唯吾日语

最简单的日语网站,最丰富的日语内容!

日本语能力考试

唯吾分享再一次向你求婚07日文字幕,台词

亲,跪求分享哦 m(__)m

更多

(波留)可南子のウエディングドレス姿 きれいだったよ… 《(大声で)誓います!》 《(失笑がもれる)》 《(可南子)誓いまーす!》 可南子 離婚しよう 俺 間違ってた 俺一人が気持ちを押しつけても ダメなんだよな 夫婦ってのは 二人で初めて なるもんだから 離婚しよう 俺も全部 忘れるよ 全部 忘れるから 分かりました 分かりました (進藤)蓮沼さん 大丈夫っすか? (蓮沼)大丈夫じゃない… う~ッ… (川崎)僕 水もらってきます (桂)あ~あ 蓮じい また潰れちゃった (さとこ)年だね 昔は あんなじゃなかったのに (水嶋)ほんとだよな あれ? 波留は? あら ほんとだ そういえば 花嫁の背中ばっかり 見てたでしょ? やらしい目つきで おいおい 波留 どこ行った? チャペルの所で 可南子さんと話してましたけど (水嶋)店 知ってるよな? (三田)イエーイ よッ! お帰り! センキュー! (志乃)じゃあ お邪魔しました (万里子)お邪魔じゃない また来て はい ありがとうございます 送っていきなさいよ あなた (裕樹)分かってるよ どうだった? ビーフシチュー 結構 上手にできたと思うんだけど ごめんね 怒ってるよね? でも 私 裕樹の近くにいたかったから 距離なんか おきたくなかった だからって… 裕樹が好きなの 一番近くで… 支えたいのに… 納得できない こんなふうに終わるなんて 別れない 私 絶対… 裕樹と別れないから ただいま~ お帰り ねえ 裕樹に会わなかった? うん 会わなかったけど 残念 ねえ さっきまで誰が来てたと思う? 誰? 裕樹の彼女 へえ~ そうなんだ あッ ビーフシチュー 食べる? 彼女が作ってくれたんだ うん… いいかな 今 おなかすいてないから そう うん (缶を開ける) まだ 起きてたんだ うん… なあに? 眠れないの? うん お茶でも入れる? ううん いい そう… お母さん うん? 私 離婚する えッ? 離婚しようって言われて… 分かりましたって… 答えた そう… うん 《分かりました》 《分かりました》 やっぱ いいなあ 結婚 (蓮沼)確かに あの嫁さんはイケてた 二次会の蓮沼さんは かなりイケてなかったけど そのとおり! 使うか? それ 幸せオーラに浸りたいって 意外に乙女 これで飲むとね 苦~いコーヒーも ほのか~に甘く感じる バカじゃないの? (蓮沼)不毛な片思いってやつだな 結婚への おっはよ~ (一同)おはようございま~す (水嶋)波留 ちょっと来てくれ えッ? 何でしょうか? ほい あれ これって あの車のマニュアルじゃないですか どうしたんですか これ? 俺の人脈なら おやすいご用だよ 結構苦労して探してたんですよ 言うなよ お前 ありがとうございます いやあ 嬉しいな これ ところで昨日 何してたんだよ 可南子さんと二人っきりで ヘヘヘ… いや まあ… おお てれてる 一歩前進だな いやあ うーん… あの… うーん… 実は… 離婚することにしました えッ 今 離婚って言いました? お前… はい 離婚です ヘヘヘヘ… それって… 可南子さんと か? 他に誰がいるんですか もう 社長 すいません 仲人してもらったのに そ… そんなことはいいんだよ フフフフ… やめてくださいよ そういうの だって… ねえ? いや 何ていうか… 気持ちの整理をつけるための 前向きな選択… というか どういうことだ 前向きって 全然分かんないよ いや だから これは 責任を持って 直しますから ありがとうございます! 早く 何だよ こんなとこで食わなくても 事務所 帰ってからでもいいだろ いいんです ピクニックです 何だ それは あッ 何かもらった クーポン? お前 使うか? あッ ありがとうございます やったあ おう あの… あッ? 私 分かります 波留さんの気持ち 何が分かるんだよ? いや 分かるっていうか… こういうときは トイレ掃除すると いいですよ ベタだけど 何で お食事をするときに トイレのお話をするの? いや トイレから始まって 全部きれいにするんです カーテンも洗濯して あと窓も拭いて あと網戸も 網戸? 