唯吾日语

最简单的日语网站,最丰富的日语内容!

日本语能力考试

唯吾分享新选组血风录 06日文字幕,台词

亲,跪求分享哦 m(__)m

更多

(近藤)行くぞ。 (沖田)何だ? これは…。参ったな こりゃ。 新選組の名を 京の町に 知らしめた池田屋騒動。 しかし その裏で 沖田総司に 異変が起きていた(テーマ音楽) これは 幕末の世に 剣に生き 剣に散っていった 最後の武士達の物語である(原田)逃がすな! 捕まえろ! (隊士達)おう! (原田)観念して おとなしく縛につけ! (土方)斬るな 総司! (原田) 総司 生け捕りだと言ったろう?! あっ… すみません。 回想  (美代)池田屋です。 浪士達は 池田屋に居ます。 (豊)お嬢様 お薬を お持ちしました。 どうぞ。この間の祇園祭の夜 何がありました? 黙ってられへんかったのや。 京の町が 火ぃの海になる前に 思うて…。 けど ぎょうさんの人が 死にはって…。あの池田屋の? 土方様に 「浪士達が 池田屋さんに居る」て。 まさか…。 長州様を 裏切りはったんどすか?お嬢様は 丹藤の跡取り娘どす。 この事は 誰にも言うたら あきまへん。 きれいに 全部 忘れて。 よろしおすな? 池田屋での 我らの働きに対し ご公儀より 褒美 6百両を頂戴した。 こたびの働きに応じ 賞として 遣わすものとする。 金十両あて 別段金 十両。 沖田総司。 はい。 永倉新八。 池田屋騒動を機に 新選組は 過激な浪士を取り締まる 治安部隊として これまで以上に 市中巡察などの 任務に 邁進するようになった 土方さん お呼びですか? おう 総司か? 座れ。 また 小言ですか? そうではない。 たまには 休んだらどうだ? せっかく 京にいるんだから 寺巡りでも。 いえ そんな暇はありません。 ふ~ん 暇なら 俺が作ってやる。 明日から しばらく休め。 やっぱり 小言だ。 そうじゃない。 このところの お前は 危なっかしい。 血気に はやり過ぎる。 大丈夫ですよ。 私は やられたりしません。 それが 危なっかしいと 言ってるんだ! 私は 死ぬ事は怖くない! いや 剣で負ける事はない。 だから 怖くないんです。年が改まったこのころには 新選組は 隊士の数も増え いくつかの小隊に 編成されていた。 一番組組長には 沖田総司。 二番組組長は 永倉新八。 三番組組長に 斎藤 一など それぞれの組長の下で 束ねられていた (原田)何だ?! その へっぴり腰は!しかし 沖田総司は 風邪と称して 時折 寝込むようになっていた(稽古の音) 遅くなりました。 (井上)もう 風邪はいいのかい? ええ。 なかなかの腕前だろう? あれは? 新入りの加納惣三郎だ。 気をつけろよ。 えっ? あれだけの美男子だ。 間違いが起きんとも限らん ハハハ…。(原田)そこまで!(藤堂)永倉さん 危なかった。 (永倉)若いから へばるって事を知らねえ。 おっかねえ事だ。 加納君。 (加納惣三郎)はい。 見事な腕前だ。 是非 私と 手合わせ願いたい。 沖田先生が? もちろん 喜んで。 (原田)始め!(沖田の咳)(原田)それまで!総司が 負けた…。 おい 大丈夫か? 総司! (総司の咳込み)寒いな。 (惣三郎)沖田さん。 風邪をこじらせますよ。 勝負は 君の勝ちだ。 風邪のせいではない。 いえ そんなつもりじゃ…。 君には 一番組に入ってもらおう。 いいかな? はい 憧れの沖田先生の下で 働けるなんて。 ありがとうございます。 うらやましいよ。 その若さ みずみずしさ。 怖いものを知らない目。 あるんですか? えっ? 沖田さんにも 怖いものが。 ハハハ… ないさ。 いつ 死んでもいいんだ あの草のようにね。 私は 幼い頃に 近藤先生の道場に預けられた。 家から離れて 寂しくてね。 それからは 剣だけのために生きた。 剣を振るう事が 生きる事だったんだ。剣を振るえなくなったら その時が 死ぬ時だ。すまない。 暗い話になったね。 帰ろう。 はい。加納惣三郎を 一番組に? お願いします。 総司。 お前も あいつの色香に迷ったか? どういう事ですか? 惣三郎に 言い寄る隊士がいるらしい。 まさか。 男が 男を追っかけるなんて 私には分からないな。 だが その話が 本当なら ほっておくわけにはいかん。 歳。 ひとまず 惣三郎は 総司に 預ける事で いいんじゃないか? いや しかし。 大丈夫ですよ。 私は 惣三郎に ほれたりは…。 当たり前だ! 