唯吾日语

最简单的日语网站,最丰富的日语内容!

日本语能力考试

唯吾分享刑警犬子07日文字幕,台词

亲,跪求分享哦 m(__)m

更多
(釣り鐘の音)
(目覚まし時計のアラーム)
(目覚まし時計:犬の吠え声)
(目覚まし時計のベル)
(花森一子) う~ん…。
(目覚まし時計の音)
ふぅ…。
私は 花森一子。
警視庁捜査一課 第八強行班捜査
殺人捜査13係に所属しています。
う~ん…。
(目覚まし時計の音)
(目覚まし時計の音)
刑事の朝は不規則
事件を追っている時は
捜査本部のある
所轄に泊まり込むこともあります。
う~ん…。
一昨日 ある事件の被疑者を逮捕。
昨日 久しぶりに
家に帰って来ました。
(目覚まし時計のベル)
取り調べと裏付け捜査は
普通 所轄で行うのですが
今日は なぜか本庁なのです。
う~ん…
起きなきゃならないけど…。
(一子の声) 花森一子 朝だぞ
起きろ! 早く起きろ!
 目を覚ませ 朝日に吠えろ!
太陽に吠えろ!
分かった 分かった。
(一子の声) 花森一子 朝だぞ。
 早く起きろ! 目を…。
はぁ~…。
(小松原) あぁ~…。
(門馬) 何だ コマ
事件は 一段落したんだ。
家 帰って寝りゃいいじゃないか。
ここのほうが熟睡できるんですよ。
あぁ? 体こわすぞ?
あっ 昨日の 夜10時以降
何にも食ってないだろうな?
はっ?
今日 健康診断! ほら あれ。
えっ 聞いてませんけど。
ヘヘっ 今 いった。
所轄 行ってきます。
取り調べか?
いや それは こっちでやるんで
マルヒ 連れて来ます。
そんなの所轄の連中に
任せりゃいいじゃないか。
健康診断の順番 全員そろった
部屋からなんだってさ。
いや 所轄は 事件抱え過ぎてて
取り調べ室が空いてないんですよ。
それに マルヒが
なかなか落ちないんで
シゲに託したいそうなんです。
そんな 難物なのか?
ええ 見るからに。
(小松原) おぉ デーク 今 どこだ?
(ベル)
(小松原) うるせぇ この野郎。
(ベル)
はい 13係。
ワンコ 遅い!
すいません あの ボス…
私 どうしたらいいでしょう?
どうした? 何かあったのか?
昨日から おじいちゃんと
おばあちゃんが
温泉に出かけてるんです。
あ? 温泉?
はい アリサちゃんも
今日から試験だし
パトラッシュの面倒
私が見なくちゃならないんです。
私は どうして
お前の私生活を聞いているのだ?
なので 休みたくないんですけど
休ませてください。
バカ野郎!! そんな理由で
休む刑事が どこにいる!
やっぱり…。
「一番に出勤して
部屋を片付けろ」といったろ!
とっとと 出て来い!
急ぎます!今日はどれにしようかな~。これだ!デカワンコスタンバイ完了!
フッ。ったく 使い過ぎなんだよ
どいつも こいつもよ~。
(和田) 何だ?
(和田) 何だ? これ。
(電気シェーバーを叩きつける音)
(桐島竜太) おはようございます。
キリ!
はい。
遅いんだよ!
すいません。
(電気シェーバーを叩きつける音)
何でチャンコさん
あんなにイラついてるんですか?
今日 健康診断だから
腹へってんだろ。
あぁ~。
おはようございま~す。
ワンコ!
(パトラッシュの鳴き声)
(門馬)
ワンコ 何でワンコつれて来た?
パトラッシュを
ひとりにしては おけません!
ペットホテルにでも
預けりゃいいだろう。
パトラッシュ
枕が変わると眠れないんです。
知らんよ!
(和田) パ~トちゃ~ん!
元気で~ちたか~? フフフ…。
フ~!
