唯吾日语

最简单的日语网站,最丰富的日语内容!

日本语能力考试

唯吾分享遗留搜查11日文字幕,台词

亲,跪求分享哦 m(__)m

更多

(江藤奈津子の声)18年前 私の兄で 弁護士をしていた江藤隆義が ナイフで刺されて殺されました。 (奈津子)あっ! (奈津子の声)私の思い込みと 言われたら 仕方がない事。 でも 銀のスプーンは 確かにあった。 (斎田 修)重要参考人として ご同行願います。 (高見杏子の声) 赤ちゃんの父親なのに どうして私が あの人を殺すんですか? (奈津子の声)犯人として まず 疑われたのは 兄の恋人だった 高見杏子さん。 凶器が 彼女の住んでいた アパートの庭から 発見された事で…。 ナイフには 江藤さんと同じ血液が 付着していた。 (奈津子の声)でも その翌日 彼女は首をつって自殺した。 事件が終わって 兄の遺留品を返してもらった時に 銀のスプーンはなかった。 (江藤美佐)警察? (山崎)本当に 申し訳ありませんでした。 (奈津子の声)18年前 確かに遺留品として押収したが 紛失したのは 管理していた自分のせいだと…。 (加賀見 享)山崎が 何を言ったかは知らないが あの現場に 銀のスプーンはなかった。 (加賀見)あなたの見間違いですよ。 (糸村 聡)遺留品を紛失した事を 認めた方がいいと思います。 嘘をつくのはいけない事です。 斎田署長さんって どんな方か ご存じ? 部下思いで… ああ 犬が大好きな人みたいです。 犬…。 (携帯電話) はい。 え…? わかりました。 では 明日。 ああー! (捜査一課管理官)マルガイは 玉川南署署長 斎田修。 「それと 事情はよくわからんが 一課長が 現場にいたらしい」 (曽根武雄)えっ!? 課長が? 「宮下班は これより直ちに 斎田署長宅へ急行してくれ」 (宮下晴彦)了解。 斎田署長宅に向かいます。 ああ…。 いやぁ…。 ご苦労さまです。 ああ。 はい お願いします。 はい。 上がります。 はい ゆっくり ゆっくり。 (パトカーのサイレン) (鑑識課員)はい シート。 (鑑識課員)はい。 ご苦労さまです。 (宮下)どうも! 失礼ですが お名前は? お疲れさまです。 お疲れさまです。 ご苦労さん。 (織田みゆき)お疲れさまです。 江藤さん? (警察官)お知り合いですか? はい。 (宮下)署長は 独身か? (田代)去年の暮れ 母親を 施設に預けてるという話は 聞いた事があります。 んー…。 ≪(犬の鳴き声) (宮下)ん? 糸村! なんでお前が ここにいるんだ! どうぞ お構いなく。 あっ 織田くん いたんだ。 勝手にやってろ! そうしまーす。 よいしょ… お邪魔します。 よしよし。 あー いい子だ。 んー… ん? そうか お前 ライラっていうんだ。 ライラ 斎田署長さんね 亡くなっちゃったんだよ。 わかんないか…。 ん? 「ぱこの墓」…。 敬礼! (曽根)現場にいた理由を お聞かせください。 斎田の様子がおかしかったのを 覚えているか? おい。 あ…。 お疲れに なったんじゃありませんか? あ… いや そんな事はない。 どうしたのか気になった。 電話して会う事になったんだ。 そこで 俺の顔を見た途端 飛び降りた。 顔を見た途端にですか? (加賀見)そうだ。 お疲れさまです。 おおっ! はい おいで。 よいしょ…。 (加賀見)どうだ? (一同)ご苦労さまです。 (堂本 治)左上腕に圧迫痕。 防御創のようなものがあります。 (富樫謙三)現場に ちぎれたチェーンが落ちてました。 (富樫)糸村 チェーン! あっ はい。 これです。 なんだ? そりゃ。 いや 笛のようなものが ついてまして…。 どうです? (加賀見)知らん。 では これを鑑定に回します。 (斎田登代子)修が… 死んだ? はい。 (田代)お母さんの他に ご家族の方は? もしかして あの子… 自殺したんですか? なぜ そう思われるんですか? いえ なんとなく そんな気が…。 人にばかり気を使う子ですから。 もしかして 疲れてしまったのじゃないかと…。 最近 息子さんは 面会にいらっしゃってましたか? 最近は 来られてなかったかなと 思いますけど…。 じゃあ 息子さん以外に 誰か面会には? 斎田署長のお母様で いらっしゃいますか? この度は…。 あの… こんな時に なんなんですけれど 犬について お聞かせ頂けますか? 斎田署長は 昔から犬を飼っていたと おっしゃっていたんですが…。 