唯吾日语

最简单的日语网站,最丰富的日语内容!

日本语能力考试

唯吾分享转职必胜班 01日文字幕,台词

亲,跪求分享哦 m(__)m

更多
うん。 就活あるし
部活に出てる場合じゃないから。
(野々村南)ああ~ん ダーリンが
チューしてくれないと
南 電話 切れない~!
1日も休まないで
レギュラー守ってきたんでしょ?
ちょっと南 聞いてるの?
真々子がひがんでる。 またね。
モスクワ出張 ガンバ!
私は ひがんでなんかないからね!
〈円高 株安
デフレ マイナス成長〉
ガンバって何時代よ。
レギュラー 外されちゃったんだ。
え?
〈日本経済は 長く続く
不況の真っただ中にあった〉
もう… 真々子は
昔から変わんないね。
だから これからは
就活にビシッと打ち込むよ。
え?
〈人々は 賃金の低下
失業の恐怖にさらされながら
先生 今の掃除当番の決め方は
ダメ!
え?
一部の人だけ
1か月に2回も回ってきて
新たな希望を転職に託す〉
部活を辞めたら
就職活動もダメになるわ。
不公平だと思います。
だったら毎日 クラス全員で
掃除する事にしても
どうして?
部活をやってる事が
就活のプラスになるんだから…。
先生 全然 構わないぞ。
〈仕事の悩みを抱えた
転職希望者たちは
みんなだって そう思っています。
あ…。
今日も
転職代理人のドアをたたく〉
ねえ みんな。
どうしたの?
先生 さようなら。
さようなら。
わかった…。
私の相場を上げる方法。
〈自らの安住の地を求めて…〉
さようなら!
帰ろう。

今回も
まったく同じパターンじゃん。
さっさと主婦になった南は
正しいよ。 ラクそうだし。
(井野真々子)
これが 私の覚悟です。
あー 自分らしく輝ける職場で
あ…。
経済評論家の勝間和代。
井野先生…。
(勝間和代)海老沢さんにも
よろしくお伝えください。
今 我が校には
変革が必要なんです。
新しい自分探して
人生リセットしたい。
どうもありがとうございました。
こちらで失礼します。
(南)はい これ あげる。
何これ? お金?
お聞き届け頂けないなら
私は…。
商品券?
あ… あの!
あの すみません。
先生の意見は
もう何度も伺いました。
「転職セミナー」…。
このセミナーの講師 何千人も
転職に成功させてるカリスマで
私も 教育者として
よく考えました。
海老沢さんに
お会いしたいんですけど。
業界じゃ有名なんだって。
これ 私に?
うん。
では 校長…。
結局 僕に相談に来たんだ。
(南)うちのダーリンが。

今日は 自分の価値を上げる方法を
答えに来たんです。
ウフフッ 大好き!
やだ もう…。
≫(店員)限定のケーキ
売り切れました。
バカだと思われっぱなしは
しゃくですから。
長い間 お疲れさま。
(2人)えっ!?
他の先生方だって
そう思ってます。
お待たせしました。
ありがとう。
そう思われている方は
井野先生とご一緒に
どうぞ。
あいつ 並んでなかった!
あぁ… 孫のケーキが…。
辞めて頂くしかないですね。
私たちは 断固 戦います。
まず 第一に 転職はせず
教師を続ける。

ねえ 皆さん。
(電話)
はい 栄琳高校です。
まず 自分が勉強して
英語教育の能力を高め
(海老沢康生の声)世の中は
思いがけない事の連続だ。
待ってください!
(南)真々子!
受験英語のエキスパートになる。
その中で 実績を上げるには
何が必要か。
あなた! 横から割り込んできて
なんですか?
英語が好きな生徒を増やし
例えば このコーヒー。
生徒たちを有名大学に合格させて
えっ 割り込む?
こんな事して人として
こっちのコーヒーが日本。
恥ずかしくないんですか?