パトラッシュ よかったね。
お前ら 犬と遊んでる時間ないぞ。
第3会議室 行ってな
ヤナ 手伝ってやれ 行け!
おはようございま…。
何してるんですか?
(柳) 「何してる」じゃ ねえよ。
お前ら 聞いてねえのかよ。
マルヒが
アリバイ主張してんだよ。
ガイシャが殺された時間に
人気アイドルグループ
「ジュース」のコンサート見てたって。
「ジュース」?
「NEWS」じゃなくてですか?
「NEWS」じゃ ねえ! 「ジュース」だよ
「NEWS」って聞いたことねえよ。
あいつら めっちゃカッコいいっすよ。
えぇ?
ちょっと これ 見てみろ。
(柳) 星印 描いてあんだろ?
ちぎられたほうの半券にも
同じように星印描き込んだんだと。
何枚あるんですか?
5万人分だから… 何枚だ?
5万枚ですね。
5万枚ですね。
突っ立ってないで 手伝えよ!
は~い。
はい。
(小松原) シゲ サクっと頼む。
(重村) ああ。
(山村)
あなたが 落としのシゲさん?
重村です。
山村なぎささんですね?
所轄のバカどもが話してたわ。
そうですか。
所轄で 裏付けやってる。
(重村) 頼む。
あぁ デーク
おめぇは 記録取ってろ。
(デューク) えっ!? えぇ~!
何よ その態度。
No nothing.
何よ その英語。
何でも。
(山村) あんた
日本語も英語も中途半端ね。
冴えない男。
(鳴き声)
ん~ あぁ~ もう! 面倒くせぇ!
(和田) ヤナ!
チャンコさん
これ やる意味あります?
マルヒが
アリバイを主張してるんだ。
それをちゃんと検証するのも
大事な仕事だろ。
そうですね 勉強になります!
ところで マルヒは 女か? 男か?
へっ?
女じゃないんすか?
「なぎさ」って名前だし。
男だって いるじゃんか
映画監督の大島 渚。
男ですよ。
におうのか?
いえ だって 女だったら ヤナさん
もろタイプじゃないですか。
ワンコ!
はい?
男だ!
ちゃんと 調書 読め!
そして 全然タイプじゃ ねえ。
すいません!
取り調べのルールを
お聞きしたいんですけど。
我々は 逮捕後 48時間以内に
検察に送検
あるいは
釈放しなければなりません。
それと 一日の取り調べは
8時間を超えてはなりません。
まぁ 例外が認められることは
ありますけれどもね。
私が逮捕されたのが
一昨日の午後5時。
ですから今日の午後5時までに
送検しなければなりませんね。
この部屋…
時計ないのね。
ええ。
まぁ いいわ。
私を落とせるかしら?
捜査の結果から 我々が考える
事件の構図を
説明したいんですけれども。
どうぞ。
え~ 2月23日の夜。
あなたは 画家の塚本隆夫さんの
アトリエに侵入。
創作中の塚本さんを
アトリエにあった
絵画用ペンチングナイフで刺し殺した。
(塚本)うっ!
そのペンチングナイフからは
あなたの指紋が検出されてます。
それと あなたの
マンションのゴミ集積場から
塚本さんの血の付いた
衣類が発見されました。
付着していたDNAの鑑定結果から
あなたのものと分かりました。
(デューク) それに対しての
あなたの主張は
塚本さんとは親しくしていて
アトリエにも行ったことがある。
その時に
ペンチングナイフにも触った。
血の付いた洋服は
数日前に盗まれたもの。
そうですね?
アリバイだって あるでしょ?
人気アイドルグループ「ジュース」のコンサートに
行かれていたんですよね?
そうよ?
(重村) 半券は 今 調べてます。
ただね 会場で
あなたのことを目撃した人が
一人もいないんですよね。
アイドルのコンサートでは
み~んなステージしか見てません。
(山村) あんた いいコね。
恐縮です。
一番肝心なこと。
私には 動機がない。
「動機」?
腹へった…。
検査 終わるまで食えないっすよ。
(柳) くそっ。
(いびき)
(柳) ワ~ンコちゃん。
んんっ…。
はっ! 寝てました。
てめぇ ふざけんな 目を覚ませ!
