唯吾日语

最简单的日语网站,最丰富的日语内容!

日本语能力考试

唯吾分享遗留搜查01日文字幕,台词

亲,跪求分享哦 m(__)m

更多
(ピアノ)
(バイオリン)
(拍手)
(ピアノ)
(足音)
(ピアノ)
(足音)
(ピアノ)
(アイスピックで刺す音)
(財津陽一)ああっ…!
(財津)ああっ…。
(鍵盤にたたきつけられる音)
ううっ…。
(パトカーのサイレン)
(鍵盤をたたく音)
(宮下晴彦)そんなに有名なのか?
(織田みゆき)はい。
映画やドラマの音楽を作ったり
コンサートしたりして
結構 人気あります。
ほお~。
ホトケさんだ。
(富樫謙三)宮下のだんな!
(富樫)お待たせ。
ご苦労。
行くぞ!
(一同)はい!
(曽根)ああ 宮下。
(宮下)あっ 早いっすね。
すいません あの方は?
(宮下)ああ?
あっ 遺留品係の糸村だ。
遺留品係?
正式には
科学捜査係っつうんだよ。
かかわり合うと ろくな事がねえぞ
お嬢ちゃん。
かわいそうに…。
家政婦の溝口さんです。
織田 ちゃんと聞いとけ。
はい。
織田と申します。
(富樫)
ガイシャの倒れていた床から
微量の土砂 長い髪の毛を採取。
凶器のアイスピックから
指紋は出てません。
お待たせしました!
(曽根)遅いよ!
あっ 課長 お疲れさまです!
(一同)お疲れさまです!
被害者は 財津陽一だそうだな。
ご存じですか?
ガイシャは ピアノを
弾いていた時に 後ろから
いきなり刺されたようです。
おい そうだな?
(堂本治)死因は
頸部静脈からの失血死です。
おい… これ なんだ?
あっ これも遺留品の一つに
加えようと思いまして。
(富樫)そんなもので
事件の何がわかる!
被害者が幼い頃から大事にしてた
もののようなんですよ。
(曽根)だから なんだ。
被害者の事を一番よく知っている
遺留品のように思うんです。
(曽根)糸村 お前の仕事はなんだ?
遺留品の選別と
鑑定の優先順位をつける事だろ?
そんなものに
かかわってる場合か!
はい。 では…
すいません 宮下さん。
ちょっと持っててください。
大事なんで。
まず 髪の毛のDNA鑑定と
土砂も鑑定に回します。
それから 財布の中の
クレジットカードと携帯の解析。
それと ICレコーダーの…。
レコーダーの解析は中身を聞いて
必要と判断された時のみ行う。
経費は なるべく抑えるんだ。
では。
俺は 助手かっ。
(宮下)触らぬ神にたたりなし。
行くぞ お嬢。
(ICレコーダー)「(ピアノ)」
よし。
「(ピアノ)」
社長!
財津先生が
昨夜 お亡くなりになりました。
(入江大志)自殺か?
いえ それが
今 警察の方が…。
(入江)あいつの才能は
私にとって生きがいでした。
だから 社長として
あいつをプロデュースしながら
守ってもきたんです。
「守って」… ですか?
ええ…。
財津は芸術家肌でして
結構 もめ事が多かったんです。
(入江)しかし 殺されるなんて…
一体 誰が…!?
(牛島)玄関の鍵が
かけられていなかったんです。
(ため息)
あそこには 我々をはじめ
いろんな人が出入りするので
あいつ 面倒くさがって
鍵をかけない時が多かったんです。
そうだ…。
レコーダーは
ありませんでしたか?
レコーダー?
(入江)ええ。
(村木繁)
この髪の毛のDNA鑑定と
土砂の分析ですね。
糸村さん。
糸村さん!
…ああ ごめん。
今 ちょっと
スコアのチェックしてたから。
読めるんですか? 楽譜。
昔 音楽やってたもんで。
(携帯電話の着信音)
本当ですか?
ああ ちょっとごめん。
ごめん ごめん…。
(携帯電話の着信音)
はい 糸村です。
あっ わかりました。
ごめん ちょっと用事出来たんで
あと よろしく。
頼むね。
えっ ちょっと…
糸村さん!? 糸村さん!
