唯吾日语

最简单的日语网站,最丰富的日语内容!

日本语能力考试

唯吾分享真正犯人 07日文字幕,台词

亲,跪求分享哦 m(__)m

更多

(銃声) (銃声) (パトカーのサイレン) (真田英俊)入ります。 検視官 見立ては? (矢代有作)胸部に銃創が2か所。 射殺だ。 死亡推定時刻は 午前0時前後。 (梶原 稔)至近距離から 撃たれたんだなあ…。 2発のうち1発はな 貫通してる。 (友枝凛子)男!? ん…? 明石…。 おい 明石孝俊じゃないか! 今 世間 騒がしてる。 (倉元吾郎)ええ。 元厚生労働省 薬品局長の明石孝俊です。 (御子柴 衛) 社会的地位の高い人間ほど 普段から 男性的な部分を より多く求められる反動から 女装趣味者が多い というデータがありますが…。 (桐島孝作)彼は違いますね。 お化粧もしてませんし 靴が男物です。 この辺は 防犯カメラが 木の枝に邪魔されて 死角になってる。 (御子柴)だから ここを選んだんでしょう。 犯人は臆病で 猜疑心が強い性格です。 目撃されて 慌てて 逃げてるところが映ってるかも。 カメラの映像は もう回収したよ。 マルガイは 危険な副作用のある ガン治療用の新薬を 薬品会社からリベートをもらって 認可した容疑で 東京地検から追求されてたな。 ええ 結局 不起訴になりましたが 健康上の理由という事で 辞任しています。 (吉村和彦)2週間前に 京都市内のホテルに 潜伏している事がバレて 取材攻勢に遭っていたようです。 でも どうして こんな格好をしてるんだろう? 随分 急いで 部屋を出たようだな…。 (倉元)はい。 昨日 明石さん宛てに 荷物が届いたんですね。 はい 私がお届けしました。 女装のための一式を この箱に入れて届けたんですね。 ほら 髪の毛。 ウイッグのでしょう。 その時の 明石さんの様子は? かなり イライラしたご様子でした。 (明石孝俊)私がここにいると どうして 連中にバレた? 君たち従業員が 教えたとしか考えられんだろう! (客室係)決して そのような事は…! もういい! 帰れ! その辺に 手紙ありませんかね? 手紙? 箱の中に 空の封筒。 ガイシャは中身を持ってませんでした。 桐島さん。 「明日の深夜0時 京極公園駐車場で 車を用意して待っています」 女装してホテルを抜け出す事も 指示してあるな…。 差出人は… 小野寺太郎。 (島田千恵)明石の元部下で 今は 厚生労働省から 京都市内の財団法人に 天下りしてる人物です。 島田検事…。 お久しぶりね 真田刑事。 あ… ご無沙汰してます。 東京地検の島田検事です。 2年前までは 京都地検にいらっしゃいました。 なぜ あなたがここに? 明石孝俊を追っていました。 一度 起訴出来なかったから といって うやむやには したくないんです。 そちらの 土井垣刑事部長に 話は通してあります。 今回の捜査に関する 証拠や情報は すべて 私も共有させていただきます。 よろしいですね? あ… わかりました。 (倉元)小野寺さんは 明石元局長の 部下だったそうですね。 はい。 昨日の夜は どちらにいらっしゃいましたか? 家にいました。 家族に確認してください。 これなんですが… 差出人があなたになってます。 これは あなたが? こんなもの 私は出していません。 なんで 私が今さら あの人を 助けなきゃいけないんですか。 私まで さんざん疑われて 迷惑したんです。 どうぞ お引き取りください。 (千恵)随分 あっさり 引き下がるのね。 あなたたちが そういう 手ぬるい捜査をするから そのツケが 私たちに 回ってくるんじゃないかしら。 (倉元)あのなあ…! 確か 東京地検が 明石を起訴出来なかったのは 明石の部下の自殺で 不正疑惑が 幕引きになったからでしたよね? ええ。 神林悟という若い局員が すべては データの入力ミスした 自分の責任だ という遺書を残して 自殺しました。 私は 明石がデータ改ざんを命じ 神林に責任を押し付けて 自殺に追い込んだものと みていました。 