うっ う~ん…。
(着信音)
何やってんだ? お前は。
(着信音)
こちら 桐島です。
分かりました! すぐに行きます!
すいません 抜けます。
ちょっと待て!
てめぇ どこ行くんだよ。
コマさんが「捜査本部に来い」と。
裏付け捜査か?
ズルい! 私に行かせてください!
コマさんのご指名だから
じゃ 頑張ってください!
(和田) おいっ おいっ!
桐島!
休憩しようか。
ですね。
ちょっと行きませんか?
あれ? ヤナは?
トイレです。
何だ? あいつ。
うわっ! かわいい~!
何いってんだ ワンコ。
洋服 かわいいじゃないですか!
タバコ吸わせて。
取調室はね
2年前から禁煙なんですよ。
吸わせないは 拷問でしょ。
すみませんね。
まぁ 5時過ぎてから
ゆっくり吸わせていただくわ。
物証だけでも 送検できますよ。
落としのシゲさんが
落とさないまま地検に送る?
ねっ シゲさん。
般若心経を ご存じですか?
出た! 般若心経攻撃!
 般若心経を読んでいる 
 般若心経を読んでいる 
だから何?
シゲさん 打ち返された。
ハッ!
今度は 霊能者攻撃?
なんまいだ~ なんまんだ~
なんまんだ~ なんまんだ~…。
なんまんだ~ なんまんだ~
なんまんだ~ なんまんだ~…!
あぁ いるわね。
見えるんですか?
恨む相手 間違ってるわよ!
次は タロット攻撃?
この後じゃ 攻撃力 弱いだろ。来た~!
来た~!
あ 痛っ。
今ので落ちると思ったんだけどな。
う~ん…。
(和田) ん?
昔々 雪の降る大みそかに
みずぼらしい服を着た
マッチ売りの少女が…。
出た~ 昔話攻撃。
そんなの あるんですか?
初めて見た。
初めて~?
「マッチを買ってください」。
しかし
誰も立ち止まってはくれません。
寒さに凍えそうでしたが
このまま家に帰ると
厳しい父親に…。
郷愁 誘って 泣かせる作戦?
底が浅いのよ。
そんなんで 私 落とせるの?あんなに苦労してるシゲさん
初めて見ました。
まったくだ… さぁ
この作業 とっとと終わらせんぞ。
(着声) メールが届きました。
はい。
(着声) メールが届きました。
(着声) メールが届きました。
見ないんですか?
(着声) メールが届きました。
どうせ 養育費の催促だよ。
(着声) メールが届きました。
別れたカミさんか?
はい。
見たほうがいいですよ。
うるせぇ。
何してんだよ!
(操作音)
マジで!?
どうした?
いや 誠一が来るみたいです。
あっ ヤナさんの息子さんですか?
うん。
ヤナに会いにか?
いやいや
社会科の授業で 警視庁見学です。
やったな~!
警視庁は 事前に申し込めば
誰でも見学することができます。
え?
ん?
ただし セキュリティーの関係から
現在 見学できるのは
ふれあいひろば警視庁教室
警察参考室だけなんです。
誰に喋ってんの?
別に。
ヤナ よかったじゃないか。
カミさんが
理解を示してくれたようだし。
違いますよ。
「偶然でも
絶対に会わないように!」。
会わねえよ!
え? 何で会わないんですか?
うるせぇよ。
おぉ~!
どうして? どうして?
うるせぇよ!
どうして!?
うるせぇ!
はぁ… まだかよ 健康診断。
もう10時だよ?
(お腹が鳴る音)(係員) お待たせしておりま~す。
あっ!
アッハッハ… 待ってたよ。
健康診断 順番ね
みんな すぐ呼ぶから。
13係は
12時すぎになると思います。
えぇ… ちょっと待ってよ
まだ2時間もあるじゃない。
すみません
順番に お呼びしてますので。
こちら 読んどいてください
失礼します。
あ… 取り付く島もないね。
ちょっと便所 行って来ます。
んっ。
チャンコさん チャンコさん
チャンコさん。
ん?