相変わらず 勝手な人だね。
(横山)やってらんないっすよ。
「(ピアノ)」
いい曲だな。
(加賀見)財津の新境地ってとこだ。
残された楽譜とは 途中から
違ってるようなんですが…。
財津には よくある事だ。
曲は生き物だっていうのが
彼の口癖だそうだからな。
よくご存じですね。
コンサート
楽しみにしていたんだ。
ああ なるほど…。
まあ 素人の意見は意見として
一応 プロの意見も
聞いてみるつもりです。
お前は
人を不愉快にさせる名人だな。
…え?
もういい 帰る。
(曽根)11時から翌1時の間。
地取り!
(宮下)はい!
その時刻頃
怪しい人物等の目撃情報は
今のところ ありません。
(曽根)鑑取りの方は?
はい。 ガイシャは業界では
トラブルメーカーとして有名で
あちこちで
いざこざを起こしてるようです。
そのリストです。
事務所社長によると
最近も 結婚間近だった女性と
別れたらしいという話です。
(曽根)婚約者がいたのか?
バイオリニストの
相川雪江という女性です。
(曽根)その婚約者も含めて
財津と面識のある人間を絞り出し
恨みを持つ人間を洗い出せ。
(一同)はい。
(曽根)遺体の状況から見て
相当 遺恨を持つ者の犯行だ。
次 ICレコーダー。 糸村。
はい。
ICレコーダーには ピアノの曲が
録音されているだけでした。
状況から判断して ガイシャは
ピアノを弾いていた時に
殺された可能性が高い。 だが
残念ながら そのレコーダーには
その時の状況は
録音されていなかった。
えー 次に…。
でも…
それって
なんか気になりませんか?
質問は許さん!
お前は報告だけしてろ。
はい。 では 報告いたします。
レコーダーの曲と
現場に残されていた楽譜は
一応 プロの方に
比較検討して頂いています。
以上。
(曽根)次!
(大石鉄夫)このタクシーの領収書
落ちないからな。
え!? 嘘でしょ 係長。 これ だって
係長が 「急いで来い!」って
でかい声で言うから これ
電車じゃ間に合わないと思って…。
(大石)これは調査と関係ないだろ。
(横山)嘘だ…。
(横山)あれ? 何してるんですか?
ん? 壊れてるんだよ このピアノ。
(鍵盤をたたく音)
ほら。
かわいそうだからさ
鳴らないピアノなんて。
直せるんですか?
昔から 買ってもらったおもちゃが
壊れたりすると
直したりしてたから。
よくやったでしょ?
…普通しないし。
(バイオリン)
(吉川)ああ ちょっと待って。
もう~ ほんとに…。
違う違う 3小節目。
あっ 入江ちゃん 入江ちゃん
ちょっと…。
(入江)どうしました?
吉川さん。
もう~ 雪江ちゃん いないと
仕事になんないんだけど…。
(入江)すいません。
申し訳ありません お仕事中。
(相川雪江)いえ…。
仕事も手につかなくて…。
ごめんなさい。
いえ お気持ち わかります。
今日 伺ったのは 相川さんは
財津さんと婚約なさっていたと
入江社長から
お聞きしたものですから。
今年の秋には
結婚する予定でした。
でも 突然 彼の態度が
よそよそしくなって…。
(足音)
あっ いたっ…。
すいません。 いった~…。
あの… 何か?
どうして ここに?
織田君だっけ?
ごめんね 急に声かけて。
まずかったですか?
警察の方だって言うから
てっきり…。
いえいえ 大丈夫ですよ。
悪いね 牛島君 すぐ済むからさ。
…わかりました。
お知り合いですか?
大学の先輩なんだ。
今も 入江さんに
伺ってたんですが
亡くなった財津さんの
アトリエに
この おもちゃのピアノが
置いてあったんですけど
いきさつを
ご存じありませんか?
財津のアトリエにあったのは
私も知ってるんだが
相川君なら
わかるかと思って。
いいえ 知りません 私。
本当ですか?
もうやめてください。
失礼します。
話を戻しますが 財津さんが
よそよそしくなった事に
何か 心当たりは?
ありません。
(雪江)突然メールがきて…。
何がなんだか わからなくて…。
理由を聞いても
言ってはくれなくて。
大体 おもちゃのピアノが事件に
どう関係があるって言うんですか。
織田君ってさ
横山の同期だったよね?