恥ずかしくないって…。
学校に欠かせない人材になる。
ちょっと待ってよ。
ケーキぐらいでね 目くじら…。
そして こっちの
水で薄めたコーヒーがアメリカ。
あなたのような
人の心がわからない人間が
で 報酬アップを要求。
世の中をダメにするんです。
でも それだけじゃ
相場が上がらないよ。
これが何を表しているか。
世の中って
話 むちゃくちゃ飛んでない?
もちろん。
ここまでは単なる元金。
他のお客さんだって
そう思ってます。
ねえ 皆さん。
一躍 英語教育の
マドンナ先生となった私は…。
すいません このプリンください。
メディアに出て 名前を売る。
えー…。
失礼。
受験テクニックの本を書いて
印税を手に入れ
名声が広がって 講演依頼が殺到。
そして その類まれな美貌が
買われて 銀幕デビュー。
あっ すみません。
ごめんなさい。
共演者との人目を忍ぶ恋なんかも
あったりして…。
あっ…。
おっ 君…。
(司会)それでは ご紹介致します。
3年間で…。
妄想は それぐらいで結構。
私は真剣です!
えっ 何してるの?
何って
だが 講演依頼が殺到までは
いいだろう。
え?
あんたこそ
職探しに来たんでしょ?
(司会)海老沢康生さんです!
なのに なんでアロハ?
頭おかしいんじゃない?
「元金」 つまり
今 君が選択すべき事は?
ちょっと!
高校の英語教師であり続ける事。
正解。
(拍手)
…って もう
辞めちゃったんですけどね。
そうやって みんな
今 持ってるキャリアの継続が
一番って事に気づいてなくて
失敗するんだ。
失敗?
失敗って決めつけないで。
失敗って決めつけたくなかったら
皆さんは
今日の金 ゴールドの取引価格
君 ちょっと
僕の下でバイトしない?
いくらかわかりますか?
は?
あんたの下なんて絶対にいや。
えー じゃあ そこの君。
君 前の仕事場で
月いくらもらってた?
はい! えっと… わかりません。
なんで あんたにそんな事を…。
今日は 1グラム 3429円です。
32歳 私立の高校教師だと
23万円だな。
なんで知ってるの?
それって どうやって
値段が決まるか わかりますか?
話にのるなら
そこに1万5000円 上乗せするよ。
えー…
そこに突っ立ってる あなた。
1万5000円…。
≪(ノック)
どうぞ。
(長野弥生)あの…。
じゃあ 私はこれで。
こちら 今日の面談を
見学させて頂く 井野さんです。
わかりません。
見学って ちょっと…。
よろしくお願いします。
わからない。
相場 金の相場です。
あっ… はい…。
座ってください。
邪魔ですから。
では 先日の確認から。
長野弥生さん 35歳。
金だけじゃない。
すべての物事は相場で決まる。
機械メーカーに事務職として勤務。
人の価値も そう。
決めるのは相場なんです。
27歳で結婚し 寿退社。
現在は 4歳のお子さんを
保育園に預け
それを知らない人間に
転職のエンゼルは微笑まない。
スーパーで パートをして
いらっしゃる。
はい。
転職のエンゼル…。
9時5時の仕事で残業がなく
福利厚生もしっかりした事務職。
ところが 相場を無視する人が
結構 多いんですよ。
安定した経営で 希望年収は500万。
特に 転職希望する人。
社会人になると 自分のキャリアに
自信を持ちます。
はい。
残念ながら ご希望に沿える会社は
1件もありませんでした。
で 相場を知らないで
勝手に取引してしまうから
失敗する。
1件も? そんな…。
事務の仕事は いくらでも
身軽な未婚者を雇用出来ます。
例えば… あなた。
あえて子持ちの女性を雇う事に
企業側のメリットはないんです。
また?
立って。
(ため息)
海老沢さんなら
なんとかしてくださると思って…。
年齢は… 35?
