唯吾日语

最简单的日语网站,最丰富的日语内容!

日本语能力考试

唯吾分享血色星期一06日文字幕,台词

亲,跪求分享哦 m(__)m

更多

(音弥)こっちだ! (あおい)警察… (携帯がつながらない) あれ? 多分 携帯電話の電波を妨害する装置が仕掛けられてる テロリストは襲撃の際まず 外部からの連絡を断つ どうする? 二人は帰れ やっぱり 二人は巻き込めない バカ! シッ やっぱ あんだよ ここには 抗ウイルス剤が (鼻歌) (J)彼 悪いクセだよね 好きにしてもいいんだけどさ暴れすぎは困るんだよね 音弥 どうしたの? よし  無線LANは生きてる この建物のセキュリティーシステムに入れば (安藤)J ファルコンが動き出しました 見てるよ 誰かが先にシステムをハッキングしてる どうしたの? ファイアウォールを作られて… 攻撃を ギリギリセーフ? 逃げられた でも  この建物のシステムを乗っ取った これ どこ? こっちに来てるんじゃないの? 探検ロマン世界遺産「サンゴの島 風の王国〜タンザニア・ザンジバル〜」 大丈夫 敵の姿は丸見えだ 今から 俺はこの建物の頭脳になる ファルコンはどこから侵入してきたの? この短時間でできるとすれば考えられるのは セキュリティーの甘いネットワークプリンターから へえ〜 そんなこともできるんだ ああ〜あ 楽しみがなくなっちゃった すいません もう ここにいてもしょうがないか ねえ アレちょうだい ちょっと人と会ってくる (パソコン)「バカが見る」 捕獲完了 エレベーター呼んだ どうした? 誰かいる 敷村教授だ この人がいれば 霧島さんの婚約者を救えるかもしれない 行こう (捜査官)霧島さん この2年の間に 敷村研究室にいた助手のリスト送りました (霧島)分かった 村上 このリスト者全員に 抗ウイルス剤の研究成果について聞いてくれ (美姫)霧島さん 五十嵐と連絡が取れません (無線)「五十嵐 五十嵐応答しろ 五十嵐」 澤北 至急 加納さんと連絡取れ了解 加納さん 高木藤丸を監視中の五十嵐と連絡が取れません 国立生物科学研究所へ向かってください (かおる)霧島さんウイルス感染者 中川沙織の状況を把握しに向かいます (マヤ)ねえ 早くして (敷村)そう慌てるな Jは 次こそ本物のウイルスを打つわよ 《ハッ!》 話がある 悪い話じゃない 来る 敷村教授は無事か? いない 約束は破らないでね 敷村先生 先生! 君は 高木の…どうして ここに? ブラッディXに感染した人がいるんです 一緒に 今すぐ病院へ 加納さん (加納)勝手なマネしてんじゃねえよ 加納さんから交信高木藤丸と その友人二名 ならびに敷村教授を保護したとのこと (苑麻)南海にも知らせろ 霧島 隔離室へ向かえしかし… 教授の受け入れ態勢を整えてこい 分かりました 沙織 もうすぐだから 敷村教授も見つかって 霧島さんも 今こっちに向かってる だから 頑張れ! (加納)こっちだ! お前ら 先に行け 霧島の婚約者が待ってる ごめんなさいね そっち持て (銃声) (エラー音が鳴る) (エラー音が鳴る) クソッ! 何だよ (小林)罰だ 罰が下る (宮本)罰だ (有村)罰だ (西田)罰だ (田辺)罰が下る 罰だ 罰だ 罰だ 罰だ 違う 違う… 許してくれ 違う! 俺は悪くない 俺は悪くない 俺は悪くない! 失敗したら罰を受けるのは当然のことでしょ うわーーッ! 急げ! 親父… 高木 (高木)敷村 お前を逃がすわけにはいかない 抗ウイルス剤の本当のありかを言うんだ 何やってんだよ  やめろッ 邪魔をするな 俺が撃てないと思うか? 親父 俺たちのこと… 裏切ったのかよ お前は もうかかわるな 藤丸 俺のことは忘れろ 親父ー! (マヤ)親子のご対面はどうだったの? 特に 感動もなかったわけね これからはもっとうまくやらないと あなたにも罰を与えることになるから チョウチョの彼みたく 分かってる (沙織)霧島さん… 一緒に… (携帯電話) 加納だ 分かった 中川沙織が死んだ 「霧島さん 一緒に戦えなくてすみません」 それが沙織の最期の言葉でした 《あなたのお父さん》 《私達の仲間だから》 《父さんは お前らに寝返ったっていうのか?》 《だから すでに僕達の側にいる》 《俺のことは忘れろ》 親父は 本当に裏切り者なんですか? ああ 残念だが テロリストの手に落ちたようだ 私のすべてを託せるヤツだと信じていたが 見込み違いだったよ (あおい)高木くん 大丈夫かな? 