ヤナさんの事情 知ってます?
ああ。
刑事には よくある話だ。
仕事に熱中し過ぎるあまり
家庭を顧みなかった。
つうか 顧みようと思っても
顧みられなかったってことだ。
ハードですよねぇ 捜査一課。
とはいえ ちゃんと
家庭生活を送ってる奴も
たくさんいるからな。
単に ヤナが不器用だっただけだ。
納得です。
もっと不器用な俺は
結婚しなかった。
納得です。
離婚は
仕方ないと思うんですけど
どうして 子供に会っちゃ
いけないんですか?
弁護士に 調停中は
子供に会わないようにと
約束させられたらしいんだよ。
そんな… 理不尽です。
ああ 俺も そう思う。
子供は
母親だけのものじゃねえからな。
ヤナだって 親だ。
(ドアが開く音)
ヤナさん
めげずに頑張ってください!
お前は ホントに
うるせぇな この野郎!
あぁ~!!
ワンコ 何やってんだ お前!
私!? 私!?
いや~!!
あぁ~!
(柳) うりゃ~!
イヤだ~!!
お前…!
あぁ…!
お前 何やってんだよ! こら~!
俺 腹へってんだよ!
2人とも 落ち着け~!
(吠え声)
腹へって 力が出ない。
検査まだか~ もう。
(鳴き声)
ん?
あぁ~。
よ~しよし… おいで。
よいしょ~ どうちまちたか~?
よ~しよし…。
ボス
犬 好きなんじゃありませんか。
いや~ そんなことはない
とっとと帰ってもらいなさい。
あ~ チャンコ
半券 見つかったか?
ボス 健康診断 まだですか?
俺 もう 腹ペコペコです。
私もペコペコです。
12時っつってたから
もうすぐだと思うんだけどな…。
(門馬) あ~ シゲ ご苦労さん。
マルヒ まだ吐きませんか?
う~ん。
いや~ しぶといっす。
あ~ なぁ 頼むよ
シゲさん サクっと落としてよ。
彼が犯人なのは間違いないんです。
ただ
動機が見当たらないんですよね。
自白 証拠 動機の解明は
重要だからな。
コマから情報は ありませんか?
いや~ まだ連絡ない。
(和田)
デューク マルヒは何してんだ。
昼飯で 留置所に戻しました。
昼飯!?
何 食ってんだ?
何食べてるんですか?
何 食ってんだ?まぁまぁね。
はぁ…。
はぁ…。
はぁ…。
ボス 俺達は いつになったら
飯 食えるんすか?
俺に聞くなよ。
I’m so hungry.
お腹すいたね パトラッシュ。
だから いうなって。
つうか パトラッシュは
食ってもいいんじゃないか?
あっ そうか。
チャンコさん
ちょっと すいません。
おい ここで やるなよ もう。
健康診断 終わったら
何 食べます?
チャンコ。
たまには 焼き肉にしましょうよ。
Steak.
焼き鳥だな。
ハンバーグか パスタ…。
小学生か! 小学生?よく頑張ったな
おいしい~!
うまい~
野球選手になっちゃうか?
ウフフフ…。
(田村) ≪こんにちは≫
(ミハイルの吠え声)
ミハイル!
元気だった? ミハイル!
会いたかったよ~。
これは!
(田村)
ミハイルは 表彰されたんです。
すごい ミハイル 頑張ったんだね。
君と一緒じゃないと
本領発揮できるんだ。
えっ そうなの? ミハイル。
(吠え声)
(鳴き声)
パトラッシュ
はじめましてだよね~?
パトラッシュ ミハイル
ミハイル パトラッシュ。
よろしくね~。
(琴美) 一子~。
琴美!
(琴美) ジャ~ン 私も。
水くさい
教えてくれればいいのに。
だって 捜査で
忙しそうだったから。
おぉ…。
どうも
例の 柳 誠士郎です。
あっ こんにちは。
こんにちは~。
もし よかったら…。
ミハイル 崖の上に
犯人を追い詰めたんだよ。
崖?