希望年収を下げて頂ければ。
29です。
正直に。
絶対に年収500万円は譲れません。
無理です。
32…。
(会場の人々の笑い声)
今のあなたは 仕事探しの市場で
価値0ですから。
職業は?
高校教師ですけど。
年収は ざっと448万円。
えっ? まあ…。
ひどいじゃないですか!
無理でも なんとかするのが
あなたの仕事でしょ?
悪い事は言わない。
あなたのように 30すぎて
転職を考えている人は
少なくとも
私が教師をやってた時は
今すぐ考え直した方がいい。
もっと子供たちに
親身に接してました。
どうしてですか?
ちょっと…。
あなた 自分に転職のエンゼルが
ついてると思いますか?
うわっ!
はあ?
今のあなた 転職の相場で…。
なんなんですか? ここ。
僕の秘密基地。
秘密基地…。
価値0です。
はい こっち見て。
え?
(シャッター音)
価値… 0?

あ 目つぶっちゃってるね。
まあ いいや。
入構証と名刺
最低限必要なものは揃ったね。
え?
長野さんの件
君に担当してもらうよ。
ちょっと待ちなさいよ!
まさか…。 何 言ってるの?
君… ケーキ1つで しつこいね。
もし 君が
長野さんの転職を成功させたら
違う! カリスマだか
マスカラだか 知らないけど
僕が 君に素晴らしい転職先を
紹介してあげよう!
あなたに価値0なんて言われる
筋合いないから。
え?
自分らしく輝ける職場で
新しい自分探し。
おかげで 海老沢さんに
見放されずにすみました。
え?
そこで 人生をリセット。
海老沢さん 私みたいに
なんの取りえもない主婦
今の君って 三流女性誌の
見出しに踊らされて
ほんとは
相手にしたくないんだろうから。
足元が ふらついてるだけでしょ?
(店員)はい 親子丼とざる大盛り
お待たせしました。
失礼します。
ありがとうございます。
君のエンゼル 相場で上げる方法が
1つだけあるよ。
どうぞ。
え?
いただきます。
知りたい?
ヒントは
30すぎたら利息で暮らせ。
利息?
おそば ちょっと食べます?
まあ 君は出会えないだろうなぁ…
転職のエンゼルには。
(泣き声)
どうしたんですか?
すみません…。
いや 私 今 夫と別居して
離婚協議中で…。
そうだったんですか。
なぁ~にが
30すぎたら利息で暮らせよ!
そばがきっかけで
3か月前 家を出て…。
(藤川花凛)井野っち それ 私の。
あー ごめん ごめん。
(弥生の声)夫は亭主関白で 浮気も
しょっちゅうでしたけど
こいつ 大嫌いなの。
子供のために我慢してました。
転職活動 うまくいってる?
それが ある日…。
うまくいってそうに見える?
先生 続ければよかったのに。
おかえりなさい。
今 お味噌汁あっためるから。
私 好きだったよ
井野っちの授業。
(長野秀彦)そば 茹でろ。
大人の世界は いろいろあるの。
でも もう作ってあるし…。
で 藤川の相談って?
(秀彦)昼間 遊んでるくせに
俺に口答えするな!
あなた… おそば。
俺 眠いんだよ。
お前みたいな
このくらいの価値のない女でも
別れないでいてやってんだよ。
(秀彦)ありがたく思え。
(弥生の声)
翌日 娘を連れて家を出ました。
ひどい!
早く別れた方がいいですよ。
でも 離婚するなら
娘は引き取ると…。
拒否したら
弁護士を立てて戦うって。
私に弁護士さんを雇うお金なんて
ないし
なんとか 娘は私の手元で育てたい
と頼んだんです。
そしたら…。
そしたら?