しかし 明石があんな形で 殺されたのであれば さらに裏で糸を引いてる誰かが いるのかもしれません。 小野寺が あの手紙でおびき出して 殺した可能性だって ゼロとは言い切れないわ。 いや それはゼロです。 証拠は? 表情… 反応… 行動… 目。 いずれからも 嘘をついている兆候は 見られませんでした。 どこが証拠なの? 単なる推測でしょう。 いいえ。 心理学的確信です。 (携帯電話) ああ クラさん。 現場の防犯カメラが 逃げてく男をとらえてた。 今 顔認証システムにかけてる。 (桜井慎吾)一致しました。 (御子柴)木下哲宏 32歳。 自称 経営コンサルタント。 3年前に起きた ホステス失踪事件に関連し 殺人容疑で逮捕 送検されたが 裁判では 証拠不十分なため 無罪になっていますね。 今のところ 行方は 一課もつかめてないそうよ。 (六条 舞)じゃあ 私はここ! ほら~! これで 私の勝ちは決定ですね。 あ~! ちょっと待て! 今の ちょっと待ってくれる? (舞)待ったはナシです! いけず…。 角を取るのが必勝法のひとつ。 そして もうひとつの必勝法は…。 桐島さん… 遊んでないで 仕事してください。 してますよ。 どこが? おっ そろそろだ。 「そして 先ほど 警察関係者から 新たな情報が入りました」 「明石元局長が 殺害された現場から 犯人逮捕につながる 重要な手掛かりとなる 足跡が発見されたとの事です」 ありましたっけ? そんな足跡。 ううん。 え…? 桐島さん 何やってるんですか! ズル…。 ああ…! 木下哲宏さんですね? (木下哲宏)来るな! 確保! ご苦労さまでした。 班長 どうして あの駐車場に? 木下が現れると 一課に 匿名のタレコミがあったんだ。 御子柴君の分析どおり ホシは臆病で 猜疑心の強い人物でしたね。 だから 足跡が見つかったとわかり 不安になり 再び 犯行現場に 足を運ばざるを得なくなって しまったんでしょう。 これを 心理学では 「防衛的露出行動」といいます。 もしかして あのタレコミは…! マスコミに 偽の情報をリークしたのは 桐島さん あなたですか!? だって まともに話したら 班長 怒ったでしょう? あたりまえでしょう! もしかして 今も? 怒ってますよ! しかし 私はあくまで 木下が来るかもしれない という状況を作っただけです。 来るか来ないかは彼次第。 可能性は 半々。 まあ ラッキーだった って事ですね。 桐島…! 「お前が所持してた拳銃と 明石さんが撃たれた拳銃の 線条痕が一致した。 お前がやったんだな?」 (木下)「あの男は 私腹を肥やすために 多くの一般市民の生命を 危険にさらした」 「私は あの男に 制裁を加えたんです」 銃は どこで手に入れた? (木下)「ネットの裏サイトですよ」 (倉元)「遺体を どうするつもりだった?」 (木下)「明石を もっと人目のつく場所に置いて さらし者にしてやろうと 思ったんですよ」 机もないの? 変わった取調室ね。 足元を見るためなんです。 人間 足元が一番無防備で いろんな反応が出るんです。 「偽の手紙で 明石さんを駐車場に 呼び出したのもお前か?」 「あ… はい」 「あのウイッグとコートを 送ったのも?」 「そうです」 なるほど…。 ちょっと よろしいでしょうか? …あ どうも。 あなたが 明石さんを撃つという 計画を立てたところから 実行に移すまでを 順番に説明してもらえませんか。 5日前に 明石が京都にいる事を知って 計画を立てました。 翌日 ネットで 拳銃を手に入れて 次の日に 女装用の ウイッグとコートを買って その次の日に 手紙と一緒に明石に送って あの駐車場に おびき出したんです。 じゃあ 今度は 今の話を 逆の順序で説明してください。 手紙を出したのは いつですか? だから 前日ですよ。 じゃあ ウイッグとコートを 手に入れたのは? その前の日。 拳銃を手に入れたのは? 4日前。 明石さんが 京都にいるとわかったのは いつでしたか? 1週間…。 