犬を飼うようになったのは 孫が生まれた時からです。 病弱だった孫の遊び相手として。 ええ。 あっ これについては 何かご存じありませんか? さあ… わかりませんが…。 そうですか。 (院長)静かな方でしたね。 お母さんを預けられた日も…。 (院長)本当は ご家族の方と 一緒に住むのが一番なんですよ。 面倒を見きれなくなったからって 厄介払いっていうのは…。 よろしくお願いします。 (院長)月に一度は いらしてたみたいですが お母さんと まともに話している姿は 見た事がありません。 署長の署内での評判は良く 自殺する理由は 誰も思い当たらないようです。 (加賀見)俺は 斎田が飛び降りるのを見た。 つまり自殺だと言っている。 それ以外の事はわからん。 それとも 俺が 斎田を突き落としたとでも 言いたいのか? じゃあ この一件 上に上げろ。 監察に任せればいい。 そんな まさか…。 (加賀見) じゃあ 斎田の自殺を立証しろ。 それで この一件は終わりだ。 (宮下)よし 引き揚げるぞ! (一同)はい。 ちょっと待ってください! (加賀見)曽根 ちょっといいか? なあ…。 (加賀見)銀のスプーンを探せ。 斎田の周りからな。 斎田署長の? (加賀見)そうだ。 18年前 現場に 銀のスプーンがあったのは 江藤さんの 見間違いじゃなかったって 認めるんですね? 斎田が謝ったんだ。 俺の目の前で。 お前に聞きたい事がある。 18年前の事だ。 課長…。 申し訳ありませんでした…! 申し訳ありませんでした! どういう事だ? 言ってみろ。 斎田! 斎田! 斎田! あっ! (加賀見)斎田!! ああー! 斎田ー! 斎田の様子が おかしくなったのは 江藤奈津子が 俺たちの前に現れてからだ。 あいつが なぜ俺に謝り 飛び降りたのか。 銀のスプーンが あいつの周りから見つかったら その謎が解ける。 その時は この一件を公にする。 だがな…。 見つからなかったら 公にはしない。 課長。 (加賀見)なんだ? こんな事を言ったら また飛ばすぞとか 言われそうなんですが…。 本当は もう課長は この世に 銀のスプーンは存在しないと 思ってるんじゃないんですか? ほら また そういう顔をする。 でも 見つかったら 公にすると言った 今の言葉 忘れないでくださいね。 でも どこを どう探せばいいのか…。 遺留品を探すのは お前の仕事だろう。 はい。 あっ そうだ。 えー これ 課長 よかったら どうぞ。 これ 僕がいつも飲んでる 中国茶なんですけど イライラにもいいんですよ。 では 失礼します。 お邪魔しました。 (捜査一課管理官) 若い連中が騒いでるようだが この件に関しては事件性はなしと 捜査一課は判断してる。 わかるね? はい。 (富樫)斎田署長が 自ら飛び降りたと考えて 間違いありません。 ああー! (曽根)よーし! 斎田署長は自殺。 一課の仕事は ここまでだ。 解散する。 本部に引き揚げるぞ。 (田代)ちょっと待ってください! (曽根)なんだ? (田代)これで終わりなんですか!? 自殺はいいとしても その原因はなんですか? それが判明しないうちに 解散は ないんじゃないですか? 残念ながら それは俺たちの仕事じゃない。 係長 係長! ん? 斎田署長の自殺には 18年前のあの事件が 絡んでいるはずです。 このまま終わらせるには…。 どうだというんだ? 斎田署長は自殺だ。 その理由に 我々が関知する必要はない。 ですが…。 つべこべ言うな! 事件は これだけじゃないんだ! お嬢。 お嬢なんかじゃありません。 ちったあ頭冷やせよ。 誰もが糸村になれるわけじゃ ねえんだぞ。 違うか…。 ん? そう簡単には見つからないか…。 はい これ あげて。 よっ…! ん…? ライラじゃないんだ。 ん? (多中)こんな幕の引き方 腑に落ちねぇな…。 (佐井)所轄が納得いかないのも わかりますよ。 ねえ? 宮下さん。 (室田仁) どうしたんですか? 宮下さん。 ん…? おはようございます! おはようございます。 (原本)はあ? 犬連れて ご出勤とは いい気なもんだ! おいおいおい 体裁も何も あったもんじゃねえな。 (宮下)体裁ばっかり 繕ってもなぁ…。 (大石鉄夫)元警官が殺されて すぐに署長が自殺で 因果関係ないって言われても そりゃ マスコミは 煽りたがるよね。 はい おいで。 ほ~ら 岡野さんと 堀内さんと桜木さん。 おはようございまーす! おいで。 