歳が気にしてるのは お前の その妙な咳の事だ。 妙な? 蝶を捕まえて こう 掌に入れて パタパタさせているような。 蝶ですか。 ただの風邪ですよ。 会津藩の広沢様に 医者を紹介して もらった。 すぐに診てもらえ。 大丈夫ですよ。 お前は 同じ道場で育った 弟のようなもんだ。 兄の言う事が 聞けないのか?! 江戸を出る時 お前の姉の お光さんに頼まれた。 細指をそろえて 「どうか 総司を よろしくお願いします」ってな。 参ったな…。 行きますよ。 きっとだぞ。 ≪(悠)まあ きれいに咲いて。何か 御用でございますか?あの… 患者です。 先生に お取り次ぎ頂けませんか? 会津藩の沖田です。 はい 中へ どうぞ。こちらへ。 すみません。(半井玄節)今日は どうされましたかな? 咳が出ます。 いつから? 半年くらい前から。 咳だけですか? 喀血した事は? 一度。 どこで? その… 稽古中に 道場で。 ああ…。 ほこりの染み込んだ かび臭い面籠手をつけて 薄暗い道場で 日がな一日 稽古する。 あれが 一番 体に悪い。 どうせ あんた 素質が なさそうやから やめなさい。 労咳ですな。 労咳…。 そうですか。 (半井)とにかく 体を休める事。 風通しのええ じか日の ささん所で 寝てる事や。 そうすれば…。 いや 私は 寝てるいるわけには…。 あほう! このまま ほっておいたら 命の保証はできん。 私が言うように 安静にしてれば 快方に向かう事は 間違いない。 いくら お武家さんでも 命を 軽うに考えたらあきまへん。この当時 労咳と呼ばれていた 肺結核は もし 発病すれば 家族からでさえ疎まれる まさに 不治の病であった 回想  このまま ほっておいたら 命の保証はできん。診察は 終わらはったんどすか? はい ただの風邪でした。 そうどすか。 お大事に。 ありがとうございます。 確かに 美しい。 はい? いや この花です。 先ほど あなたが きれいだと。 はい まだ 寒いのに こうやって きれいな花を 一生懸命 咲かしてんのを見たら うれしゅうなりました。 一生懸命… ですか。 はい。 ≪(半井)お悠 戻ったか? はい! あの…。 その水は? これは 清水さんの 音羽の湧き水です。 京の者は 8のつく日に汲んだ この水で 茶ぁをたてるんどす。 ほんなら お大事に。 そうですか。 8のつく日に。 では 失礼します。 やられたのは 五番組の 田代彪蔵です。 相手は 長州か? (井上)それが 少し 妙でして。 (斎藤)胴を 真一文字に バッサリと。 刀を抜く間もなかったようです。 近所の者に聞いてみましたが 争うような声も なかったそうで。 となると 見知った者にやられたか…。 (斎藤)恐らく。 よし 監察に探らせよう。このころ 新選組では 大きな事件が起きた。 江戸から ともに 京に上り 今日の新選組を築き上げてきた 山南敬助が脱走し 捕縛され 法度を破ったかどにより 切腹を遂げたのである 大津まで 山南を追い 連れ戻したのは 沖田だった 具合は どうだ? すっかり よくなりました。 本当か? 本当ですよ。 それにしては 足しげく 医者に通うものだな。 しつこい風邪のようで。 半井という医者の娘は 大層 美しいらしいな。 いや よく知りません。 私は このところ 寺巡りをしております。 ハハハ… 総司が 寺巡りか? よし! すっかりいいと言うのなら 俺と 手合わせしよう。 いいですよ。 始め! 総司のヤツ 具合がよくなったようだ。 これじゃ 土方さんに 勝ち目はないか。どうした? 総司。 なぜ 突いてこん?! なぜ 突いてこん?!今日は ここまで。 早く 風邪を治せ。 はい。やはり ここでしたか。 先ほどの勝負 すごかったですね。 あれが 本当の斬り合いなら 土方さんに やられていたさ。 前に 怖いものはあるかと 君に聞かれたね。 はい。 その時は 「何も怖くない。 死ぬ事さえ 怖くない」。 そう言った。 はい。 あれは ウソだ。 君に負けてから どうも。 あれは 病のせいです。 死にたくない。 生きてたいと 思うんだ。 不思議だな。 もしかして 好いた人でも? 好いた相手ができると 人は 変わりますから。 そういうものか。 はい。 どんな方なんですか? 寒い冬に りんと咲く 花のような人だ。 見ているだけで 心が温かくなる。 よかった。 沖田さんには 長生きして もらわないと 困りますから。ああ 分かった。 そうだ! 明日は 28日だったね。 