唯吾日语

最简单的日语网站,最丰富的日语内容!

日本语能力考试

唯吾分享真正犯人 05日文字幕,台词

亲,跪求分享哦 m(__)m

更多

ご苦労さまです。 こちらです。 (御子柴 衛)人間国宝 細川重春さんの作品は 小さな茶碗でも 何十万もするそうですよ。 (桐島孝作) 触る前に言ってくださいよ。 (倉元吾郎)マル害は 陶芸家の 細川重春さん 73歳です。 長男の一樹さんが 今朝 寝室にいないのを不審に思い 捜しに来て発見したそうです。 (矢代有作)殺しだ。 死因は脳挫傷。 後頭部を鈍器で一撃。 死亡推定時刻は 恐らく… 今日の午前1時から3時の間。 (梶原 稔)血痕が付着してる。 凶器と見て間違いないね。 (友枝凛子)裸足だ。 (倉元)細川さんは アルツハイマーだったんだ。 半年前から症状が悪化し 意識が鮮明になったり 不鮮明になったりの繰り返しで 徘徊癖もあったそうだ。 (細川公康)ああっ シゲさん! (細川一樹)おじさん 駄目ですよ 勝手に入っちゃ! お宝が…! 触るな! (倉元)お身内の方ですか? (一樹)はい 父のいとこです。 細川公康 上七軒で酒屋をやってます。 ない… ない…。 (真田英俊)どうしました? そこには 父が4年ほど前に 古美術商から買った 骨董品が置いてあったんです。 っていう事は これらは重春さんの作品ではない っていう事ですか? (一樹)ええ。 室町時代に作られた 古備前の壺は… 500万もしたんだぞ…。 (公康)それが こんな粉々に…。 随分と豪華な凶器ですね。 人間国宝にふさわしい。 (吉村和彦)骨董品を狙って 忍び込んだ窃盗犯が 徘徊してたマル害と接触して撲殺。 その線でしょう。 骨董品の確認に ご協力願えますか? それが 私は 父の作品は管理してますが 骨董品の方は よくわからないんです。 あなたは よーくご存じのようですね。 いや 私はただ シゲさんに 古美術商を紹介しただけだ。 ほんとに? どういう意味だ? いきなり失敬じゃないか! 申し訳ありません。 もう少し詳しくお話伺えますか? どうぞ どうぞあちらへ。 どうぞ。   (高木利幸)あの… 泥棒の仕業なんですか? いや それは まだなんとも。 失礼ですが…? ああ… 高木と申します。 3年前 重春先生が 一線を退いたあとは 私が この窯を 引き継いでおります。 木村です。 重春先生のお弟子さん方ですか。 こんな事になったのは 私のせいなんです。 どういう意味でしょう? 私が昨日 納屋の鍵を かけ忘れたんです。 昨日は窯の火の管理のために 裏の工房に泊まっていました。 一樹さんと一緒に 母屋で夕食を取ったんですが ちょっと飲みすぎまして…。 じゃあ お二方は屋敷内に いらっしゃったんですか? (木村由紀男) いえ 私は先生に言われて 夕方には帰宅しております。 そうですか…。   (鈴の音) 父の部屋に 何か? あ すいません 勝手に。 どうしても拝見しておきたかった もんですから。 あの… この鈴は 夜中に お父様が徘徊してもわかるように 付けてらっしゃるんですね? ええ。 私は いつも 隣の部屋で寝ています。 この鈴の音がすれば 見に来るようにしてるんですが 昨日は熟睡してしまって 気づかなかったんです。 あなたは 陶芸はやられないんですか? はい。 私は作る方ではなく 売る方です。 五条坂で 清水焼を扱う店を やっております。 あぁ…。 他にご家族は? 弟がいます。 ここには住んでいませんが。 (平田浪江)あっ 一樹さん 工芸協会の方が見えました。 あ すみません。 一樹さん ちょっと待ってください。 今日は冷えますから。 ありがとう 浪江さん。 あの… こちらで働くようになって もう長いんですか? もう10年になります。 3年前 精密検査で 脳の萎縮が 進行してる事がわかってから 旦那様は窯を高木さんに譲って 引退しました。 介護も その頃から 昼間は私 夜は… 一樹さんが…。 大変でしたねぇ。 彼 ご結婚は? 相手を見つける暇もなく 旦那様と この家を守るために 働いてます。 それだけじゃないんですよ。 (細川隆二)浪江さん 兄貴は? 応接間の方に…。 