いいですか?
私たちに聞き込みが大切なように
糸村さんには 遺留品係として
やるべき事が
もっと他にもあるはずです。
とりあえず この事は
係長に報告しておきます。
チクるんだ!
報告です。
でもさ 彼女の態度
おかしかったと思わない?
え…?
(携帯電話の振動音)
失礼。
もしもし 織田です。
被害者 財津陽一が
児童養護施設出身だという事が
わかった。
連絡してみると 最近 ガイシャは
20年ぶりに訪ねていたそうだ。
至急 あたってみてくれ。
(田辺光男)
昔は 家庭が貧しかったり
両親のいない子供が
多かったんですが
今は 家庭内暴力の犠牲になった
子の方が多いんですよ。
陽一も そうでした。
陽一!
バーカ!
(子供たち)や~い!
(子供たち)バーカ バーカ!
(田辺)
母親に買ってもらったという
おもちゃのピアノを
黙って弾いている。
いつも 何かを耐えているような
少年でした。
(田辺)ところが ある時
それまで 彼をからかっていた
相手に対して
いきなり 刃向かったんです。
陽一が怒ったぞ!
やめろ…!
(田辺)家庭内暴力や
仲間のからかいを耐えて
生きてきた彼の気持ちが
一気に爆発した
瞬間だったのかもしれません。
それほど大切な
ピアノだったんですね。
口を挟まないって
言ったじゃないですか。
(牛島)財津さんが
20年ぶりに訪ねてきた理由は?
わかりません。 ただ…。
(財津)あの頃があったから
今の俺がある。
最近 よくそう思うんです。
あのピアノがなかったら
俺は…。
だから…
いや だからというか
これからの俺自身のために
曲を作ったんです。
タイトルは『明日へ』。
まあ どうなるか
わかりませんけどね…
明日は。
(田辺)本当に
言葉どおりになってしまって…。
こんな事で
お役に立てたんでしょうか。
はい。
つまり 『明日へ』っていうのが
レコーダーに残っていた曲の
タイトルって事になるのかな?
知りません。
でも なんで『明日へ』なんだろう。
じゃあ 失礼します。
「(ピアノ)」
(横山)この曲は?
ICレコーダーに残されてた曲。
『明日へ』ってタイトルなんだけど
どう思う?
どうって… 何がですか?
なんだろうね。
こっちが聞いてんだろ。
あっ そうだ。 音大の教授から
ファクスが届いてましたよ。
ああ サンキュー。
やっぱり違うんだ…。
(横山)違うって?
ICレコーダーの曲と楽譜の曲
出だしは
どっちもよく似てるんだけど
仕上がりとしては
かなり違うものになってるらしい。
事務所の入江社長から
連絡があった。
「新曲発表のコンサートを
追悼コンサートにする事にした」。
「ついては レコーダーに
残されていた曲を使用したいので
返却してほしい」とな。
ICレコーダー 直ちに返却する。
それは無理です。
なぜだ?
事件にかかわりがあるわけじゃ
ないだろう?
財津さんが書いた楽譜とは
かなり曲調の違うピアノ曲が
ICレコーダーに録音されていた事が
わかったんです。
これって気になりませんか?
どちらにしたって
ガイシャの曲だろう!
それは どうでしょう…。
すぐ返すんだ!
これは命令だ!
(野口洋)係長 解剖所見
ファクスされてきました。
いいな?
レコーダー 直ちに返却しろ。
あっ やっぱ無理ですね。
糸村!
ここ 見てください。
(曽根)「右手小指に捻挫
六割方治癒」
これがどうしたんだよ。
つまり ICレコーダーに
録音されていた曲は
被害者の弾いたものではない
という事です。
何!?
右手小指の捻挫は
完治していません。
となると その指で鍵盤をたたけば
そのタッチは弱くなるはずです。
ところが 残された曲には
そんなところは
全くありませんでした。
なぜ お前に
それがわかる?
音大の教授からも
そんな報告は受けていません。
無理だそうです。
うん 大丈夫です。
ここで待ってますから。
あのですね…。
はい。
事件は 糸村さんが担当している
事案だけじゃないんです。
なのに 今すぐ レコーダーの
データ復元やれなんて
非常識にも程があります。
そこをなんとか…。
無理だと言ったはずです。
無理だと思ったら
その山には登れないと
誰かが言っていたような
気がします。
はい わけのわからない事
言わないで。 失礼。
僕と村木さんの仲じゃないですか。
どんな仲ですか!?
