唯吾日语

最简单的日语网站,最丰富的日语内容!

日本语能力考试

唯吾分享震撼鲜师03日文字幕,台词

亲,跪求分享哦 m(__)m

更多

(蜂須賀)海だあーッ! (楓)つーか 何で体育の授業で ここまで来なきゃなんないんだよ 夏といえば 海! 海といえば ビーチバレー 俺達がやらなきゃ 誰がやる ダーッ! ムチャクチャ… (涼子)これが 蜂須賀先生オリジナルの 授業なんだって 水城先生 副担任なんだから こんな勝手なこと 許していいの? どうしても言うこと聞かないのよ そう私達に言われても… おいッ みんな 海 行くのかよ! はあ… それにしても たまには… 海もいいかも! あーッ! 集合! (坂本)わーッ 何じゃこりゃーッ! やーらしーッ ていうか いい体 してんねー 立花 お前も頑張れよ うるさい! いいか お前ら 太陽を全身に浴びるんだ 熱射病なんか 気にすんじゃねえぞ バカ どうすんだよ ほんとに熱射病で倒れたら すでに手は打ってある これだ! (生徒達)玲奈先生!? (玲奈)頑張るのよ アンタ達 お前らが倒れても すぐ介抱できるように 今日は 保健の玲奈先生に 来てもらいました! さっすが… シャーッ ぶっ倒れるまで やるぞー (男子達)シャーッ! おッ おッ おッ おッ… (美嘉)「先輩 私があげた おそろいの亀のストラップ」 「つけてくださいね 亀は 守り神です」 (ホイッスル) (司馬)クッソ! (繭)痛~い (生徒達)大丈夫? 大丈夫? あーッ 痛ーッ… 私には 誰も来ないのかよ! チーム 交代! よし いこう 黒沢 大丈夫? あッ… うん ≪(藤井)黒沢! (野島)おい… ヤバイ 血が出てるよ 大丈夫 僕がボーッとしてただけだから 大丈夫 大丈夫 お前も玲奈先生に 介抱されたいだろ… (玲奈)ただボールが当たっただけ じゃないわ 熱射病かも マジですか? 保健室で体を冷やさないと えーっと… 蜂須賀先生! よし 運ぶぞ これで 少し休めば大丈夫だから (二人)デッカ… 蜂須賀先生 海で授業なんて ムチャ言わないでくださいね おいッ 玲奈先生 ノリノリだったでしょ テヘッ テヘッじゃねえだろ (広瀬)黒沢 ごめん いいよ いいよ 僕がボーッとしてたから そうだよ あれは仕方がない ほんとに ごめん だから許してくれ 何だ? あいつ チクショウ 黒沢のヤツ 俺も鼻血 出しときゃよかったな はッ! うわッ (服部)来た来た… これはマズイかも 涼子先生も心配性ですね ちょっと休めば大丈夫ですって いや あの黒沢君じゃなくて お母さんの方が… お母さんって 黒沢の? 黒沢君のお母さん とても教育熱心というか 子供への愛情が強いというか… あの… 何が言いたいんですか? つまり… モンスターペアレントなんです (大声で)モンスターペアレント!? (太田)はい 注目! 黒沢君の お母様が おみえになりました (パニックになる教師達) 彼が 蜂須賀です (静子)あなたが 蜂須賀先生 はじめまして 蜂須賀です 黒沢正宗の母でございます いつも 息子が お世話になっております ご丁寧にどうも いい人じゃないですか このたびは 正宗がケガをしたということで 聞くところによると 広瀬君のボールに ぶつかってしまったとか そうなんです ちょっと いいスパイクが入っちゃったもんで そうでございますか そうでございます では 蜂須賀先生に ちょっとだけ お願いがございます はい 何でございましょう? ボールをぶつけた広瀬君に 正宗と同じケガを させていただけます? えッ? 確か 鼻血が出てたということ なので まあ 折らないまでも 鼻を 強打していただけると幸いです いやあ… 幸いじゃないと思われますが あの… 冗談ですよね? ねッ? いやあ 冗談キツイな お母さん ハッハッハッハ… できないと? 