大丈夫だ でもさ… おふくろさんが亡くなったときも ハッキングして親父さんに捕まったときも あいつは乗り越えてきたんだ 俺は信じてるよ (携帯電話) あッ (遥)どうしたんですか? (英)遅いじゃないですか 英… 真子 悪い 悪い ごめんな (真子)今ね 三人でご飯作ってたの 鍋です鍋 いいね〜 ヤツらは 私が すでに抗ウイルス剤を開発済みだと 誤解していたようで それを渡せと脅してきた 仕方なく私は 抗ウイルス剤なら 国立生物科学研究所の倉庫に隠してあるとウソをついた 取りに行くフリをして逃げるすきをうかがった 先生は テロリストと直接接触したんですね ああ 場所は? こちら 加納 もう誰もいねえぞ どうした 質問は終わりか? おいッ いえ 妙だなと思いまして なぜ テロリストは 先生が 抗ウイルス剤を開発済みだと誤解したんでしょうか? ヤツらも 相当 焦ってたからな 今回のテロリストはありもしないものを あると誤解するようなマヌケではありません もし 抗ウイルス剤が開発済みなら 発病しない感染者がいたとしてもおかしくない 山村陽子のように 《鎮痛剤を打つから》 (霧島)あなたは ウイルスに感染した山村陽子に 鎮痛剤と称し薬を投与した 何を言ってるんだ? 敷村さん 抗ウイルス剤はどこにあるんですか? 確信した言い方だな この女性をご存じですね 私の元助手だ (霧島)宗方瞳 現在都立感染症研究所に勤務 2年前 あなたの研究を手伝っていた そのとき あなたはブラッディXに対する 抗ウイルス剤の実験を成功させていた 間違いありませんね? そろそろ限界かなあ 何がです? メロンソーダ マヤは? コーヒー 敷村教授 そろそろ 全部ぶちまけちゃうころかなあ マヤさ 見たんだよね? ホントに チョウチョの彼が教授を逃がすところ ええ ふ〜ん 教授お得意の取り引きでも持ちかけたのかな 僕も見たかったなあ ああ これも マヤ 払っといて はい (霧島)疑問なのは 抗ウイルス剤の実験に成功していたのに なぜ我々にそれを伝えなかったのか ショッピングモールでの一件 感染者 第1号 安田由紀子 あなたは ブラッディXと闘う最前線にいたにもかかわらず どうして肝心なことを黙っていたんですか? 納得できる説明をしていただけると ありがたいんですが (ノック) (かおる)失礼します どうした? ロシアの諜報員から新たな情報が入りました 先生 数ヵ月前 ロシアじゅうの裏ルートを探り ブラッディXのありかを探っていた 日本人科学者がいました おそらく テロリストにウイルスを手配したのも 同一人物だと思われます 敷村教授 あなたですね (船木)いいか 浅倉を殺したのはお前だってことは はっきりしてんだよ 凶器から指紋だって こんなにしっかり出てんじゃねえかよッ (伊庭)被害者に恨みでもあったのか? (石川)殺さなければ俺があの人に… (伊庭)あの人? (船木)神島紫門か あの人は ただの人間じゃない あの人は… あなたが隠し持っている抗ウイルス剤の効果は 確かなんですね? 保証しよう インフルエンザの薬のように ウイルス感染の予防薬にもなるし 感染後は 治療薬にもなる いわば ブラッディXに対する万能薬だ どうしたら その実物を引き渡してもらえますか? 条件は3つだ 第1に… テロリストにウイルスを手配したことは 不問にふすこと (敷村)第2に 24時間体制で私を警護すること 俺に死なれたら困るだろ 第3は 金だ タダで抗ウイルス剤を引き渡すわけにはいかん すべてのめ 分かりました 至急 手配します時間をください いいだろう こちらとしても もう一度 向こうの条件金額を聞きたいからな 向こう? テロリスト達だよ 君の婚約者は残念なことをしたな だが むしろ名誉なことだと思え 人類をウイルスの脅威から救う 尊い犠牲になったんだからな 頼んだ おい 待てよ あんた 何やってんだよ あんたまで 裏切り者かよ 私は 高木とは違う 私は 科学者だ ブラッディXを この地球上から根絶やしにするのが 私の使命だ そのためには ブラッディXを世に出さないといけないだろ 科学が人類を救うんだ 意味分かんねえ あんたなら救えたんだぞッ 霧島さんの婚約者だって救えたんだ! やめろ! 