今月中に 私が年収500万以上の
会社に入れたら
娘は諦めると。
だから500万にこだわって…。
夫は銀行員で
私がそんなに稼げるわけないって
バカにしきってます。
でも 早く仕事を見つけないと
娘が…。
頑張りましょう。
弥生さんは元旦那に
私は海老沢に
価値0じゃないって事
思い知らせてやりましょう。
おはようございます。
私 井野真々子と申します。
パソコン貸してください。
(小笠原マナミ)あ~ あなたが。
はあ…。
川添さん 井野さんですって!
(川添甚助)ああ あなたが!
いや~。
川添です どうぞよろしく。
どうも!
ああ どうも…。
いや~ もう
ちょっとサルサの練習したら
汗ばんじゃって…。
アントニオ・バンデラスの弟
アセ・バンデスです! なんつって。
うわ! かわいそうに アハハ~。
ああ…!
川添さん…。
(マナミ)川添さん!
何?
パソコン どこですか?
パソコン? …オウ!
ジャストモーメント!
あれでも いつもより
ウザさ控え目ですから。
あれで?
35歳。
就業希望時間 9時から5時まで。
検索。
0。
ウソ~。
ダメだ… ほんとに1件もないよ。
落ちましたよ。
(田口僚太)ああ すみません…。
あれ この前の。
アルバイトの井野っていいます。
あなたが井野真々子さんですか。
僕 同じ海老沢班の田口です。
よろしく。
あの 田口さん…。
ああ 君でいいですって。
井野さんの方が年長さんだし。
年長さん…。
田口… 君。
皆さん 私を見ると
あなたが… って言うんだけど
どうしてなのかな?
海老沢さんのアシスタントって
社内でも注目されるから。
私は あいつのアシスタントじゃ
ないわよ…。
何か困った事があったら
言ってください。
企業担当だから
お役に立てないかもしれないけど。
企業担当って?
主に転職先を探してくるのが
仕事です。
田口君 お願いがあるんだけど。
あの ほんとに
自分で営業するんですか?
もちろん。 求人がないなら
自分でつかまないと。
(田口の声)主婦の採用に
理解のある会社を選びますけど
どこも厳しいのが現状です。
年齢制限を設けている会社が
ほとんどで
子供がいると
さらに狭き門になります。
しかも
これから離婚するとなると…。
突然 休まれたりすると
こっちも困るんですよね。
そこをなんとか
お願い出来ませんか?
あっ そういえば…。
何か! …何かありました?
貿易2部が拡張になって…。
あ 英語が出来れば
主婦でも即戦力で採用出来ますね。
1週間後 筆記試験です。
でも 英語が
特に得意というわけでは…。
いえ 大丈夫です。
英語の特訓?
私 高校では
英語教師だったんです。
でも… 私 英語なんて
まったく話せないし…。
(長野美菜)ママ!
これでお絵描きしていい?
うん。 向こうで描いといで。
実際の業務は
書類業務だそうですから
テストさえクリアすれば
なんとかなります。
大手で安定していますし
外資系は女性も働きやすい。
しかも 年収550万円。
弥生さんの希望にピッタリです。
でも…。
私に任せてください。
あれ? 井野真々子さんは?
長野さんの家に行くって
言ってましたけど。
それが 長野さんのフォローをする
って言って…。
あのおせっかいの事だから
今頃は…。
長野弥生の英語指導だけでは
飽き足らず
保育園の送り迎えから
炊事 洗濯 部屋掃除。
果ては自治会活動まで…。
(北城薫)まさか…。
いくら真々子ちゃんでも
そこまではねえ。
(日比野糸子)そこまでやったら…。
(マナミ)バカですよ。
戻りました。
長野さんちで何してたの?
英語指導と保育園の送り迎えと
炊事 洗濯 部屋掃除。
あっ あと自治会にも
代わりに参加してきました。
やってんだ…。
M&Tホールディングスに
落ちたら
残り 転職活動に使える日にちは
1週間もないでしょう。
大丈夫?
大丈夫です。
絶対に合格させてみせますから。
失敗しちゃえ。
さすがにキツイわ。
江村!