(琴美) そう ドラマみたいだった。
崖…。
そうだ ボス。
ん? 何だ。
山村なぎさも 崖に連れて行けば
自白するんじゃないでしょうか。
あぁ… バカか!
え? 人間は 自然を前にすると
気持が素直になります。
取調室より いいと思います。
あのな 2時間ドラマのクライマックスで
崖が多く使われるのは
あれ 撮影の都合だ。
え?
(和田) 街中は 看板やら何やら
いろいろ視聴者の気が散るだろ?
それに 人を整理するのも大変だ。
チャンコさん よく知ってますね。
ドラマ的には
自殺するかもしれないっていう
サスペンスも かかりますしね。
浅見光彦 好きです。
はっ?
取調室 行ってきます。
おお。
そもそも
取り調べというのはな
警察署内の取調室でしか
できないんだ。
(ベル)
そうなんですか?
逃亡の可能性はあるし
被疑者のプライバシーの問題
あと
調書も取らなきゃいけないだろ。
そうか…。
(デューク) Mr.Yana.
はい 柳です。
えぇ?
はい 分かりました すいません
よろしくお願いします。
どうしたんですか?
いや ちょっと…。
息子が
行方不明になってしまって。
(柳)警視庁見学 来てるんですけど
先生が 目 離したすきに…。
あぁ… ヤナに会うために
抜け出したとか?
いなくなったのは10分前なんで
会いに来るんだとしたら
もう とっくに来てて
おかしくないんですよ。
ミハイル 競争しよう。
(和田) 何いってんだ?
息子さんの においがついてる
何かあります?
これ…。
去年の少年野球で
優勝した時のウイニングボール。
あいつ 1人で投げ抜いたんだよ。
まぁ
俺は見に行けなかったけど…。
ワンコ 嗅いでくれ!
はい!
あっ チャンコさん お願いします。
ミハイル 嗅いで!
(においを嗅ぐ音)
(においを嗅ぐ音)
(においを嗅ぐ音)
誠一くん 捜して来ます。
頼む!
はい!
ミハイル 捜せ!
ちょ… ん? ん?
ミハイル ミハイル えっ?
どうした? ミハイル。
(ミハイルの吠え声)
(田村) 「この人の においだ」と
いってます。
警視庁の内部は
セキュリティーの問題もあって
公にされていません。
ちょっとだけ いっちゃいますと
捜査一課があるのは ここ6階。
1つ上が交通課で
もう1つ上が生活安全部。
18階が屋上で
ヘリポートがあります。
(エレベーターの到着音)
(においを嗅ぐ音)
におう…。
(においを嗅ぐ音)
誠一くん これに乗ってる。
(エレベーターの到着音)
(においを嗅ぐ音)
違う…。
(エレベーターの到着音)
(においを嗅ぐ音)
におわない。
(エレベーターの到着音)
(においを嗅ぐ音)
10階じゃ ない。
(エレベーターの到着音)
(においを嗅ぐ音)
ここだ…。
(においを嗅ぐ音)
(においを嗅ぐ音)
(においを嗅ぐ音)
警視総監室?
総監 花森です。
(松田洋雄)
≪は~い ちょっと待って≫
は~い。
(においを嗅ぐ音)
柳 誠一くんだよね?
(誠一) ごめんなさい。
大丈夫 私 パパと同じ課の
花森一子。
出て来て。
パパに会いに来たんだよね?
だったら どうして
捜査一課に行かないの?
行こう。
ママには
内緒にしたらいいじゃない。
パパ 秘密にできない。
会ったこと ママにバレたら
パパの立場が悪くなる。
パパ
いっつも これ持ってるんだよ。
これ 渡してください。
今年も優勝したんだ。
あ… やっぱり パパに直接会って
渡したほうがいいよ。
来年 パパが見てる前で
優勝したいから。
誠一くん…。(ドアが開く音)
誠一くん 頑張って。
はい。
引率の先生の所まで送ってあげて。
はい。
行きましょう。最近 年のせいか ちょっと
涙もろくなってしまって。
年ねぇ…。
(においを嗅ぐ音)
あぁ 総監 今日も
ユリの花の においがします。
そう?
