唯吾日语

最简单的日语网站,最丰富的日语内容!

日本语能力考试

唯吾分享是你教会了我重要的一切08日文字幕,台词

亲,跪求分享哦 m(__)m

更多

(夏実)前回までの物語 (教師)教師が 結婚前に 子供をつくってしかも 責任を取らないって。 (鶴岡)学校は 一般社会と 違います。 生徒たちに 報告するのは 控えようということになりました。 (有悟)失礼ですよ。 こんな奇麗な方に 僕なんか あてがうの。 (圭子)有悟さん すてきですよ。 (有悟)付き合ってもらえませんか?結婚を 前提に。 (ひかり)先生が 教師だから 嫌なの。 先生。 わたしを 女として 見て。 (博一・育子)ハァー。 (修二)謝りに行くなら 俺が行かなきゃ 意味ないだろ。 (孝一)子供たち 抜きでって 話だったんだよ。 (修二)何で? (博一)本当に 申し訳ございません! (克実)やめましょう。 そういうのは 夏実は 夏実で やってますから。そちらも 修二君を 応援してあげてください (博一)それじゃあ あまりにも 申し訳ない! (克実)だから そういうのは (博一)いや。 お怒りは ごもっともでございます! 申し訳ございません! (克実)ハァー (孝一)夏実ちゃん 付き合ってる人が いるらしいよ。 えっ? そうなんだ。 (孝一)向こうの親たちはまあ できれば その人とって。 お前 いいのか? それで。いいんだよ。夏実が選んだなら それで いい。 (望未)おっはよう! あっ。 先生。 おはよう! (望未)おーはよー! (望未)おはよ。 (望未)もうー! 何? その顔! 笑ってろって 言ったっしょ! (ひかり)わたしを 女として 見て それは できない 君への気持ちは 同情ではないただ 君を女として 見ることはない (望未)柏木は ごまかしたりはぐらかしたりした? (望未)ちゃんと答え もらえたんだからそれで いいじゃん。 (望未)そんな顔 することない。 笑ってなよ。 (ひかり)でも…。 (望未)うーん。 「でも」じゃないの。 ほら。 笑え。 にっ。 にーっ。 告白して 振られたぐらいで深刻に なんなっての。じゃ 笑わせてあげる。 ほら。 笑え。 にーっ。 (ひかり)痛い。 (夏実)おはよう。 あっ。 おはよう。 おはようございます。 (教師)おはようございます。 ≪おはようございます。 おはようございます。 おはようございます。 おはようございます。 あれ? もしもし。 (夏実)ご両親が 来てくれたって。 うん。 その。 聞いたよね? ああ。 迷ってるの。えっ?好きかどうかもまだ よく分からない。 そう。 ただ 少しだけ 分かってきたの。その人に 言われて結婚って どういうことか。 前に 修二は これからだって 言ったでしょ? うん。 わたしも これからなの。 そっか。 わたしたち 大人になる前に いろんなこと 決め過ぎてた。 でも 今からでも 遅くないよ。 そうだね。 修二は ちゃんと 教師になる。 わたしは 今までとは違う人生を 生きてみる。 それで いいよね?≪(チャイム) じゃあ。修二。 なぜ 呼んでしまうんだろう?頭では 分かっているのに呼んでしまう この気持ちが 永遠に続くなら 大人になる必要って あるんだろうか?(夏実・さやか)おいしい! うーん。 (有悟)東堂さんは 仕事柄豪華な料理は 食べ慣れてると思って あえて 地味な…。 って言ったら あの2人が 怒るから。 家庭的な店を 選んでみました。気に入ってもらえました? (さやか)ええ。 すごく おいしいです。 (有悟)ああ よかった。 あっ。 あと 失礼かと 思ったんだけど。 (さやか)えっ? (有悟)たまには。 (さやか)ああ。 (有悟)もらう方になるのも 悪くないと思って。 (さやか)あのう。 でも わたしじゃなくて…。 (有悟)作戦なんです。今 外堀(そとぼり)を 埋めているんです。 アハハ。 (さやか)ちょっと。仕事の話をしてもいいですか? (さやか)ええ。 (有悟)中東ではどうしても 成立させたいビジネスが あるとき その商談相手の とても近い人に証人として同席してもらうんです。 その証人の信用を 勝ち得るとビジネスは驚くほど うまくいきます。 つまり 今日のターゲットは東堂さんなんです。 (さやか)ああ。 わたしはちゃんと あなたを見て思ったことを夏実に 言うつもりです。 (有悟)ああ。 ええ。 もちろん そうしてください。僕は 自分の幸せのためにできる限りのことをするだけです。 だから 今日は 全力であなたを もてなす(持て成す・款待)つもりです。 いただきます。 (有悟)どうぞ。 (有悟)たくさん 飲んでください。 フフフ。 (グラスを合わせる音) (有悟)フフッ。 どう? (さやか)うーん。 思ったこと 言ってくれるんでしょ? 正直 ちょっと うれしかったのよね。 毎日花に囲まれてるけど自分のためのものじゃないでしょ。あの人わたしの仕事のことよく分かってる。 へえー。 でも あの 絵に描いたような すてきさが しゃくに障る。 フフフ。 うん。 だけど 必死だった。あの人 余裕な顔して夏実とのこと 何とかしたいって必死だった。 うん。 ≪(由梨)何 見てるの? (ひかり)お姉ちゃんと行った 旅行の写真。 途中で ああなったから 目的地の写真が ないのよね。 (由梨)そうね。 (由梨)この家ひかりが 寮に入ったらお母さんだけになっちゃうでしょ? (ひかり)うん。 (由梨)一人で 住むには広過ぎるから手放す(人手に渡す)ことにしたの。 (ひかり)えっ? (由梨)環境が変わればゆかりのこと思い出さずに生きていけると思う。 ひかりも お母さんも。 (亜弥)ひかりちゃん。 久しぶりね。 (ひかり)亜弥さん。 娘さんに 会いに行かない? (亜弥)えっ? (ひかり)わたしは お姉ちゃんに 会いに行く。 (亜弥)あっ。 どうしたの? ひかりちゃん。 (ひかり)わたし旅の続きが したいの。 続き? (ひかり)事故で目的地まで 行けなかったから。 (ひかり)亜弥さんも 結局 娘さんに 会えてないでしょ? ごめんね。 わたしは 行けないの。 わたしにとっては 娘でも 向こうにしてみれば 迷惑な 他人よ。 わたしの気持ちだけでは 動けない。 (ひかり)そうだね。 分かった。 今日から 面談です。 君たちは 初めから 大学に行くって 決めてるから 僕が やってることは ホントの意味での進路指導じゃない。ただ助けになるならできる限りのことはしたいと思います。 (天音)柏木 何か 暗いんだよね。 (みはと)でも 進路指導は 的中率 100%近いって 3年の先輩が 言ってた。 (孝之)柏木が 行けるっつったら 合格 間違いないって。 (航希)俺らにはさ それで 十分なんじゃない? (みはと)まあねぇ。 (天音)僕 美大だからな。 (優奈)推薦で 行きたいです。 わたし 一発勝負 駄目なんです。 おなか 痛くなっちゃうから。 そうか。 じゃあ 部活は 続けるんだね? (優奈)えっ? でも…。 自分を 甘やかしてばっかじゃ 駄目。 続けなよ。 (優奈)ハァー。 牧田は どうするって? (優奈)えっ? 同じ大学にするって 言ってる? (優奈)行きたい大学が あるって。 初めてです。 玲花が 先に 進路 決めたの。 甘えてたのは わたしの方なんですよね。 わたしも 頑張らなきゃ。 うん。 じゃあ 推薦希望者が出揃ったら また 相談しよう。 (優奈)はい。 じゃあ 練習に。 うん。 どうしたの?