分かりました あの蜂須賀っていう教師は 一体 何なんですか? 聞いたところによると 校長 あなたが じきじきに 採用したっていうことですね (水城)ええ PTA会長である私に 何の断りもなく あの… 何分 緊急の採用でしたので その… こんな炎天下の砂浜で授業なんて 言語道断 蜂須賀先生は 息子を殺す気だったんですか? (抑えた声で)そんなわけねえだろ ちょっと失礼 私も 黒沢様に賛成です 今回の蜂須賀先生の勝手な授業は 大いに問題があったと思います ≪(静子)そうですよねえ 教頭先生 ええ ええ 当然でございます 黒沢様の息子さんを思う気持ち お察しすると 私 もう… 胸が 詰まって… 校長 もし黒沢君に何かあったら 校長先生の進退も 問われることになりますよ (ノック) 正宗! かわいそうに 痛かったろ? 大丈夫? うん とにかく 二度とこんなことがない ように よろしくお願いしますよ さあ 正宗 行きましょう あーッ 疲れてる 疲れてる いい気味だ ノーリアクションかよ! なあ いっつもあんな感じなのか? あの母ちゃん あんなもんじゃないんだって まさに モンスター この前の 中間テストのときなんかさ… 黒沢 あのモンスターから 「この学校で 絶対10位以内に入りなさい!」って 厳しく言われてたんだ そのときは 落っこっちゃったんだよねえ で お前は? えッ? おーッ シャーッ ハッハッハッハ… 100位以内はキープしてたんだよ オッホッホッホ… もう 帰るよ で それからどうした? そしたら やってきたんだよ モンスターが! どういうことなのよ! ごめんなさい… アンタ どういう教え方 してんのかって 聞いてんのよ! アンタ 担任でしょ? 息子の人生の邪魔しないでよ! はあー でき愛しちゃってるわけね それだけじゃないんだって 何とモンスターは そのまま教室に 担任を連れていくと… 担任に授業の仕方を 授業し始めたの はい 1番! (担任)「教職に対する強い…」 聞こえない! 「教職に対する強い情熱」! 2番 ≪(担任)「総合的な人間力」 声が小さい! ≪(担任)「総合的な人間力」! まあ とにかく息子のことになると 周りが見えなくなるんだよ そんなオバサンの言うことを 黙って 聞いてた 学校側にも問題アリですね それはそうなんですけど 黒沢のお父さんって 超有名な政治家でさ もし何か圧力でもかけられたら って 誰も文句言えないってわけ 政治家… まッ 忙しすぎて ほとんど家には 帰ってこないらしいんだけどね なるほど 黒沢正宗… ≪(静子)うーん よしよし 痛かったろ? かわいそうに おやすみなさい 正宗 忘れてるわよ おやすみなさい ≪(美嘉)先輩 大丈夫? これ… ごめん (美嘉)大丈夫だよ 約束 絶対守るから 待っててね うん 美嘉… おッ… のぞきか? おいッ これだけは ちょっと見るな イタッ… おおッ やるじゃないの 黒沢君 うん? アザ? (塚本)帰れー! まっすぐ帰れ! チクショウ 邪魔が入りやがった (塚本)バカばっかりで困ります これはヤバイぞ お前ら 何やってんだ! ああ… 事情を話してもらえますか? 正宗! 来たー… 正宗 大丈夫? 大丈夫なの? 「大丈夫」って おかしくねえか? シッ 正宗 ほんとのこと言ってちょうだい あなた この女に誘惑されたんでしょ? ほんとのこと言いなさい! 正宗 あなた この女に誘われたんでしょ? うん 先輩 最低… 聞きましたね? この女が悪いんです 黒沢 (静子)正宗! あちゃー… お前 それでいいのか? (涼子)何てことを… (太田)蜂須賀先生 謝るのよ 美嘉ちゃん こんな情けねえ男 逆にフッちまった方がいいぞ 分かりました えッ? 