(江村夏生)なんだ 井野っちかよ。
あんた 何やってんの?
予備校は?
辞めた。
辞めたって。 受験は?
いい大学入って いい会社入って
あくせく働いたって
人生たかが知れてるよ。
頑張ったって 無駄 無駄。
何 バカな事言ってるの。
どうやって生活する気?
教師 辞めた奴に
バカなんて言われたくないし。
知ってたの?
この前 会いに行った時な。
もしかして 相談に来てくれたの?
井野っちなんかに
誰が相談するかよ。
江村!
あ~あ…。
これは不定詞ですから
この前の単語にかかって…。
ああ~ そうだった。
はい。
はあ…。
ん? なんか焦げくさい…?
ああっ!
アチッ!
大丈夫ですか?
すみません。
あんまり自炊しなくって。
(弥生)あ~ ちょっと待って。
あのね キャベツは芯を下にして
保存した方がいいんです。
そうなんですか?
そうしないと キャベツが
上に立ち上がろうとして
無駄な水分や糖分を消費して
早くしおれてしまうの。
へえ~ 知らなかった。
すごいですね。
役に立たない 主婦の豆知識です。

見てろよ 海老沢。
絶対に合格させてやる。
ダメだったんですか?
申し訳ありません!
あ いえ…。
井野さんが悪いんじゃないです。
私の力が足りなくて。
あ いえ…。
では そろそろ
現実的な仕事探しをしましょう。
ちょっと なんなんですか。
今のあなたは 欲張りすぎです。
安心してください。
こうなる事は 想定内でしたから。
なんで あんな事を言うんですか?
彼女に
仕事を見つけるためでしょう。
弥生さんには 時間がないんです。
旦那に子供を取られるから?
え?
危ないなあ。
何がよ。
君が もし
プロの転職代理人だったら
そうやって 求職者に 親身に
なりすぎるのは危険だって事。
親身にならなかったら
私たちがサポートする意味ないし。
親身になったからこそ
子供の事だって
話してくれたんじゃ
ないんですか?
君の安っぽい同情心に付き合って
振り回される彼女の身に
なってみたら?
同情? 私と弥生さんは
信頼しあってるんです。
違います。 君のやってる事は
親切の押し売り。
ただの自己満足だよ。
≪(ドアの音)
海老沢のバーカ。
何が自己満足だよ。
(唐木田力哉)
大物ルーキー来ちゃったねえ。
あれ? あなた 誰だっけ?
さっき紹介したじゃないですか。
(マナミ)元イケメンで
マスターのリッキーさん。
(力哉)
元はないだろ マナちゃん。
リッキーさんねえ 海老沢さんの
お客さんだったんだよ。
あいつの手下か。
おおっ 飲みっぷりいいじゃんよ!
気に入った 気に入った!
さあ 飲んで! ねっ!
あ~ 気に入っちゃった。 もう~。
(唐木田衿子)ごめんなさいね~。
リッキー
お酒好きな子 大好きだから。
リッキーさんの奥さんで
衿子さん。
元ミス新百合ヶ丘商店街の
えりりんで~す。
あっ そうなんですか!?
(衿子)フフ やだ もう~!
ミス?
違うんだよ。 だまされたんだよ。
10年前とは別人なんだから。
見てみろよ あれ。
(川添)ほんと 詐欺だよなあ。
アハハハ!
詐欺だよな! 詐欺だよな!
人の女房の事を詐欺って言うな!
なんだかんだ言って
愛妻家じゃねえか。
まあな。 まだ あの時は
俺もサラリーマンでさ
転職先が見つからず 腐ってる時に
海老沢さんに会ったんだよ。
で 起業しちゃえば? って
言われて 始めたのが この店だ。
あいつが…。
まあ 海老沢さんはさ
ああいう人だから
真々子ちゃんも
腹が立つだろうけどさ
リッキーさんも含めて あの人に
助けられた人も多いんだよ。
それはわかってます。
海老沢さんの言ってる事の方が
正論なんだっていう事だって。
でも 女性だろうが 老人だろうが
誰でも 働きたい人が
すぐに働ける社会を作る。
それが 転職アドバイザーの仕事
なんじゃないですか?