結構 汚れてるもんなんですよ ふだん見過ごしちゃってる所も 気づかないうちに で やり始めると 始めなきゃよかったのになあと 思うこともあるんですけど こんなとこ 気にしなきゃ 気になんなかったのにって でも やるんです たまってた ものを 全部はき出すんです それで気が済んだら まあ… また しばらく ほったらかしになるんですけど また そういう時が来たら はき出せばいいんです そうやって 生きてけばいいんです 人生とは そういうもんです フン… ずいぶん壮大な結論に たどりついたね すいません 後輩に説教くらっちゃったよ 説教じゃないです アドバイスです あ~あ もう のびちゃうだろ これ のびたのも おいしいんですよ フフフ… うどんか? うんッ うまッ! 「やっと ギッ ギッと」 「二声ばかり鳴きました」 「そして草原をペタペタ歩いて 畑にやってまいりました」 「それから声をうんと細くして」 「野鼠さん 野鼠さん」 「もおし もおしと呼びました」 「ツンと野鼠は返事をして」 「ひょっこりと 蛙の前に出てきました」 「そのうすぐろい顔も もう見えないくらい暗いのです」 あの… ありがとうございました 楽しかったです どういたしまして また来てね (二人)はい さようなら さようなら (美奈)復帰 第一戦 お疲れさま 緊張しましたけど 何とか… (橘)完璧でしたよ 可南子先輩 だから あんたは何で偉そうに… 痛い痛い… 来月も よろしくお願いします でも だんだん 見に来る子供達 少なくなってるんですよね 確かに 佐伯さん ポスターとか作ったらどうですかね? えッ? 絵本朗読会の ああ 今 チラシ 置いてるだけですもんね 近所の幼稚園や保育園に 配った方がいいと思うんです そうすれば お客さん 集まるんじゃないですかね (美奈)ああ なるほど そうだ! どうした? 小学校にも行きましょう 何か すごいこと言うかと思ったら (拍手) (大橋)ナイスアイデアですよ 宮本さん 館長 すみません 差し出がましく とんでもないです 本領発揮ですね えッ? お任せしましょう 思う存分 やっちゃってください はい あれ? 休憩の後 何だっけ? ああ パッド交換 そうそう はい 分かりました 《私 波留さんのこと応援します!》 《ありがとう》 《恥ずかしいから 座れ》 何それ? ちょうだい やだよ 何だよ ケチ! うるさい 《好きなんだ?》 《はあ? 違う 何言ってんの?》 《いいんだ? 不毛な片思いのままで》 (携帯着信) はい 谷村です ああ こないだは どうも 今日ですか? いや べつにいいですけど… はい 分かりました じゃあ また後で 宮本さん まだ やってたんですか はい 始めると熱中してしまいまして あれ? これ… 僕ですか? 違いますよ ハーメルンの笛吹き男です そうでしたか 変わってないですね そういうところ えッ? やるべきことをどんどん見つけて 小さなことにも喜びを見いだす だから 任せておいても 一人で何でも できちゃうんですよ 宮本さんは そういうところ 周りの職員達にも いいお手本でした そうですか だけど 無理は禁物ですよ はい (携帯着信) (一哉・八木)おーッ! (八木)何 何? うまいね (美緒)頼むよ 負けてんだから (一哉)負けたら 飯 おごりな おい 途中で言うなよ (八木)あ~ッ… (美緒)ああ ヘタクソ 高校のときさ よく来たよね ここ 美緒 ここで 何とか先輩と デートしてたよね あッ したした いい思い出だわ あれは 一生忘れない (一同の歓声) 何? ちょっと… すごいうまくなってない? 何で? (携帯着信) (太助)お前もまた バカなこと 思いついたもんだな どうするんだよ 離婚なんかして だから ゼロから またやり直そうって ゼロに 何 掛けたって ゼロだろ それは そうかもしれないけど じゃあ どうすりゃいいんだよ? うーん… 可南子さんの気持ちは ちゃんと確かめたのか? お前一人の気持ちだけで 進めるんじゃないぞ うん 分かってるよ おい… 親父 何だ? 