私は 許しません この女を そして アンタもよ (静子)行きましょう 絶対 このままじゃ済まない 蜂須賀先生 何だ? (電話の対応に追われる教師達) すいません この電話って… (塚本)蜂須賀ティーチャー 生徒に暴力をふるったって ほんとですか? 本当よ 先生が生徒を殴るなんて 最近あんまり聞かないよねえ? さっきから蜂須賀先生に対する 苦情の電話が鳴りやまないんです いよいよ きた… (今村)蜂須賀先生 大変だ (静子)蜂須賀は 教師 失格だー! (女達)失格だー! ≪(静子)暴力教師を追放せよー! 追放せよー! 蜂須賀は 教師 失格だー! (司馬)先生 これヤバくないですか 何やったんだ? あんちゃん おい どうすんだよ? どうするんですか? 蜂須賀先生 蜂須賀の体罰を許すなー! (女達)許すなー! あいつを追放せよー! 追放せよー! 追放せよー! 追放せよー! ≪(静子)暴力教師は出ていけー! あの人達って… 蜂須賀先生 すぐ校長室へ 教育委員会の方々です (委員A)あなたが生徒を 殴打したことは 事実なんですね? ええ このままでは あなたを 処分しなければなりません あの… それは 何とかならないもんでしょうか? 2日間だけ 待ちましょう それまでに 母親と 和解ができなかった場合は 蜂須賀先生に それ相当の処分が 下されることになります 水城校長 あなたにも はあ… 何か すいません 校長にまで迷惑かけちゃって いいんだよ むしろ私は 嬉しかった 嬉しい? 黒沢君を殴ったときの君は 本当の教師のように見えた えッ 本当の教師って どういうこと? えッ? いや ほら… あの… 生徒思いの 真の教師という意味でね ええ あッ でも あさってまでに 母親と 和解しなきゃならないんですよ まあ ちょっと やってみますわ (海老原)マジかよ? だから 蜂須賀も今日ばかりは とばっちりなんだよ 悪くないっていっても… ねえ? (葛城)モンスターの前で 黒沢 殴っちゃ ダメっしょ (エリカ)美嘉ちゃんも かわいそうだけどさ… (耀子)あのモンスターママ相手じゃ 仕方ないよ ちょッ… ちょっと待って みんなで校長の所に行こうよ 美嘉ちゃんの潔白を証明しよう (真潮)私達まで危なくなるじゃん (甲斐)触らぬモンスターにたたりなしだ 何だよ 根性なし でも 殴ったのは事実だし 今回は ちょっと難しいかもな 一体 何なんだよ? そのモンスターペアレントっつーのはよ! (ロク)モンスターペアレントっていうのは これですね 学校に対して 自己中心的で 理不尽な要求をする保護者 ていう意味です 例えば 自分の子供が リレーの選手に選ばれないことに クレームをつけたり 子供同士のケンカに口を出したり ひどい場合には 大学に受からなかったから 高校の学費を全部返せ なんていう親もいるみたいです バカ野郎ッ リレーの選手に選ばれねえのは てめえのガキの足が遅えからだろ ケンカだってよ 本人同士の やるかやらねえかのタイマンだろうが 苦しい! 危ねえな そうですよ 死んじゃいますって 私は 許しません この女を マズイ ああーッ… 勝ったー! いらっしゃいませー いらっしゃいませー アジフライ 揚げたてですよー (女の高笑い) 商店街の皆様 聞いてください 私の息子は こちらの 「河嵜屋食品店」の娘に 誘惑されました そんな不潔な娘の店が 安心して食べられるものを 作ってると お思いですか? 