あれ? …真々子ちゃん?
え?
(マナミ)あれ~?
(川添)寝ちゃった?
(マナミ)ウソ~!?
頭 痛…。
なんだ 飲みすぎか?
ちょっと 付き合ってほしい
ところがあるんだけどな。
私は
親切の押し売りで忙しいんで。
あっ そう。 イケメンを
紹介しようと思ったんだけどなあ。
(中森勘一)よう! アハ!
だまされた。
勘一さんは たっくさん畑持ってる
僕のマージャン仲間。
この間 大負けしちゃってさ。
私を労働力に差し出す気?
勘一さん!
この女 ちょっとやそっとじゃ
へこたれませんから。
牛か馬だと思って
こき使ってください!
牛か馬!?
海老沢の野郎。
なんで 私が… こんな事…!
もっと腰入れて!
もう…。
あっ… あっ!
(中森)何やってんだ へっぴり腰!
気合で引くんだよ 気合で!
こうやってグウッと…!
あっ。
そっちこそ へっぴり腰!
俺も年だな! ハハハハ!
フフフフ。
(中森)お茶にするか!
はい。
よっこいしょ。
どうしたんですか? これ。
皆さんに 産地直送のお土産です。
はい どうぞ。
おっ ありがとう。
≫井野さん! 井野さん!
ビッグニュース!
何?
服飾大手の
ユニバーサルマインドが
有機栽培で育てた野菜を宅配する
サービス 始めたんです。
主婦層向けの宅配野菜?
たまたま人事に行く事に
なったんですけど
長野さんの事
お願い出来ないかと思って。
可能性あるよね。
野菜買うのは主婦だもん。
主婦の方は ちょっと。
でも 主婦同士なら
お客さんも安心だと思いますし。
失礼ですけど これから
シングルマザーになられるんですよね?
…はい。
主婦の方は
飲み会なんか出られないから
若い人と コミュニケーションが
難しいでしょう?
長野さんは気さくで
その辺は心配ありません。
子供さんが 朝 熱出したりして
急に休まなくちゃ
いけない事だって あるでしょう?
それは…。
確かに そういう事は
あるかもしれません。
でも…。
時々 あるんですよ
そういうトラブルが。
だから うちに入ってもらっても
居心地悪いと思いますよ。
居心地悪くしてるのは
あなた方じゃないですか。
え?
だって そうでしょう?
最初から
主婦はいらないって決めつけて
話してらっしゃるじゃないですか。
井野さん。
何が 「すべての家庭に
安全な野菜を届けたい」ですか。
結局 あなた方は 野菜を受け取る
主婦の気持ちなんか
考えてないじゃない。
主婦の味方になろうともしないで
主婦を相手に商売?
笑わせないで。
断言してもいい。
そんな商売
絶対に成功しませんから!
(マナミ)じゃ 面談行ってきます。
(川添)はい いってらっしゃい。
すみませんでした。
大胆だねえ。
せっかく 田口君が
セッティングしてくれたのに
ケンカふっかけるなんて。
僕 ユニバーサル絡みの案件
抱えてるんですよね。
長野さんの期日が明日だからって
焦って担当者にあたるなんて
まるで子供だねえ。
許せなかったんです。
主婦は価値がない
みたいな言い方されて。
会社の経営のためなら
長年頑張った熟年社員を
リストラする。
子持ちの主婦は
面倒くさいから採用しない。
人を切り捨てて成長していくのが
企業なんでしょうか?
残念だけど。
あなただって
そういう企業の尻馬に乗って
お金稼ぎしてるだけじゃない!
コツコツ働く人が
幸せに働く事も考えもしないで。
忙しいねえ。
今度は僕に八つ当たり?