悪かったな がっかりさせて ああ まったくだ (電話を切る) (電話をかける) (アナウンス)ただいま 電話に出ることができません ピーッという発信音の後に お名前とご用件をお話しください (発信音) もしもーし 波留です すいません 何か… わざわざ こんなとこまで いいけど 何かあったんですか? 話って あの… 私 どうしたらいいんでしょうか? えッ? いや もう何か 分かんなくなっちゃって 片思いでいいの? って 裕樹さんに言われてから こう… 何かもう 何かっていうと頭の中で いいの? いいの? って声が聞こえてくるんです 大丈夫? あげくに波留さん 離婚するとか言うでしょ 波留さん 落ち込んでるみたいだし だけど こんな気持ちのままだったら 何やっても 混乱に乗じた女みたいになるし もう ああ~ッ… って感じで 離婚するって… 波留さんが? はい あれ?… もしかして… ヤバイ… 私また… そうなんだ… すいません 今の 聞かなかったことにして 無理ですよね~ もうッ… そっか… あの人なりに考えたんだ ダメだあ もう… 私 ダメ人間だあ~ そんなことはないんじゃない? 気持ちがあるなら それを通した方がいい そんな 簡単に言わないでくださいよ 考えてみてくださいよ 裕樹さんも迷惑でしょ? 何とも思ってない相手から グイグイ来られたら それは… 俺の話は参考にならないよ 何でですか? 今は 恋愛より 家族を 支えることで精いっぱいだから ふ~ん… 何だよ? いや いい人なんだなあと思って はあ? 意外に真面目で 見直した 意外って… でもさ 気持ちは やっぱり 貫いた方がいいよ 俺の話は参考にならないって 言ってたくせに いや 恋愛に限ったことじゃなくて ああ… そうですよね もうッ 八木っちのせいでボロ負け 腰痛なんだから… じゃあ また また急に誘うから よろしく オッケー 今度は絶対勝つぞー! 頼むよ じゃあね おやすみ あッ 明日 筋肉痛かな 可南子さ… うん? 何かあった? えッ 何かって? いやあ ボウリングはハイスコアだったし 何か 歩くの速いし 何それ? 意味が分かりませんけど まあ 何にもないなら いいんだけど 恐れ入りました そっか… ということは 仲間だな 俺達 えッ? お互いバツイチじゃん ああ… 大丈夫か? 何が? 可南子が 大丈夫だよ 今日だって 普通に仕事したし そっか 図書館で 新しい作業が始まってさ 他のこと考えてる余裕ないし 日々は続いていくわけですから まあ それならいいけど それ やめてもらえません? えッ? 俺は何でも お見通しだぜ~ みたいなの お見通しだもん もしも 万が一 何かあったら いつでも相談にのるよ バツイチの先輩として? ああ ありがと (伝言)もしもし 波留です (伝言)また かけます (伝言)ああ… (伝言)ちゃんと色々 決めなきゃと思って (伝言)近いうちに会って 話 しよう (伝言)じゃあ さッ 行かないと うん そのままにしといて お願い うんッ スープ ちょっとしょっぱすぎた? ねえ 姉ちゃんさ… うん? 離婚… するの? えッ? 波留さんの職場の人から聞いた そうなんだ 間違った選択じゃないと思うよ お互いにとって うん… そうだよね こういう状態 ズルズル続けていくわけに… いかないよね うん よかったよ じゃ 行ってきます 行ってらっしゃい 母さん 知ってたの? うん… 何で隠してんだよ? そんなこと 私からは… 可南子のタイミングで 裕樹にも 自分から話したかっただろうし (万里子)あッ… 何これ? ああ 見つかっちゃったか… これ 俺が毎月入れてたお金だよね? うん 何で定期預金に入ってんの? 1円も使ってなかったってこと? そう 何で? そんな怒ったような言い方 しなくたっていいでしょ 裕樹が頑張って稼いだお金だから 裕樹が必要なときに使った方が いいと思ったの 行ってくる 行ってらっしゃい ふう… (こそこそと話している一同) おッ 波留 あの… 今日 仕事終わったら うち 来るか? 今日ですか? (水嶋)ああ おッ! 