え… いつでもいいだろ! 俺がやったんだから! 俺 正義のために 明石を制裁したんだよ! 実際に起きた事であれば 起きた順序でも 逆の順序でも 人は スラスラと 話す事が出来ます。 しかし とっさに 作り話をしてしまった場合 一方向にしか 考える事が出来ません。 だから 話を逆にして聞くと どうしても 破綻が生じてしまいます。 このようにして 嘘を見破る尋問方法は リバースオーダー クエスチョンテクニックといって FBIでも用いられています。 「明石さんが 京都にいるとわかったのは いつでしたか?」 「1週間…」 ストップ。 嘘をついているので 自信がないんですね。 それをごまかすために 強い行動に出ます。 「いつでもいいだろ! 俺がやったんだから!」 「俺 正義のために 明石を制裁したんだよ!」 はい ストップ。 わかりますか? 感情と私を突き飛ばす行動が ずれてますよね。 それが証拠です。 こいつは ホシじゃない!? いえ 明石さんを撃ったのは 間違いなく 彼です。 しかし 動機に関しては 嘘をついています。 明石さんに手紙を出して おびき出したのも 恐らく 彼じゃないでしょう。 …どちらへ? あれこれ推理するのは 結構ですが 私の邪魔だけは しないでください。 いいですね? いろいろやりすぎて 科警研から京都府警に飛ばされた 特別捜査官さん。 私 そんなに有名なんですか? なんか 照れちゃいますね。 (千恵)ほめてません。 大体 あなた方警察は…。 信用ならない。 体は正直です。 あなたの足が私を拒否してます。 いい加減な事 言わないでください。 私は私の考えで やらせてもらいます。 あんなに怒んなくても。 ねえ? 木下の部屋からの押収物で 引っかかるものってのは これだなあ。 全部 木下宛てだ。 差出人は同じ女性。 ここ2週間の内に こんなにたくさん 送られてきてる。 「あなたが私を捨てて三年です」 「覚えていますか 三年前の冬の事を」 (桜井)こういう しつこいのって 逆効果なんですけどね。 (2人)一丁前の口利くな。 佐々本美佐? この名前って どこかで…。 (御子柴)佐々本美佐 当時26歳。 祇園のクラブホステスで 3年前 家族からの失踪届を 所轄所が受理しています。 (御子柴)その後 郊外のホテルで発見された 血痕から検出されたDNAが 佐々本美佐のものと一致。 所轄は 彼女のキャッシュカードを使い 口座から全額を引き出していた 木下を逮捕。 木下は 美佐を殺害したと認め 遺体を川に捨てたと自供した。 遺体は見つからなかったが 有力な状況証拠と 自供があったため 起訴され裁判となったが…。 私は殺していません! 刑事さんに脅されて 仕方なく認めたんです! だから 死体だって 出てこないでしょう! 木下は 所轄の捜査員が 自白を強要したと主張。 それを裏付ける録音テープの存在も 明らかになりました。 やり手の弁護士 冤罪を恐れる裁判長 彼にとっては好材料が揃って 木下は無罪になった。 思い出した…! その事件を担当したのが 島田検事だ! それで…。 彼女が 取調室で木下を見た時 表情から 驚きと怒りのサインが 出てました。 警察は手玉に取られた。 だから 島田検事は 警察を信用していない。 長い髪の毛… 失踪時の服装は赤いコート。 実に興味深いと思いませんか? 木下は 明石を彼女だと思って 撃ったんですかね? いずれにせよ 佐々本美佐さんが 関係してるのは 間違いない。 まだ 生きてる可能性もある っていう事ですよね? 明日 実家に行ってくる。 広島だな? はい。 うん…! うんまい! これ 歯が要りませんね。 舌の上でとろけちゃいます。 (諫早賢三郎)うん。 いや でも珍しいですね。 お義父さんが 外で食事しようなんて。 しかも こんな高級なお店で。 うん。 この間の メーンの11レースの10番! はい。 ゲットした。 大万馬券だよ! う~わ! うわうわうわ…! わしぐらいになるとな 人間の心も馬の心も読めるんだ。 ハハハ…! 参りました。 あれ… お義父さん…。 