何か すごく先生っぽいなと思って。 フフフ。 ハハハ。 何 言ってんの。 フフッ。 じゃあ。 うん。≪(ノック) ≪(直輝)夏実ちゃん いる? 部誌 忘れとったで! あっ。 ちょっと 待って! 開けないで! (落下音) ≪(直輝)あっ。 どうしたん? 大丈夫? ちょっと! 「開けないで」って言われて開けるバカ いる!? (直輝)あっ。 ごめん。 ああ。 あんたねぇ。 この先誰か女の子と付き合ってねぇ開けちゃ駄目とかそういうときに開けたらもめるよ。 ほら。 余計なもの 見ちゃうじゃない。 それって 夏実ちゃんのやんなぁ? やっぱり 柏木と結婚するん?しない。 わたし 独りで 産む。 あいつ…。 待ちなさい! わたしの個人的な問題に生徒である あなたは 関係ない!関係ある! 何で 俺の気持ちはそんな 軽く 扱われるん?子供の恋やから? (彩)涼子。 (涼子)えっ!? (彩)何してんの? (涼子)あっ。 いや 別に。 (生徒)どうしたの? ごめんね。 ちゃんと 言わないとね。 (教師)教室に 戻りなさい! (教師)後で 説明するから! (教師)君たちには 関係ないだろうが! (教師)柏木という教師は 在籍していますが。 申し訳ございません。 (金子)大丈夫? どこか 別のところで。 ありがとうございます。 大丈夫です。 (教師)金子先生! 妊娠させておいて責任を取らないなんて!普通でも 許されないですよ!なのに…。 (父)高い学費を 払ってるんですからね! 学校は 対応してくれますよね!? (鶴岡)申し訳ございません。 申し訳ありません。 人に 迷惑を掛けちゃいけないよ たぶん 修二は こう言われて 育ってきた 修二にとって こういう状況は 一番 きつい 迷惑を掛けないことが 最良の生き方だと 信じてきたから わたしのせいだ (鶴岡)事態は かなり 深刻です。 はい。 理事長から通達(つうたつ・通告)がありました。依願退職という方向で検討しているそうです。 そうですか。 (鶴岡)残念ながら 半年前と 今回と 続いてしまってるので。 (鶴岡)しかし どこに 罪があるのかと 問われると 半年前の一件は 決定的な過失は なかったわけだし。 まあ 今回だって…。 分かっています。 以前 言われましたよね。 学校は 普通の社会とは違う。 できる限りのことは します。 どっか 別の学校を 紹介することも できます。 多少は 退職金も。 なので 柏木先生は 責任を取って 辞めるという形が学校にとっても あなたにとっても一番 いいのではないかと。 分かりました。ごめん。 わたしのせいで。 そうじゃない。 みんなに 知られずに わたしが いなくなれば 修二は ちゃんと 先生に戻れてた。 真実を隠して? でも…。 よかったと思ってる。 だいたい 隠せることじゃない。 それに 僕は…。 責任を取らなきゃいけないんだ。 学校に対しても。 夏実に対しても。大変なのは 夏実の方だ。 子供のこと できる限りのことは する。 夏実は もう 自分のことだけ 考えればいいよ。 (理事)学校が 責任を問われますからね。 (理事)謝罪して 辞職すれば保護者は 黙りますよ。 辞めさせれば 一応納得というのは 今の風潮(ふうちょう・倾向,时势)でしょう。 (理事)問題の本質は どうであれ。 (理事)実際 問題 起こして これだけの騒ぎに なってるんですよ。 当然でしょう。 処分は致し方(いたしかた・方法,办法)ない。辞表を受理しますので。柏木先生。出してもらえますか? 辞表は 出しません。 僕は 辞めません。 辞表は 出しません。 僕は 辞めません。 何を 言ってるんですか?話は 済んでんですよね? ええ。 あっ。 しかし…。 責任を取って辞めるというのは違うと思うんです。