唯吾日语

最简单的日语网站,最丰富的日语内容!

日本语能力考试

唯吾分享血色星期一04日文字幕,台词

亲,跪求分享哦 m(__)m

更多
(マヤ)この2人のうち1人も 私の仲間よ
(藤丸)宝生さんと霧島さんに 送ったメール 縦に読むと
「アンタが犯人だ」って 分かるようになってる
(加納)あと10分で 突入班が来る 言い訳は 本部で ゆっくりしろ
加納さん…
なんで…
なんで仲間を撃てんだよ?
仲間なんかじゃないもの ねえ?
ほら これだって あらかじめ 外れ るようにしておいてくれたのよ
(小百合)銃を よこしなさい
お前こそ 銃を捨てろ!
俺が 撃てなかったせいで 加納さんが…
銃を捨てなさい!
やめなさいよ 子供の強がりに つきあってる場合?
あなたこそ 勝手なまねして…
《この2人のうち1人は 私の仲間よ》
忘れないで あなたは 私達の 言うことを聞いてればいいの
そうだったわね
撃つなら 私を撃ちなさい
どうぞ
この方が 撃ちやすいかしら?
銃を下ろせ!
(マヤ)ねえ 高木くん
ドラマでね ヒーローが犯人の背中に 銃を突きつけるシーンを見たら
これからは 嘘だって思いなさい
そうやって銃口を押し付けるとね
ディスコネクターが働いて ショートリコイルのオートマティックは
撃鉄が落ちないのよ
銃の位置も分かっちゃうしね
これが 正しいやり方
高校生の君が 手を汚す必要はない
撃ったら 一生それを背負って 生きることになるのよ
これは預かるわね
それじゃ 最後に もうひと働きしてもらう
サードアイに報告して 「裏切り者の スパイは 加納さんだった」と
断れば この銃口は かわいい 妹さんに向くことになるわよ
やるの? やらないの?
(無線・榊)「上空から 現場の確定はできません」
「そちらの追尾データ その後の状況報告をお願いします」
(美姫)Nシステム 追尾不能 GPSでは E?03付近 車両降りた可能性あり
E?03より半径1キロ圏内を捜索して (霧島)本部より 加納さん
応答願います
加納さん
(無線)「高木です」
どうして お前が?
(無線・霧島) 「加納さんは どうした?」
撃たれました
撃たれた!?
スパイは 宝生さんではなく…
加納さんでした
宝生は どうした?
「宝生は どこにいる?」
「彼女を追ってる」と
折原マヤを追跡中です
君は無事なんだな?
「はい」
今現在の詳しい場所 分かるか?
「潮見衛生管理センター」っていう 表示が見えます
(村上)潮見衛生管理センター 江東区潮見5?12?3
目標より 南東4キロ圏内に相澤隊 北西9キロ 榊隊 位置してます
応援部隊が5分で そちらに到着する
いいか 絶対に そこから動くな
「分かりました」
全部隊へ向かわせ 確認急がせろ (一同)はいッ
(黒田)榊隊 潮見衛生管理センターへ 相澤隊は 進路を北西に変更
目的地に向かってください
澤北 至急 宝生と連絡取れ
はい
高木 聞こえるか? 説明しろ
どうして 宝生でなく 加納さんがスパイだったんだ?
おい 高木
聞こえるか? 高木 応答しろ
「何があったか… どうしたんだ? 高木」
無益な殺し合いは やめましょう
(マヤ)よかったじゃない これでまた スパイとして
元の場所に戻れるじゃない
お互い 頑張って生きていきましょうね
霧島さん? 妙だと思わないか?
どうして宝生でなく 高木藤丸から連絡が入った?
(無線・宝生)「宝生です 報告が遅れてすいません」
「格闘の末 折原マヤに銃を奪われ」
「撃たれました」
現在 潮見より北東 千葉方面に追跡中
それと
「高木藤丸が1人で現場に残されて います 至急 保護願います」
了解 榊隊を向かわせた 心配するな
宝生
むちゃは するなよ
(無線・宝生) 「このまま追跡を続けます」
(小林)A・J・I・T・Oより宝生へ
A・J・I・T・Oより 宝生へ
折原マヤの不始末は 処理できた?
ええ
どうした?
まさか 失敗した?
(無線・宝生)「いや」
(小林) まさか… 自分の正体がバレた?
(無線・宝生)「そんなことはない」
(田辺)マルサンの祭りの予定を 早める
このままの流れで 決行だ
(無線・田辺)「失敗は許されない」
今こそ 君の思いを成し遂げるんだ
(無線・田辺)「復讐せよ」
(宮本)宝生は 折原マヤに食われた…
(斉藤)罰が下るのは
どっちかな?
(あおい)あなた 誰よ 何なの? (音弥)何やってんだよ!
(藤崎)公安特殊三課の者だ ここを警護している
今しがた この子が倒れたから 病院に連れていく 以上だ
(工藤)あッ
宝生さん…
(霧島)宝生が戻ってきてる? (工藤)はい
今さっき エントランスで見て
あれ? 人違いだったかな…
折原マヤ追跡の その後の報告は?(清水)14時38分以降 入ってません