あ そう。 (御子柴)今のが次男か。 なんだか 胡散臭そうな奴でしたね。 胡散臭いのは 次男だけじゃありません。 鈴の話をした時 長男は…。 熟睡してしまって…。 口では嘘をついても 脳は 聞いた音を覚えてるんですよ。 その音が 耳の中で 再現されるもんですから つい無意識に 手が耳にいってしまうんです。 彼は嘘をついていたって事ですか。 そう。 それに…。 500万もしたんだぞ…。 不安。 私は先生に言われて 夕方には帰宅しております。 秘密。 動揺。 兄貴は? (浪江)応接間の方に…。 そして 嫌悪…。 この家には 相当 複雑な事情が 隠されてるようですよ。   現場にあった陶器の破片からは マル害本人 長男の一樹 次男の隆二 弟子の高木 木村 いとこの公康 それに 家政婦の平田浪江 他にも 身元不詳の いくつかの指紋が 検出されたそうです。 つまり 物証面でいえば 全員が容疑者って事か。 はい。 一課は窃盗犯の線で 捜査を進めようとしている みたいですが 見当外れもいいところですね。 納屋の中の重春氏本人の作品には 全く被害がなかった。 古美術ではないとはいえ 人間国宝の重春氏の作品にも 高値はついてる。 なぜ そっちの方には 見向きもしなかったのか…。 確かに あの破片は 争った際に床に落ちて 割れたっていうよりも 意図的に地面にたたきつけて 割ったように見えました。 よし 我々 支援班は 怨恨の線で捜査しよう。 俺はクラさんと合流して 古美術商の聞き込みに回る。 君は鑑識作業の進行状況を 確認してくれ。 桐島さん! はい。 御子柴と一緒に もう一度 細川家の人たちを 当たってくださいね。 はいはい。 「はい」は一度で結構。 なんか怒ってます? 怒ってますよ。 ヤキモチだよ。 (六条 舞)ああ…。 (ドアが開く音) どう? 進んでる? (桜井慎吾)これ どれがどの破片か 判断つかなくて…。 あのさぁ 外見で判断出来ないものは 科捜研で成分分析してもらえば いいでしょう? ったく もう… ほら 私も手伝うから。 梶さんさぁ ちゃんと教えてんの? 桜井に。 全然 骨董屋っぽくないですね。 (安藤光子)うちは 本当に 買う気のあるお客様にしか 美術品はお見せしませんの。 これが 細川様に お買い上げ頂いた品です。   購入したのは 全て4年前の同じ日ですね? ええ。 いとこの公康さんの 紹介でいらして まとめてお買い求め頂きました。 その公康さんも よく こちらで購入されるんですか? いいえ。 1つ買ってくれたきりですわ。 でも そういえば あの人 妙な事 言ってましたけど。 妙な事? おっ 来たぞ! (記者)何があったんですか? (記者たちの声) 兄貴 もう俺たち2人だけだな。 どうする? この家。 こんな時にする話じゃないだろ。 まあ 心配するな。 一樹さん 警察の方が。 またお邪魔します。 (一樹)どうかしましたか? どうぞ そのまんま。 どうも。 (一樹)お父さんの事件を 調べている刑事さんだ。 弟の隆二です。 先ほど お会いしましたよね。 (隆二)どうも。 お父様の写真ですか? (一樹)ええ。 遺影を選んでおくように 葬儀社に言われたもので。 あ これ イタリアですね。 (一樹)ええ。 向こうの 文化交流機関に招聘されて 父は10か月ほど 焼き物を教えていました。 10か月も! 僕も付き添いで。 陶芸の事以外は 一人で 何もできない人でしたから。 根っからの 芸術家でいらっしゃったんですね。 母は 病気で亡くなる直前まで 父の事を心配していました。 そんな母の苦労を見て 育ちましたから 僕は 芸術家にだけは なりたくなくて 父の後は継がなかったんです。 長男に支えられてきたからこそ ここまで来られた。 ある雑誌のインタビューで お父様 そんなふうに 答えてらっしゃいました。 (一樹)ええ。 面と向かって息子に そんな事を言う人じゃ ありませんでしたけどね。 ところで こちらのお宅から 何か なくなってるものは ありませんか? (一樹)えっ? いえ 犯人が納屋だけじゃなくて この母屋の方にも 侵入した可能性もあるなぁ と思いましてね。 いいえ。 特に思い当たるものは何も…。 