ええ 何か? 8のつく日だ。あっ。 もし。 沖田様。 ああ! これは 奇遇ですね! はい 今日は 8のつく 日どすさかい お茶のお水を。 ああ そうでした! 今日は 28日。お待っとうさん。 お口に合いますやろか?うまい! よかった。あの…。 あの…。どうぞ。 いえ どうぞ。 いや お悠さんから。 はい。 このようなとこまで おいでに なって いいのでしょうか? 父からは お休みなってるよう 言われているのでは? 私の病状を ご存じで? いえ。 ただ…。 ただ 何です? 沖田様の事が 心配で。 心配?父の申すとおりにしたら 必ず 病は癒やせます。 そやから…。 ありがとう。 先生のお言いつけは 守りましょう。 はい。 私も ここの水で 茶をたててみようかな。 それぐらいの遠出は 大丈夫ですよね? では 8日の日に また お会いできますね。 沖田さん 湯沢は 高瀬川にかかる 橋のたもとで見つかりました。 うん。 手口は 田代の時と同じか? そうだな。 胴を真一文字だ。真一文字。 回想  沖田さんには 長生きしてもらわないと 困りますから。 (井上)どうした? 総司。 いえ 何でもありません。 (山崎)湯沢の件ですが どうも 痴情のもつれのようです。 痴情? はっ。 湯沢も田代も その… 衆道の気があるようで。 男同士の 痴情のもつれという事か? (山崎)はっ。 …で 2人を斬ったのは 誰だ? ≪ 沖田です。 入れ。 どうした? 総司。 このたびの 一番組 湯沢君斬殺の一件。 下手人に 目星でもあるのか? はい 加納惣三郎です。 山崎君 ご苦労だった。 失礼します。 私に 始末をつけさせて下さい。 駄目だ。 どうしてですか? お前が 一番 よく 分かっているんじゃないのか? なんだ。 労咳の事 知ってるんだ。 でも もう大丈夫ですよ。 薬だって のんでるし 咳も出ない。 やっぱり 労咳だったか…。 えっ? お前が 労咳かもしれんと 心配をしていた。 そうだったのか…。近藤さんは お前の剣に 迷いがあるから 許さんのだ。 迷い? この間の 俺との立ち合い。 お前は勝てたのに 攻め込まなかった。 なぜだ? それは…。 死ぬのが恐ろしくなったか? それとも 惣三郎に負けた事が こたえたのか?参ったな。 何でも知ってるんですね。加納君に負けた時 己の剣に 自信をなくしました。 魔性に魅入られたか? 総司。 魔性? 大方 殺された田代も湯沢も 加納惣三郎という化け物に 取りつかれたようなもんだろう。お前に斬れるのか? 惣三郎を。 自信をなくした お前の剣で。斬るしかありません。それが 私の生きる道です。 衆道など 新選組にあるまじき事。総司に任せよう。 よかろう。 だが 生きろよ。 はい!話とは 何でしょうか? 好いた人の話でも しようかと思ってね。 私も そうしたいと 思っていました。 田代さんと湯沢さんの事は 私は 悪くない。 だから 助けて下さい。 お願いします。田代を斬ったのは 湯沢に 気が移ったからか? 湯沢を斬ったのは…。 2人を斬ったのは あなたのためです。 そうやって 男をたぶらかし 命を奪ったのか? 化け物め。今の沖田さんに 私が斬れますか?死を恐れず。生きるために 斬る!よくやった 総司。 危うく 取り殺されるとこだったな。 こいつに ついてた魔性も 死んだようだ。 や~っ! 新選組局長 近藤 勇です。 あっ はい。 折り入って 頼みがあって参った。 御用とは 何ですか? 諦めろ。 はっ? あの医者の娘の事だ。 他に 縁談があるそうだ。 お前の相手は 必ず 俺が見つけてやるから。 私は…。 私は ただ 遠くから見ている。 それだけで よかったのに! それなのに!失礼します。 総司。勇み足だったか…。その水で 茶をたてるか?総司 帰るぞ。 はい。この日を境に 総司の剣に 生気が戻った。 土方は これが 総司の恋の 始まりであってほしい。 そう 願った(鹿内)この笛を吹くと キツネに 化かされると言われています。 (小つる)火ぃがともっただけ。 あの日 私を助けてくれはった あの日より ずっと…。 (藤堂)迎えに来たぞ。 切腹のほうが いいか? 死にたくな~い! 「あなたはどうして」 「そんなにおだやかに 生きれるのだろう」 「あなたの空気を」 「思ってみるだけで 胸がはりさけそう」 「憎しみ合う事より 許し合いたい」 「せつなさむなしささえ 抱いて生きる」 「あなたが居なくなる事は あり得ない」 「あなたを見失えば 世界の終わり」