工藤 至急 宝生と連絡取れ 分かりました
ちょっといい?
九条君 嘘ついてない? 高木君 家にいなかったんだけど
おなか壊して 家にいるんじゃなかったの?
電話しても出ねえんだ
心当たり見てくるから お前は ここにいてくれ
うん…
心配ない 組織につながるデータは消去した
分かった 今すぐ 約束の合流ポイントに向かう
(沙織) 地下3階 警備でしょうか?
エアコントロールエリアの出入りの記録を 確認したいんですが
分かりました こちらの方でも確認してみます
(携帯電話)
(あおい)もしもし?
誰?
私 朝田と申しますが 高木君の妹の遥ちゃんに頼まれて
お電話しました
遥ちゃん 今 病院なんですけど お兄さんのこと すごく心配してて
高木君 今 どうしてるんですか?
遥ちゃん どこの病院?
ご苦労さまです
(ネズミが鳴く)
(霧島)どうした? まだ 宝生と連絡取れないのか?
すいません
(かおる)宝生さん どうかした? ごめん
(電話のベル)
はい 公安特殊三課
沙織?
霧島さん 沙織です
今 立て込んでると言ってくれ 緊急事態なんです
(霧島)どうした 中川です!
地下のエアコントロールエリアに来たら 変な箱のような物が置いてあって
タイマーがついてるんです もしかした ら 爆発物じゃないかと思って
爆発物!? はい それに ダクトの送風口や
あちこちに大きいホースが伸びてます 送風口?
モニターをエアコントロールエリアに切り替えて
沙織 今すぐ空調を全部止めて 急いで そこを出ろ!
爆発物は 殺人ウイルス入りの可能性がある
爆発すれば 空調を通じて 全館に ばらまかれてしまう
霧島さん これ 見てください
20分前の映像です
なんで!?
(かおる)沙織 早く逃げて
早く逃げて!
沙織 早く逃げて 沙織!
何やってんの? 沙織!
特殊機動第3小隊 化学防護班 出動要請願います
地下エアコントロールエリアでウイルス感染の 恐れがあり 至急お願いしま
す!
沙織!
「これでいいんですよね? 霧島さん」
捜査官 宝生小百合を見つけ次第 拘束しろ
スパイは 宝生だ!
繰り返す! 宝生は敵だッ
(サイレン)
(呼び出し音)
沙織 霧島さん…
式場… キャンセルしないといけないかな
こんなときに 何言ってるんだ
間もなく救護班が行く
心配するな
感染したって 決まったわけじゃないだろ
《(小百合)嘘です! 兄が装備品にからむ収賄なんて》
《何かの間違いです》
《何かの間違いです》
《(上官)君は2年前 同じ自衛官 だったお兄さんを失った》
《この国を 恨んでいるんじゃないか?》
《兄は 私の中で とうに死にました「この国を守りたい」その気持ちは》
《変わりありません》 《(上官)それを聞いて安心した》
《君に警察庁に出向してもらいたい 警察庁警備局 公安特殊三課》
《対テロを専門としている 組織だ》
《警察や自衛隊から えりすぐりのエリートを集めている》
《君なら十分にやっていけると 信じている》
《はい》
《(男)あなたのお兄さんは 収賄なんかしていませんよ》
《犯人は 上層部の 汚れた連中なんです》
《お兄さんは はめられたんですよ これが その証拠です》
《そんな…》
《この腐った国に復讐しませんか? 私達と一緒に》
(神崎)何度も言ってるじゃないですか 研究室に戻る気はないです
僕は 数学よりも やらなきゃ いけないことがあるんです
(女)今 あなたは幸せですか? 本当の幸せとは何なのか
一緒に考えませんか? ごめんなさい 興味ないんで
僕は この国の人達を 救わなきゃならない
(携帯電話)
(伊藤)それまでだ
それまでだ
こちら伊藤 宝生を確保しました
城南医大救命救急センター 宝生を確保です
うッ…
ああッ…
(遥)宝生さん 大丈夫?
私 飲み物 買ってきます
お兄ちゃんは? 心配しないで
ずっと私達といるから よかった
そうだ 遥ちゃんに 渡さなきゃいけないものがあるの
(職員)キャーッ 人が… 倒れてる
(無線・澤北)「応答してください 伊藤さん 宝生は どうしました?」
「高木遥は無事ですか?」
宝生…
じゃあ 遥ちゃん お大事にね
宝生さん
もう行くの? うん
仕事あるから
宝生ッ!
宝生さん?
(悲鳴)
(安藤) 
??
大人の階段昇る 君はまだシンデレラさ
??
しあせは誰かがきっと 運んでくれると 信じてるね
アッハッハッハッハ…
宝生…
失敗だ
(宮本)やっぱり食われたのは 宝生
始末しに行くか…
焦るなよ 今ごろ マルサンは 血眼になって追っかけてるよ
(霧島)宝生!
我々へのウイルステロは失敗だ その子を離せ
私達 全員 殺すつもりだったの?
宝生さんッ ヘリを用意しろ!
用意できなければ この子の命の保証はない
(霧島)分かった すぐに出動の要請をする