ん?
(においを嗅ぐ音)
何だね?
おじいちゃんの においがします。
あっ また もんじゃ食べに
いらっしゃったんですか?
ん? うん…
じゃ スケジュール詰まってるから。
総監!
私のこと 避けてます?
どうして
避けなきゃいけないんだ?
分かりません でも 何か変です。
あれから何回も拘置所に行っても
ガラさんも会ってくれません。
総監の差し入れを
持って行った時に…。
ガラさん 難波さんのこと
殺してないんじゃ
ないですか?
ウソの においがします
五十嵐が犯人じゃ ない?
はい。
何をまた バカなことを。
難波さんの現場に残っていた
においは
私と五十嵐君のものだけだ。
君は また私が犯人だと
言い出すつもりか?
じゃあ ガラさんの他に
真犯人がいる可能性は?
ないだろ?
君は 他の人のにおいを
嗅いでないんだろ?
ガラさん 元気なんですか?
え~っと…。(和田) おう ワンコ。
あぁ… あの
誠一くん 見つかりませんでした。
引率の先生から電話があった
見つかったって。
あ そう。
ワンコ 何ですか? このボール。
あぁ これは…。
ワンコ ヤナの息子じゃなくて
同じ においのボール
拾って来ましたか。
(柳) サンキュ。
あっ…。
ヤナさん これも。
え?
これ…。
今年のウイニングボールです。
「来年は パパの見てる前で
優勝したい」って。
(和田)
ヤナ ワンコ 作業に戻るぞ。
あ は~い。
取調室 行って来ます。
(門馬) ああ 頼む。随分 長い昼休みだったわね。
そうですね。
何かあったの?
何? これ。
お互い
時間が気になりますからね。
あと3時間ね。
山村さん あなた
塚本さんの絵
持ってらっしゃるんですね。
関係ないでしょ。
何枚ぐらい お持ちなんですか?
1枚だけよ。
ちなみに こういうのって
いくらぐらいするんでしょう?
お金の話なんか 絵に失礼よ。
ますます 気になりますね。
やめてよ。
(操作音)
あぁ もしもし コマ
今 どこだ?
画廊。
マルヒとガイシャの関係を
洗ってる。
いいところに 目つけるな。
ちょっと悪いんだけどさ
マルヒの自宅に飾ってある絵
持って来てくんないかな?
絵か どんな絵だ?
詳しくは分からないんだけど
1枚しかないはずだ。
ちょっと 触んないでよ!
了解。
あぁ それと ついでに その絵
画廊に持ち込んで
値段 鑑定してもらって…。
お金に結びつけるのは やめてって
いってるでしょ!
すみませんね。
下品な男なもんで。
ぶっ殺してやるよ!
Stop! Stop!
Stop!
うっ…!
Stop!
(山村) あぁ~!
(お腹が鳴る音)
誰だ?
いや 俺じゃないですよ?
私も鳴ってないですよ?
何だ? その目は。
(ドアが開く音)
何だ まだ やってんのか。
お疲れさまで~す。
チャンコ ちょっと。
はい?
あと1時間半ね。
(ノック)
(ドアが開く音)
ちょっと いいかな?
おう デークも。
(デューク) だから デュークですって!
(小松原) うるせぇな この野郎。
目撃者が見つかった。
目撃者?
こちらが?
ああ。
(着信音)
チャンコだ。
おう… 分かった 入ってくれ。
じゃ お願いします。
(小松原) 目撃したのは
どっちの人物でしょう?
何なのよ? あんた!
(和田) 何なのよ? あんた!
気持悪いわね!
気持悪いわね!
オウム返し やめてよ!
オウム返し やめてよ!
あの左の人。
ご協力 ありがとうございました。
おう デーク。
どうぞ こちらへ。
チャンコ攻撃は どうだろうか?