ここにいてね。 (横山恵一)あっ 糸村さん 調べましたよ 例の笛っぽいもの。 なんだったと思います? 犬笛でしょ? え? ねえ。 ほう~… 犬って 耳がいいんだな。 全然聞こえないよ。 すごいね お前! すごいね お前って…。 適当に人に振って 調べさせといて…。 あっ そうだ。 あと 村木さんから 鑑定結果 預かってます。 おっ グラッチェ! 唾液のDNAから あの犬笛 斎田署長のものだと 特定されたそうです。 あと 微量なんですけど 長石と酸化鉄が検出されたって。 そういう事か…。 お疲れさまです。 あれ? 悟くん! (山崎 悟)僕 警察官の採用試験 受けようと思って…。 へぇー。 じゃあ 親子三代で警察官だ。 母に話したら喜んでくれました。 警官になったら このぐい飲みで酒飲みます。 父の墓前で一緒に。 そう。 山崎さん きっと喜ぶよ。 あっ じゃあ なんか お祝いあげないとね。 えっ いいえ…。 えーと…。 あった。 よいしょ。 はい これ。 捜査一課のベルト。 ありがとうございます。 よっ よっ よっ もう少し! あー 着いた! あっ こんにちは。 えっと 確か…。 い い…。 糸村さん! はい そうです。 正解です。 何かご用ですか? あの お母さんいらっしゃいます? います。 どうぞ。 今日 お伺いしたのは よいしょ… 犬笛についてです。 これは 斎田署長が 持っていたものと同じものです。 江藤さんは 18年前 現場で 銀のスプーンを見た時 同時に 不快な断続音を聞いたと 言っていましたよね? それって この犬笛の音 だったんじゃないでしょうか? 周波数は 1万7000ヘルツ。 若者にしか聞こえない 特有の音。 モスキート音というの。 犬笛なら 犯人の近くには 犬がいたはず。 斎田署長が 犬好きだと 糸村さんから聞いて その事を確かめるために 私は彼のところへ行ったの。 …だとしたら おかしいんですよね。 え? 斎田署長が なんらかの形で 事件に関わっていたとして なぜ 彼は 犬笛を 持ってたんでしょう? しかも わざわざ 墓から掘り返して。 掘り返して? 犬笛には 長石と酸化鉄が 付着していました。 どちらも 斎田署長の家の庭の土と 同じ成分です。 気になっていたんですよね。 斎田署長の犬の墓が 掘り返されていた事と 彼の指についた 土の汚れ。 つまり 斎田署長は 飛び降りた日に 犬笛を掘り出したと言いたいの? 恐らくですよ。 でも そこには 理由があったはずなんです。 亡くなった斎田署長の声は この犬笛に込められてると 思うんです。 (訓練士) 訓練や躾のために使ったり 素人の方にでも 簡単に扱える代物ですよ。 おおー…。 すごいな。 一度 吹いてみます。 はい。 (犬笛) (横手裕太)テト! (犬笛) はぁー…。 (横手良雄)斎田さんとは 昔からの付き合いで 私 犬の訓練士を していた事があって 犬笛を操るのを知って 教えてくれないかって 言われたんです。 それは いつ頃の事ですか? (良雄)もう随分前ですよ。 斎田さんが 刑事をしてる頃だったから。 (犬笛) (犬笛) (良雄)あの頃 飼ってた ぱこ 頭よかったから すぐ覚えちゃって。 そのあとは? やっぱり 犬笛は性に合わないって やめたみたいですよ。 (裕太)お父さん。 ほんとに 斎田のおじちゃん 死んじゃったの? (良雄)そうだってさ。 お前 仲よかったのになぁ。 やはり 自殺でしたか。 はい。 お力落としのございませんように。 失礼致します。 バカな子だよ ほんとに! 私を こんなところに捨てるから… ないがしろにするから こういう事になるのよ! ああ…! せっかく 署長にまでなったっていうのに。 ああ~ バカ! 腰抜け!! ああ~! 弱虫が!! 斎田さん どうしました? 斎田さん 落ち着きましょう。 バカだ! バカな子だ…! ≪(介護士)誰か! 先生呼んでください! ≪(登代子)ああ~! ≪(介護士)落ち着いて! ≪(登代子の泣き声) ≪(介護士)落ち着いてください 斎田さん。 (登代子)お話しする事なんか ありません。 帰ってください。 斎田署長には 横手裕太くんという 小さな友人がいました。 その友人に署長は お母様の事を話していました。 気の強い人だったんだ おじさんの母親は。 子供の頃から 勉強しろ 一番になれ 人に負けるなって 繰り返し言われてね。 大変だ。 うん。 