私も…。 そうですか。 お父様の寝室から 当然あるべきものが なくなってるような 気がしたんですけどね。 私の勘違いですかね。 あの… 一体 どういう意味です? 浪江さん 腹減っちゃったな。 頼むよ。 はい。 隆二さん… でしたよね? ええ。 お仕事は 今 何されてるんですか? ああ 祗園で ちっちゃなバーやってます。 金は兄貴に出してもらって。 だからもう頭上がんないんですよ。 口では なんとでも言えるぞ。 (隆二)ほんとに感謝してるって。 親父の面倒だって 全部 兄貴が見てくれたんだから。 お父様と何かあったんですか? まあ…。 実は僕 若い頃 一時期 親父の下で 陶芸の修業をしてたんですけど 外で酔っ払ってケンカして…。 (細川重春)陶芸家が手をケガして どうする! お前のような いい加減な奴は 目障りだ! 出ていけ! あの頃は 後継ぎって目で 見られるのがプレッシャーで…。 俺には 親父みたいな才能もなかったし。 父は頑固でしたから それ以来15年 弟と顔を合わせる事は ありませんでした。 息子は僕1人でいいなんて 親戚に言い放って。 父がアルツハイマーを発症して ようやく隆二は この家に 出入り出来るようになったんです。 でも 兄貴だけは ずっと俺を見捨てなかった。 ほんとに 感謝してます。 ほんとに お前は 口ばっかりなんだから。 (隆二と一樹の笑い声) ほんとに感謝してます。 (隆二と一樹の笑い声) あの弟 やっぱり胡散臭いな…。 表面上は仲良しのふりをして 金目当てに お人好しの兄を 利用してるみたいだ。 ほぉ その根拠は? テーブルの どの席に座るかに 人の深層心理は表れる。 (御子柴) テーブルの角を挟んで座る。 これは 最もリラックスして 会話が出来る関係。 向き合って座る。 これは 相手と話をしようとする 意思がある関係。 ところが隆二さんの場合 一樹さんとは対角線 一番遠い席に座っていました。 つまり 会話をしたくない 好ましく思っていない相手だ という気持ちの 表れだっていう事ですね? まさか君にお株を取られるとは 思いませんでしたよ。 ま 極めて初歩的な 知識じゃないですか。 よく出来ました! ご褒美に これ あげましょ。 バカにして…。 っていうか これ また僕の黙って取ったでしょ。 立派な登り窯ですねぇ。 ああ どうも。 (高木)この登り窯にしか出せない 独特の風合いがあります。 途中で火を絶やす事は 先生が望む事ではないと思って。 重春先生の技は あなたが引き継がれたんですね? はい。 先生は どんなお方でしたか? あ ちょっと…! 陶器は日常で使うもの。 自分は それを作る職人にすぎない。 いつも口癖のように そう言ってました。 慎み深い方だったんですね。 (高木)ええ。 飾っておくだけの陶器なんて 馬鹿げてるといって ご自分の作品に高値がつくのも 内心はご不満だったようです。 そうですか。 (高木)失礼。 (倉元)古美術商の安藤さんから 聞きました。 重春さんが購入した骨董品は いずれ自分のものになる。 あなた そうおっしゃったそうですね。 (公康)えっ? ああ…。 シゲさんが死んだ時 1つぐらい 形見分けで もらえるんじゃないかなぁと。 重春さんは アルツハイマーの 症状が進行する前に 弁護士立ち会いのもと 財産分与を決めています。 そこに あなたのお名前は ありませんね。 もらえないと知って あなたは あの納屋から 骨董品を盗み出そうとした。 そういう推測も成り立ちますが。 盗み出すなんて してませんよ! 最近の警察は ほんと失敬だな! (梶原)購入した骨董品は 4品とも全部 現場にあった。 なんにも盗まれてなかったんだ…。 この残りは なんなんだろう? (諫早賢三郎) どうだ 素晴らしいだろう? これなんか 台湾の 故宮博物院にあるのと そっくりで しかも たったの5000円だよ。 へぇ~ そりゃ素晴らしいですね。 そうか お前も この わざとならぬ美のよさがわかるか。 僕が感心してんのは お義父さんの そのコレクターっぷりですよ。 買ってきた骨董品を 恥ずかしげもなく 自慢するっていうね。 おい 随分 嫌な事言うね お前。 