(重村)
う~ん うまく行くといいんだが。
出て行きなさいよ!
この攻撃 意味ないな。
うん。
コマさん これです。
マルヒが買ったガイシャの絵。
(門馬) 何じゃ? こりゃ。
ひでぇな。
鑑定してもらったら
50万円の価値がありました。
マルヒは これを
500万円で買ってます。
最後の一枚。
俺もだ。
せ~の!
ダァ~! 星がない!
あぁ~!
何で悔しがってんだ 俺達。
なかったってことは
マルヒのアリバイは
なかったっていうことですよね?
だな うん。
とにかく 終わった~!
イエ~イ! イエ~イ!
イエ~イ! イエ~イ!
早く報告に行って来い。
はい!
うぉ~!?
チャンコさん?
着替えるわよ!
あれ? シゲさん達は?
あそこでしょ。
半券チェック 終わりました。
星印の ついてるもの
ありませんでした。
チッ あのバカ!
ご苦労さん。
チケットは 拾ったもんだし
星印を描いたなんて
真っ赤なウソ。
えぇ~!?
私達 一生懸命 捜したんですよ!
バッカじゃない?
私達 見つからなくて
がっかりしたんです。
がっかり?
気づかなかったけど
無実だったらいいな~って
どこかで思いながら
やってたみたいです。
そりゃどうも。
(ドアが開く音)
はぁ…。
アリバイは ない。
犯行時刻に あなたを
目撃した人も現れました。
これで自白してくれませんかねぇ。
時間もありませんし。
この絵 どうするつもり?
さぁ どうしましょうかねぇ。
うわっ かわいい!
えっ? かわいい?
はい。
かわいい かわいい!
かわいいですよね?
ワンコ あの絵を
「かわいい」だってよ。
フッ バカですからね。
だな。
50万円の価値しか
ないそうですよ。
50万円… 高っ。
でも あなたは
この絵に500万円払った。
500万円!?
悪い?
法外な値段で
売りつけられたことを知って
塚本さんを恨み 殺害に及んだ。
そんなことじゃ 恨まないわ。
私は 500万円払う価値が
あると思ったから 払っただけ。
画商や鑑定士か
何か知らないけど
そういった人達が つけた値段には
興味がないの。
あっ それ 分かります。
同調してんじゃねえよ。
ひと目惚れした洋服
レジに持って行って
初めて値段知ってビックリして
元のとこに戻せなくて買っちゃう
よくあります。
そう そんな感じ。
これも そうなんです
かわいいでしょ?
全然 かわいくない。
かわいいですよ。
大体 あんたさぁ
何で そんな格好してんの?
刑事でしょ?
じゃあ なぎささんは
何で そんな格好してるんですか?
好きだからよ。
同じじゃないですか。
あんたと一緒にしないで!
一緒です!
どこが?
だって この絵 かわいいって。
これは かわいいじゃ ないの
癒やされるの。
…って かわいいってことでしょ?
はぁ?
(時計のアラーム)
あの…。
(時計のアラーム)
何よ 今 このコと話してんだから。
いや もう時間がね…。
シゲさん うるさいです。
(山村) あっ 分かったわよ 私。
あんたさぁ 気持いいことも
おいしいことも
みんな 「かわいい」って
いっちゃうんじゃない?
あぁ~ そうかもしれません。
で ムキになるのよね
自分の「かわいい」を否定されると。
そうそう! 「何で この かわいさ
分かんないの?」って!
だよね~
だから塚本さん殺しちゃったの。
えっ?
えっ?
うぅ!?
えっ?
自白!?
今の それって自白ですよね?
だから何?
「何?」って…。
5時過ぎてからの取り調べは
無効でしょ?
えっ 無効?