あの これ 10レースの10番ですけど…。 11レースだよ。 えっ…!? 10番 10番と思ってたから 10レースを買ってしまった…! じゃ これは…。 大ハズレです。 アハハ…! 自分に都合のいい思い込み 典型的な認知バイアスですね。 アハハ…! そして 典型的な悲しみの表情。 アハハ! すいませーん お肉 もう1人前くださーい! 美佐さんが この手紙を 木下哲宏に送っています。 消印は 2週間前です。 (佐々本義男)もう ええんです。 美佐は 高校時代から 家出を繰り返しておりました。 教師をしている私への 反抗だったんでしょう。 あげくに 木下のような男に 引っかかって…。 どうせ 今もどっかで 好きにやっとるに 違いありません。 あの子の事は もう 諦めております。 あれは 悲しみと後悔のサインです。 心のどこかでは 娘さんは もう死んでいると思ってる。 でも それを認めたくはない。 佐々本さんは さぞ 木下の事を恨んでるでしょう。 行きましょう。 どこへ? 班長が行きたいと 思ってるところです。 チラシの大崎弁護士…。 ここだな…。 (チャイム) (大崎摂子)「はい」 すみません 京都府警の真田という者です。 大崎弁護士に お話 伺いたいんですが…。 (摂子)「どうぞ。 庭の方へ回ってくださいな」 すみません。 あ… 失礼します。 (摂子)ごめんなさいね。 リウマチで 足腰が悪いもんだから。 いえ こちらこそ 突然ですみません。 ちょっと待ってくださいね。 あれ…? おお! このゲーム面白そうですね。 頭を使わないと ぼけちゃうからね! ご一緒に いかが? お~! ぜひ! やりましょう やりましょう! いえ それは またの機会に。 それより お話を。 (摂子)そうね。 今度 また ゲームをやりにきてちょうだい。 はい。 主人に ご用があったみたいだけど 半年前に亡くなったのよ。 あ… そうですか…。 実は 大崎弁護士が 行方不明になった 佐々本美佐さんの捜索に ご尽力されていたと 伺いましたので…。 美佐ちゃんのお父さんの 義男さんが うちの人の 大学の後輩だったんです。 美佐ちゃんの事も 小さい時から よく知ってました。 でも あんな結果に なってしまって うちの人も すっかり気落ちして…。 その後 美佐さんの消息に関する 新しい情報は…? あるなら 私が聞きたいわよ。 そうですよね。 捜索の時に うちの人がまとめた 資料ならあるけど。 お借り出来ますか? お役に立つなら。 恐れ入ります。 あ… 大丈夫ですか? はい。 部屋の中でも 杖が要るのよ。 嫌になっちゃうわ。 すみません。 (摂子)ちょっと待ってくださいね。 はい。 大崎弁護士は 無償で 捜索活動をしてたんですね。 頭が下がります。 読んで字の如しだとしたら…。 うん? 「私を捨てて三年」っていう あの言葉の意味なんですけど あれ もしかしたら…。 (携帯電話) 真田。 何!? ちょっと待て。 府警のホームページに 不審な匿名の書き込みが あったそうですが また あなたですか!? いえいえ 私は何も。 どこだ? その場所は。 どうやら この下のようです。 (捜査員)見つかりました。 歯の治療痕は一致する。 詳しい事は 鑑定に回さないとわからんが このホトケさん 佐々本美佐本人に 間違いないだろう。 うん…? なんだ? これ。 出たよ。 床板から指紋だ。 しかも まだ新しいな。 手紙にあった 「私を捨てて三年」っていうのは 3年前に殺して捨てたっていう 意味だったんですよ。 班長 ホームページへの書き込みは 会員登録の要らない ネットカフェからで 人物を特定するのは難しいと。 誰が知らせてきたんだ…! 木下 指紋が一致したぞ。 3年前 佐々本美佐さんを殺害したのも お前だな。 明石を撃った本当の理由を 話してもらおうか。 美佐のふりをして 俺を脅してきた奴だと 思ったからだよ。 脅してきた? 美佐が 生き返るはずないと思った。 でも とどめささなかったから だんだん不安になって…。 (木下の声)死体を隠した あの小屋に覗きに行った。 (木下の声)それを 誰かが写真に撮ってやがった。 (携帯電話) もしもし…。 (木下の声)そいつは 一千万用意しないと すべてをバラすと 何度も電話をしてきた。 あの駐車場が 取引場所だったのか? ああ。 どうして 明石さんが 脅迫者だと思ったんですか? 俺を脅してきた奴は しゃべり方が女のようだった。 けど 一度だけ…。 一千万なんて ムリだよ! 「じゃあ 本当に すべてをバラすわよ」 「俺… 私の言うとおりに する事です」 (木下の声)奴は 「俺」って言った。 それで気づいた。 女のふりをした男だって。 なるほど…。 だから 女装した明石さんを見た時 あなたは迷わず 脅迫者だと思って 撃ったわけですね? しかも 今度は確実に殺すために 2発も。 とんだ人違いだったとはな…。 俺をはめたのは 一体 どこのどいつだよ! クソ! やはり あなたが殺してたのね。 あんた…。 2人殺した。 これで死刑は確定ね。 当然の報いよ。 木下は あくまで 自称 経営コンサルタントだ。 一千万なんて 払えるはずがない。 それを 何度も何度も要求されれば 必ず 自分に殺意を抱くだろうと ホンボシは計算した。 木下の自宅近くで 赤いコートにロングヘアの女性を 目撃したという 住人の証言を確認した。 それも 1回じゃなく何回もだ。 明石の潜伏していたホテルの部屋に 残っていた燃えかすは 鑑定の結果 脅迫状と判明しました。 それに 何度も外線から 無言電話が かかってたらしいっていう 客室係の供述もあります。 誰なんだ…! 完全に 社会を敵に回していた彼は 密室の中で じわじわと 精神的に追い詰められていった。 そんな精神状態だからこそ 明石さんは 偽の手紙に簡単に騙され 女装までして ホテルを抜け出したんです。 簡単なトリックに 引っかかったのは 木下も同じです。 ギリッギリの極限状態まで 追い込まれた2人の心理を ホンボシは巧みに操り あの夜 あの駐車場で 2人を遭遇させ 自らの手を汚す事なく 明石さんの殺害を実行したんです。 そればかりか 木下まで破滅に追い込んだ。 木下が明石を撃つか撃たないか 確率はフィフティー・フィフティー。 Xは その可能性に 賭けたというわけです。 2人共 操り人形にすぎなかったんだ。 その糸の先にいるホンボシは 女のふりをした男で 頭脳明晰な人物…。 新たな事実がわかりました。 明石元局長が認可した 薬品が原因で 入院してる被害者の中に 佐々本義男の教え子がいました。 あの子の事は もう 諦めております。 佐々本義男は 明石にも木下にも恨みがある。 元教師という経歴は プロファイルにも当てはまりますね。 明日 佐々本を 任意で事情聴取します。 桜井。 明石と木下の携帯のデータを 貸してくれる? 佐々本義男との関係を 調べたいの。 ああ それが明石のは 島田検事が現物もデータも 全部 持ってっちゃいました。 ええっ!? 何してらっしゃるんですか? あなたに言う必要はありません。 捜査一課は 明石さんと木下 この2人に恨みを持つ 佐々本義男の 取り調べを行うようですよ。 あなたも あの男が犯人だと思ってるの? どうでしょう? ただ あの2人に敵意を持つ 頭脳明晰な人物は 他にもいますけどね。 誰? 例えば… あなた。 犯人は女のふりをした男… そう聞いてますが。 よく言われるんですよ。 お前は ひねくれ者だって。 つい みんなと逆の方向を 見てしまう性分なんですね。 ホンボシは必ず捕まえます。 お手並み拝見ね。 どちらへ? (千恵)言ったはずです。 あなたに言う必要はありません。 御子柴さん。 この「寺太郎」っていう人は なんなんですか? それ 「小野寺 太郎」。 え~っ? だって「野」と「寺」の間が あいてるじゃないですか。 「小野 寺太郎」さんだと 思いますよ。 思わないよ 普通。 …わっ。 なるほど…。 何!? 島田検事が? はい。 どういう事だ? わかりません。 でも 彼女 私たちに隠れて 何かしてます。 