うわっ。
井野さん。
長野さんから お電話ですよ。
え?
弥生さん!
弥生さん…。
美菜ちゃんは?
あと1日で 仕事なんか
決まるはずないって…。
(すすり泣き)
あっ おじさん おじさん。
おじさん すいません。
あの 井野先生…
あっ じゃなくて
井野真々子さんって
いたりします?
もう帰ったと思うけど…。
何? 君 彼女の教え子?
え?
ん?
すいません これ入ってた。
ああ。
君 彼女の教え子?
あっ 元っす。 元教え子。
パチンコ 勝った?
(江村)まあ 一応…。
マージャン 強い?
まあ。
ああ そう。

辞めるの?
私 この仕事に
希望が持てないっていうか…。
長くなる? だったら
その前に水買ってきてくれない?
昨日 会員さんたちと徹マンでさ
もう ぐったりなんだよ。
こんな時にマージャンなんて
よく出来ますね。
こんな時って…
長野さんの担当は僕じゃないよ?
お世話になりました。
井野さん…。
あ すみません…。
おっと…。
ああ…。
まったくガサツなおなごだな。
この前の…。
会長 いらっしゃい。
おお!
会長?
ユニバーサルマインド会長
中森勘一氏です。
わざわざ来て頂かなくて
よかったのに。
今日は あのへっぴり腰に
用があってな。
私?
うちのものが 主婦は採用しないと
突っぱねたそうだね。
先日は
申し訳ございませんでした。
あ… いいえ…。
私こそ失礼な事を言って
申し訳ありませんでした。
でも… どうして…。
あんた この前うちに来た時
出荷する野菜を積み込みながら
言ったな…。
(中森)おい へっぴり腰。
見かけによらず 所帯持ちか?
独身ですけど 何か?
キャベツの芯は
こうやって 下にして保存する。
台所に立たないと わからん事だ。
よく知ってるな。
今のバイトの若い奴は
お構いなしに入れる…。
主婦の友達から
教えてもらったんです。
保存の仕方で
味が全然違うんですって。
家族に美味しいものを
食べさせてあげたい
って思いがあるから
そういう知識が
自然に身につくんですよね。
(中森)「でも 主婦が
当たり前のようにしてる事を
評価してる人は少ない」
そう あんたは言った。
私も弥生さんの手伝いを
しなかったら
気づきませんでした。
正直 主婦って楽だよなって
思ってたし…。
主婦である女性が
自信を持って提供出来る野菜を
家庭に届ける。
それを うちのアグリ事業の
コンセプトにする!
え?
以前から おっしゃられていた
社内に育児支援プロジェクトを
立ち上げて
主婦の採用を企業戦略の
1つにするという事ですか?
そのとおり。 ついては
その長野弥生という女性に
ぜひ うちに来てもらいたい。
ほんとですか?
ああ。
ありがとうございます。
勘一さんの気が変わらないうちに
報告してあげたら?
ああ… 行ってきます!
すみません 忙しなくて。
君は あの子を
畑に連れて来た時から
こうなる事が
わかってたんじゃないのか?
どうですかね…。
この前のマージャンで 私が
新事業に優秀な人材を
採用するには どうしたらいいか
相談した時からさ。
(笑い)
採用?
年収550万円の契約で。
まさか…。
そんな…。
美菜は返してもらいます。
頑張ったじゃない…。
何 何? これ どうしたの?
ママ~!
はい 四つ葉のクローバー。
ありがとう。
英語の先生にもどうぞ。
ありがとう。
バイバ~イ。
バイバ~イ。
(笑い)
真々子さん ほんとに
ありがとうございました。
私も すごく嬉しかったんです
今回の事。
海老沢さんに
「今のお前は価値0だ」
って言われて 歳をとる度に
自分がダメになっていくような
気がして…。
私もです…。
でも 人生は一度きり。
他人の決めた価値に従って
生きる事なんか ないんですよね。
うん 自分の意思で
自分自身が変わらなきゃ
いけないんですよね。
そうですよ!