辞めることは責任を取ったことにはならない。 取り繕ってるだけで。 (理事)問題を 起こしといて 何だ!? その言い方は! こっちは 君の将来のことまで 考えて! (理事) 理事長は 退職金まで出すと 言ってるんですよ? ありがとうございます。 でも それは いりません。 半年前は いなくなることが 生徒のためだと思いました。 周りも 納得するだろうって。 でも 結局 自分が楽を しただけだったんです。 生徒たちはその間にも変わって成長して。僕は教師なのにそれをそばで見ていなかった。 だから 今度は 学校に来て 軽蔑されながらでも 生徒たちのそばに いることを 選びたいんです。 学校の立場も 分かります。罪は 罰せられるべきでそれを 周囲に示さなきゃいけない。 だとしたら自分から 辞めて責任を取ったなんていう奇麗事で済まさないでください。 僕は そんな体裁よく 辞めてはいけない。罰を与えるなら…。首にしてください。 解雇という扱いで退職金も なくしてください。それまで 僕は 教師を続けます。 問題を起こした上にこんな わがままを言ってホントに 申し訳ありません。 昨年の進学実績を まとめた 資料が改訂されたので 時間があるとき 進学室に 行ってみてください。 特に 併願校を決めかねている人は参考になると思います。 (生徒)上村先生さシングルマザーってこと? 今日の進路指導は 田口 川本 園田。 (望未)どした? そんな顔して。 (ひかり)柏木先生 辞めさせられちゃうよね。 (望未)うーん。 厳しいかもねぇ。 (ひかり)わたしのせいだよね。 そんな顔 しない! 笑顔 笑顔! 何で? 何で いつも そんな 明るいの? みんなが のんちゃんみたいに物事 軽く考えられるわけじゃない! 深刻な顔 してたら何かが よくなるの? えっ? (望未)今の自分にはどうすることも できない。そういうとき…。 悲しい顔してたら何かが 変わるの?わたしは笑ってきた。そしたら何とかなった。 だから ひかりにも 教えてあげたかったの。 つらいことは いっぱい ある。どうにも ならないこともいっぱい ある。 でも そういうときこそ 笑うの。べただけど意外に 効果 あるよ。 フフッ。 うん。 (賢太郎)佐伯さん! また あした! (生徒たち)えっ? ちょっと。 何してんの? 大丈夫? (望未)何だ 児玉! (直輝)よっしゃー! 部活 行くか! 俺が おらんと 始まらんわ。 なあ? (涼子)平岡。 行くよ。 (直輝)ああ。 (望未)あんたたち。 アハッ。 失恋組か。 (万里)やっぱり そうなんですよね? 私大対策に 余計な時間を かけずに 済むからね。 (川本)失礼します。 (万里)お母さん!? (川本)すみませんけど 先生に 指導していただく必要は ありません。万里。 帰りましょう。座ってください。 お話を 伺いたいです。 (川本)結構です。 万里。 不快ですよね? (川本)そうです。 それに 幻滅しています。本来 避妊の方法や 病気のことを教えなきゃいけない立場の人でしょう。 なのに…。 (万里)バカじゃないの? (川本)えっ? 子供が 間違うのは知識が ないからだとでも思ってるの? 避妊や 病気のことなんかクラス 全員 知ってるよ。分かってるよ! (川本)万里。 (万里)分かってて。 でも 頭で分かってるとおりにできないから 悩んだり困ったりするんじゃない。 大人だって そうでしょ?それで いいじゃない。 わたしたち そういうのを見て バカだなとか 自分は もっと ちゃんと やろうとか 色々 考えるんだから。 駄目な大人が いるから わたしたち 先に進めるの。 信頼できる 駄目な大人が。 (川本)頭の良過ぎる子でホント わたしじゃ手に負えないときが あるんです。 (川本)失礼します。 進路指導されてるのは 僕の方だね。 国公立の選択科目に 迷ってます。 アドバイス お願いします。 柏木の件については早急に 処分を決定しますので。申し訳ございません。 はい。 あっ では。 すいません。 (中西)うん? ああ いや。 鳴らない電話 待つよりいいですよ。 何か モテた気分だ。迷惑を掛けてしまって。 大迷惑ですよ。でも 迷惑 掛けずに生きていける人間なんていません。 起こした事実だけを見れば大変不道徳です。でも柏木先生という人間を見ればむしろ 今後はよりいっそう生徒たちに良い教育を与えてくれるんじゃないかとわたしは思います。 しかし 学校は そういう あいまいさが 通用するところではない。失礼します。 (鶴岡)どうぞ。(鶴岡)理事会で 君が言ったことは 正しい。 わたしは 反省しました。 われわれも 痛みを負うべきです。 ですから 柏木先生。 はい。 あなたを 解雇します。 はい。 (ひかり)先生。 まだ 帰ってなかったの?先生 辞めさせられちゃうの? ああ。 わたしのせいだよね。 違うよ。 だって わたしとのことが なければ先生たちは 今ごろ普通に 結婚して。 違うよ。 あのころの僕のまま 教師を 続けちゃいけなかったんだ。 ごめんなさい。 謝るのは 僕の方だ。君を独りにしないなんて 言って結局 何も できないくせに 思い上がって(自大,狂妄)。余計に 君を傷つけた。ホントに すまなかった。 いなくなっちゃうんだね。のんちゃんが 言ってたの。 つらいときは 笑ってろって。もう 遅いから。 帰りなさい。 はい。 (生徒)さよなら。 さよなら。 夏実。 久しぶりに 待ってみた。 寒いのに。 何で 中 入んないの? 別れた男の部屋に勝手に 入れないよ。 体 大丈夫なの?何かあったら。大丈夫よ。毛糸(けいと)のパンツはいてるから。 (笑い声) ウフフフ。 入る? ううん。 ここで いい。 学校 悔しいね。 来月から 無職だ。 仕事 あるかなぁ? また 実家で 手伝いかな。 頑張ってたのに。 へこんでるよ。 うん。 何の抵抗も できずにこのざまだよ。みっともないよなぁ。 カッコイイよ。出会ってから 今日までで今の修二が 一番 カッコイイよ。 もう少し 早く そう 言わせたかったな。 遅かった。 全然 大したこと なかったんだよ。 人から 軽蔑されようが無職だろうがそんなこと どうでもいい。 色々 あったけど そのおかげで 教師が どういうものか 分かって よかった。 だから さほど へこんでない。ただ…。一つだけものすごく 後悔してる。 俺は一番 大切なものに気付いてなかった。夏実が いる。それだけで よかったんだ。 こんな 簡単なことに どうして気付けなかったんだろう? 夏実がいればそれが 全てだってどうして思えなかったんだろう? ごめん。 はい。 (有悟)すいません。 今 大丈夫ですか? はい。 ええ。 大丈夫です。 すぐ 行きます。あっ あの。 いいんだ。 それより 雪だけど。 大丈夫。1秒だけ 待った この1秒で 自分の気持ちが 分かったさよなら。 さよなら。 愛しかない結婚は愛が 冷めたときに何も残らないって言いましたよね? (有悟)ええ。 確かにお金も生活していく環境もすごく大事です。子供がいたらなおさら。 だから 有悟さんには 感謝しています。 幸せって そういうことですもんね。 (有悟)はい。 頭では 分かってるんです。 でも…。 (有悟)正直に 言ってください。 どうしようもなくそばにいたいと思う人が いるんです。 その人は全てを 失いました。でも 全部を なくした後に愛だけが 残ってる。 バカなのかもしれないけど。わたしが 選ぶのは愛だけが残る人生なのかもしれません。