昔から 犬が大好きだったんだけどね 犬は飼ってもらえなかった。 だから 大きくなってから 犬を飼ったんだ。 母親に なんと言われようともね。 ハハッ。 今は事情があって 一緒には住んでない。 そうなんだ。 たまに会っても 何も話す事なんかないよ。 でも お母さんなんだから…。 一緒に暮らしてあげた方がいいよ。 斎田署長 泣いていたそうです。 それと この犬笛は ぱこの墓から出てきたものでした。 (ナースコール) 斎田さん どうなさいましたか? 呼んでください。 えっ? 呼んでください! (携帯電話) (携帯電話) 斎田署長のお母さんが あなたに 大事な話をしたいと 言っています。 恐らく 18年前の事件の事です。 一緒に来て頂けませんか? (奈津子)私が? 真実を知りたいと 言っていたじゃないですか。 怖いんですか? 怖い? 私が何を怖がるっていうの? 殺された あなたのお兄さん 江藤隆義さんは 悪徳弁護士として評判の人だった。 それが18年前の事件に 絡んでいるんじゃないか…。 そう思っているんじゃ ないんですか? 世間の評判はともかく 私にとっては いい兄だった。 恋人だった杏子さんとも 愛し合っていた。 だから 赤ん坊が生まれたんです。 それが…。 美佐です。 (美佐)ただいま。 (奈津子)おかえり。 こんにちは。 (美佐)こんにちは。 美佐さんのためにも 行くべきなんじゃないんですか? あなたが 被害にあった方の妹さん? はい。 そして この子が兄の娘です。 (登代子)お嬢さん。 あなたのお父さんを殺したの 私の息子です。 (登代子)私が それを知ったのは 事件から2年近く経った ある日の事です。 その年の初め 息子の嫁が病気で亡くなり 2か月後には たった一人の孫も…。 なんて言ったの? 今。 だから 夢を見るんだよ あいつの夢を。 殺してしまった江藤が 化けて出てくるんだよ! こ… 殺したって あんた…! そうだよ! 俺が殺したんだよ あいつを この手で! だから… だから… あいつ うちの美智子と宏樹を あの世へ連れてったんだ! 夢に出てきて笑うんだ。 俺は どうしていいか わかんないよ。 おかしくなりそうだよ 母さん。 何 バカな事 言ってるの! どうして そういう事になったのか 母さんに全部話してごらん! (登代子の声)当時 私が大病して お金がかかった時期が ありました。 その時 悪い道に誘う人が あったんだそうです。 警察の情報を渡せば 金になるって誘われて それから金をもらっては 情報を流してた。 もう2人とも 逃げられなかったはずなのに あいつだけ…。 (斎田の声)「自首する!? 今さら なんで!」 (江藤隆義の声) 「赤ん坊が生まれたんだ」 「もう こんな事はやってられない」 子供のため? ふざけるな! (江藤)何やってるんだ 返せ! (江藤)返せ! 自分の都合だけで 俺の人生 めちゃめちゃにしやがって! (江藤)うわっ! (江藤)斎田…! あっ… ああっ! (ドアの開閉音) (登代子)私はね お嬢さん。 私は それを聞いた時…。 いいのよ それで。 このまま口をつぐんだ方が いいに決まってる! (斎田)母さん…。 あんたは 私を 人殺しの母親にするつもり? (登代子の声) ぱこのお墓に埋めました。 もう全て忘れようって…。 その日から ほとんど 口をきかなくなりました。 息子が飛び降りる前に 置いていったんです。 (登代子の声)あの時 息子はすでに 死ぬ事を決めていたんでしょう。 最後に このスプーンを私に… 遺族に返してくれって事 だったんでしょう。 私は 息子に 人殺しの罪の償いもさせずに 気の優しい息子を 苦しめ続けたんです! 許して! 息子を許してください! 全て… 全て私のせいなんです! 許して! お願いします! もう… 私のせいなんです。 息子を許してください! 許してください! ああ… お願いします! 全て私が悪いんです。 私のせいなんです! ああ…! 許してください! 許してください もう。 全て私が悪いんです! 私が悪いんです! どうか許してください! 斎田さん… お母さん! 許してください お願いします! お母さん! もうわかりました。 よくわかりました。 私が生まれたせいで 何人もの人が死んだ。 私… 本当のお父さんとお母さんも…。 美佐。 触らないで! 待って 美佐! いい加減にしなさい 美佐! 出てきなさい 美佐! 美佐! 美佐!! 江藤さん! 美佐が ずっと部屋から…。 