いい名前だね」。
「ベロベロ」「ベロベロ舐めるのは
やめておくれ。
ホントに変わってるね
お前さんは いいね」。

ハッハッハ…!

(ドアが開く音)
ガラさん。
あれ?
面会は できません。
どうしてですか?
体調でも悪いんですか?
いえ 本人が
「あなたに会いたくない」と。
あ… 私 花森一子です
何かの間違いじゃ…?
間違いありません 花森一子さんに
会いたくないそうです。
どうして…。
ガラさん
ウソの においがします
あれが原因? ってことは…。
『デカワンコ』
見逃し配信やってます。
『デカワンコ』見逃した方
もう一度見たい方は こちらまで!
~ ウキキ ちゃんねる
めちゃめちゃ甘い。
<世界の激甘料理を探せ!>
<TOKIOの2人が
知られざる その甘い秘密を
徹底リサーチ!>
<自分も…>
(笑い)