仕事を替えれば人生が変わる。
だって 働く事は生きる事だから!

弥生さんの入社手続き
終わりました。
痛… 何するんですか?
あ…。
約束してたからね。
長野弥生の仕事を見つけたら
いい職場を紹介してやるって。
ここって事?
自力で転職を成功させている人の
割合は 45パーセント。
これだけ転職が
話題になっていても
半分以上の人が なんらかの
エージェントの力を頼ってる。
そんなに…。
それに… 君も この仕事の面白さ
わかったでしょ?
(園池真二郎)
井野真々子さんという
女性を使って
君は 2つの成果を上げた。
どこにも採用されなかった
長野弥生さんを就職させ
もう1つ 中森会長に
人事プランを提案した。
あのプラン 君はどうやって
考えついたんだね?
こうやって 片方のコーヒーに
水を入れます。
そのままのコーヒーは日本
そして 水で薄められたコーヒーは
アメリカ。
これは それぞれの国の
就業環境を表します。
ほお…。
転職者の多いアメリカ企業は
力の損なわれた味の薄いコーヒー。
そして 転職者の少ない日本は
薄められる事なく 力が温存された
そのままのコーヒー。
なるほど。
そこで 結婚出産した女性が
再び 元の会社に
戻れるシステムを構築する事は
優れた人材の流出を
防ぐ事になると考えられます。
ん~… つまり君は
長野弥生さんを
テストケースにして
主婦の再就職モデルを
構築したというわけか。
長野弥生は 元の会社に
戻ったわけではないです。
しかし 君が初めて
自らスカウトしてきた部下が
井野君のような人だったとは
私も正直 驚いたよ。
社長 僕は本来
彼女のようなタイプは苦手です。
感情の赴くまま突っ走る。
理解不能な存在だ。
でも 君は自分のロジックを崩す
不可解なパワーを持つ彼女に
期待してるんじゃないのか?
(園池)君の考えている
例の計画のために。
(江村)おう 井野っち!
ちょっと なんで
江村がここにいるの?
いや なんでって…。
僕が雇ったんだよ。
なんでよ?
彼 マージャン強くてね
僕の付き人 兼 代打ち要員として。
人の教え子を
金儲けに使わないでください。
第一 あの子 受験生なのよ?
(江村)海老沢さん
頼まれたやつ 買ってきたよ。
あっ… この間のケーキ。
海老沢さん いただきます。
(一同)いただきます。
これ ものすごく並ぶんですよね?
あの店 予約すると
並ばずに買えますよ。
…あ じゃあ
もしかして この前も。
おっ! めちゃうま~っ!
それで どうするんですか?
井野さん。
この会社に入るんですか?
私… 海老沢さんの考え方は
納得出来ません。
私は 自分の価値が0だなんて
思いたくないし
人の価値まで相場で決まるなんて
思いたくない。
私は 転職はチャンスだって
思いたい。
学歴にも職歴にも自信がない…
そういう人こそ
不況をチャンスに変えられる。
本当に世の中に必要な人は
成功し続けた人じゃなく
失敗から 何度も
這い上がった人だと思うから。
君は ちっとも論理的じゃない。
そうやって すぐに人を
子供扱いして なんなの?
あんたみたいな高飛車な
ひねくれ者 見た事ない。
みんなだって そう思ってます。
ね?
《いや 待てよ…》
《いつもこうして熱くなって
気づくと 自分だけが
浮いているという展開だった》
《きっと 今回も…》
どうしたんですか?
(江村)井野っち。
一緒に頑張りましょう 井野さん。
どうする?
私…。
私…
ここで働かせてください!
よし! 食べよう 食べよう…。
じゃあ これ。
なんですか? これ。
エンゼルバンク。
君の価値のバロメーター。
今回は 長野弥生の仕事を
見つけたから エンゼル1枚。
集めると何かもらえるんですか?