一人の命を救えないで人類が救えるかよッ 君は何のために生きてるんだ? 思い出したよ 君の父親と 昔よく こんな話をした 残念だよ 先生 てめえみたいな人間を守らなきゃならねえとはな 君には 感謝してるよ 命がけで あんたを助けたのはあのクソガキどもだ 気をつけろ てめえみたいな生き方してると必ず 後悔することになる ご忠告 ありがとうだが 後悔はない 《(宗方)先生 少しは休んでください》 《ああ》 《(電子音)》 《先生 まさか!?》 《見つかった!》 《官房長官 よいお知らせが》 《(安岡)政府の決定が出た》 《ブラッディXは すべて処分する》 《もう 抗ウイルス剤は必要ない》 《どうしてです?》 《いつ また人類が脅威にさらされるか分かりませんよ》 《君の意見を聞くつもりはない》 《科学の進歩を止めるんですか?》 《人間を救いたくないんですか!?》 《(電話が切れる)》 はい 取り調べ 終わり うちまで送る 俺 どうして こんなことに巻き込まれてるんですか? 巻き込まれてるわけじゃないかもしれない あんたには 才能がある 人に才能が与えられるのは 同時に使命を託されるってこと 使命… 使命は まっとうするもんだよ行くよ 《こんなところで申し訳ないんだが…》 《僕の使命は 国を守ることだ》 《でも 今は 誰よりも君を守りたいって思ってる》 《結婚してほしい》 《はい》 ごめんな… 沙織 守ってやれなくて… ごめんな 沙織… 邪魔だ 外で見張ってろ 何の用だ? 約束には まだ早いぞ ごめんなさい 私 気が変わったの 雇い主を出し抜いたこと気づかれそうでね 罰を下せって Jの命令なの 俺が死ねば 抗ウイルス剤は政府に渡るぞ Jが手を打ってるみたい ならば 高木の息子に伝えてほしいことがある 残念だけど それは無理ね 南海さん 俺… 俺に 敷村教授のパソコンをハッキングさせてください 俺の使命は  これです あんな男と取り引きしなくても 俺が  抗ウイルス剤のありかにたどりついてみせる (携帯電話) はい 了解しました ハッキングの必要がなくなった 直接 教授のパソコンを調べてほしい 教授が殺された ♬〜 都立感染症研究所の宗方先生だ いろいろと協力をお願いしてる 宗方です おい 早速 見てくれ 敷村のパソコンに何か手がかりがあるかもしれない (工藤)敷村は 大分 以前に大量のファイルを削除している おそらく 抗ウイルス剤の研究データだと思うが 最近になって  復元していますね だが この復元ファイルが暗号化されていて解読不能なんだ これ  暗号じゃありませんよ 何? 正確に言えば  暗号ファイルに見せかけたダミーファイル 暗号に答えを作らず  セキュリティーに重要に保護してると思わ せるだけ ニュース・気象情報 つまり トラップってこと? ええ  そうです 何のために そんなことを? 外部からのハッキングに備えるためでしょう で 本命の復元ファイルは こっち 何だ これは? 新薬の開発データですね これだけ  ほかとは別だ 抗ウイルス剤のありかじゃないのか? 可能性は高いかもしれません でも どういう意味… パソコンの型番と製造番号だ パソコンに1台1台つけられている番号です 要は パソコンの戸 籍 どこにあるか調べられるか? 今 製造メーカーに侵入します メーカーと称号できました今 パソコンの持ち主を調べます えッ… 思い出した 親父が敷村教授からプレゼントされたパソコンだ 《君は何のために生きてるんだ?》 《君の父親と 昔よく こんな話をした》 《私のすべてを託せるヤツだと信じていたがな》 《見込み違いだったよ》 つまり お前んちのパソコンに 抗ウイルス剤の手がかりがあるってことか うちに… 英さん すごいもう何連勝? 悪いね 記憶力 ハンパないから ズルしてんじゃないの? しません ムカツク! (電話のベル) もしもし 高木ですけど お兄ちゃん? 遥 音弥いるか? えッ うん… 分かった 音弥さん お兄ちゃん 俺? (神島)始まったか そうか 分かった 藤丸 何だって? 今から帰ってくるらしいじゃあ 鍋温めなおさないと いや それが… 俺達に ここからすぐいなくなるようにって 何で? サードアイ絡みでしょ (英)てことはテロ関係ってこと? つながりました J 今度こそ 失敗は許されないよ はい ここからが 本番だよ 頼むよ 宗方さん