今日 すいません ちょっと用事あるんで ああ そっか まあ いつでも 飯 食いに来い これ… 肉だんご… 肉だんごね お心遣い ありがとうございます 満を持して独身に戻るのに 社長の家に行ってる暇はねえよな ねえ そうだ 今や 波留さん 合コン参加資格アリだし リッキーさんの穴 埋めんのは 波留さんでしたか まッ そっちも遠慮しとくよ ヘッヘヘヘ おう 桂 おはよう おはようございます おッ! さすが~ 気が利く 当然です (携帯着信) もしもし 昨日は… 電話 すみませんでした いや 全然 留守電の件って… 今夜 うかがってもいいでしょうか? うん いいよ うん 分かった じゃ (電話を切る)はい ありがとう あッ どうも どうぞ これ お土産 ラッカセイ・プリン (晶子)ありがとうございます 自分じゃ あまり食べないけどね 波留に 会ってほしいって… ええ どうして今ごろになって? うん… 男の試練を支えてやってほしい… てところですかね あいつ 今 女房を失うかどうかの 瀬戸際なんですよ あッ べつに… 泥沼離婚とかね そういうんじゃないんだよ ただ まあ 事情が事情でね そうなんですか ええ だけど 私が あの子に してあげられることなんて あるんでしょうか? 今さら 母親づらして出てっても 迷惑なだけなんじゃ… 宮本さんに託してから あの子は他人なんだって ずっと そう思って 生きてきましたから そうですか 急に言われても やっぱり困っちゃうよね いや 私ね もう あんまり 長くないみたいなんですよ それをあいつに伝える前に よりどころっていうのかな… そういう場所をつくっておいて やりたかったんだけど ちょっと虫がよすぎたかな 《行きますか》 《うん》 すいません 《お願いします》 《(職員)はい 確かに 受理しました》 《もう結構ですよ》 《ちょっと ちょッ…》 《ちょっと…》 《ほらな》 《いちいち「おめでとうございます」 なんか言うわけないだろ》 《何か がっかり もっと祝福してほしかった》 《贅沢言うなよ こんないい旦那 もらって 十分だと思え》 《まあ そうかもね》 《おッ やけに素直ですね》 《まあ 今日くらいはね》 《明日からも よろしくお願いします》 《こちらこそ》 はい こちらです はい (チャイム) どうも うん 荷物 どうしようかと思って とりあえず… 本だけは 全部まとめといたんだけど すみません いや 全然 そうだ… これ さっき 取りに行ったんだけど まあ 実物見ると緊張するよな 緊張するっていうのも おかしいか 可南子は どう思ってんの? まだ ちゃんと… 聞けてなかったから 私も… これがきっと 正しい選択だと思います うん そっか 分かった 可南子… うん 分かった あなたが チャペルで 「全部 忘れるよ」って 言ってくれたのは 私のこと 思ってくれたからですよね? でも… 忘れようとするのは 忘れられないからなんですよね? あなたを ほんとに幸せにできるのは あなたと一緒に過ごしていた頃の 私なんだと思います でも 私はまだ 思い出せないままで そのときの私には… 戻れないんです (携帯着信) もしもし (一哉)おう 可南子 今 何してる? うん? 何で? いや 大丈夫かなあと思って 何となく 気になってさ だから… 大丈夫ですけど 可南子?はあ~ あ~ッ もうッ はあ~ えッ 帰るの? もうすぐ みんな来るのに (桂)波留さ~ん (チャイム) (桂)波留さーん (チャイム) ジャーン! ご飯作りに来ましたー お前… どうせ 野菜とか食べてないでしょ こういう大変な時こそ しっかり栄養とって 乗り切らないといけません ねッ? 何笑うんですか 声がデカイんだよ 何か飲む? ありがとうございます ビールを ビール? ネギカレーか? あッ はい 前に言ってたっけ カレーにネギ入れると うまいって はい… ハハハ ほんとかよ これ はい (缶を開ける) それ 出したら… 一件落着だ あの車 きっと直せますよ うん 波留さんなら 直せますよ うん… うん そういうことなんだよな 全部 忘れるとか ゼロから始めるとか言って 元どおりにしたかったんだよ 結局… それで 可南子を傷つけて ああ… 何やってんだろうなあ 俺は (一哉)可南子 そんなに… 自分ばっかり責めないでください これ以上… 頑張らないでください 波留さんだって 傷ついてるじゃないですか 私… もう 応援するなんて言いません