皆さん ホシはどうして 明石さんに 女装をさせたんでしたっけ? (御子柴) 今さら 何言ってるんです。 木下に 自分を脅しているのが 女のふりをした男と わからせるためでしょう。 ですよね? もしかしたら ホシは 木下がその事に気づく事も 計算していたんじゃ ないでしょうか。 まさか…! さらに裏をかいたって事ですか? そのとおり。 つまり ホシは女性です。 木下に電話をかけて 「俺」と言ったのも わざと間違える事によって 木下にホシは男だと 思い込ませるためだったんですよ。 じゃあ 頭のいい女性となると…。 島田検事は 3年前には木下哲宏…。 やはり あなたが殺したのね。 そして 今は明石孝俊。 一度 起訴出来なかったから といって うやむやには したくないんです。 どちらの事件も担当していながら 罪を問えなかった…。 動機となりえます。 なるほど。 彼女のように 正義感が強すぎるタイプは 正義という名の下に 及んでしまった 自分の違法行為も 正当化してしまいがちです。 だからといって それは証拠にはならん。 データを持ち出したのも 何かを隠すためだとしたら? とにかく 彼女には確認する必要があるな。 (ドアが開く音) 噂をすれば 敏腕検事さん。 ナイスタイミングです。 ホンボシがわかりました。 こんにちは。 (摂子)あら あなた…。 約束しましたからね。 ゲームしようって。 これ 持ってきました。 ああ いいわねえ。 うちの人も好きだったのよ それ。 どうぞ。 そりゃよかった。 お邪魔します。 それでは レディーファーストでどうぞ。 では…。 (摂子)どうぞ。 あっ…! ああ~ 強いですねえ…。 このゲームは覚えるの1分 極めるの一生っていうんですよ。 まあ そうなの? 頭脳と度胸が試されるんです。 あなたは どちらも素晴らしい! おだてても 手は緩めませんよ。 ああ…。 ところで プロバビリティーの犯罪っていう言葉 聞いた事ありますか? プロバ… ビリティー? 可能性の犯罪という意味です。 例えば 殺したいほど 憎たらしい相手がいたとします。 その相手が 偶然にも 目の前で事故に遭いました。 すぐそばには 設備も整った最高の病院と 設備も評判の悪い 最悪の病院があります。 なんだか 面白そうなお話ね。 あえて 最悪のほうの病院を紹介したら なんと その人は 死んでしまいました。 さて この場合 法律的には 犯罪になるでしょうか? 答えは… なりません。 なぜなら 確実に死ぬという 保証はないからです。 このように 殺したい人を 直接殺すのではなく なんらかの仕掛けによって 死ぬ確率を高め 結果的に死に至らしめる事を 可能性の犯罪… プロバビリティーの犯罪 といいます。 まあ 怖いわぁ。 この事件は まさにこれでした。 事件って? 大崎摂子さん。 木下哲宏を操り 明石孝俊さんを殺害させた ホンボシは… あなたです。 一体 どういう事? あなたは 行方不明の 佐々本美佐さんのふりをして 木下に何通もの手紙を出したり 失踪当時の美佐さんと同じ 赤いコートで現れ 木下を 美佐さんの遺体がある場所へ 行かせたりしました。 そうやって 脅迫者の存在を知らしめ どんどん 木下を心理的に 追い詰めていったんです。 と同時に 明石さんも 脅迫状や無言電話で 精神的に追い込み あの駐車場に呼び出した。 少しずつ 木下が 明石さんを殺す確率を 上げていったんです。 どうして 私が そんな事しなくちゃならないの? 息子さんの復讐をするためです。 あなた この前 ゲームしてましたよね? あなたのプレーヤーは 「RINGO」という青年でした。 明石さんの元部下で 亡くなった神林悟さんは 子供の頃のあだ名が 神林の「林」と悟の「悟」で 「リンゴ」でした。 悟さんは あなたが 大崎弁護士と再婚する前に生んだ 息子さん。 そうですね? だとしても この足で 私がどうやって…? 簡単です。 歩いたんです。 えっ…!? この家の畳が教えてくれました。 杖を使ったら 当然 畳に傷がつきます。 