私は決して そうは思いません (女達の高笑い) (笑いを止める) 今日のところは このへんで ごきげんよう ハッハッハッハ… 遅かったか… 黒沢正宗 次のハンマーセッションは やっぱりお前だ 蜂須賀先生… よッ しっかし あの親は どうかしてんなあ まったく黒沢のヤツ もう別れちゃったら? でも… 先輩 約束してくれたんです 「僕は男になる」って 男? 立派な男になって 親にも 認めてもらえるようになって 私を ちゃんと 彼女として お母さんに紹介してくれるって まあ いつになることやら 先生 先輩を助けてあげてください お願いします ああ ほんとですか? お前 本当に 黒沢のことが好きなんだな さてと… あッ 先生 待って これ あさって… 先輩 誕生日なんです でも… 私 渡せそうにないんで お願いしてもいいですか? 誕生日プレゼントか うん? ボールペンとか… 先生 お願いします (美嘉) 先輩を助けてあげてください 許しません この女を (黒沢)約束 絶対… (水城)教育委員会の方々です (美嘉)あさって 黒沢先輩 誕生日なんです 誕生日… 見えた 何が見えたんですか? うん? (電話のベル) はい [TEL](涼子)光学園の水城ですが 何のご用でしょうか? 蜂須賀が ぜひ お詫びを申し上げたいと 言っております 今から お伺いしても よろしいでしょうか? 分かりました フンッ (チャイム) はーい あら ずいぶんと早いわね 急にお邪魔して すいません 先生 アッハハハハハ… アハハハ… さすがに反省したってわけね ハッハハ… 黒沢ッ! ちょっと 土足じゃないの! いるんだろ? 黒沢 どういうつもりよ? 出てこいよ 出ていきなさいよ 迎えに来たぞ 黒沢 あなた どういうつもりよ? 警察 呼びますよ 男になりたいなら 今しかねえぞ 出ていきなさいよ! 美嘉ちゃんと約束したんだろ ハンマーセッション スタートだ! 来いッ どこ行くのよ? 正宗 正宗ッ 涼子先生 頼んだ! えッ 私!? ごめんなさい! 黒沢様 離してよ 離してよ あッ 正宗! ちょっと どこ行くの? おい どこ行くんだよ? 楓 あっち! 正宗ーッ! 何やってんだ? ああ… もう ここまで来れば 大丈夫だろ 先生 あッ? ハンマーセッションって何ですか? お前を男にするための… 特別授業だよ それを受ければ… 僕は男になれますか? ああ よろしくお願いします よし もう ひとっ走りするぞ! はい! もーッ もーッ… 正宗! 私です ちょっと動いてもらえないかしら はあ… 黒沢 はい お前 あさってで 18歳になるんだってな 何で知ってるんですか? それまで 何が何でも逃げるんだ あさって 何が? 俺の授業 受けんだろ? 言うとおりにしろ 分かりました シッ 行くぞ 黒沢 はい おッ チクショウ こっちだ! 左だ! こっちだ おーッ ストップ しっかりしろ 何だ お前もう バテちまったのか? いえ 大丈夫です 男になるんだから… このぐらい… よし 黒沢 ちょっとここで待ってろ あッ… すいません (職員)はい 何でしょう? ちょっと 欲しい書類があるんですけど                 あいつら 帰ってきた? どうぞ しかし 何考えてんのかな あのバカ教師は やること全部 ムチャクチャすぎるっつーの 今回は 蜂須賀先生の気持ち 何か 分かる気がする 黒沢を殴ったときは ちょっとスカッとしたな でも… 今 どこにいるんだろうね? こっち来い (携帯着信) 母ちゃんか? カーッ しつこいねえ [TEL](アナウンス)電波の届かない所に あるか… この辺りでいいか この辺りって? 今夜はな ここに泊まるぞ こんな所に泊まるんですか? 横になってみろ あーッ… うわあ… どうだ? 何か いいね こういうのも (笑う二人) はあ~ (せみが鳴いている) おい… おい 黒沢 黒沢 起きろ あれ? あれ? ああ そうか 野宿したのか ハッハ… よーく眠ってたな うん 何か 家のベッドより よく眠れた気がする お前 昨日とは 顔が全然違うな そう? 