ディナーもした事がない。
誘ってるんですか?
あれ?
よいしょ…。
よいしょ…。
おかしいな 確か…。
あっ…。
あの ちょっとすいません。
(江藤奈津子)
どうかなさいました?
この辺に 日本音響研究所ってのが
あるのをご存じありませんか?
何か ご用ですか?
…え?
所長の江藤奈津子です。
は? ああ…
ちょうどよかった。
えっと 糸村聡と言います。
警察?
(奈津子)ありますね
消去された音源が。
まず これが録音されていた曲。
「(ピアノ)」
そして これが
消去されていた音です。
「(ピアノ)」
似てるけど違う曲…。
わかります?
前のは 別の人が弾いてたんです
たぶん。
だとしたら
こういう事をする人って…。
なんですか?
別に…。
「(ピアノ)」
音の弱い部分があるわね。
指を少し痛めていたようです。
(財津)「ああっ…」
「(鍵盤にたたきつけられる音)」
(財津)「ううっ…」
犯行現場の様子みたいね。
だから 犯人が消去した。
もう一度 お願いします。
ちょっとすいません。
「(ピアノ)」
「(足音)」
(財津)「ああっ…」
「(鍵盤にたたきつけられる音)」
(財津)「ううっ…」
この靴音はハイヒールの音だそうです。
ハイヒール?
現場にもハイヒールのような
足跡が残っていたと
鑑識から
報告があがってきています。
大きさは24センチ。
確か 長い髪の毛が
現場に落ちてたな。
(ピアノ)
(財津)ああっ…!
(宮下)つまり 女が
ピアノを弾いてるガイシャの
後ろから近づいて アイスピックで
何度も突き刺したって事か?
1つ 気になりませんか?
(宮下)何がだよ?
犯人は 被害者の演奏を消去して
自らピアノを演奏して
録音しています。
なぜでしょう?
犯行現場を
録音されてる事に
気づいたからだろうが。
だったら ICレコーダーを
持っていけば済むはずです。
なのに わざわざ
楽譜とは違う曲を録音してます。
糸村 そんなものは
被疑者を逮捕すれば
わかる事だろ!
ああ はあ…。
あの…。
どうした お嬢?
さっき
鈴の音も入ってましたよね?
被害者と結婚するはずだった
相川雪江さんの携帯には
鈴がついています。
彼女なら
ピアノも弾けるはずです。
(携帯電話の振動音)
はい。
…糸村? ああ 昼間の。
あの… ハイヒールの音について
何か気づいた事はなかったかと
思いまして…。
お聞きにならなかったので
お答えしませんでしたが
足音に乱れがありました。
「例えば 足の不自由な老人が
歩いている時のような…」
江藤さん
1つ 実験にご協力頂けませんか?
え?
(宮下)入ります。
(曽根)おお。
わざわざ お越し頂いて
申し訳ありません。
(曽根)2~3 お聞きしたい事が
あったものですから。 どうぞ。
…はい。
(曽根)最近の財津さんは
荒れていたと
もっぱらの評判だったそうですね。
ご存じでした?
(曽根)あなたも
怒鳴られた経験がおありだ。
ひと月ぐらい前
あなた 財津さんのお宅を
何度か訪ねている。
帰れ! ここには二度と来るな!
(溝口泰子)すいません。
どうして?
≪(雪江)
私にわかるように説明して!
いいから
今はもう ほっといてくれ!
財津さんが亡くなられた当日の
午後11時頃
どこにいらっしゃいました?
自宅に…。
一人で?
…はい。
実はですね
その時刻より30分前に
あなたが ご自分のマンションから
出て行くのを
管理人さんが目撃していたんです。
あなたのマンションから
財津さんのお宅までは
30分もあれば十分だ。
そうですよね?
管理人さんの見間違いです。
私は家にいました。
私は あの人を
殺したりなんかしていません!
そんな事
ひと言も言ってませんよ 私は。
足の大きさは何センチですか?
24センチです。
現場に残されていた
ハイヒールの大きさと同じだ。
固えよ これ。
(横山)何をする気なんですか?