ねえ なんでこんなことするの?
遥ちゃん あなたのこと慕ってたのに
この国は…
滅びなくちゃならないの
(ヘリコプターの音)
朝田!
朝田!
高木君
もうおしまいだ 宝生 銃を捨てろ
お前は 俺から奪った銃で 俺達を撃った
《加納さん!》
俺がいつも込めてたのは ゴム弾
当たれば 高圧電流が流れて 意識は飛ぶが 死ぬことはない
それが分かってて 撃ったんだろ?
何をしようと無駄 あなた達にテロを止める力はない
私達は分かってる この国がどんなに腐ってるか
それが誰のせいなのか
どうしたら この国を救えるのか
それが こんなことか!
そうよ
この国は 一度滅びる必要がある
意味分かんねえよ 宝生さん
意味分かんねえよ!
高木君
いい? あなたが どんなに頑張っても
すべてが終われば この人達に捨てられる
それでもいい!
俺には ただ ずっとそばにいてほ しい 大切なヤツらがいるだけだ
守りたいヤツらがいるだけだ!
アンタには いなかったのか?
いなかったのかよ?
あのバカのとこ 行きなさい
振り返ったら 撃つわよ
銃を捨てろ 宝生
今からでも遅くない
やり直すんだ
もう… 戻る場所なんて どこにもないの
宝生ッ!
来るなーッ
お兄ちゃん
あおいさんは?
無事だよ
よかった
宝生は
また お前のことを 人質に取るつもりだったんだ
違うよ
えッ?
宝生さんね…
これを届けに来てくれたの
お兄ちゃん 隠れて私のために ゲーム作ってくれてたんでしょ?
宝生さん 言ってた
「優しいお兄ちゃんで うらやましいなあ…」って
ほんとに悪い人だったのかな?
そうだ
人の命を無差別に奪う…
狂ったテロリストだ
(苑麻) 宝生は 陸上自衛隊にいたとき
兄が 収賄事件を起こして 自殺している
その復讐心が 今回の裏切りの原因だと思われる
つまりは…
テメエの弱さに付け込むのが ヤツらの手口ってことだ
今こそ 一丸とならなければならない
たった1人の弱さが
組織を死へと導く
心配したぞ
ごめん
電話が来たときは驚いたけど
無事でよかった
落ち着いたか?
そうだよな ごめん
俺のせいで ひどい目にあわせちゃって
そうじゃなくて
高木君 危険なことに巻き込まれて るなら どうして黙ってたのよ?
勝手なことばっかり言って
高木君が いなくなったら
困る人とか 寂しく思う人とか 少しはいるんだよ
考えたことなかった?
それと
中川沙織の件だが…
空調室のウイルスは
ブラッディXであることが 判明した
(かおる)じゃあ 沙織は…
(苑麻)感染が確認されたそうだ
仲間の犠牲を無駄にするな (一同)はいッ
(神島)約束は果たした
今度は お前だ
浅倉を殺せよ
明日だ
(石川)そんな…
できるわけない できなければ…
次に死ぬのは お前だ
(上司)おいッ 早く閉めろ!
加納さん
ちょっといいですか?
お前 正気か?
他に方法はありません
宝生のアクセス記録によれば 2年前の事件における
高木藤丸が果たした役割を 入念に調べあげていた
敵は よほどファルコンの力が欲しいに 違いありません
敵の行動軸に照らし合わせれば この後 間違いなく接触してくる
ゆえに 高木藤丸をエサに おびき寄せるしかありません
こちらの用件は 先ほど電話で伝えたとおり
もう あなたに護衛はつけない
いい?
はい
今日 公安三課にウイルスが仕掛けられて
霧島さんの婚約者が感染した
感染した人間は 私と同期入庁した 友人でもある だから分かるの
霧島さんの気持ちが
今の彼は 冷静な判断を失ってる
くれぐれも 内密に頼む
(キーボードをたたく)
先生…
まだ 先生って呼んでくれるの?
この出会いは 偶然かな?
それとも必然かな?
何の用だ?
失礼ね せっかくお父さんに 会わせてあげようと思ったのに
でも その前に 私達のリーダーが
あなたに会いたいって 言ってるのよ
どう? 来る?
リーダー?
これ 切らせてもらうわね
(車のドアが開く)
おいッ…
やめろ!
(電話のスイッチを押す)
霧島さん 高木藤丸の携帯の電波が 途絶えました
接触したな
あら これ 私がプレゼントしたパソコン? まだ使ってくれてたんだ
うれしい
そいつは 悪いことを考えないから
かわいいこと言うのね
これ 閉じても スリープ状態に ならないように設定してある
そして この中の通信カードからは 微弱な電波が出ていて
位置を特定できる…
危ないところだった
でも これで追跡は不可能よ
通信カードの電波も途絶えました ヤツら 気づいたのか?
(マヤ)目を開けていいわよ
(店員)いらっしゃいませ!
(マヤ)こういう場所の方が 話しやすいと思って
紹介するわ こちらが私達のリーダー
J
どうもこんにちは 高木藤丸君
いや それとも 伝説のハッカー 「ファルコン」って呼んだ方がいいかな