私 もう どうしたらいいのか…。 美佐さん 聞こえてますよね? 糸村です。 少しだけ… 3分でいいんです。 僕の話に 付き合ってくれませんか? 遺留品って知ってますか? 事件の現場に 残されていた物の事です。 その「物」から 聞こえてくる声を聞き取るのが 僕の仕事です。 (ピアノ) 遺留品は伝えてくれます。 被害者の思いや真実を。 もちろん それは 美しいものばかりとは 限りません。 悲しみや怒りを 生み出してしまう事もあります。 でも 美佐さん。 遺留品には 亡くなった人の生きた証しが… 心が宿ってるんです。 今 ここに あなたへの思いを 伝えようとしている 遺留品があります。 お願いです。 一度だけでいいんです。 あなたへの本当の気持ちを 受け取ってください。 (ドアが開く音) (奈津子)美佐! ああ… なんて事を! お父さんは あなたが生まれてくれた事を ほんとに喜んでた。 感謝してた。 あなたが生まれてくれた事で 命の大切さや これまでとは違った 新しい未来への希望を 抱き始めたんです。 ご両親が亡くなった事は 不幸な事だったかもしれません。 でも これだけは言えるんです。 このスプーンは ご両親が あなたを愛していた証しなんです。 そして あなたのために 18年間ずーっと このスプーンを 探し続けてくれた 奈津子さんの… お母さんの愛の証しでも あるんです。 これ お父さんが? ありがとう。 (美佐)ありがとう お母さん。 どうした? お嬢。 ボーッとして。 なんでもありません。 ほんと お前は いっつも悩んでるなぁ。 織田。 はい。 最近 評判いいぞ! えっ? お前を引っ張った俺も 鼻が高い。 宮さんの指導のおかげかな? (宮下)よしっ! (笑い声) どういう事ですか? (宮下)次のポストが 目の前に ぶら下がってるんだとさ。 そういう事ですか。 まあ 係長は係長 お前はお前 糸村は糸村。 そういう事だよ 俺が言いたいのは。 お嬢ちゃん。 宮下さん 前から言いたかったんですけど お嬢ちゃんって セクハラですよね? それは失礼しました。 お嬢ちゃん。 (村木 繁)はあ… 感激です。 糸村さんにディナーを ごちそうになるなんて。 いやいや いやいや。 いつも 村木さんには お世話になってますから。 ご迷惑をおかけしてるんですから そのお礼ですよ。 (横山)うまいっすね! 悪いな 俺もおごりだなんて。 ちょっと 横山くん。 ちょっと待って。 食べるのやめようか。 横山くんは自腹だからね。 なんで? 何言ってるの? だって 村木さんに ごちそうするって言ったら 勝手についてきたんじゃない。 えっ 俺も いつも 面倒かけられてるじゃ ないですか! 面倒とか言っちゃダメでしょ。 いつもやってるのは仕事でしょ 面倒じゃないでしょ。 糸村さんが いつも 面倒にしちゃってるんでしょ! ああ そういう事言われた そういう事言われた。 いやいや 今日は ビシッと 言わせてもらいます! ちょっと ちょっと… ちょっと待て! お客さんがいらっしゃいますから。 (糸村・横山)いや だって…。 わかりました わかりました…! 私が おごります。 (糸村・横山) ありがとうございます。 いやいや ちょっと… そうじゃないじゃん。 うまいな! 横山くん じゃあ ワインリスト…。 ああ 欲しいですね! ちょっと ちょっと…。 すいません ワインリストください! 斎田署長は 犬を使って 凶器を移動したんです。 A地点からB地点まで 犬に凶器を運ばせる。 犬笛を使って それを成し遂げたんです。 ですが もう二度と 犬を犯罪に巻き込まないようにと ライラには なんの調教もしなかった。 18年前の遺留品紛失は いつも 俺のここに 引っかかってた。 課長になった時 科学捜査係の設置を 上司に進言したのは そのためだ。 そうだったんですか。 あ… どうして 僕を? お前は変態並みだからな 遺留品に関しては。 変態? 物に固執する お前ならと 引っ張った。 とりあえずは 正解だったよ。 ああ そうだ。 銀のスプーンが見つかったら 全てを公にすると言った あの言葉 忘れないでくださいね。 お前は人を不愉快にさせる 名人だな。 じゃあ 行きます。 行くぞ ライラ。 よいしょ。 よいしょ。 はい おいで。 糸村 飼うのか? いいえ。 でも いい人 見つけました。 はい 行こう。 (奈津子)頭を上げてください。 こんにちは。 こんにちは。