黒沢 今 何時だ? えっと 7時です 7時 7時… あと17時間 母親から 何としてでも 逃げ切るんだ そうすれば お前は 親から独り立ちした 本当の男になれる 分かったな? うん もう来やがった… 行くぞ おい おいッ うわあッ キモ! 何やってんだよ? 二人とも あッ すいません 蜂須賀先生 待ってたら 寝ちゃいました えッ? あッ 立花さん おうちは大丈夫なの? ああ どうせ帰ったって 一人だからさ そんなことより 蜂須賀と黒沢は? 帰ってこなかったみてえだな ええ いよいよヤベえんじゃねえか? (男達)おい 止まれ! おおッ… 何としても あと12時間 逃げ切るんだ クッソ ストップ ストップ (発車のベル) 何か おかしいな 逃げられっこないのよ 先生 何で こんなとこに? 携帯 見してみ 圏外です お前さ 親に 携帯 いじらせたりしてないか? えッ? おやすみ おやすみなさい この携帯は 普通 備わっている GPSより もっと強力な 位置探索情報が 発信されるみたいだな クソッ まだ捕まえられないの? もっと範囲を広げてください! それから 車をお願いします 黒沢 こっち来い はい あと7時間で お前は自由だ はい! クッソ! 先生 どうする? 先生! よし 戻ろう… おーッ! 先生! 先生! 結局 今日は学校 来なかったね (激しいクラクション) 何だ 何だ? おい 行くぞ! 行くって どこへ? いいから早く 早くしろ! いいから 行こう あーッ できた 先生 あとは何を? ていうか今日 何も食ってねえな 腹へんねえか? 腹へったよな? 腹へったって言われても… 自然は 食べ物の宝庫だぞ でも… まあ お前には無理か… うーッ… できるよ 正宗 危ないことしちゃダメよ 約束 絶対守るから うん うわーッ! あーッ うんまい! うまいな 黒沢 お前 やればできんじゃん あと数時間 逃げ切れば お前は もう少しで自由になる そしたら どうする? えッ? あの母ちゃんと あんな母親のもとには 戻りたくない 一人で ちゃんと生きてくよ 行くぞ こっち来い 先生 足は? お前の魚 食ったら 治った あと3時間だ はい! こっち来い 行くぞ あと1時間で お前は 本当の男になれる (男)こっちだ! 黒沢 あと10分だ! はい おーッ! 野郎ども! (男達)うわーッ! あんちゃん あんちゃん 走れーッ 早く逃げて! 頑張れ 黒沢! サンキュウ 先輩 あとは頼んだ! こっちだ はい 5 4 3 2 1! あーッ! 黒沢 はい 誕生日 おめでとう ありがとうございます これ… 美嘉ちゃんが お前のために用意したプレゼントだ お前は 彼女の思いを 受け止める義務がある ラッキー ちょうどよかった 黒沢 ちょっとな… ここにサインしろ 何? ここだ うん… よし よくも人の息子を こんなに連れ回してくれて… ただで済むとは 思ってないでしょうね あいつを捕まえなさい! (男達)はい 正宗 さあ 帰りましょう どこに連れていくんですか? あなたには関係ない 俺の息子… どこに連れていくんですか? はあ? あなた何を!? ハッハッハッハ… いいわ はなしなさい 黒沢は アンタから 自由になることを選んだ こいつは今日をもって… 俺の息子だ フンッ 養子縁組みが そんなに 簡単に できるわけないでしょ 昨日まではね 今日で黒沢は 18歳になった 18歳になると 青少年自立支援法 第56条の 戸籍独立指名権を 選択することができるんです 戸籍独立指名権? 