いえいえ 正しいコレクター心理 なんじゃないんですか? それよりも 逆に 大枚はたいて買った骨董品を 人に見せる事もなく 納屋に じーっと仕舞い込んどく コレクターがいたとしたら これは一体 どういう心理なんですかね? ええ? それは あれだなぁ 心理学の範疇というよりも 犯罪学に分類されるべき命題だな。 うん。 なるほどね。 (膝をたたく音) 素晴らしい。 参りました お義父さん。 まあまあ一杯。 これで飲んだら どれだけ美味しいかっていう…。 おい よせよせ…! こっ これは香炉だよ! はははははっ 空です。 からかうな。 (笑い声) 偽物だった? はい。 4つとも全て偽物。 つまり 贋作だったんです。 やっぱり犯罪学の命題だ。 さすがお義父さん。 室町時代 桃山時代などと 書いてありますが この時代にはありえない フッ化水素アンモニウムが 全ての陶磁器から検出されました。 フッ化水素アンモニウムは 陶磁器を骨董品に似せる時に 使用される事があります。 これを割った人物は 贋作だって 知ってたんじゃないでしょうか。 だから 地面にたたきつけて壊した。 (壺が割れる音) 行きましょう。 どこへ? 重春氏に骨董品を売りつけた…。 古美術商のとこでしょ? わかってますねぇ。 安藤さん いらっしゃいますか?   うわ…。   班長。 高飛びしようとしてたか…。 (矢代)目を中心に粟粒大の溢血点。 頸部に つめが食い込み 指部で圧迫した部分あり。 見てのとおりの扼殺だ。 死亡推定時刻は 昨夜10時から12時。 それと 右指のつめに 犯人のものとおぼしき 皮膚片が食い込んでいた。 彼女は贋作と知りながら 骨董品を売りさばいていた。 そう見て間違いないでしょう。 細川重春と安藤光子は 同じ贋作を巡って殺された。 支援班の見立てどおり 怨恨の線という事ですか。 問題は 誰が贋作を作ってたかですね。 あれ? 桐島さんは? (公康)いいでしょう その風合いが なんとも味があって。 なるほど。 やはり ここでしたか。 勝手に動き回るのは…。 お小言は あとで。 申し訳ありませんが これを お借り出来ますでしょうか? 色々と調べたい事が あるもんですから。 何を調べるの? 実は 重春さんが安藤光子さんから 購入した骨董品は 全て贋作だったんです。 当然 これも 贋作の可能性があります。 ええ…? 贋作!? はい。 クソッ! その安藤さんも 殺されました。 そんな…! 彼は嘘をついていません。 贋作である事も 安藤さんが殺された事も 本当に 知らなかったみたいですね。 2人とも安藤光子に 騙されてたって事か? いや 重春さんだけは 贋作だって 知ってたんじゃないでしょうか。 わざわざ大金払って 贋作買ったって事ですか? どうして そんな馬鹿げた真似を? 重春さんは 飾っておくだけの 高い陶器を嫌ってました。 なのに 大金を払って 一度に4つも骨董品を買って 納屋に仕舞い込んでるんです。 ほら 矛盾してるでしょ? でも もし 贋作である事を 知っていたとすれば そこに ある1つの意味が… 彼の心理が見えてくるような 気がするんです。 どんな心理です? 贋作を作ったのが誰だか 判明すれば すぐにわかります。 (梶原)これも贋作だったよ。 やっぱり同じ フッ化水素アンモニウムで 古びた趣に加工してあるんだ。 フッ化水素アンモニウムを 購入するには 毒物譲渡書に 署名捺印が必要です。 (御子柴) エルピー化学の記録によると 京都地区に 10年前の2001年 大量のフッ化水素アンモニウムの 販売をしていますね。 購入したのは…。 (御子柴)班長…。 まさか 贋作を作ったのは 細川重春? いや 2001年は 重春氏は 日本にはいませんでした。 贋作を作ったのは 10か月間 イタリアに行っていた 重春氏に代わって 工房を任されていた人間です。 道開けて ほら! どけ ほら! 父は たくさんの弟子を 育てましたが 中でも 高木は一番優秀でした。 なんで贋作作りなんか…。 才能の無駄使いだ。 才能の無駄使い? 父は 陶芸を 人を騙す道具にするような人間を 許すはずがない。 高木に騙されていたんですよ。 