一体。
ん? ちょっとした実験だよ。
あ 江藤さん…。
はい。
昨日 例のレコーダー
曲を消去して
録音し直した人物について
何か言いかけて
やめてましたけど
あれ
何を言おうとしてたんですか?
ああいう事をする人って
自己顕示欲の塊じゃないかって
思っただけです。
そうか…。
よし! 実験始めようか。
(奈津子)これが
レコーダーに残されていた
ハイヒールの音の波形です。
ハイヒールと
それから 鈴も用意しときました。
現場に残された足跡は
約24センチ。
これさ 2000円したんだよ。
経費で落ちればいいんだけどな…。
(横山)っていうか
何するんですか?
だから この波形に
ぴったり合う人物を探すんだよ。
は?
あ お願いします。
はい。
違いますね。
では 次 江藤さんお願いします。
え?
…ええ。
どう?
全然違いますね。
じゃあ 次は僕が。
ハイヒール ください。
は? なんで糸村さんが?
倒れそうなんですけど…。
(横山)当たり前でしょうが!
どうですか?
(曽根)相川雪江は
一旦 帰すしかないな。
(宮下)…ですね。 クソッ!
横山…。
なんだ?
えーっと 糸村さんの実験結果を
お知らせにきました。
実験!?
聞いてないぞ そんな話は!
いやあ そう言われても…。
えーっと… これです。
(曽根)「鑑定結果
ICレコーダーに残されていた
靴音は 体重65キロ前後で
ハイヒール着用による歩行に
不慣れな人物」…。
(横山)…らしいです。
それと もう1つ
被害者のピアノ曲を
消去した人物が
そんな事をした理由ですが
恐らく 自分の方が財津さんより
勝っている事を
誇示するためだったんじゃ
ないかって…。
糸村のヤツ ひょっとして
大物を釣り上げたかも
しれませんね。
(おもちゃのピアノ)
ああ! やめて!
ああ! やめて!
(雪江)すいません。
また明日 お迎えにあがります。
(入江)まだ
彼女を疑ってるんですか?
糸村さん。
相川さん 入江さん
財津さんの事でお話があります。
3分だけ
僕に時間を頂けませんか?
彼女は疲れてますから…。
聞きます 私。
この おもちゃのピアノ
これは 幼い頃からずっと
財津さんの
心の支えだったようです。
え?
財津さんは 父親からの
暴力を受けて育ちました。
(入江)本当ですか?
父親の暴力のせいで 母親は自殺。
父親は病気で亡くなり
養護施設で育ったんだそうです。
いつも 何かに耐えているような
少年だったそうです。
そんな少年が
たった一度だけ暴力を振るった。
まるで 今まで耐えてきた事を
一気にぶつけるように。
その時 彼は一体
どんな気持ちだったんでしょう。
とてつもなく
怖かったんじゃないかなと
思うんです。
自分も
父親と同じDNAを持ってる…。
いつ暴力を振るうように
なってしまうか
わからない恐怖…。
その恐怖を抑え込むために
彼は この母親からもらった
おもちゃのピアノを
弾き続けていたんじゃないかな
って思うんです。
(おもちゃのピアノ)
だから…。
何か?
私 そのピアノを壊したんです。
(財津)バカ!
おい! 何してんだよ!
お前は!
ごめんなさい。
(雪江)今から思えば
あの時から
彼の態度が変わったんです。
そうですか…
彼が結婚をやめると言ったのは
お母さんの形見の品を
私が壊したからだったんですね。
(入江)これぐらいで…。
相川君 行こう。
(鍵盤をたたく音)
形見の品を壊されたぐらいで
結婚をあきらめる人はいません。
確かに 彼はこのピアノから
音楽の道へと育っていきました。
でも 心の奥底では
いつも暴力を振るう自分に
おびえていたはずです。
その兆しはあったんです。
大好きな音楽に
没頭すればするほど
周りとぶつかってしまう…。
このままいけば
父親と同じような真似を
してしまうんじゃないか…。
いつか 大切な人にまで
暴力を振るってしまうんじゃ
ないか…。
そう 相川さん あなたの事です。
ピアノを壊したあなたに
暴力を振るいかけて
本当に そうなってしまうかも
しれないという現実を
突きつけられたんです 恐らく。
だから 結婚に対して
自ら背を向けたんじゃ
ないんでしょうか。
そんな…。
彼の立場に立った時に
そう思ったんだとしたら
あなたに 急によそよそしくなった
その理由がわかるんです。
財津さんは 一旦は
絶望したのかもしれません。
しかし あなたと別れる事への
葛藤もあったはずです。
その葛藤の末に
彼は 新しい曲を
作ったんだと思います。
(ピアノ)
それは あなたの想像でしょう?