部屋の中でも 杖が要るのよ。 嫌になっちゃうわ。 ほら この間 あなたが 杖を使った時の傷が これと… これと… これです。 しかし これらの傷以外 畳には 一切傷がついていません。 あなたが 普段から 杖を使っていない証拠です。 あの子は… 悟は とてもいい子でした。 (神林 悟)母さん 気持ちいい? (摂子の声)子供の頃に 別れたっきりだったのに わざわざ 訪ねてきてくれました。 「お母さん」って よんでくれたわ。 でも ある日 あの子から電話があったの。 上司に言われた仕事の事で 悩んでいると…。 そして あの子は 自分で命を絶った。 (摂子の声) データの書き換えなんて 上司の明石に言われて 仕方なくやったに違いありません。 あの男が 悟を自殺に追い込んだのよ…! 明石さんが京都に潜伏していると わかった時から あなたの復讐は 始まったんですね。 神様がくれた チャンスだと思ったわ。 明石は 自分の手を汚さずに あの子の命を奪った。 だから 私も…。 「目には目を」っていうわけですか。 あなたは 木下と明石さんを操り 自分の手を汚さずに 息子さんと美佐さんの復讐を しようとしました。 一世一代の賭けです。 そして あなたは その賭けに勝った。 うちの人も よく言ってたわ。 現実もゲームと同じだって。 白じゃなくて 黒が勝つ事もあるって。 私は どんな罪になるのかしら? もちろん 殺人罪には問われません。 でも あなたは とんでもない間違いを犯してます。 息子さんは 明石さんに追い込まれて 自殺したんじゃありません。 殺されたんです。 しかも 明石さん以外の人間にです。 (石を返す音) 嘘よ! ≫本当です。 たった今 明石の部下の小野寺太郎が 神林悟さん殺しの容疑で 逮捕されました。 (千恵)小野寺が データ改ざんを 悟さんに強要して 自殺に見せかけて殺したんです。 今回の捜査で 小野寺と 薬品会社のつながりが判明し 小野寺が自白しました。 あなたの復讐は間違いでした。 美佐さんの遺体がある場所を 我々に教えてくれたのは あなたですね? 美佐さんがお父さんの待つ家に 帰れるように…。 前半を取らせて 後半を取る。 これが必勝法です。 本当の事を 話していただけますね? 私の負け… ね。 ちょっと 失礼。 お薬飲むの 忘れてたわ。 これですか? これ ただの薬じゃ ありませんよね? あなた さっき この薬を とても強い決意の表情で 見ていました。 息子さんとご主人のもとへ 行くつもりなんですね? そんな事は許しません。 あなたが 今すべき事は 死ぬ事なんかじゃないはずです。 生きる事です。 生きて 供養し続ける事です。 あなたが奪ってしまった命と ご主人や息子さんのために。 また ゲームやりましょう。 持って 会いに伺います。 単独行動をされていたのは 我々 警察が動き回ると 気づかれてしまう恐れがあると 思っての事だったんですね。 お見それしました。 ま ほめて欲しければ 普段から 私たち検察が困らないように しっかり 捜査する事ね。 素直になりましょうよ。 唇の端が水平にひかれ わずかに口角が上を向いています。 これは 私に対する 好意の感情の表れです。 本当に口の減らない人ね。 それが仕事ですから。 美佐さんの遺骨は 広島の自宅に戻ったそうです。 コートの ポケットに入っていた紙は 広島までの 新幹線の切符だったんですって。 そうか… 彼女も帰りたかったんだな。 うん…。 それにしても あの検事 隠し事なんてする必要ないのに。 警察と検察の違いはあっても 目指すところは同じなんだから。 確かに。 あら! お二人が それをおっしゃいますか。 隠し事をしていらっしゃる お二人が。 以前 お付き合いされてたでしょ? 本当ですか? マジで!? ほら 誰も知らなかった。 いや…。 (舞)あ! なだめ行動! ポケットに手! 顔隠した! 何 言ってんの…。 (咳払い) 逃げた。 誰でも 1つや2つ 隠し事を持ってる。 それが 人間ってやつなんだよ。 ナマピー。