病気のせいで 判断力が鈍っていたんです。 (浪江) 裏口に葬儀社の方がみえました。 桐島さん 彼女と よく目が合うみたいですね。 よく目が合うのは 気がある証拠。 えっ? (倉元)たった今 殺された安藤光子の爪に 付着していた皮膚片から お前のDNAが検出された。 (吉村)彼女を殺害したのは お前だな? (倉元)安藤光子が売りさばいた 贋作を作ったのも…。 あいつとは 昔からの知り合いで 12年ほど前に いい儲け話があると 持ちかけられて…。 (光子)私に任せて。 カモなんて すぐ見つかるわよ。 2人で力を合わせれば きっと大儲け出来る。 (高木)高値のつく 古伊万里や古備前を真似して いくつ作ったか数え切れない。 実際に儲けたのは あいつだけだった。 それでも構わなかった。 なのに 警察に 目をつけられた途端… 俺を捨てて 高飛びしようとしたから…。 いつまで そこに突っ立ってんのよ。 (高木)クソッ! (光子)ああっ…。 ああ…。   クソッ! 細川重春氏との間には 何があった? 何もない。 俺は先生は殺してない。 重春氏は 安藤光子から 贋作を購入してた。 それは知らなかった。 光子は 俺に客の情報は 漏らさない。 だから…。 先生の遺体が発見された時… 初めて知った。 なんで 先生は あんなものを…。 あの贋作も お前が作ったものだな? 違う。 あれは…。 お出かけですか? 私たちもお供します。 ついでに お話ししたい事があったら なんでも伺います。 行きましょう。 隆二さんは… あの人は 勝手に納屋の合鍵を作って 時々 お金になりそうなものを 盗み出してたんです。 隆二を うちに入れるな。 こんなろくでもない男 親子の縁は切ったはずだ。 なんだよ まともじゃん。 じゃあ その時は 重春氏の意識は はっきりしてたんですね? はい。 それと この前 刑事さんが おっしゃってた事なんですけど。 これが なくなってたんでしょ? この湯飲み ここにも ここにも写ってます。 ええ…。 でも どうして わかったんですか? 寝室の枕元のお盆の上には 水差しはありましたが コップがありませんでした。 あったのは跡だけ。 不自然でしょ? 旦那様が いつも 大切に使ってた湯飲みです。 大切に? ええ。 子供の頃 一樹さんが お作りになったそうです。 一度 壊れてしまったんですけど 出入りしていた 金継ぎの 職人さんに直してもらって 大切に使っていらっしゃいました。 金継ぎっていうのは 確か 割れたり 欠けてしまった陶器を 漆で繋いで その上を金粉で装飾するっていう 修繕方法でしたね? はい。 あの湯飲みがなくなったのも あの人のせいだと思います。 あれを見て 隆二さん…。 この部分の金 とかしたら いくらになるかな? これっぽっちの金を 換金出来るわけないだろ。 ほら。 (御子柴)そんな大事な事 どうして 今まで黙ってたんですか? (浪江) 一樹さんに口止めされました。 一樹さんに? 弟さんの生活の面倒も あの方が見てます。 ほんとに家族思いの やさしい人なんです。 あなたにとって 一樹さんは 大切な人なんですね?   高木さんが 全て自供しました。 あなたには 詐欺罪の共犯容疑が かかってます。 10年も前の話だし 時効とかにならないかな? 駄目? 同行願えますか?   わかった! わかりましたよ わかりました! (隆二)「だから 何も知らないんですって」 あの贋作の作者は彼でした。 高木が隆二を誘ったのは 隆二に 人並み外れた陶芸の才能が あったからだそうです。 才能? 10年前 イタリアに行ってた頃 彼が工房に出入りしてた事を 弟子の木村さんが 帰国した重春氏に教えてました。 しかし 木村さんは 高木が関与している事までは 気づいていなかった。 隆二が勝手に来て 怪しげなものを作っていたとだけ 告げたそうです。 (倉元) 「ヤミ金に だいぶ借金あるな」 「贋作作りに手を貸したのは 金目当てか?」 「おもしろいと思って」 「おもしろい?」 なるほど…。 おもしろいっていうのは どういう事だ? ああ? お父さんが大切にしていた 仕事場で お父さんの仕事を 汚すような真似をする。 