満18歳以上の青少年の 健全な生活が著しく侵害され または その自立を 妨げられている場合 当該の青少年は 当人の意思で 戸籍 および親権を 選択指名できるものとする つまり… 18歳になると 子供は 親を選べるんです そんなバカな! あと二人の証人のサインがあれば オッケーだなあ おッ ちょうどいい そこの二人 お願いします ちょっとやりすぎだろ お安いご用だ 今村… 昌平 でも… さあ 涼子先生も この女に誘われたんでしょ? うん 男になりたいなら 今しかねえぞ ≪(水城)生徒思いの 真の教師という意味でね 分かりました うん 息子の ここん所 見たことあるか? アンタに縛りつけられるたび こいつは自分を見失わないように 胸をギュッと握りしめてんだ それが… このアザだ 正宗… ほんとなの? 母さん 僕の気持ち 考えたことある? 母さんが 学校に クレームばっかりつけてるから 僕は みんなに煙たがられ この前だって 僕が 美嘉を裏切ったのに 悪いのは 僕なのに もう 母さんの言うことは聞けない 僕は… 僕の人生を生きる 正宗 まあ 俺も こんな大きな息子を この年で 持つとは思わなかったけど 親ってもんが どんなもんか 味わってみるのも 悪くねえか フッフ… 行くぞ 正宗 待って… 待ってください 私が 間違ってました 正宗は… 小さい頃から 体が弱くて 私がついてなきゃ 一人じゃ 何にもできなかった でも 高校に入ってからは ずっと不安でした これでいいのか? もっと… 自由にさせなきゃ いけないんじゃないかって 私… 正宗を縛りつけてたんですね でも 正宗は 私の たった一人の 大切な息子なんです 私の… すべてなんです お願いします 正宗を… 正宗を連れていかないでください お願いします! フンッ そんなのは芝居だ 行くぞ 待って 先生 どうしたんだよ? (泣く静子) おいおい 正宗 こいつはな お前をダメ人間にした モンスターなんだぞ 違う! やっぱり僕 母さんを捨てられない 母さん ごめん 僕 頑張るから 正宗 正宗… 正宗 フッフッフッフ… アッハッハッハ… 何笑ってんだ? あいつ 合格だ 黒沢 どういうこと? お前は 確かに強くなった 親離れしようと ずっと もがいてたからな でも それだけじゃダメなんだ もし さっき 俺と一緒に帰ってたら お前は 最後のテストで 失格になってたよ 男になるには やっぱり… 優しさが なきゃな 彼女は もちろん 母親に対しても 蜂須賀先生… 先生… よーし これで ハンマーセッションは終了だあーッ 疲れたし 腹へったなあ 今まで ごめんね これからは… 大丈夫だから ≪(水城)しかし 考えたもんだねえ 戸籍独立指名権か 「考えた」って… えッ? 蜂須賀先生? そんな法律 あるわけないじゃないですか アッハッハッハ… だって… 黒沢の母親みたいに 思い込みの強いタイプの人は ああいうの 信じやすいんですよね 私まで だましたんですね? まあまあ いいじゃないか これで一件落着したんだから いいえ 校長 まだ やらなきゃならないことが あるんです はあッ 暑い… うわッ… サボってんなよ アンタがやろうって言いだしたんだろ だからって何で俺が 着ぐるみ 着なきゃなんないんだよ デッカイからだよ 絶対 お客さん 戻ってきてもらうから (静子)正宗! そんなんじゃダメよ 正宗 もっともっと しっかり配らなきゃ 大きな声 出して ほら よろしくお願いします! あッ 順番を間違えた 河嵜さん そして商店街の皆様 本当に ご迷惑をおかけしました! それから 美嘉ちゃん 正宗をよろしくね はい 本気出して やりますか いらっしゃいませ! おい やめろよ 何だよ サボってないで働けよ サボってねえよ ちゃんと働けよ 働いてるわ