約束したんです 5時までに
落とせなかったら 釈放するって。
あぁ~ そんな約束 無謀だろ。
落としのシゲさんの意地だな。
あの~ すいません。
さっき 「塚本さん殺した」って
いってましたけど
ちょっと
よく意味が分からなくて…。
だから
私が塚本さんを殺した動機。
あんたが いったことと同じ
「かわいい」を否定されたの。
事もあろうに
絵を描いた本人に。
(山村) 私は この絵に惚れたの。
値段なんて どうでもよかった。
私は彼のアトリエに行くたびに
この絵の素晴らしさを語ってた。
作者相手に…。
今思えば 恥ずかしいことだった。
でも それぐらい この絵が好き。
でも ある日 彼の自宅で
パーティーが開かれた時…。
(塚本)あんな絵 ゴミですよ
(塚本)
便所の落書きみたいなもんで…
捨てようと思ってたら
どうしても欲しいって奴が
いましてね
まぁ 冗談で
「思い入れのある作品だ
誰にも譲りたくない」
っていったら
500万円って値を
言い出しましてね ハッハッハ…
即OKしましたよ ハハハ…
見る目のない奴が 美術に
手を出すなってことですよね
いやいや~
見る目のない奴がいないと
美術界が潤いません
アッハッハッハ…!
ハッハッハ…!
(山村の声) 許せなかった。
やはり 価値のないものを
売りつけられたから…。
そうじゃ ない!
作者に愛されてない絵が
かわいそうになったんですよね。
そうそう。
私も がっかりすることあります。
自分の売ってる洋服を かわいい
って思ってない店員さんとか。
そうなのよ!
でも 人を殺すのは間違ってます。
山村なぎささん
罪は償っていただきますよ。
送検するの?
ええ。
約束が違うじゃない!
私は「5時までに
落とせなかったら」といいました。
いや だから
5時過ぎてるでしょ!
(においを嗅ぐ音)
夕方の においが しません。
夕方に においなんか あんの?
夕日の においです。
(操作音)
何してんのよ?
(音声ガイダンス) 午後4時4分30秒を
お知らせします。
どういうことですか?
私の持ち時間は
まだ あと55分近くあります。
フッ…。
フフフ…。
ハハハ…!
さすが 落としのシゲさん
負けたわ。
供述調書を
取らせていただきますよ。
このコは作れるの?
もちろんです!
こう見えても 私は刑事です。
じゃあ お願い
もう少し このコと話したいから。
私も。(デューク) で どういうことですか?
(小松原) 早めたんだよ
取調室の時計を1時間。
Good idea シゲさん。
何か 時間が経つのが早いなとは
思ってたんですけどね。
大丈夫かな 大腸検査。
そういや お前 顔色 悪ぃもんな。
最近 便が細いんですよ
イトミミズぐらいの。
早期発見 早期治療だ。
決めつけないでくださいよ!
大丈夫だって。
納得できねえ
どこがメタボリックなんだ!
さぁ 飯だ!
大丈夫だ。
門馬次郎さん どうぞ。
はい。
ホントにイトミミズ 出てんじゃねえか?
えぇ!?
う~ん! あぁ~!
(小松原) 革命 起こして
なおかつ 上がりだ。
あれ~? もう ちゃんこ屋さん
行ったのかと思ってました。
お手柄の2人を置いて
行けますか?
お手柄?
「かわいい」って話で
盛り上がってただけだよな?
もうちょっと
話したかったんですけどね~。
山村なぎさは地検に送検しました。
ご苦労さまでした。
よし! 行くか!
(一同) はい!
いや~ お腹ペコペコ~。
(和田) どうした? ヤナ。
(柳) 便が てぐすみたいに…。
(和田) 何だ? それ お前。
ワンコ~ ホントに その格好
かわいいと思ってますか?
はい。
今日は
どんな においがしますか?
(においを嗅ぐ音)
どうしました?
何か… 嫌な においがします。
おい
決めゼリフ 決まってないぞ!
それをいうなら 「嫌な予感」だろ!
そうかもしれません。
(門馬) 何だ? そりゃ
おい いいから行け! とっとと。
はい。
(デューク) ≪Boss Let’s go!≫
ああ 今 行く!
『デカワンコ』のサントラCDを
抽選で50名様にプレゼントします。
ご覧の宛先まで ご応募ください。
何いってんだ? おめぇ。