あなたを見放したお父さんへの ささやかな 復讐だったってわけですね。 フッ… そのとおり。 頭いいですね。 フフン そのとおり。 あのクソ親父 俺の才能を全然認めなかった。 でも 俺の作った贋作に コロッと騙されて大金払って…。 まぬけなところは お人よしの兄貴そっくりだ。 それは全然違います。 4年前 お父さんは 公康さんの美術品を見て すぐに あなたが作ったものだと 見抜きました。 他のものに比べて 実に よく出来てましたからね。 誰よりも あなたの才能を 評価していたのは お父さんだったんです。 フン… その推理は 説得力ないですね。 贋作が人手に渡れば あなたも詐欺罪の共犯になる。 そうなる前に 自分の手で 買い集めようとしたんです。 父親として 息子を守るために。 厳しい態度をとりながらも 心の中では ずーっと あなたの事を 心配していたんですよ。 重春氏が殺害された あの夜 お前は どこで何をしてた? 自分の家にいたよ。 それを証明出来る人間は? いない。 父親が死んだら 遺産が入る。 取り立て屋に そう言ったそうだな。 (ため息) 弁護士 呼んでもらえませんか? まさか 弟が父を…? 驚いたふりをされなくても 結構ですよ。 あなた お手伝いの浪江さんに 弟さんの事 口止めされてましたよね? お父さんを殺したのは 弟さんだって気づいていたから かばうために そうしたんでしょう? そのとおりです。 お恥ずかしい話ですが 隆二なら やりかねないと思ったんです。 ところで この湯飲みは あなたが作られたんですよね? ええ。 僕が中学の時に 父の誕生日プレゼントに 作って贈った つたないものです。 お手伝いの浪江さんは この湯飲みがなくなった って言ってるんですけれども 心当たりありませんか? ああ… きっと 父が どこかに置いたんでしょう。 病気のせいで 冷蔵庫の中に 老眼鏡を置いたりしてましたから。 ああ そういう事ですか。 こうなったら あいつが 一日も早く 罪を償って やり直せるよう 兄として 出来る限りの事は するつもりです。 あとは 細川隆二が自供すれば 決まりですね。 いえ 隆二さんは ホンボシじゃありません。 じゃあ 誰だって言うんです? テーブルの座り位置の話は 覚えてますよね? もちろんですよ。 目のつけどころは 中々でした。 褒めてあげましょう。 でも 1つだけ 勘違いをしています。 君は 最初に座っていたのは 一樹さんだって 思ってましたよね? ええ。 でも もし その順番が逆だったとしたら? (御子柴)まさか… そんな…。 そろそろ ホンボシを落とす 決定的なピースが やってくる頃なんですけどね。 決定的なピース? ほら 来た! 犯行現場には 4つの骨董品以外に これがありました。 重春さんが大切にしていた 湯飲みです。 これで 全てのピースが そろいました。 (一樹)どうしたんです? こんなところで お話なんて。 あなたに お伺いしたい事が 2つありましてね。 まず1つ目の質問です。 お父様が大切にしていた あの湯飲み あれ あなた 中学生の時に作った っておっしゃいましたよね? ええ。 おかしいんですよ。 いえね あの湯飲みを金継ぎした 職人さんのところに お話を伺いに行ったんですよ。 そうしたら その職人さんは…。 ほう これか これか。 カエルの子はカエルだね。 小学生で こんないいものが 作れるなんてさ。 確かに 「小学生」って言ったんですよ。 いい間違いか記憶違いでしょう。 そんな話をしに わざわざ? じゃあ 2つ目の質問です。 人類最初の殺人事件って ご存じですか? 旧約聖書に出てくる お話なんですけどね。 カインという兄と アベルという弟がいました。 2人は それぞれ 父である神に 贈り物をしたんですね。 神は 弟の贈り物の方を いたく気に入りました。 それに嫉妬した兄は なんと 弟を殺してしまったんです。 その話になぞらえて 親の愛情を独占する弟に 兄が嫉妬する心理を カインコンプレックスと言います。 私は この事件は そのカインコンプレックスが 引き起こしたと思ってるんです。 あなた 隆二さんに 嫉妬してるでしょ? なんで 僕が 弟に 嫉妬しなきゃならないんですか。 