第一 そんなに大した曲じゃない。
財津の曲は!
犯人も
あなたと同じ感想を持ったんです。
だから 財津さんの曲を消去して
録音し直した。
どうだ! お前なんかより
俺の方がずっとうまいんだ!
負けるはずがない と。
そう 荒々しい感情を
むき出しにして。
入江さん あなた いつ
財津さんの曲を聴いたんですか?
ちょっと…。
いや… いやー!
(ピアノ)
(入江の声)あいつの才能を
最初に認めたのは 私だった。
いつも圧倒された。
私は 音楽を
あきらめようと思いました。
だが 彼が 自分と一緒に
新しい音楽を目指そうって
言ったんです。
(曽根)だから
プロデュースする側に回った。
どうです? 彼は売れましたよ。
(入江)今じゃ マスコミの寵児だ。
ぶつかりもしたし
殴られもした。
え!?
俺にこんな仕事をさせるのか!?
(制止する声)
(財津)謝れ こらぁ!
離せ! このぉ! おい! 入江!
だが 彼は私の力で売れた。
(財津)このまま日本で
音楽続けてたら
俺はダメになる。
一からやり直したいんだ。
あんたなら わかってくれるだろ?
おいおいおいおい…
コンサート どうすんだよ?
スケジュールだって
2年先まで埋まってんだぞ。
次のコンサートで
引退を発表する。
その後は 新天地でやり直す。
(入江)財津! 何考えてんだ!
何考えてんだ 財津!
考え直せ!
だから もう決めたんだよ!
(入江の声)
雪江の事だって すぐわかった。
よお。
冗談じゃない。
なんで悪態つかれながら
今までやってきたと思ってる。
あいつは 俺の人形なんだよ!
なのに… 許せなかった。
彼女が あの夜 出掛けたのは
財津の事で
知らせたい事があるって
匿名メールがあったからだ。
そんなに嫌いだったのか?
財津の事が。
何?
嫌いだったんだろ?
(曽根)
なんだかんだ言ったところで
あんたは財津に
音楽ではかなわなかった。
だから いつも心の中で
疎んじていた。
そんな事はない。
いやいや そうに決まっている。
あんたのその目が
そう言っている。
(曽根)「あいつが嫌いだった」
ってね。
違うって言ってんだろ!
おい…。
あいつは 俺の人形だったんだ!
あいつは 俺のおかげで
ここまでなれたんだ!
おおう! いいか よく聞け。
もう少しで 俺の曲が
あいつの追悼コンサートで
発表されるはずだったんだよ。
俺の曲がだ。 わかるか?
財津なんかよりも素晴らしい
俺の曲がだ!
わかるか?
わかるか?
(ピアノ)
(鍵盤をたたく音)
財津さんは あなたと
やり直そうとしてたんですね。
え?
これは 財津さんの
財布の中から出てきた
クレジットカードの記録です。
ここに イタリア行きの
片道チケットの
購入記録があります。
名前は 財津陽一と相川雪江。
(雪江)フィレンチェ…。
何か?
私の父と母が
初めて出会ったのが
フィレンチェだったそうです。
いつか行ってみたいって
話した事が…。
覚えてたんです 財津さんは。
男の嫉妬ってのは怖いなあ。
宮さん 私に
嫉妬を感じた事はあるかね?
いいえ。
(ピアノ)
財津さんの遺作のタイトルは
『明日へ』といいます。
(ピアノ)
この曲には
未来への希望があります。
新しい自分と
あなたのための曲なんです。
(ピアノ)
本当に ありがとうございました。
江藤さんのおかげです。
1つ 質問してもいいですか?
はい。
科学捜査係は
遺留品係と呼ばれていると
伺いましたが どうして
あんな事までなさるんですか?
(ため息)
被害者は もう何も言えません。
だから 遺留品に聞くんです。
へぇ… 面白い事 言うのね。
とても警察の方とは思えない。