この湯飲み。 これ 本当は 隆二さん あなたが 作ったんじゃありませんか? えっ? 覚えてらっしゃらない? 無理もありません。 あなた まだ小学生でしたからね。 お兄さんを手伝うつもりで ろくろを 回しただけだったんでしょう。 ところが 初めての陶器作りにも関わらず こんなに完成度の高いものが 作れてしまったんです。 その時 あなたは 思い知ったんじゃないんですか? 父親に必要なのは 陶芸の才能のない自分じゃない。 隆二だけなんだって。 あなたは お父さんの後を 継がなかったんじゃありません。 継げなかったんです。 そして その事を お父さんは知っていました。 その父親の愛情を 繋ぎ止めるために あなたは 献身的に尽くし 介護にも明け暮れた。 だが その一方で 勘当された弟を 金銭的に援助する事によって 意図的に父親から遠ざけた。 弟思いの兄という姿は 見せかけの演技。 本当は 心の中は弟への憎しみで いっぱいだったはずです。 浪江さんに 隆二さんの事を口止めしたのも 隆二さんの事を快く思っていない 浪江さんが そのうちに 誰かに しゃべるだろうという事を 計算しての事だったんでしょう。 (御子柴)あの夜 徘徊に出た父親を 追いかけて ここへ来た あなたは ある事を知ってしまった。 4年前 お父さんが これらを買った理由。 そして 納屋にしまってあった理由を。   知りたくなかった…。 知らずにいたら あんな事には…。   (一樹) お父さん 部屋に戻りましょう。 風邪を引いてしまいますよ。 (重春)隆二… 隆二は 本当にいいものを作る。 これも これも… 実に よく出来ている。 ああ~ 惚れ惚れするなぁ。 他の人が買ったら まずいだろ? だから お父さんが買った。 お前は 本当に才能がある。 小学生で こんなものまで 作れたんだからなぁ。 知っていたんですか? (湯飲みが割れる音) 隆二…。 違う 僕は隆二じゃない。 一樹だ。 (重春)ああ… こんな…。 ああ こんなに… こんなにバラバラ…。 なんで… なんで… お父さんは いつも 隆二 隆二って…。 なんで 僕を見てくれないんだ! うわーっ!! (壺が割れる音) あー! (陶器の割れる音) うわー! (陶器の割れる音) うわーっ!! (陶器の割れる音) (荒い息)   あっ… うう…。 (泣き声)   親父が そんな事を…。 お前のせいだ。 お前さえいなければ お父さんは 僕だけを見ていた! お前さえ… お前さえいなきゃ…! おまえなんか… おまえなんか…! あなたは思い違いをしてます。 この湯飲みを 大切にしていた理由を お父さんは こんなふうに 話していたそうです。 初めて ろくろに触る隆二を 一樹が一生懸命 教えていた。 兄弟2人が 力を合わせて作ってくれた。 死んだら あの世にも 持っていきたいぐらい… 大切な私の宝だ。 兄と弟… お父さんにとっては どちらも大切な息子である事に 変わりなかったんです。 (一樹)そうそう そうそう。 うまい うまい。 うまいぞ。 (隆二と一樹の笑い声) バカだよ…。 バカだよ! バカだよ!! 兄貴! どうして…。 兄貴 どうして!? どうして! (隆二)バカだよ…! (隆二の嗚咽)   一番罪作りなのは 愛情を素直に 子供に伝えられなかった父親よね。 その過ちに気づかないまま 亡くなってしまったわけだし。 カインとアベルのお話の結末は どうなるんですか? カインがアベルを殺した後 神は カインを エデンの東に追放したが それ以上の処罰をする事は なかった。 えっ そうなんですか? それどころか カインが 他の者に狙われないように カインを殺した者は誰でも 7倍の復讐を受ける そういう加護まで お与えになったんだよ。 どうして? 自分の過ちに 気づいていたからでしょうね。 兄が弟を憎むようになったのは なぜなのか? 言ってみれば 神様は 人類最初の殺人事件のホンボシが 自分だって わかってたっていう事です。 神様だって 過ちを犯すんですからね 人間だったら なおさらです。 おや? 大切なのは その過ちを 素直に認める事です。 あーん。